Dの複合とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > Dの複合の意味・解説 

Dの複合

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/03/29 18:52 UTC 版)

Dの複合』(ディーのふくごう)は、松本清張の長編推理小説光文社の月刊総合雑誌『宝石』に連載され(1965年10月号 - 1968年3月号、連載時の挿絵は山藤章二)、加筆訂正の上、1968年7月に光文社カッパ・ノベルス)から刊行された。後に電子書籍版も発売されている。




  1. ^ タイトルの意味に関しては、「ある発見」の節を参照。
  2. ^ 著者がのちに古代の説話に関する自説を展開した作品として、『古代探求』(1974年、文藝春秋)などがある。
  3. ^ 『週刊 松本清張 第12号』(2010年、デアゴスティーニ・ジャパン)21頁参照。
  4. ^ 「浦島と羽衣の説話」の節を参照。
  5. ^ 神戸新聞に松本清張の足跡が紹介されました(「人丸花壇」公式ブログ)
  6. ^ 「浦島と羽衣の説話」の節を参照。
  7. ^ 「補陀落国渡海」の節を参照。
  8. ^ 『松本清張全集 第3巻』(1971年、文藝春秋)巻末の小松伸六による解説を参照。
  9. ^ 著者と佐野洋の対談「清張ミステリーの奥義を探る」(『対談集 発想の原点』(1977年、双葉社)に収録)に加えて、著者のエッセイ「怨霊のなぐさめ」(『名札のない荷物』(1992年、新潮社)に収録)を参照。
  10. ^ 福岡隆『人間・松本清張 専属速記者九年間の記録』(1968年、大光社)224頁参照。
  11. ^ 「清張ミステリーの奥義を探る」参照。なお、本作の執筆時点ではすでに東海道新幹線が開業しているが、本作では同新幹線が存在しないかのように書かれている。このことに関して、著者は確信犯的にそう描いているのであり、350キロの符合を「偶然」発見したと答えているのは、著者のダンディズムによるものとする見方もある。『週刊 松本清張 第12号』 15頁参照。
  12. ^ 『週刊 松本清張 第12号』 10-11、15頁参照。
  13. ^ 『週刊 松本清張 第12号』 20-21頁参照。
  14. ^ 『週刊 松本清張 第12号』 21頁参照。
  15. ^ 『週刊 松本清張 第12号』 20頁参照。


「Dの複合」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「Dの複合」の関連用語

Dの複合のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



Dの複合のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのDの複合 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS