スルーとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > スルーの意味・解説 

スルー

英語の綴りは「through」。「通って」「貫いて」といった意味。

through

読み方:スルー

「through」とは・「through」の詳しい解説

「through」とは、前置詞として「〇〇を通して」「○○を通じて」といった意味で用いられる英単語だ。副詞形容詞としても用いられる

前置詞「through」は、「〇〇を通して」「○○を通じて」のほかにも、場所や時間の「あちらこちら」「始まりから終わり」といった意味でも用いられるまた、経験の完了示して使い果たす」「終了する」とも訳されている。原因手段媒体結びついて〇〇によって」と意味することも少なくない副詞としての「through」は「通して」「貫いて」と訳すことが多い。時間空間手段などを指して最初から最後まで」「通しで」と訳すこともある。形容詞用いられる場合は「通しの」「直通の」といった意味を持たせる

「through」の読み方・発音

日本語としての「through」を読み方は、「スルー」とするのが一般的である。ただし、この日本語としての発音では、英語話者に通ない場合が多い。

まず「th」で構成され部分発音は、日本語の「ス」(発音記号では「su」)とは大きく異なる。「th」の音は、舌先上の前歯に軽く当てるようにして、歯の隙間から息を吐き出すときに出る無声音であるからだ。また「rough」の発音記号には子音「r」含まれる。舌を上に巻き上げるようにしながら子音「r」母音「u」を合わせルー」と発声する子音「r」がうまく発声できない者は、舌先を歯に触れさせないようにし、舌と歯の隙間から息を吐き出すようことを意識するとよいだろう。「th」「rohugh」ともに日本語ではあまり用いない発声である。発音記号注意して読むこと大切なといえるだろう。

「through」の語源

「through」の元となった言葉は、ゲルマン祖語紀元前5世紀ごろに成立)の「通って」を意味するとされている。この語は現代英語祖語である古英語古期英語450年頃から1150年頃)に取入れられ中期英語1066年頃から15世紀後半)において現代語に近い「thurgh」「thurh」となる。その後、英語の変遷ともなって「through」へと変化していく。語源を同じとする現代英語には「thorough(徹底的な)」がある。

「through」の使い方・例文

「through」は時や空間を通る(経過する)といったニュアンス持たせる言葉である。このニュアンス広く手段経験あるいは原因といったものにまで及ぶ。「through」を使う場合は、この点を意識すること大切だ前置詞としての「through」の使い方は、次の例文の通りである。
・The ghost was walking through the air.(幽霊空中歩いていた。)
・He saw through the window.(彼は窓越しに見た。)
・The infection spread through the whole world.(感染全世界広まった。)
・We stayed through the crisis of 1999.(私たち1999年危機乗り切った。)
・I got through the exam.私は試験に合格した。)
・She died through his attack.(彼女は彼の攻撃死んだ。)

副詞として用い場合例文には以下のもの挙げられる
・I wathched this movie through.(私はこの映画最後まで見た。)
・This train goes through to Tokyo.(この電車東京まで乗り換えなしに行く。)
I will be through with my work.(私はこの仕事をやり遂げる。)

形容詞として「through」を使った場合例文次のとおりだ。
・a through street.(優先道路。)
・a through bus.(直行バス。)
・I looked at him through a biased eye.(私は偏った目線で彼を見た。)

「through」を含む熟語・言い回し

「go through」の意味・例文


「go through」は主に「通り抜ける」「通行する」といった意味で使われる句動詞である。「(法案が)通過する」「可決する」「(困難を)経験する」といった意味で用いられる場合もある。
・Our bus went through the tunnel.(私たちのバスはトンネルを通り抜けた。)
・We went through a door.(私たちはドアから出た。)
・I decided to go through the place.(私はその場所を通ることにした。)
・The bill went through in the parliament.(その法案は国会で可決した)
・I went through an operation.(手術を受けた。)

「run through」の意味・例文


「run through」は「〇〇を貫流する」「〇〇を(ざっと)目を通す」「(考えなどが)浮かぶ」といった意味で使われる句動詞である。「(財産などが)尽きる」「突き刺す(通る)」といった意味でも用いられる。
・The river runs through the plain.(川が平野を貫流している、平野を川が流れている)
・I ran through the documents.(私は資料にざっと目を通した。)
・A strange thought ran through my mind.(奇妙な考えが頭をよぎった。)
・The man ran through his inheritance.(男は遺産を使い果たした。)
・The spear ran through his chest.(槍が胸を貫いた。)

「through with」の意味・例文


「through with」は「終わった様子」「完成した様子」あるいは「懸念を持たない状態(関係が切れた状態)」を表す形容詞である。
・The A team almost through with their plan.(Aチームは計画をほぼ完了した。)
・He's through with drug.(彼は薬物を絶った。)
・He was through with school.(彼は学校を卒業した。)

「through and through」の意味・例文


「through and through」は「徹底的に」もしくは「徹頭徹尾に」といった意味の表現である。
・I know her through and through.(私は彼女の事をよく知っている。)
・He is a bad guy through and through.(彼は根っからの悪人だ。)
・The city was destroyed through and through.(街は徹底的に破壊された。)


スルー【through】

読み方:するー

[名](スル)

テニスで、ネット破損しボール網の目通り抜けて相手方コート落ちること。

複合語形で用い通り抜けの、素通しの、の意を表す。「ドライブ―」「フォロー―」「シー―」

球技パスワークで、一人飛ばしてパスをすること。「味方選手を―してゴール前のフォワードボールを送る」

そのまま通過すること。「その信号は―して次の交差点右折してください

俗に受け流すこと。何もしないで待っていること。「興味のない方はどうぞ―してください


スルー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/03 23:13 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
ウィキペディアには「スルー」という見出しの百科事典記事はありませんタイトルに「スルー」を含むページの一覧/「スルー」で始まるページの一覧
代わりにウィクショナリーのページ「through」が役に立つかも知れません。

関連項目



スルー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/16 09:37 UTC 版)

キャプテン翼II スーパーストライカー」の記事における「スルー」の解説

敵陣でのみ選択可能。GKバランス崩しシュート決めやすくする。コマンド選択するとスルー後のコース表示されボール近くにいる選手(敵含む)が取りに来る

※この「スルー」の解説は、「キャプテン翼II スーパーストライカー」の解説の一部です。
「スルー」を含む「キャプテン翼II スーパーストライカー」の記事については、「キャプテン翼II スーパーストライカー」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「スルー」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「スルー」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「スルー」の関連用語

スルーのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



スルーのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2023 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのスルー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのキャプテン翼II スーパーストライカー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS