叔母とは? わかりやすく解説

叔母

読み方:おば
別表記:しゅくぼ

叔母とは、叔母の意味

叔母とは、父または母の妹のこと。父方であるか母方であるか関係なく「妹」であれば「叔母」になる。読みは「しゅくぼ」または「おば」。また、叔父配偶者も「叔母」と呼ぶ場合があるこの場合の「叔母」は、父または母よりも年齢上である場合考えられる

叔母と伯母の違い

伯母も「おば」と読むが、意味は父または母の姉のことである。「叔母」「伯母」の言葉の由来は、中国儒教から伝わったといわれ、「叔」には、若い・年少者という意味があり、「伯」には、頭・統率者意味し兄弟姉妹であれば年長者を指すといわれる

日本は、古くから年長者を敬う慣習根付いているため、今でも「叔母」よりも「伯母」の顔を立てる必要の出てくることがある。特に、通夜葬儀における焼香順番大切で、あとで揉めことがないように「伯母」を先にすることが多い。しかし、披露宴においては伯母」と「叔母」は同じ席次にするのが一般的である。日常生活では年齢における多少差がある程度で、民法を始めとする法律においては平等であり同列扱われている。

叔母は英語でauntという

英語では、叔母および伯母ともに「aunt」と同じ表記になり、父・母よりも年上か年下かの区別がつかない近所親しい年長のおばさんに対して使用する場合がある。しかし、知らないおばさん」には、「auntではなくmadam」という言葉を使うことが多い。「aunt」は、父親姉妹という意味ラテン語amita」が語源である。

親族における叔母

親族とは、六親等内の血族配偶者三親等内の姻族のことである。叔母は、民法三親等傍系血族であり親族に当たる。仮に自分男性で、叔母ともども独身であった場合お互いに結婚する意志があったとしても、民法第734条に直系血族又は三親等内の傍系血族との婚姻禁止事項あるために、叔母と婚姻することはできないちなみにいとこ同士四親等なるので婚姻可能である

叔母が生活保護申請など金銭的に困窮した場合親族間で助け合わなければならない義務がある。これを扶養義務者というが、民法では、親族間の扶養義務に関する規定があって「直系血族及び兄弟姉妹は、互いに扶養をする義務がある」としているので、法律上は叔母を扶養する義務はない。但し、特別な事情があり家庭裁判所審判による義務生じた場合は、叔母を扶養する必要も出てくる。逆に自分生活困窮陥った時も同様で、叔母にも甥・姪である自分扶養する義務生じることもある。

叔母は法定相続人に該当するか

法定相続人とは、「相続際に遺産受け取れる権利がある人」と民法認めている一定の相続人のことである。配偶者は必ず法定相続人になる。その他の法定相続人は、子、直系尊属兄弟姉妹であるので、自分死んだ場合には、叔母は法定相続人該当しない生前、叔母に大変お世話になったため、財産一部でも相続させたいであれば遺言書作成するの手続き必要になる逆に、叔母が亡くなった場合には、条件次第ではあるが、代襲相続という制度により、甥・姪である自分に対してでも遺産相続できる可能性がある

お互い確実に法定相続人になるには、叔母と養子縁組をして親子関係を結ぶ方法がある。自分に子供がいる場合には、叔母が相続人になることはできないが、子供がいなければ法定相続人となる。叔母が亡くなると、自分は叔母の子として法定相続人になる。養子縁組届は成人証人二人必要で自分と叔母双方とも成人お互い合意があれば、役場提出することができる。役場書類審査し受理終われば届出日より親子としての効力発する

しゅく‐ぼ【叔母】

父母の妹。おば。


お‐ば〔を‐〕【伯母/叔母】

《「小母(おば)」と同語源》父母姉や妹。また、父母兄弟の妻。父母の姉には「伯母」、妹には「叔母」の字用いる。⇔伯父(おじ)。


叔母

読み方:オバoba

父母姉妹


叔母

読み方:シュクボ(shukubo)

父母の妹


叔母

作者大岡昇平

収載図書昭和文学全集 第16巻
出版社小学館
刊行年月1987.3

収載図書大岡昇平全集 11
出版社筑摩書房
刊行年月1994.12


叔母

読み方:オバoba

作者 大岡昇平

初出 昭和40年

ジャンル 小説


おば

(叔母 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/17 00:14 UTC 版)

おば伯母/叔母/小母)とは日本語で以下の関係に当たる女性に対する敬称


注釈

  1. ^
  2. ^ 「実力伯仲」や「伯仲の間」という語は、ここから派生し、差がほとんどなく、よく似ていて優劣つけがたいことを意味する。

出典

  1. ^ a b 『ステージアップ漢字』p.70



叔母

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/06/18 02:08 UTC 版)

ヒカルの叔母。昼間畑仕事しており手伝うとお駄賃貰える

※この「叔母」の解説は、「昆虫の森の大冒険 〜ふしぎな世界の住人たち〜」の解説の一部です。» 「昆虫の森の大冒険 〜ふしぎな世界の住人たち〜」の概要を見る

ウィキペディア小見出し辞書はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

叔母

出典:『Wiktionary』 (2021/08/24 14:31 UTC 版)

名詞

しゅくぼ、おば)

  1. 父母。おば。

発音(?)

(音)シュクボ (訓)おば
IPA: /??/
X-SAMPA/??/

語源

関連語


「叔母」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

叔母のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



叔母のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2022 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのおば (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの昆虫の森の大冒険 〜ふしぎな世界の住人たち〜 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの叔母 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS