波の塔とは?

波の塔

原題:
製作国:日本
製作年:1960
配給:
スタッフ
監督:中村登 ナカムラノボル
製作:小松秀雄 コマツヒデオ
原作:松本清張 マツモトセイチョウ
脚色:沢村勉 サワムラツトム
撮影:平瀬静雄 ヒラセシズオ
音楽:武満徹 タケミツトオル
美術:芳野尹孝 ヨシノノブタカ
編集:杉原よし スギハラヨシ
録音:吉田庄太郎 ヨシダショウタロウ
照明:津吹正 
キャスト(役名
南原宏治 ナンバラコウジ (結城庸雄)
有馬稲子 アリマイネコ (妻頼子)
津川雅彦 ツガワマサヒコ (小野木喬夫)
桑野みゆき クワノミユキ (田沢香子
二本柳寛 ニホンヤナギヒロシ (父隆義)
沢村貞子 サワムラサダコ (母加奈子
石浜朗 イシハマアキラ (辺見博)
峰京子 ミネキョウコ (佐々木和子
深見泰三 フカミタイゾウ (土井俊介
佐野浅夫 サノアサオ (吉岡五郎
石黒達也 イシグロタツヤ (石井検事
西村晃 ニシムラコウ (弁護士
佐々木孝丸 ササキタカマル (元検事正
岸田今日子 キシダキョウコ (西岡秀子
幾野道子 イクノミチコ (クラブマダム
関千恵子 セキチエコ (てる子)
柴田葉子 シバタヨウコ (丸)
平松淑美 ヒラマツヨシミ (結城家の女中
高橋とよ タカハシトヨ (「津の川」のおかみ)
佐藤慶 サトウケイ (柴木一郎
田村保  (眼の鋭い男)
解説
松本清張同名小説を、沢村勉脚色し、「いろはにほへと」の中村登監督したメロドラマ撮影は「日本よいとこ 無鉄砲旅行」の平瀬静雄
ストーリー※ストーリーの結末まで記載されていますので、ご注意ください
某省局長の娘田沢香子は、旅行先の上諏訪一人青年に知りあい、帰京して友人佐々木和子深大寺に出かけた時、美し女性同伴彼に再会した。青年小野木喬夫という東京地検新任検事だった。連れ女性結城頼子といい、小野木とは一昨年演舞場で知りあってから、逢瀬重ねていた。小野木は頼子を輪香子たちに紹介しなかった。輪香子二人の間になにか暗い秘密の影を感じた。頼子の夫結城政治ブローカーで、夫婦間は冷く、結城は家をあげることがしばしばだった。ある日、頼子と小野木は身延線下部温泉旅行した。着くと間もなく台風に襲われ、帰り中央線不通二人東海道線に出るため山道を歩いた。二人番小屋一夜明かした。そこで頼子は人妻であることを告白した。喬夫の心は変らなかった。小野木は某官庁汚職事件担当になった。所用新潟出張して帰京する小野木を頼子は駅で迎えた。それを仲間吉岡目撃し、結城告げた。結城は妻の情事察し下部まで調べに出かけた。一方汚職事件捜査着着進んでいた。輪香子は頼子のことが気になり、家に出入りする新聞記者辺見に調査を頼んだ。頼子は汚職事件中心人物結城の妻で、父も関係していると聞き呆然とした。結城妾宅検挙された。家宅捜査のため小野木は結城邸へ向った。そこで頼子と小野木は対面した。二人の心は驚き悲しみ一杯になった。結城弁護士小野木と頼子の情事調べ司法界の長老を動かし事件揉み消しかかった小野木は休職になった。彼は辞表出し、頼子と二人だけの生活に入る決心をした。約束の夜、小野木が東京駅待っている頃、頼子は新宿発の列車に乗っていた。結城離婚して自由の身になることも頼子にはできた。が、それは破滅通じることも知っていた。小野木との約束を破ることは彼女の最後の愛表現だった。富士裾野--黒い樹海中に頼子の姿は、しだいしだいに吸いこまれていった

波の塔

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/03/05 03:57 UTC 版)

波の塔』(なみのとう)は、松本清張の長編小説。『女性自身』に連載され(1959年5月29日号 - 1960年6月15日号、連載中の挿絵は森田元子)、1960年6月に光文社カッパ・ノベルス)から刊行された。後に電子書籍版も発売されている。人妻と青年検事の恋愛とその行方を描く、著者の代表的長編恋愛ロマン。




  1. ^ 櫻井秀勲「『波の塔』の思い出」(『松本清張全集 第18巻』(1972年、文藝春秋)付属の月報に掲載)参照。
  2. ^ 櫻井「『波の塔』の思い出」参照。
  3. ^ 福岡隆『人間松本清張 専属速記者九年間の記録』(1968年、大光社)55-56頁参照。
  4. ^ 福岡『人間松本清張 専属速記者九年間の記録』54-55頁参照。
  5. ^ 毎日新聞』1974年4月25日付。
  6. ^ 『毎日新聞』1985年10月16日付。


「波の塔」の続きの解説一覧



固有名詞の分類

映画作品 おヤエのママさん女中  真田幸村の謀略  波の塔  醉いどれ牡丹 前後篇  ファイナル・ファイター 鉄拳英雄
日本の映画作品 ポチの告白  獣人雪男  波の塔  ヒポクラテスたち  摩天樓の顔役
フジテレビのテレビドラマ 流れる雲  男の償い  波の塔  宇宙大作戦  ナニワ金融道
愛の劇場 おむこさん  あなただったら?  波の塔  女橋  パパ・レンタル中
TBSのスペシャルドラマ BUNGO -日本文学シネマ-  DOOR TO DOOR  波の塔  ラブ・ジャッジ  おじいちゃんは25歳
テレビ朝日のテレビドラマ 孤独の賭け  花よめは16歳  波の塔  宇宙大作戦  千年王国III銃士ヴァニーナイツ
金曜エンタテイメント ゆっぴいのばんそうこう  積木くずし  波の塔  あゝ離婚式  火と汐
松本清張の小説 熱い絹  暗い血の旋舞  波の塔  黒の線刻画  火と汐
土曜ドラマ (NHK) 限りなき前進  男たちの旅路  波の塔  官僚たちの夏  鉄の骨
銀河テレビ小説 江分利満氏の優雅な生活  優しさごっこ  波の塔  青春前後不覚  まんだら屋の良太

英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「波の塔」の関連用語

波の塔のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



波の塔のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの波の塔 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS