お父さんとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > お父さんの意味・解説 

お‐とっ‐さん【父さん】


お‐とう‐さん【御父さん】

子供自分の父親を呼ぶ語。また、子供にとって父親のこと。「おかあさんとともに明治37年1904)から使用した文部省尋常小学読本」(国定教科書)に採用されてから、「おとっさん」に代わって普及した。「—、お早う」「—の小さいころの夢はどんなだった?」

第三者その人父親親しみ込めて呼ぶ語。「会社の者ですが、—はご在宅でしょうか」「先日本屋で君の—を見かけたよ」

子供のいる家庭で家族子供父親を呼ぶ語。子供の視点立って母親が夫を、祖父母息子指して言う語。「—、次の休日子供遊園地出かけること忘れないでね

子供をもつ男性親しんで呼ぶ語。「—、お子さん進路についてどうお考えですか」「若いのにもう—ですか」

父親自分指して言う語。「—に任せなさい」「—の若いころはもっと我慢したもんだ」

(特に「お義父さんと書場合配偶者婚約者父親のこと。

芸妓・女郎が、置屋茶屋男主人敬って呼ぶ語。

[補説] 第三者に対して自分の父親をいう場合公の場手紙文などでは「お父さん」ではなく通常「父」を用いる。


お父さん

読み方:おとうさん

名詞父さん」に、接頭辞「お」がついたもの。
丁寧表現の辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

お父さん

作者ミク,小松和佳

収載図書99のなみだ―涙がこころを癒す短篇小説集
出版社泰文堂
刊行年月2008.4
シリーズ名リンダブックス


お父(とう)さん

読み方:おとうさん

  1. 京阪地方にて屋形主人を呼ぶ抱へ等の用語。
  2. 特飲店等の主人女将おかあさんに対してかくいう。〔花〕

分類 花柳界京阪地方、花/風俗

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

お父さん

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/14 21:44 UTC 版)

お父さん(おとうさん)とは日本語父親を呼ぶ最も一般的な親族呼称法のひとつ。




「お父さん」の続きの解説一覧

お父さん(Dad)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/11 14:09 UTC 版)

ジョンの父親。帽子被りパイプをくわえている。お菓子作り趣味ケーキシェービングクリームで戦う。

※この「お父さん(Dad)」の解説は、「Homestuck」の解説の一部です。» 「Homestuck」の概要を見る


お父さん(おとうさん)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/17 08:43 UTC 版)

青山家近所に住む老人飼い犬本名ジョージ。もなこの父親に似ているため、もなこから「お父さん」と呼ばれている。

※この「お父さん(おとうさん)」の解説は、「りびんぐでっど!」の解説の一部です。» 「りびんぐでっど!」の概要を見る


お父さん(声-仲村秀生)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/02 15:58 UTC 版)

インガルス一家の父親38歳本名はチャールズ・フィリップ・インガルス。

※この「お父さん(声-仲村秀生)」の解説は、「草原の少女ローラ」の解説の一部です。» 「草原の少女ローラ」の概要を見る


お父さん(仮称)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/15 05:05 UTC 版)

広島県田舎住んでいる農家中年男性一見惚けた容姿をしているが、チャン素性部分的に看破するなど目端が利く

※この「お父さん(仮称)」の解説は、「賭博黙示録カイジの登場人物」の解説の一部です。» 「賭博黙示録カイジの登場人物」の概要を見る


お父さん(仮称)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/15 05:05 UTC 版)

広島県田舎住んでいる農家中年男性一見惚けた容姿をしているが、チャン素性部分的に看破するなど目端が利く

※この「お父さん(仮称)」の解説は、「賭博黙示録カイジの登場人物」の解説の一部です。» 「賭博黙示録カイジの登場人物」の概要を見る

ウィキペディア小見出し辞書はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

お父さん

出典:『Wiktionary』 (2021/08/11 12:00 UTC 版)

和語の漢字表記

さん

  1. 子供から父親への呼びかけ語。 おとうさん 参照

「お父さん」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

お父さんのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



お父さんのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2022 株式会社皓星社 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのお父さん (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、WikipediaのHomestuck (改訂履歴)、りびんぐでっど! (改訂履歴)、草原の少女ローラ (改訂履歴)、賭博黙示録カイジの登場人物 (改訂履歴)、賭博黙示録カイジの登場人物 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのお父さん (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS