父とは?

ちゃん【父】

父親を呼ぶ俗語江戸時代から庶民の間で用いられた。


かぞ【父】

古くは「かそ」》上代、父をさす語。⇔いろは。

「その―母(いろは)の二はしらの神」〈神代紀・上〉


ふ【父】

[音](漢) ホ(慣) ブ(呉) [訓]ちち

学習漢字2年

〈フ〉

ちち。「父系父子父母岳父義父君父厳父実父祖父尊父亡父

父母兄弟。「叔父(しゅくふ)・諸父伯父(はくふ)」

父のように仰がれる人。「国父神父

年老いた男。「父老漁父

〈ホ〉年老いた男。また、年長男性対す敬称。「亜父・尼父(じほ)(孔子のこと)」

〈ちち〉「父上父親

名のり]のり

難読祖父(おおじ)・小父(おじ)・伯父(おじ)・叔父(おじ)・御祖父(おじい)さん・御父(おとう)さん・親父(おやじ)・秩父(ちちぶ)


ち【父】

上代男子敬っていった語。「おほぢ(祖父)」のように他の語の下に付く場合連濁のため「ぢ」となることがある

「甘(うま)らに聞こし以ち食(を)せ、まろが―」〈記・中・歌謡〉


てて【父】

《「ちち」の音変化か》父親。ちち。てて親。

「―なりし人も、めづらかにあはれなる事なり」〈更級


しし【父】

上代東国方言》父(ちち)。

月日(つくひ)やは過ぐは行けども母(あも)―が玉の姿は忘れせなふも」〈四三七八〉


とと【父】

子が自分の父を敬い親しんで呼ぶ語。⇔母(かか)。

夫をさしていう語。

「―がためかかに若菜をそろへさせ」〈浮・織留・六〉


ちち【父】

両親のうちの男親のほう。ちちおや実父継父養父ともにいう。「一児の父となる」「父の遺志を継ぐ」⇔母。

新しい世界を開いて偉大な業績を残した先駆者。「近代言語学の父」「インド独立の父

キリスト教における神。三位一体(さんみいったい)の第一位格。「父と子と聖霊

[補説]  
2018年5月実施した「あなたの言葉辞書に載せよう。2018キャンペーンでの「父」への投稿から選ばれた優秀作品。

どんなに頑張って子供から母ほどには愛されない可哀想な存在
tommyさん

亡くなった後に感謝される存在生きている間はやせ我慢
好きな言葉食べ放題さん

子供にとっての「世間代表」。
Rena Reinaさん

超えるべき壁でもあり、支えてくれる土台でもある存在
T-skさん

◆昔は家の大黒柱と、今は家のATMと思われている存在
ぼくちんさん

◆似てほしくないところが、似てきて苦笑する。
のうてんきさん


セーヴェルー:父

英語表記/番号出版情報
セーヴェルー:父Fadar Var (Our Father)

作者芥川龍之介

収載図書芥川龍之介全集 1
出版社筑摩書房
刊行年月1986.9
シリーズ名ちくま文庫

収載図書改編 羅生門・鼻・
出版社角川書店
刊行年月1989.4
シリーズ名角川文庫

収載図書蜘蛛の糸杜子春トロッコ十七
出版社岩波書店
刊行年月1990.8
シリーズ名岩波文庫

収載図書芥川龍之介全集 第1巻 羅生門
出版社岩波書店
刊行年月1995.11

収載図書ザ・龍之介芥川龍之介全一増補新版
出版社第三書館
刊行年月2000.7

収載図書蜘蛛の糸杜子春トロッコ十七
出版社岩波書店
刊行年月2002.11
シリーズ名岩波文庫

収載図書大活字版 ザ・龍之介―全小説全一
出版社第三書館
刊行年月2006.7

収載図書羅生門・鼻・芋粥 改版 新装
出版社角川書店
刊行年月2007.6
シリーズ名角川文庫


作者矢田津世子

収載図書神楽坂
出版社五城目町教育委員会
刊行年月2001.3
シリーズ名矢田津世子作品集

収載図書神楽坂矢田津世子作品集 茶粥の記矢田津世子作品集
出版社講談社
刊行年月2002.4
シリーズ名講談社文芸文庫


収載図書フーコー短編小説傑作10
出版社フーコー
刊行年月2002.11


作者モーリス・ルヴェル

収載図書夜鳥
出版社東京創元社
刊行年月2003.2
シリーズ名創元推理文庫


作者堤千代

収載図書戦後出発女性文学 第8巻 昭和28年
出版社ゆまに書房
刊行年月2003.5


作者野上志乃

収載図書昼の月 春のうた
出版社書房
刊行年月2003.6


作者幸田文

収載図書いのちの文箱名作にみる看・護・療
出版社
刊行年月2005.4
シリーズ名Seishido brochure


作者斉藤静子

収載図書泉のほとりあの日仲間たち
出版社新風舎
刊行年月2006.1
シリーズ名新風舎文庫


作者牧之島純

収載図書ははそはの母
出版社書房
刊行年月2006.10


作者林守

収載図書おやじの背中短編小説
出版社徳孤書房
刊行年月2007.12


作者森鴎外

収載図書鴎外全集 第3巻 小説戯曲 3
出版社岩波書店
刊行年月1987.2


作者アイプ・ロシディ

収載図書スンダ過ぎし日の夢
出版社めこん
刊行年月1987.7
シリーズ名アジア現代文学


作者古山高麗雄

収載図書昭和文学全集 29
出版社小学館
刊行年月1988.2

収載図書プレオー8の夜明け古山高麗雄作品
出版社講談社
刊行年月2001.7
シリーズ名講談社文芸文庫


作者金子ふみ子

収載図書ちくま文学 3 幼かりし日々
出版社筑摩書房
刊行年月1988.10


作者太宰治

収載図書太宰治全集 9
出版社筑摩書房
刊行年月1989.5
シリーズ名ちくま文庫

収載図書太宰治全集 8
出版社筑摩書房
刊行年月1990.8

収載図書昭和短編 8版
出版社笠間書院
刊行年月1997.4

収載図書太宰治全集 10 小説
出版社筑摩書房
刊行年月1999.1

収載図書人間失格
出版社日本図書センター
刊行年月2002.3
シリーズ名太宰治文学館

収載図書女生徒
出版社舵社
刊行年月2005.12
シリーズ名デカ文字文庫

収載図書大活字版 ザ・太宰治―全小説全二冊 下巻
出版社第三書館
刊行年月2006.10


作者大岡昇平

収載図書大岡昇平全集 3 小説 2
出版社筑摩書房
刊行年月1994.11


作者滝井孝作

収載図書松島秋色
出版社講談社
刊行年月1999.1
シリーズ名講談社文芸文庫


作者田富

収載図書黄色い影
出版社北国新聞社出版
刊行年月2000.8


読み方:ちゃん

  1. 制服巡査-〔中国地方〕。〔第二類 人物風俗
  2. 制服巡査。「ちちおや」ともいふ。

分類 中国地方

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

父親

( から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/01 08:43 UTC 版)

父親(ちちおや)とはのこと[1]である。


  1. ^ デジタル大辞泉
  2. ^ Early Childhood Longitudinal Study 2006. "Measuring Father Involvement in Young Children's Lives." National Center for Education Statistics. Fathers of the United States children born in 2001.
  3. ^ Minnesota Fathers & Families Network. "Do We Count all the Fathers in Minnesota?" (Saint Paul, MN: Author, 2007). 51.
  4. ^ Minnesota Fathers & Families Network. "Fathers to the Forefront: A five-year plan to strengthen Minnesota families." (Saint Paul, MN: Author. 2007).[1]
  5. ^ Diamond, M. J. "My Father Before Me: How Fathers and Sons Influence Each Other Throughout The Life Cycle." NY: Norton, 2007
  6. ^ Children Who Have An Active Father Figure Have Fewer Psychological And Behavioral Problems
  7. ^ Pruett, K. "Fatherneed: Why father care is as essential as mother care for your child," New York: Free Press, 2000.
  8. ^ "The Effects of Father Involvement: A Summary of the Research Evidence," Father Involvement Initiative Ontario Network, Fall 2002 newsletter.
  9. ^ Anderson Moore, K. "Family Structure and Child Well-being" Washington, DC: Child Trends, 2003.
  10. ^ United States. National Center for Fathering, Kansas City, MO. Partnership for Family Involvement in Education. A Call to Commitment: Fathers' Involvement in Children's Learning. June, 2000
  11. ^ Children raised in fatherless families from infancy: family relationships and the socioemotional development of children of lesbian and single heterosexual mothers.
  12. ^ Children raised in fatherless families from infancy: a follow-up of children of lesbian and single heterosexual mothers at early adolescence
  13. ^ en:Maurice Godelier, Métamorphoses de la parenté, 2004
  14. ^ New Left Review - Jack Goody: The Labyrinth of Kinship”. 2007年7月24日閲覧。


「父親」の続きの解説一覧

出典:『Wiktionary』 (2018/07/06 06:11 UTC 版)

発音

名詞

  1. ちちおとこおや男性である

※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「父」の関連用語

1
100% |||||

2
94% |||||

3
92% |||||

4
92% |||||

5
92% |||||

6
92% |||||

7
92% |||||


9
74% |||||

10
58% |||||

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



父のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
社団法人全日本ピアノ指導者協会社団法人全日本ピアノ指導者協会
Copyright 1996-2020 PianoTeachers' National Association of Japan
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2020 株式会社皓星社 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの父親 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

©2020 Weblio RSS