火の記憶とは?

Weblio 辞書 > 趣味 > 短編小説作品名 > 火の記憶の意味・解説 

火の記憶

作者松本清張

収載図書昭和文学全集 18
出版社小学館
刊行年月1987.8

収載図書松本清張傑作総集 1
出版社新潮社
刊行年月1993.10

収載図書松本清張小説セレクション33短篇集 2
出版社中央公論社
刊行年月1995.5

収載図書西郷札松本清張短編全集 1 第3版
出版社光文社
刊行年月2002.8
シリーズ名カッパ・ノベルス

収載図書戦後短篇小説再発見 11 事件深層
出版社講談社
刊行年月2003.6
シリーズ名講談社文芸文庫

収載図書或る「小倉日記」伝 64改版
出版社新潮社
刊行年月2004.5
シリーズ名新潮文庫

収載図書松本清張傑作短篇コレクション
出版社文藝春秋
刊行年月2004.11
シリーズ名文春文庫

収載図書西郷札松本清張短編全集 01
出版社光文社
刊行年月2008.9
シリーズ名光文社文庫


火の記憶

作者南里征典

収載図書闇からの脅迫者
出版社光風出版
刊行年月1990.4
シリーズ名光風ノベルス


火の記憶

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2013/10/17 14:53 UTC 版)

火の記憶』(ひのきおく)は、松本清張短編小説。『三田文学』1952年3月号に『記憶』のタイトルで掲載、のちに現在のタイトルに改題・改稿の上、『小説公園』1953年10月号に再掲載、1955年8月に短編集『悪魔にもとめる女』収録の1編として、鱒書房(コバルト新書)より刊行された。




  1. ^ 清張は『西郷札』(1951年発表)掲載の『週刊朝日・春季特別号』を木々高太郎に送っているが、これに対する木々の返事は以下のようなものであったという。「雑誌お送り下すってありがたく拝読いたしました。大そう立派なものです。そのあと本格もの矢つぎ早やに書くことをおすすめいたします。発表誌なければ、小生が知人に話してもよろし。木々高太郎」。木々の返事を清張は以下のように受け取っている。「木々氏のいう「本格もの」とは推理小説の意味で、掲載誌に添えたわたしの木々氏への手紙は、このような小説でも推理小説になるでしょうかときいたのである。当時の木々氏は推理小説を文学のひろい領域の中に考え、たとえば森鴎外の「かのように」といった作品まで推理小説の範疇に入れておられた」。以上『「西郷札」のころ』(週刊朝日増刊1971年4月5日号に掲載、のちに『松本清張全集』第34巻(1974年、文藝春秋)、『実感的人生論』(2004年、中公文庫)に収録)を参照。一般に、清張による推理作品の始めを1955年発表の『張込み』とするのが定説ではあるが、1952年発表の本作品を書くにあたって、清張はすでに以上のような認識を持っていた。


「火の記憶」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「火の記憶」の関連用語

火の記憶のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



火の記憶のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの火の記憶 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS