四三とは?

四三

読み方:しぞう

花札の「すだおし」で、同じ月のが4と、同じ月のが3揃った時の役の名称。役代20貫になる。

し‐そう〔‐サウ〕【四三】

《「しさん」の音変化

「しさん(四三)1」に同じ。「四三の目」

「しさん(四三)2」に同じ。「四三の手役」


し‐さん【四三】

双六(すごろく)やばくちで、2個のさいころ振って、四と三の目が出ること。しそう。

花札の手役の一。同種の4と、他の同種の3とが手に来ること。

連珠で、四目三目とが同時にできること。三四(さんし)。


し‐さん【四三】

〔名〕

江戸時代以降劇場で舞台から三列目、花道から四列目にあたる最も見やすい席。土間

雑俳柳多留五六(1811)「四三から中ぬきにする能い桟敷

博打(ばくち)や双六(すごろく)で、二個のさいころそれぞれ四と三の目が出ること。また、その目。四三賽(しさんさい)。しそう。

新猿楽記(1061‐65頃)「大君夫者高名博打也。筒父擢傍、目任意、語条尽詞、謀計術。五四利目。四三小切目」

花ガルタで、手役一つ同種の四枚三枚が手にきた場合をいう。しそう。

連珠で、四目三目とがつながって同時にできること。三四


し‐そう ‥サウ 【四三】

〔名〕 (「そう」は「さん」の変化したもの

双六(すごろく)で、二個の賽(さい)の目に、四と三とが出ること。また、その目。しさん。〔文明本節用集室町中)〕

浄瑠璃玉藻前曦袂(1751)道春館「重一(でっち)・壱六・五二(ぐに)・四三(しさう)果しなければ、気をいらち」

花札技法一つである「八八の手役の一つ同種の四枚と他の同種の三枚とが自分の手にくること。しさん。



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「四三」の関連用語

四三のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



四三のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2021 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館

©2021 GRAS Group, Inc.RSS