喪失の儀礼とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 製品 > 文学作品 > 小説 > 日本の推理小説 > 喪失の儀礼の意味・解説 

喪失の儀礼

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/08/05 05:08 UTC 版)

喪失の儀礼』(そうしつのぎれい)は、松本清張の長編推理小説である。『小説新潮』に連載され(1969年1月号 - 12月号)、1972年11月に新潮社から刊行された。連載時のタイトルは「処女空間」。名古屋のホテルと深大寺で起こった医師連続殺人事件の謎を追うミステリー長編。




  1. ^ a b c d 村上弘明×剛力彩芽×陣内孝則、トリオで再び松本清張作品に挑む”. ORICON STYLE (2016年2月5日). 2016年2月5日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i j “剛力彩芽、松本清張作品の魅力を語る テレ東『喪失の儀礼』出演者一挙発表”. ORICON STYLE (株式会社oricon ME). (2016年3月3日). http://www.oricon.co.jp/news/2066514/full/ 2016年3月3日閲覧。 
  3. ^ a b c d 松本清張特別企画「喪失の儀礼」”. テレビ東京. 2016年2月5日閲覧。


「喪失の儀礼」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「喪失の儀礼」の関連用語

喪失の儀礼のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



喪失の儀礼のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの喪失の儀礼 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS