とどめるとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 漢字辞典 > とどめるの意味・解説 

とど・める【止める/留める/停める】

[動マ下一][文]とど・む[マ下二

移動させないで、元の所にいさせる。おさえて行かせないようにする。さしとめる。「帰ろうとする客を―・める」「足を―・める」

元の形のままで、あとに残す。元の状態を保つ。「記録に―・める」「昔の姿を―・める」「原形を―・めない」

その程度段階範囲内におさめて、それから出ないようにする。「会費一万円に―・める」「意見を聞くだけに―・める」

注意をそこに向ける。

「目をし―・めつれば…必ず癖は見つけらるるわざに侍る」〈紫式部日記

しとめる

日の暮れ方に至るまで、鹿一頭も―・めずして」〈曽我・八〉


とどめる

出典:『Wiktionary』 (2020/05/01 04:22 UTC 版)

語源

古典日本語 「とどむ」

動詞

とどめるめる、める】

  1. 移動ようとするものを押さえて行かせないようにする。
  2. 変化ようとするものを押さえて元の状態保つ
  3. 後に残す。
  4. ある程度段階範囲などを超えないようにする。

活用

とど-める 動詞活用日本語活用
マ行下一段活用
語幹 未然形 連用形 終止形 連体形 仮定形 命令形
とど める める めれ めよ
めろ
活用形基礎的結合
意味 語形 結合
否定 とどめない 未然形 + ない
意志勧誘 とどめよう 未然形 + よう
丁寧 とどめます 連用形 + ます
過去・完了・状態 とどめた 連用形 + た
言い切り とどめる 終止形のみ
名詞 とどめること 連体形 + こと
仮定条件 とどめれば 仮定形 + ば
命令 とどめよ
とどめろ
命令形のみ

発音

東京アクセント
と↗どめ↘る
京阪アクセント
↗とどめる

関連語





※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「とどめる」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||

3
100% |||||

4
98% |||||

5
98% |||||



8
70% |||||


10
70% |||||

とどめるのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



とどめるのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのとどめる (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

©2020 Weblio RSS