母とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 言葉 > > の意味・解説 

かか【×嚊/×嬶/母】

読み方:かか

(嚊・嬶)庶民階層で、妻をいう語。かかあ。

「無うなれば—が貰いに行く」〈露伴椀久物語

(母)母親親しんで呼ぶ語。母親が、子供向かって自分のことを言う場合にも用いる。おかあさんおっかさん

「おんま(=娘ノ名)さらばよ。—は旦那さまへ行きて、正月来てあふぞよ」〈浮・胸算用・三〉

[補説] 「嬶」は国字


あも【母】

読み方:あも

「はは」をいう上代語。おも。

「—にこそ聞こえずあらめ」〈雄略記・歌謡


おも【母】

読み方:おも

はは。

韓衣(からころむ)裾に取付き泣く子らを置きてそ来ぬや—なしにして」〈四四〇一〉

乳母。ちおも。

「みどり子のためこそ—は求むといへ乳(ち)飲めや君が—求むらむ」〈万・二九二五〉


はは【母】

読み方:はは

親のうち、女性のほう。実母義母継母総称母親おんなおや。⇔父。

物事生み出す根源。「—なる大地」「必要は発明の—」

[補説] 平安時代中期以降近世のころまで「はわ」と発音・表記したが、のち、「はは」に戻った

[補説]  
2018年5月実施したあなたの言葉辞書載せよう。2018キャンペーンでの「母」への投稿から選ばれた優秀作品

「ありがとう」と「ごめんなさい」を一番言いたくても言いにくい相手
ひとりふたさん

宝物産み出して、大きくなるまでそばにいられる幸せな立場
あみすけさん

海のように広い心を持ってかと思えば、突然、水たまりのように小さなになったりする気まぐれな生き物
さららさん

◆妻・戦友相談役教育者フィナンシャルプランナー看護師秘書外交官哲学者…なんでもこなす偉大で尊敬すべき存在
fudebijinさん

弁当の上の裏についたご飯粒」と「ふりかけ」。
一二三さん


はは【母】


はわ〔はは〕【母】

読み方:はわ

⇒はは


ぼ【母】

読み方:ぼ

[音](慣) モ(呉) [訓]はは

学習漢字2年

[一]〈ボ〉

はは。「母子母性母体母胎母堂母乳異母義母慈母実母生母聖母祖母尊母悲母父母養母老母

父母姉妹。「叔母・伯母

のような存在。「寮母

年老いた女。「漂母

(「姆(ぼ)」と通用母親代わって子供を育てる女。うば。おもり。「乳母(にゅうぼ)・保母

物の出てくる所。育った所。もとになるもの。「母音(ぼいん)・母型母校母港母国母船酵母字母酒母分母

[二]〈モ〉はは。「悲母父母(ぶも)・鬼子母神(きしもじん)」

[三]〈はは〉「母上母親

難読乳母(うば・めのと)・祖母(おおば)・御母(おかあ)さん・小母(おば)・伯母(おば)・叔母(おば)・御祖母(おばあ)さん・母屋(おもや)・雲母(きらら)・水母(くらげ)・母衣(ほろ)


も【母】

読み方:も

⇒ぼ


作者大岡昇平

収載図書少年少女日本文学館 19 母六夜おじさんの話
出版社講談社
刊行年月1986.6

収載図書大岡昇平全集 3 小説 2
出版社筑摩書房
刊行年月1994.11


作者菊池寛

収載図書菊池寛全集 第3巻 短篇集 2
出版社高松市菊池寛記念館
刊行年月1994.1


作者坪田譲治

収載図書せみと蓮の花坪田譲治短篇集
出版社木鶏
刊行年月1995.11

収載図書せみと蓮の花昨日の恥坪田譲治作品集
出版社講談社
刊行年月2003.4
シリーズ名講談社文芸文庫


作者小檜山博

収載図書一瞬人生心をうつ三十二篇
出版社河出書房新社
刊行年月1996.1

収載図書小檜山博全集 第4巻(小説4)
出版社艪舎
刊行年月2006.10


作者井伏鱒二

収載図書井伏鱒二全集 第5巻
出版社筑摩書房
刊行年月1997.3


作者ジャメイカ・キンケイド

収載図書川底に
出版社平凡社
刊行年月1997.4
シリーズ名新しい「世界文学シリーズ


作者マイク・フェイダー

収載図書ニューヨーク・バナナ
出版社白水社
刊行年月1997.12


作者坂口安吾

収載図書坂口安吾全集 01
出版社筑摩書房
刊行年月1999.5

収載図書風と光と二十の私といずこへ十六
出版社岩波書店
刊行年月2008.11
シリーズ名岩波文庫


作者池波正太郎

収載図書完本 池波正太郎大成28青空の街原っぱ現代小説短編
出版社講談社
刊行年月2000.10


作者上林暁

収載図書上林暁全集 第7巻 小説 増補決定版
出版社筑摩書房
刊行年月2000.12


作者李無影

収載図書情熱の書
出版社ゆまに書房
刊行年月2001.9
シリーズ名日本植民地文学精選


作者芥川龍之介

収載図書芥川龍之介全集 4
出版社筑摩書房
刊行年月1987.1
シリーズ名ちくま文庫

収載図書芥川龍之介全集 第8巻 上海游記 藪の中
出版社岩波書店
刊行年月1996.6

収載図書ザ・龍之介芥川龍之介全一増補新版
出版社第三書館
刊行年月2000.7

収載図書大活字版 ザ・龍之介全小全一
出版社第三書館
刊行年月2006.7

収載図書芥川龍之介全集 第8巻 上海游記藪の中
出版社岩波書店
刊行年月2007.8


作者橋本あすか

収載図書家族
出版社愛知出版
刊行年月2002.8


作者吉屋信子

収載図書父の果/未知の月日
出版社みすず書房
刊行年月2003.2
シリーズ名大人本棚


作者牧宏

収載図書笛吹川ほとり
出版社山梨日日新聞社
刊行年月2003.2


作者島崎藤村

収載図書島崎藤村短編集 第3巻 食後
出版社郷土出版社
刊行年月2003.4


作者持丸良雄

収載図書Junichiシルエット絵本
出版社国書刊行会
刊行年月2003.5


作者松田解子

収載図書戦後出発女性文学 第3巻 昭和23年
出版社ゆまに書房
刊行年月2003.5


作者久米正雄

収載図書学生時代
出版社新潮社
刊行年月2004.3
シリーズ名新潮文庫


作者たちばな太郎

収載図書とわに愛す
出版社新風舎
刊行年月2004.5


作者高行健

収載図書
出版社集英社
刊行年月2005.5


作者秋山六郎兵衞

収載図書辻小説集
出版社ゆまに書房
刊行年月2005.6
シリーズ名帝国戦争文学


作者ジェイムズ・ジョイス

収載図書ダブリンの市民
出版社福武書店
刊行年月1987.9
シリーズ名福武文庫

収載図書ダブリンの市民
出版社集英社
刊行年月1999.6

収載図書ダブリンの市民
出版社岩波書店
刊行年月2004.2
シリーズ名岩波文庫


作者大庭さち子

収載図書辻小説集
出版社ゆまに書房
刊行年月2005.6
シリーズ名帝国戦争文学


作者小林宏

収載図書図書館の秋 雨だれの歌
出版社アイアールディー企画
刊行年月2006.3



作者山田悠介

収載図書オール
出版社角川書店
刊行年月2007.5


作者田中敬子

収載図書母―「母」捨てた28年
出版社現社
刊行年月1988.4


作者網野菊

収載図書昭和文学全集 7
出版社小学館
刊行年月1989.5


作者太宰治

収載図書太宰治全集 9
出版社筑摩書房
刊行年月1989.5
シリーズ名ちくま文庫

収載図書太宰治全集 8
出版社筑摩書房
刊行年月1990.8

収載図書太宰治全集 10 小説
出版社筑摩書房
刊行年月1999.1

収載図書人間失格
出版社日本図書センター
刊行年月2002.3
シリーズ名太宰治文学館

収載図書大活字版 ザ・太宰治全小説全二冊 下巻
出版社第三書館
刊行年月2006.10


作者三橋辰雄

収載図書ひとつの火―新プロレタリア小説集
出版社太陽への道
刊行年月1991.6
シリーズ名新書


作者檀一雄

収載図書檀一雄全集 第7巻 小説太宰治小説坂口安吾
出版社沖積舎
刊行年月1992.8


作者三浦綾子

収載図書三浦綾子全集 第14巻
出版社主婦の友社
刊行年月1993.4

収載図書三浦綾子宮尾登美子
出版社角川書店
刊行年月1998.11
シリーズ名女性作家シリーズ


読み方:モ(mo

沈水植物総称


母親

( から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/17 00:20 UTC 版)

母親(ははおや)とは、のことである[1]


  1. ^ デジタル大辞泉
  2. ^ 日本生理学会
  3. ^ 岡山大学医学部
  4. ^ 妊娠・育児大百科
  5. ^ 欠野アズ紗著『21世紀は母性の時代』(学習研究社
  6. ^ 例えば、三砂ちづるは『オニババ化する女たち』で「女性が仕事だなんだと独身のまま、出産もせずに子宮を"空き家"にしたままでいると、将来はホルモンのバランスが崩れてオニババになりますよ」と記述している。
  7. ^ 私たちの行動を決めるもの』第11章 学会出版センター
  8. ^ 香山リカ「いまどきの『常識』」
  9. ^ 女子差別撤廃条約、第4条第2項
  10. ^ 女子差別撤廃条約、第11条第2項(a)
  11. ^ 『ジェンダーを科学する』松本伊瑳子・金井篤子編)
  12. ^ 予算案から「母親」が消え「出産する人」と書き換え 米の“言葉狩り””. FNN (2021年6月14日). 2021年6月14日閲覧。



母(専業主婦)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/05 06:22 UTC 版)

うちの魔王かみませんよ」の記事における「母(専業主婦)」の解説

いつも笑顔で優しお母さんサタン甘く親バカっぷりを遺憾なく発揮サタンペット序列では一番上魔王城招待されたことも。

※この「母(専業主婦)」の解説は、「うちの魔王かみませんよ」の解説の一部です。
「母(専業主婦)」を含む「うちの魔王かみませんよ」の記事については、「うちの魔王かみませんよ」の概要を参照ください。


母(おかん)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/01 16:14 UTC 版)

うちの母親待ったなし」の記事における「母(おかん)」の解説

主人公。名前は不明旧姓飯田

※この「母(おかん)」の解説は、「うちの母親待ったなし」の解説の一部です。
「母(おかん)」を含む「うちの母親待ったなし」の記事については、「うちの母親待ったなし」の概要を参照ください。


母(はは)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/05/09 03:53 UTC 版)

バイクメ〜ン」の記事における「母(はは)」の解説

ファッツの妻。リカコらの母。作中セリフによると前年亡くなったマリコ曰く母親死んだため父親歯止め利かなくなったとのことファッツとは10代からの付き合いで、若かりし日の写真バイクファッツともども写っていることなどから、ファッツにとっては最高の理解者だったと思われる

※この「母(はは)」の解説は、「バイクメ〜ン」の解説の一部です。
「母(はは)」を含む「バイクメ〜ン」の記事については、「バイクメ〜ン」の概要を参照ください。


母(手紙内)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/05 08:24 UTC 版)

冬の日 (小説)」の記事における「母(手紙内)」の解説

堯の郷里の母。堯の身体心配している。堯が正月来ないことを知り春着手作り胴着を送る。堯に何か変化があったことを察知し自分の恩師の子息で医師をしている津という人物(堯の顔馴染兄のように慕っていた時期がある)に、堯の下宿見舞ってもらうことを通知する。基次郎の母・ヒサモデル

※この「母(手紙内)」の解説は、「冬の日 (小説)」の解説の一部です。
「母(手紙内)」を含む「冬の日 (小説)」の記事については、「冬の日 (小説)」の概要を参照ください。


母(仮称)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/11/20 21:11 UTC 版)

ニコイチ (漫画)」の記事における「母(仮称)」の解説

真琴の母で、崇の養祖母息子を「ただの女装好き」だと思っているが、ある程度理解示しており、時々家に来て手伝いをしてくれる。感情がすぐ態度に出る性格で、息子の生活や女装に関して常々嘆いている。

※この「母(仮称)」の解説は、「ニコイチ (漫画)」の解説の一部です。
「母(仮称)」を含む「ニコイチ (漫画)」の記事については、「ニコイチ (漫画)」の概要を参照ください。


母(はは)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/16 09:19 UTC 版)

離すな、魂の綱」の記事における「母(はは)」の解説

綱男・綱子の母。元殺し屋

※この「母(はは)」の解説は、「離すな、魂の綱」の解説の一部です。
「母(はは)」を含む「離すな、魂の綱」の記事については、「離すな、魂の綱」の概要を参照ください。


母(モエ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/11 21:55 UTC 版)

Dr.猫柳田の科学的青春」の記事における「母(モエ)」の解説

しっかり者。いつも猫柳田にふすまをホワイトボード代わりに使われていることに悩んでいる。キレるとかなり怖い。

※この「母(モエ)」の解説は、「Dr.猫柳田の科学的青春」の解説の一部です。
「母(モエ)」を含む「Dr.猫柳田の科学的青春」の記事については、「Dr.猫柳田の科学的青春」の概要を参照ください。


母(はは・本名不明)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/09 19:32 UTC 版)

三丁目の夕日の登場人物」の記事における「母(はは・本名不明)」の解説

子ども3人の母。子どもの頃泥だんご作り名人シロミー飼っている。

※この「母(はは・本名不明)」の解説は、「三丁目の夕日の登場人物」の解説の一部です。
「母(はは・本名不明)」を含む「三丁目の夕日の登場人物」の記事については、「三丁目の夕日の登場人物」の概要を参照ください。


母(仮称)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/28 17:54 UTC 版)

キャットストリート (漫画)」の記事における「母(仮称)」の解説

恵都知佳母親かつては典型的なステージママで、恵都学校早退させてまでオーディション受けさせていた。恵都が「エル・リストン」に通い和解した後は安心した様子見守っている。

※この「母(仮称)」の解説は、「キャットストリート (漫画)」の解説の一部です。
「母(仮称)」を含む「キャットストリート (漫画)」の記事については、「キャットストリート (漫画)」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「母」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

出典:『Wiktionary』 (2021/09/19 10:43 UTC 版)

発音(?)

名詞

  1. はは女親

熟語

手書きの字形について

第2画ははねずに止めてもよい[1]


※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

「母」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



母と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



母のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの母親 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのうちの魔王かみませんよ (改訂履歴)、うちの母親待ったなし (改訂履歴)、バイクメ〜ン (改訂履歴)、冬の日 (小説) (改訂履歴)、ニコイチ (漫画) (改訂履歴)、離すな、魂の綱 (改訂履歴)、Dr.猫柳田の科学的青春 (改訂履歴)、三丁目の夕日の登場人物 (改訂履歴)、キャットストリート (漫画) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS