歯止めとは?

は‐どめ【歯止め】

車輪が動かないように、車輪車輪接触面との間に挟んでおくもの。「歯止めを噛(か)ませる」

車輪回転止める装置ブレーキ

事態進行抑えとどめる働きをするもの。「インフレ歯止めをかける」「欲望の歯止めがきかなくなる」


歯止め

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/11/03 08:26 UTC 版)

歯止め』(はどめ)は、松本清張短編小説。『週刊朝日』1967年1月6日号から2月24日号に、「黒の様式」第1話として連載され、1967年8月に短編集「黒の様式」収録の一作として、光文社カッパ・ノベルス)から刊行された。






「歯止め」の続きの解説一覧



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「歯止め」の関連用語

歯止めのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



歯止めのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの歯止め (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS