父子とは? わかりやすく解説

父子

読み方:ふし

父と子親子。「君臣」「夫婦」「長幼」「朋友と共に五倫の中で挙げられる関係。

ふ‐し【父子】

読み方:ふし

父と子。「—家庭」「—相伝

「父子」に似た言葉

父子

読み方:チチコ(chichiko)

チチコグサの別称。
キク科多年草薬用植物

学名 Gnaphalium japonicum


父子

読み方:オヤコ(oyako)

作者 豊島与志雄

初出 大正15年

ジャンル 戯曲


父子

読み方:チチシ(chichishi)

所在 福井県大飯郡おおい町

地名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

親子

(父子 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/19 02:56 UTC 版)

親子(おやこ、しんし)は、のこと[1][2]である。また、その関係[2]


  1. ^ 広辞苑第五版
  2. ^ a b デジタル大辞泉
  3. ^ a b c d e f g h i j k l 平凡社『世界大百科事典』【親子】
  4. ^ 平凡社『世界大百科事典』【親子成り】
  5. ^ 古澤 (1974), p. 146 
  6. ^ 日本国語大辞典, 日本大百科全書(ニッポニカ),デジタル大辞泉,精選版. “親子電話とは” (日本語). コトバンク. 2019年10月14日閲覧。



父子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/06 03:52 UTC 版)

メジロブライト」の記事における「父子」の解説

浅見国一は、1966年優駿牝馬ヤマピットで、1980年優駿牝馬ケイキロクで、1995年阪神3歳牝馬ステークスヤマニンパラダイス制していたが、牡馬タイトル獲得には至らず定年目前迎えていた。そんな中メジロブライト出現これまで縁のなかったクラシックの有力牡馬だったが、自ら定年した後に行われるクラシックの有力馬となってしまっていた。松永幹夫によれば国一は「だからと言って無理はさせない最高の態で次の人に渡すんだ」と述べていたという。メジロブライトは、国一希望出走した共同通信杯花道飾り国一息子である浅見秀一厩舎転厩していた。ただし国一引退しても、秀一厩舎入り浸りメジロブライトへの関与継続する。それでも秀一の施す調教には口出ししなかったという。 菊花賞敗退しクラシック制覇の夢が潰えた後の進路は、国一独断ステイヤーズステークス決定していたという。後になって次走がステイヤーズステークス知った秀一は、長距離戦においてメジロマックイーン敵わなかった父メジロライアンイメージがあり、国一決断疑問思った明かしている。しかしステイヤーズステークスから重賞4連勝で、天皇賞(春)戴冠まで上り詰めていた。天皇賞(春)優勝直後には、国一秀一父子は「無言で固い握手」をしたという。

※この「父子」の解説は、「メジロブライト」の解説の一部です。
「父子」を含む「メジロブライト」の記事については、「メジロブライト」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「父子」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

父子

出典:『Wiktionary』 (2021/08/12 12:15 UTC 版)

名詞

(ふし)

  1. 父と子息子または娘)のこと。またはその関係。
  2. 特に、母親欠いた父と子

発音(?)

ふ↘し

関連語


「父子」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

父子のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



父子のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2022 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの親子 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのメジロブライト (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの父子 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS