反動とは? わかりやすく解説

はん‐どう【反動】

読み方:はんどう

他に力や作用及ぼしたときに、その反作用押し返されること。

ある傾向対抗して生じるそれと全く反対の傾向動き。「好景気の―が出はじめる」

一切の改革革新反対して守旧的立場に立つ極端な保守主義また、その立場をとる人。「―主義」「―勢力


反動

読み方:はんどう

  1. 相場余り高値張る軈て反動的安値になる。之を反動安といふ。その反対反動高といふ。〔相場語〕

分類 相場

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

反動

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/22 02:49 UTC 版)

反動(はんどう、: Reactionary)とは歴史用語、政治用語で、一切の改革や革新に反対する姿勢、行動のこと。左翼勢力が右翼勢力をさして批判的文脈で用いる(「保守反動」「右翼反動」など)。この逆の“革新反動”といった表現は存在しない。革新は基本的に「進歩主義」だからである。




「反動」の続きの解説一覧

反動

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/07 05:15 UTC 版)

楽天ad4U」の記事における「反動」の解説

隠されていた楽天ad4U実態明らかにされると、業界関係者からも非難の声あがった検索エンジンマーケティング話題を扱うブログSEM酒場」は、2008年10月26日エントリーで、楽天ad4U広告業界関係者の間でも「大丈夫なのか」と心配されていたことを明らかにし、このような手段広告配信されることを消費者知れば広告に対して嫌悪感持たれかねず、広告関係各社苦心土足で踏み荒らされたと苦言を呈し通常の行動ターゲティング広告とは区別して、ad4Uは「行動スキミング広告」と名乗ってほしいと述べている。 一方このような批判の中、ドリコム社の元社員名乗る人物のブログでは、「華麗にスルーでいいでしょう」、「法律結論が出るまでがドリコムエンジニアの腕の見せ所」、「まぁここまでいやがられてるなら、個人的にはガンガンいこうぜ 」と述べている。 また、楽天ad4Uオプトアウト方式問題があるとの指摘出た2008年12月12日のxenoma日記によると、楽天ad4Uオプトアウト申し込ページでオプトアウトボタンを押すと、オプトアウトしたブラウザーであるこを示すcookie発行されるが、そのcookie有効期限1年設定されているため、1年経過するオプトアウトが解除されてしまうという。そのため、継続してオプトアウト続けるには、毎年ボタンを押すためにこのページ訪れなければならないという。さらに、livedoor版のad4Uでは、このオプトアウトcookie有効期限1か月とさらに短く設定され事実上オプトアウトとして機能していないことが指摘されたその後livedoor版ad4Uでは、この期限が1年変更されたという。 朝日新聞は、2008年11月20日夕刊で、楽天ad4U中立的な立場紹介し楽天の「プライバシー保護には最大限の配慮しており個人情報閲覧履歴取得してはいない」というコメント掲載楽天機能オフにすることもできる説明している伝えたまた、この時点でもドリコムが「特許出願中なので答えられない」という姿勢貫いていることを伝えている。 産経新聞は、2009年8月21日朝刊で、楽天ad4Uに「問題視する声が強まっている」とする批判的な記事掲載した行動ターゲティング広告は「自社サイト内だけのアクセス情報収集するのが一般的だ」とした上で楽天ad4U総務省研究会取り上げられたこと、「情報無断で収集する行為だ」という消費者団体の声、「社会的なルール反する」という総務省消費者行政課のコメント掲載し、「利用者反発を招くサービス広告価値を下げるだけ」という大手ネット広告会社コメント伝えた

※この「反動」の解説は、「楽天ad4U」の解説の一部です。
「反動」を含む「楽天ad4U」の記事については、「楽天ad4U」の概要を参照ください。


反動

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/21 06:31 UTC 版)

ロシア史 (1991年-現在)」の記事における「反動」の解説

構造改革ルーブリ平価切下げは、ロシア人の殆どにとって生活水準引き下げを齎した。その結果改革に対する強力な政治的反対があった。民主化反改革候補特にロシア連邦共産党ドゥーマにおける連帯への投票転化されたこの欲求不満露わにする為の政治的道筋開いた1990年代野党投票できるロシア有権者は、よく経済改革拒否しソ連時代永続自身の安全に憧れた。この団体ソ連時代国営企業から報酬価格面の利益経済優先部門助成金支払政府の高い支出外国企業との競争からの擁護福祉計画享受していた団体であった1990年代エリツィン時代にこの反改革団体は強い労働組合国営企業の社長団体主要な選挙区改革晒されている選挙区にある公選議会政党を通じ改革への反対表明しながらうまく組織された1990年代ロシア史不変の主題は、経済改革者と新資本主義敵意を持つ人々間の戦いであった。

※この「反動」の解説は、「ロシア史 (1991年-現在)」の解説の一部です。
「反動」を含む「ロシア史 (1991年-現在)」の記事については、「ロシア史 (1991年-現在)」の概要を参照ください。


反動

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/16 01:57 UTC 版)

Phorm」の記事における「反動」の解説

.mw-parser-output .tmulti .thumbinner{display:flex;flex-direction:column}.mw-parser-output .tmulti .trow{display:flex;flex-direction:row;clear:left;flex-wrap:wrap;width:100%;box-sizing:border-box}.mw-parser-output .tmulti .tsingle{margin:1px;float:left}.mw-parser-output .tmulti .theader{clear:both;font-weight:bold;text-align:center;align-self:center;background-color:transparent;width:100%}.mw-parser-output .tmulti .thumbcaption{background-color:transparent}.mw-parser-output .tmulti .text-align-left{text-align:left}.mw-parser-output .tmulti .text-align-right{text-align:right}.mw-parser-output .tmulti .text-align-center{text-align:center}@media all and (max-width:720px){.mw-parser-output .tmulti .thumbinner{width:100%!important;box-sizing:border-box;max-width:none!important;align-items:center}.mw-parser-output .tmulti .trow{justify-content:center}.mw-parser-output .tmulti .tsingle{float:none!important;max-width:100%!important;box-sizing:border-box;align-items:center}.mw-parser-output .tmulti .trow>.thumbcaption{text-align:center}} ケンブリッジ大学Ross Anderson教授(左)とWorld Wide Web生みの親であるサー・ティム・バーナーズ=リーは、インターネットプライバシーPhormに関する懸念を表明した。 提案されサービスへの最初の反動は、個人のプライバシーデータ所有権に関するい懸念を浮き彫りにした。Phormは、ユーザープライバシー脅かされていると主張するブロガー達からの、Phorm言うところの誤情報」に直面して、そのテクノロジー防衛した。 ほとんどのセキュリティ会社は、Phormターゲティングcookieアドウェア分類している。カスペルスキー・ラボ(そのアンチウイルスエンジンが多数その他のセキュリティベンダーライセンス供与されている)は、そのcookieアドウェアとして検出する話したトレンドマイクロは、その追跡クッキーアドウェアとして検出する可能性は非常に高い」と述べたPC Toolsは、トレンドマイクロプライバシーとセキュリティに関する懸念同調しPhormオプトイン手法適用するよう主張した専門的なアンチスパイウェア会社Sunbelt Softwareもまた懸念を表明し、Phorm追跡クッキーは、アンチスパイウェアソフトにより検出される候補であると述べたケンブリッジ大学セキュリティ工学教授であるRoss Anderson次のように述べた。「メッセージはこうでなければならない。あなたがプライバシー気にするなら、インターネットプロバイダーとして、BTや、VirginTalk-Talk使用しないこと。」彼は付け加えて述べた歴史的に言って匿名化技術機能したことなんてなかった。彼は強調した。たとえそれをしたとしても、それは依然として多大なプライバシー問題提起するだろう。 Phormは、その名声を守るための試みとして、Freudsや、Citigate Dewe Rogerson元英国下院のメディアアドバイザーJohn Stonboroughを含む多数広報アドバイザー雇い司会付きのウェブチャットを通して聴衆らと向き合ったWorld Wide Web生みの親であるサー・ティム・バーナーズ=リーは、閲覧履歴追跡するというアイデア次のように批判している。「それは私のものです。あなたはそれを持てません。もし何かのためにそれを使用したい場合、私と交渉する必要があります私は同意しお返しに私が得るものを理解する必要があります」。彼はまた、彼が使っているISPPhormシステム導入した場合ISP変更する述べたまた、World Wide Web Consortiumディレクターであるバーナーズ=リーは、「No Snooping」というタイトル個人的な設計ノート発表し、そこで、パケットインスペクションの商業使用に関する見解説明しPhorm引き合いに出している。 プライバシー擁護派で、Privacy International創設メンバーであるSimon Daviesは、「行動ターゲティング広告は、多くの人にとってかなり気味の悪い発想である」と述べた新興のコンサルタント会社80/20 Thinkingの別職務で、彼はシステム調べるためにPhorm雇われ彼は次のように話した。「個人情報収集最小化するために費やされている努力感銘を受けた」 。その後彼は次のように述べた伝えられた。「我々は、そのプロセスにおける多数発展称賛したが、Privacy InternationalPhorm承認しない」。「システムは、プロファイリング保有および追跡における多数主要なプライバシー問題軽減しているように見える……しかし、我々はオプトアウトベースで動作するシステムPIサポートすることを望まない後にKent Ertugrulは、Privacy InternationalPhorm推奨した示唆した事について、間違い犯した述べた。「これは誤解でした。謝ります推奨実際Privacy Internationalディレクターでもある80/20のMDSimon Davies氏からのものでした。」

※この「反動」の解説は、「Phorm」の解説の一部です。
「反動」を含む「Phorm」の記事については、「Phorm」の概要を参照ください。


反動

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2013/01/21 14:22 UTC 版)

米英戦争に対する反戦運動」の記事における「反動」の解説

民主共和党員の多くは、宣戦布告なされた後は反戦動き裏切りあるいはそれに近いものと見ていた。首都ワシントンの「ナショナル・インテリジェンサー」は「戦争宣せられた。あらゆる愛国者の心はその支持のために一つにならなければならないと書いた。「オーガスタ・クロニクル」は「我々と共に戦わないものは我々に攻撃をするものであると書いた。 この感情は特にボルティモア強かったボルティモア当時フランスアイルランドおよびドイツからの移民人口膨れ上がっており、これらの人々は特にイギリス憎んでいた。1812年初期反戦連邦党新聞社「フェデラル・レパブリカン」を狙った幾つかの暴動起きたその事務所暴徒破壊された一方イギリス同情的考えられ黒人何人か暴行受けた。市の役人達は全てタカ派であったが、暴力認めない発言して暴徒をとめることはほとんどやらなかった。7月27日夜に「フェデラル・レパブリカン」の編集者戻ろうとした時、保護されていた刑務所留置室から暴徒に連れ出され拷問受けたアメリカ独立戦争古参兵ジェイムズ・リンガンはこの時受けた傷がもとで死んだ。やはりアメリカ独立戦争英雄だったヘンリー・リーは、編集者達を助け行って重傷負いそのとき受けた傷から回復することなく6年後に死んだ戦争反対者ボルティモア反対声に出して唱えることを止めたボルティモア暴動戦争間の激しい反動の最高潮の時であり、その人気は1813年から1814年までは落ちてしまった。しかし、終戦後イギリスとの平和条約調印直後にハートフォード会議存在明るみに出ると、合衆国脱退裏切り考えていたとして連邦党に対するより長期間の反動が起こった連邦党国民的支持を得ることがなく、1816年大統領選挙候補者送ったのを最後に1820年代終わり頃までに完全に消えていった。

※この「反動」の解説は、「米英戦争に対する反戦運動」の解説の一部です。
「反動」を含む「米英戦争に対する反戦運動」の記事については、「米英戦争に対する反戦運動」の概要を参照ください。


反動

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/06 08:20 UTC 版)

ECコミック」の記事における「反動」の解説

1940年代終りから、アメリカンコミック内容子供に対する悪影響取り沙汰されるようになり、漫画業界世間からの批判晒され始めた。この問題は1948年精神科医フレデリック・ワーサムによる2本記事Horror in the Nursery子供部屋恐怖)』(コリヤーズ誌)と『The Psychopathology of Comic Booksコミック精神病理学)』(アメリカン・ジャーナル・オブ・サイコセラピー)の発表により、大きく台頭した。これを受けてアメリカンコミック業界企業間取り引き団体であるコミックスマガジン出版社組合(the Association of Comics Magazine Publishers)が1948年結成されたが、この団体何の役にも立たなかった。ゲインズ組合の常務取締役ヘンリー・シュルツとの議論の末に1950年組合から脱退した1954年には僅か3社の漫画出版社が組合に残るのみであり、シュルツ組合承認シールコミック誌表示する事が無意味である認めざるを得なくなった。 1954年ワーサム著書『Seduction of the Innocent無垢への誘惑)』が出版され広く衆目集めた未成年者非行に関する連邦議会公聴会が、極めて浅薄な形でコミック取り上げた時を同じくして起きた連邦政府による捜査は、コミック誌パルプ・マガジンアメリカ国内配送していた流通企業改革促したコミック売り上げ激減し複数企業倒産したゲインズ彼の仲間である出版社集会呼び掛けコミック業界団結して外部からの検閲戦いコミック業界傷つけられた名声修復する事を提案した漫画出版社らは全米コミックスマガジン協会(the Comics Magazine Association of America)とコミックス倫理規定委員会結成した倫理規定委員会規定はコミックスマガジン出版社組合規制拡張したであったその前任者とは異なりコミックス倫理規定委員会規制は、あらゆるコミック誌がその出版先立って倫理規定承認を受ける事を厳格に強制していた。これはゲインズ望んでいた事ではなく彼は委員会への参加拒否した倫理規定新し規則では、いかなるコミック誌表紙に「ホラー」や「テラー」や「ワイアード」といった言葉タイトルとして使用する事を禁じていた。流通業者ECコミック多数取り扱い拒否するようになり、1954年9月14日に、ゲインズEC三大ホラー誌と2冊のサスペンストーリー誌を廃刊した。EC主要な出版ラインを、ニュー・ディレクションと呼ばれた『M.D.』誌や『サイコアナリシス』誌の様な、より現実的なコミック誌へと移行したまた、出版続けていたSFコミック誌改名された。それらの創刊号には倫理規定委員会承認印が表示されていなかったことから販売業者取り扱い拒否した社員との協議末にゲインズ渋々ながら自社コミック誌倫理規定迎合させ、ニュー・ディレクションの全タイトル第2号からは承認印が表示されるようになったこれらの改革の試み商業的に失敗し第5号出版後にニュー・ディレクションの全タイトル廃刊となった

※この「反動」の解説は、「ECコミック」の解説の一部です。
「反動」を含む「ECコミック」の記事については、「ECコミック」の概要を参照ください。


反動

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/12 07:54 UTC 版)

.30-06スプリングフィールド弾」の記事における「反動」の解説

.30-06弾薬が、長年にわたりとても根強い人気保ち続けた弾薬である1つ理由は、この弾薬筒威力の上限が、大部分射手にとり受け入れられるのだったことである。射撃時にトリガーのみを引き、ほかは後方に支持物置かず後退する任せ依託射撃いわゆるフリー・リコイル状態において反動のエネルギーが27.1ジュールよりも大きい時、大部分射手は強い衝撃萎縮するまた、3.63 kg重小銃から.30-06弾を撃つ際、10.69 gの弾丸を883.9 m/s撃ち出すと反動のエネルギーは27.3ジュールとなる。反動を嫌う射手はもっと軽量な銃弾を選ぶことができる。上記と同じ3.63 kg重小銃により、9.72 gの弾丸を887.0 m/s撃ち出すとき、反動のエネルギーは23.9ジュール生み出されるに過ぎない若年射手は、7.13 g、8.10 gまたは8.42 gのようなもっと軽量弾丸射撃を始めることができる。

※この「反動」の解説は、「.30-06スプリングフィールド弾」の解説の一部です。
「反動」を含む「.30-06スプリングフィールド弾」の記事については、「.30-06スプリングフィールド弾」の概要を参照ください。


反動

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/05 15:17 UTC 版)

十月詔書」の記事における「反動」の解説

一方で自らの専制権力はめられニコライ2世は、事態屈辱的なものと感じていた。また、皇后アレクサンドラ専制志向していた。皇帝国会ドゥーマに対して幾度と無く拒否権発動するなどし、選挙法改正を通じて国会形骸化目論んだ日露戦争終了後ツァーリ政府退勢挽回し12月起きたモスクワ蜂起武力鎮圧した後、革命勢力退潮と、ウィッテ期待通り自由主義者中心に十月詔書賛同する穏健派国会ドゥーマ選挙備えることとなる。1906年第一国会で自由主義派立憲民主党カデット)が第一党となったニコライ2世拒否権行使のため、国会権限形骸化し言論の自由制限された。

※この「反動」の解説は、「十月詔書」の解説の一部です。
「反動」を含む「十月詔書」の記事については、「十月詔書」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「反動」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

反動

出典:『Wiktionary』 (2021/07/30 04:38 UTC 版)

名詞

  (はんどう)

  1. 作用が働くときに反作用反対方向に進むこと。
  2. ある傾向対抗し生じ反対の傾向動き
  3. 歴史の流れ改革変化革新進歩反対して旧来のもの戻したり維持しようとする傾向その人

翻訳


「反動」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「反動」の関連用語

反動のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



反動のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
皓星社皓星社
Copyright (C) 2022 株式会社皓星社 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの反動 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの楽天ad4U (改訂履歴)、ロシア史 (1991年-現在) (改訂履歴)、Phorm (改訂履歴)、米英戦争に対する反戦運動 (改訂履歴)、ECコミック (改訂履歴)、.30-06スプリングフィールド弾 (改訂履歴)、十月詔書 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの反動 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS