兄とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 言葉 > > の意味・解説 

けい【兄】

[音]ケイ(漢) キョウキャウ)(呉) [訓]あに せ え

学習漢字2年

[一]ケイ

あに。兄事兄弟義兄実兄従兄父兄

同輩年長友人に対す敬称。「雅兄学兄貴兄諸兄大兄

[二]キョウあに。兄弟

[三]〈あに〉「兄上兄貴

名のり]えだ・これ・さき・しげ・ただ・ね・よし

難読従兄(いとこ)・従兄弟(いとこ)・兄子(せこ)・兄矢(はや)


え【兄】

同性の者のうちの年長者。特に、兄弟・姉妹年上の者。⇔弟(おと)。

かつがつもいや先立てる—をし(ま)かむ」〈記・中・歌謡〉

[補説] 「え(兄)」と「おと(弟)」との複合が「えと(干支)」である。→干支(えと) →十干


けい【兄】

【一】[名]あに。⇔弟(てい)。

【二】[代]二人称人代名詞男子手紙などで親し先輩友人などに用い敬称。「兄のご健闘を祈る」

【三】接尾親し先輩友人の名などに付けて敬意を表す男子手紙などに用いる。「中村兄」


あに【兄】

きょうだいのうち、年上の男。⇔弟。

《「義兄」とも書く》妻や夫の兄。また、姉の夫。義兄(ぎけい)。

(「あにさん」などの形で)年配者若い男親しんでいう語。


せ【兄/夫/背】

女が男を親しんでいう語。主として夫・恋人をさす。⇔妹(いも)。

信濃道(しなぬぢ)は今の墾(は)り道刈りばねに足踏ましむな沓(くつ)はけ我が—」〈三三九九〉

女の側から兄または弟をよぶ語。⇔妹。

「人ならば母が愛子(まなご)そあさもよし紀の川の辺の妹と—の山」〈万・一二〇九〉


こ‐の‐かみ【兄/首/氏上】

《「子の上(かみ)」の意から》

長男

「—を箭田珠勝大兄(やたのたまかつのおひね)の皇子と曰す」〈欽明紀〉

兄。または、姉。

「この男の—も衛府の督(かみ)なりけり」〈伊勢・八七〉

年上の者。年長者

「それが年は、われにこよなく—にぞおはせし」〈宇津保・蔵開中〉

うじのかみ。氏の首長

諸氏の人等、各可(よ)き—を定めて申し送れ」〈天武紀〉

多く人の上に立つもの。かしら。

「その—と思へる上手ども」〈源・若菜下


きょう【兄/経/×卿/敬/慶/警】

〈兄〉⇒けい

〈経〉⇒けい

〈卿〉⇒けい

〈敬〉⇒けい

〈慶〉⇒けい

〈警〉⇒けい


あに【兄】

〔名〕

① 親を同じくする同士で、年上男子実兄。え。せ。いろせ。このかみしょうと。いろえ。⇔弟。

伊勢物語(10C前)七九「あにの中納言行平(ゆきひら)のむすめの腹なり」

② 妻や夫の兄弟で妻や夫より年上男子また、姉の夫など。義兄義理の兄

青春(1905‐06)〈小栗風葉〉夏「義兄(アニ)だって貴方、左に右く医者ですし」

長子長男

書紀720安閑即位前(寛文版左訓)「勾大兄広国押武金日天皇は男大(をほ)迹天皇長子(アニみこ)なり」

④ 男が他の者より年長であること。

浮雲(1887‐89)〈二葉亭四迷〉一「今一人は、前の男より二つ三つ兄らしく」

(5) 年配者若い男親しんで呼ぶ語。また、若者のうちで年長者実力者

随筆胆大小心録(1808)一三八「兄々といふて、関とりも関分も、小どもあしらいした事じゃ

(6) (「はな(花)の兄(あに)」の略) 梅の花

雑俳柳多留三七(1807)「兄ははや盛りが過て吉野山


え【兄】

〔名〕 (「え」は元来ヤ行のエ) 年長であること。また、その者。年長者。⇔弟(おと)。

古事記(712)中・歌謡「かつがつ最前(いやさき)立てる 延(エ)をし(ま)かむ」

[語誌](1)上代語では複合語一部として用いられることが多い。単独の形の挙例古事記中・歌謡」も「兄」でなく「善」と解釈する説がある。また、兄磯城(えしき)」に対する「弟磯城(おとしき)」のように、「おと」とひとくみで用いられることが多い。
(2)兄弟姉妹間柄では兄と姉を指したが、姉の場合「あね」と併用された。平安時代以降は「あに」「あね」と交替した。→「おとうと」の語誌


けい【兄】

1⃣ 〔名〕 =あに(兄)

2⃣ 〔代名対称男子書簡などで、先輩同輩などを敬っていうのに用いる。

浦上春琴頼山陽書簡‐文一一年(1814)一二七日「兄の所得、南海にて得候分歟」

3⃣ 〔接尾男子書簡などで、先輩同輩氏名などに付して敬意表わすのに用いる。

今昔1120頃か)九「昔、兄と同学で有し人也、互に恩深りき」


こ‐の‐かみ【兄・首・氏上】

〔名〕

第一子長子長男総領

書紀720欽明元年正月寛文版訓)「是二(はしら)の男(ひこみこ)、一の女(ひめみこ)を生(あ)れます。長(コノカミ)を箭田珠勝大兄(やたのたまかつのおひね)の皇子と曰す」

兄弟姉妹のうちで、兄。または、姉。〔十巻本和名抄(934頃)〕

宇津保(970‐999頃)俊蔭「この琴の調べ聞きつけ給て、御このかみ右のおとど聞え給ふ

としうえまた、としうえの人。年長者先輩

宇津保(970‐999頃)国譲下「この御はらの君たち四所十一なるをこのかみにて、四五なるおはす」

④ 氏の首長うじのかみ

書紀720天智三年二月北野本訓)「天皇(ひつきのみこと)、大皇弟に命して、冠位階名(しなな)を増(ま)し換(か)ふることを、及び氏上(コノカミ)・民(かき)部・家(やか)部等の事を宣ふ

(5) 多く人々の長たるもの。かしら。首魁(しゅかい)。また、最もすぐれた者。

書紀720舒明即位前(北野本訓)「是に近習者(つかまつる)栗下女王(もとのひめ)を首(コノカミ)として、女孺(めぬわらは)女(しひめ)等八人、并せて数十人、天皇之側(おほと)に侍りき」

(6)同様の人。義理の兄

読本雨月物語(1776)菊花の約「兄長(コノカミ)何ゆゑにこのあやしきをかたり出給ふや」

[補注]「この」は「子の」、「かみ」は「上」で、兄弟姉妹あるいは一集団の中で上にたつ者という意であろう。「書紀神武即位前・戊午八月」に「魁帥、此云比鄧誤廼伽瀰(ヒトゴノカミ)」とあるが、「人子(ひとご)」の「かみ」とすれば別語である。


ひん【兄】

〔名〕 (「ひん」は「兄」の唐宋音。「こうほうひん孔方兄)」の略) 銭。金銭金銀鳥目また、金持

浄瑠璃恋女房染分手綱(1751)二「サア手まへたひんを、ササまき出せ」


あにい【兄】

〔名〕

① あにき。あに。

少年行(1907)〈中村星湖〉四「阿哥(アニイ)も、お前商売をして居りゃア、多少(いくらか)屈托もあらあナ」

勇み肌若者また、その若者を呼ぶ語。多く江戸東京地方用いる。

洒落本禁現大福帳(1755)序「山手惣領(アニイ)が、惣勘定といふ高慢らしい赤本を貸て行しゆへ」

塩原多助一代記(1885)〈三遊亭円朝〉三「小平哥々(アニイ)失錯(へまあ)遣ちゃアいけねへぜ」

③ あまり賢くない若者を呼ぶ語。

談義本風流志道軒伝(1763)序「夫馬鹿の名目一ならず。〈略〉但同じ詞にて兄イといへば、少しやさしく、利口にないといへば、人めったに腹を立てねど」


せ【夫・兄・背】

〔名〕 夫、兄弟恋人などすべて男性親しんでいう語。主として女性用いる。せこ。せな。せなな。せのきみ。せろ。せうと。⇔妹(いも)。

(イ) 女性が、自分の夫あるいは恋人ある男に対して用い場合畏敬の念伴わない

万葉(8C後)二・一一五「後れ居て恋ひつつあらずは追ひ及(し)かむ道の隈廻(くまみ)に標(しめ)結へ吾が勢(セ)」

蜻蛉(974頃)下「あはぬせをこひしとおもはば思どちへんなかがはにわれをすませよ」

(ロ) 女性が兄または弟に対して用い場合年齢の上下を区別しない。

万葉(8C後)六・一〇〇七「言問はぬ木すら妹(いも)と兄(せ)と有りと云ふをただ独り子にあるが苦しさ

(ハ) 男性が、兄弟その他の親し男性に対して用い場合歌語特有である。

書紀720皇極三年六月歌謡向かつ峰(を)に 立てる制(セ)らが 柔手(にこで)こそ 我が手を取らめ」


読み方:コノカミ(konokami)

氏の長者


作者高浜虚子

収載図書斑鳩物語
出版社永田書房
刊行年月1987.12


作者田山花袋

収載図書定本 花袋全集 第1巻 〔復刻版
出版社臨川書店
刊行年月1993.4


作者チャールズ・ムンゴシ

収載図書乾季のおとずれ
出版社スリーエーネットワーク
刊行年月1995.11
シリーズ名アフリカ文学叢書


作者松田正貴

収載図書フーコー短編小説傑作選 6
出版社フーコー
刊行年月2001.3


作者江戸美保

収載図書薔薇の函
出版社乃村工藝社MEDIA2u
刊行年月2002.6

収載図書翳り
出版社乃村工藝社MEDIA2u
刊行年月2002.12


作者小林多喜二

収載図書愛蔵版 ザ・多喜二小林多喜二全一
出版社第三書館
刊行年月2003.2


作者芝木好子

収載図書辻小説集
出版社ゆまに書房
刊行年月2005.6
シリーズ名帝国戦争文学


読み方:あに

  1. 魚屋語で古い魚のこと。

読み方:あに

  1. 魚屋仲間で古い魚のことをいふ。弟より兄は年が古いから。〔魚屋仲間
  2. 〔般〕魚屋仲間で古い魚のことを云ふ。年上の意。
  3. 魚屋仲間で古い魚のことをいふ。弟より兄は年が古いから。
  4. 古いを云ふ。〔魚屋語〕

分類 魚屋魚屋仲間魚屋


読み方:あに

  1. 〔花〕花柳界芸娼妓などの年上情夫を呼んで云ふ。

分類


読み方:あにい

  1. 刑事を云ふ。

読み方:にい

  1. 父親。〔第二類 人物風俗
  2. 父親を云ふ。
  3. 父親のこと。

読み方:ひん,びん

  1. 金ノコトヲ云フ。〔第二類 金銭器具物品之部・大阪府
  2. 紙貨ノコトヲ云フ。〔第二類 金銭器具物品之部・三重県
  3. 紙幣ノコトヲ云フ。〔第二類 金銭器具物品之部・静岡県
  4. 金ノコトヲ云フ。〔第二類 金銭器具物品部・長野県〕
  5. 金ノコトヲ云フ。〔第二類 金銭器具物品之部・和歌山県
  6. ヒラノコトヲ云フ。〔第二類 金銭器具物品之部・徳島県
  7. 紙幣ノコトヲ云フ。〔第二類 金銭器具物品之部・滋賀県
  8. 金銀貨ノコトヲ云フ。〔第二類 金銭器具物品之部・大阪府
  9. 金貨ノコトヲ云フ但金属ハ凡テヒント云フ。〔第二類 金銭器具物品之部・福岡県
  10. 金銭ノコトヲ云フ。〔第二類 金銭器具物品之部・広島県
  11. 通貨一般。〔第七類 雑纂
  12. 金。金銭
  13. 〔的・不〕金銭のこと、「チヨウ」「アカ」等に同じ。「乗りヒン」は旅費のこと。
  14. 金(金銭)。
  15. 金銭
  16. 金銭現金を云ふ。
  17. 金銭を云ふ。
  18. 金。中津 博徒不良虞犯仲間
  19. おしんに同じ、金銭のこと。〔一般犯罪
  20. お金。〔掏模
  21. 金銭のことをいう。「おしん」「ひんた」に同じ。

分類 ルンペン大阪三重県和歌山県大阪府広島県徳島県掏摸滋賀県犯罪犯罪者露天商人、的/不、福岡県長野県露店商静岡県香具師

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/06/05 09:30 UTC 版)

(あに)とは、本人から見て傍系2親等の年長の男性、通常は同じから生まれた年長の男性をいう。また、自分の結婚した男性、すなわち姉婿や配偶者の兄も本人から見たら兄になる。その場合、義兄(ぎけい)と書いて「あに」と呼ぶ場合が多く、対象者より年上であるとは限らない。また、親の養子や親の再婚相手の連れ子が年上だった場合も義兄にあたる。




「兄」の続きの解説一覧

出典:『Wiktionary』 (2018/07/05 05:56 UTC 版)

発音

ケ↘ー、キョ↘ー、あ↘に、に↘ー
  • IPA: [ké:, kjó:, ʔáɲi, ɲí:]
  • X-SAMPA: [ke_He, kjo_Ho, ?a_HJi, Ji_Hi]

名詞

  1. 同じから生まれ年上の男
  2. 同輩対す敬称


翻訳



※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.



兄と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「兄」の関連用語

1
92% |||||


3
74% |||||

4
74% |||||

5
74% |||||

6
74% |||||

7
74% |||||

8
74% |||||

9
72% |||||

10
56% |||||

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



兄のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2021 株式会社皓星社 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの兄 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

©2021 GRAS Group, Inc.RSS