三四とは?

さん‐し【三四】

〔名〕

① 三と四。三か四。また、それくらいの数。三番目と四番目。

落窪(10C後)一「三四の君、裳著せ奉り給はんとて、かしづきそし給ふ

五目並べで、四個連続した石と三個連続した石が同時にきるもの四三(しさん)。


そう‐し サウ‥ 【三四】

〔名〕

① (「さんし(三四)」の変化した語) 三か四ぐらいであること。「三四人」「三四年」などと用いる。

御伽草子毘沙門の本地室町時代物語所収)(室町末)中「姫君を二たび返したまひ、このさう四年そひたてまつる事、一ゑに大しの御いとくなり」

天草本平家(1592)一「サムライ sǒxinin(サウシニン) ツレテ

日葡辞書(1603‐04)「カミ sǒximai(サウシマイ)」

② (三に四を掛けて一二の意) 鵜匠がさばく一二本の鵜縄

俳諧玉海集追加(1667)夏「濃州長良河にて十二艘の舟ごとにをのをの十二羽づつつかひ侍るをみて、おもしろうさうしさばくるう縄かな〈貞室〉」


三、四

出典:『Wiktionary』 (2018/07/05 02:02 UTC 版)

別表記

  • 三四

名詞

(さんし)

  1. くらい。通常助数詞を伴う。一語であり三四とも書くが、三十四と区別するため読点を入れた表記読み方助数詞に従うので、通常はよんと読む。
    • 三、四個さんよんこ
    • 三、四匹さんよんひき
    • 三、四人さんよにん
    • 三、四年さんよねん
    • 三、四日さんよっか

関連語

翻訳



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「三四」の関連用語

三四のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



三四のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの三、四 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS