馬を売る女とは?

Weblio 辞書 > 趣味 > 短編小説作品名 > 馬を売る女の意味・解説 

馬を売る女

作者松本清張

収載図書松本清張小説セレクション 8 時間の習俗 馬を売る女
出版社中央公論社
刊行年月1995.10


馬を売る女

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/05/19 03:46 UTC 版)

馬を売る女』(うまをうるおんな)は、松本清張小説。『日本経済新聞』(1977年1月9日 - 4月6日付)に、「黒の線刻画」第3話として連載され、1977年9月に短編集『馬を売る女』収録の表題作として、文藝春秋から刊行された。連載時のタイトルは「」。




  1. ^ 梓林太郎『霧の中の巨人 - 回想・私の松本清張』(2003年、祥伝社)第2節参照。


「馬を売る女」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「馬を売る女」の関連用語

馬を売る女のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



馬を売る女のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの馬を売る女 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS