考える葉とは?

考える葉

原題:
製作国:日本
製作年:1962
配給:東映
スタッフ
監督:佐藤肇 サトウハジメ
原作:松本清張 マツモトセイチョウ
脚色:棚田吾郎 タナダゴロウ
企画:佐藤正道 サトウマサミチ

大賀義文 
撮影:仲沢半次郎 ナカザワハンジロウ
音楽:菊池俊輔 キクチシュンスケ
美術:近藤照男 
編集:長沢嘉樹 
録音:岩田広一 イワタヒロカズ
スクリプター:田中牧夫 
照明:入江進 イリエススム
キャスト(役名
鶴田浩二 ツルタコウジ (井上代造)
磯村みどり イソムラミドリ (井上美沙子
江原真二郎 エバラシンジロウ (崎津弘吉)
木村功 キムライサオ (板倉彰英)
植村謙二郎 ウエムラケンジロウ (杉田一郎)
八名信夫 ヤナノブオ (塚口
亀石征一郎 カメイシセイイチロウ (藤井
久保菜穂子 クボナオコ (洋子
三津田健 ミツダケン (村田露石)
柳永二郎 ヤナギエイジロウ (中野博圭)
仲原信二 ナカハラシンジ (三輪
永田靖 ナガタヤスシ (能勢刑事部長
石島房太郎 イシジマフサタロウ (捜査一課長
菅沼正 スガヌマタダシ (捜査三課長)
原田甲子郎  (小出警部
北山達也 キタヤマタツヤ (上田刑事
岩上瑛  (本橋刑事
賀川晴男  (菊池刑事
河合絃司 カワイゲンジ (船木刑事
岡野耕作 オカノコウサク (吉沢刑事
久地明 クジアキラ (大原一)
潮健児 ウシオケンジ (同房40男)
高田博 タカダヒロシ (同房50男)
梅野邦子 ウメノクニコ (板倉女中A)
上津原鮎子  (板倉女中B)
愛川かおる アイカワカオル (板倉女中C)
矢島由紀子 ヤジマユキコ (板倉女中D)
相馬剛三 ソウマゴウゾウ (監察医
岡田敏子 オカダトシコ (秀峰女中
豊野弥八郎 トヨノヤハチロウ (山陰日報社員
関山耕司 セキヤマコウジ (監督
日尾孝司 ヒオコウジ (巡査A)
打越正八  (巡査B)
秋山敏  (武装警官
佐藤晟也 サトウセイヤ (バタヤ
内藤勝次郎  (オデンヤ
三田耕作 ミタコウサク (古物ヤ)
解説
松本清張原作同名小説を「南太平洋波高し」の棚田吾郎脚色、「八人目の敵」の佐藤肇監督した推理もの撮影コンビ仲沢半次郎
ストーリー※ストーリーの結末まで記載されていますので、ご注意ください
崎津弘吉が井上代造と知り合ったのは刑務所だった。田舎ものの弘吉に井上はなぜか大変な好意示した。釈放された弘吉を自分の家に下宿させ、大日建設保安員にまで世話した。弘吉が就職した日、大日建設の溝に他殺死体発見された。大原一という浮浪者で、大原大日建設用地戦時中隠匿物資を掘りに来たことが判った。その六日後、弘吉は井上からある地点で、ある男から物を貰ってこいといわれた。弘吉が指定場所に立った時、黒い人影が弘吉にピストル渡し消えた呆然とする弘吉の手手錠がなった。その頃、パラス・ホテルではムルチ射殺事件発生していた。ムルチ戦時中日本軍掠奪して内地に運んだ物資調査に、東南アから来日した国賓である。ムルチといた洋子をはじめ目撃者は、口を揃えて弘吉が犯人であると証言した。にも拘わらず弘吉は翌日釈放された。弘吉は井上の家に帰って来たが、井上何者かに殺されていた。妹美沙子の話によると井上板倉彰英に使われていた。板倉戦時中軍需省要員で、戦後隠匿物資で大儲けをし財界にのし上った人物だ。弘吉は自分殺人犯とした板倉身辺を洗った。板倉書道教授村田石の話から井上ムルチ板倉殺害されたという推察がたった。そして板倉情婦洋子もすでに殺されていた。田舎者頑張りで弘吉はなおも板倉を追った。殺された大原元憲兵伍長で元の上村田大尉を尋ね倒れたものと警察発表した。そんな頃、美沙子が姿を消した。弘吉は、板倉所有する鉱山に、隠匿物資とともに沙子監禁されていると睨んだ。弘吉は鉱山にとんだ。弘吉は、万一を思って駐在協力求めた。その頃警察板倉じりじり追いつめていた。坑道の奥に美沙子監禁されていた。そして隠匿物資も。その時鉱山主任杉田二人を狙った。だが、かけつけ警官隊に二人は救われた。その頃板倉村田露石と鉱山に車で急行していた。戦時中隠匿物資の件で板倉拷問にかけたのは、大原村田大尉であった。その上村田戦後になっても板倉脅迫して多額の金を取っていたのだ。二人が山についた時、警官隊の車をみた板倉総て崩れ去ったことを知った。宝鉱山隠匿物資は、今頃摘発されているだろう。板倉は、助手席村田横目みながら、車を断崖につっ込んでいった。

考える葉

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/06/19 05:30 UTC 版)

考える葉』(かんがえるは)は、松本清張の長編推理小説。『週刊読売』に連載され(1960年4月3日号 - 1961年2月19日号)、1961年6月に角川書店から刊行された。太平洋戦争中の日本に秘蔵された財宝、隠匿物資をめぐって発生する連続殺人事件を描くミステリー長編。




  1. ^ 「ずっと以前、総理大臣をやっていた人の元別荘で(中略)、当時、新聞記事にもたびたび出ていた名前である」(第二章)、「中央線O駅の南口から歩いて十四五分はいった一画である」(第九章)など参照。


「考える葉」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「考える葉」の関連用語

考える葉のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



考える葉のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの考える葉 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS