兄貴とは?

あに‐き【兄貴】

兄を敬って、または、親しんでいう語。

若者職人・やくざなどの間で、勢力があり、頭株(かしらかぶ)に推される者。「兄貴分

年上の男。

「君は僕より—だし、経験にも富んどるし」〈紅葉多情多恨

[補説] 「あにぎみ」の音変化か。「貴」は当て字書名別項。→兄貴


あにき【兄貴】


あに‐き【兄貴】

〔名〕 (「あにぎみ兄君)」の変化した語か。「貴」は当て字

① 兄を敬ってまた、親しんでいう語。にいさん

俳諧玉海集(1656)一「野と山の花のあにきや腹がはり〈知円〉」

里芋の芽と不動の目(1910)〈森鴎外〉「お袋早く兄きが内へ帰られるやうにといふので」

若者またはやくざ仲間などで年長の者、勢力のある者を呼ぶ語。

咄本聞上手三篇(1773)兄貴「なんと兄貴(アニキ)、あの卯月といふのが先か、彌生といふがさきでござるか」

③ 男が他の者より年長であること。

多情多恨(1896)〈尾崎紅葉〉前「君は僕より年長(アニキ)だし、経験にも富むどるし」


兄貴

作者田中文雄

収載図書妖髪
出版社大陸書房
刊行年月1987.10
シリーズ名奇想天外ノベルス


兄貴

作者今江祥智

収載図書ぼんぼん
出版社理論社
刊行年月1995.6


兄貴

作者山本甲士

収載図書あかん
出版社小学館
刊行年月2003.11
シリーズ名小学館文庫


兄貴

作者泉響子

収載図書オロロンの森
出版社銀の鈴
刊行年月2005.4
シリーズ名泉響子幻想シリーズ


アニキ

(兄貴 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/28 00:39 UTC 版)

アニキ(兄貴)は、きょうだい関係におけるを親しみを込めた言い方。また、きょうだい関係でなくても、先輩の者や年上の者をさす場合もある。




「アニキ」の続きの解説一覧

兄貴

出典:『Wiktionary』 (2020/03/05 11:10 UTC 版)

この単語漢字
あに
第二学年

第六学年
湯桶読み

名詞

(あにき)

  1. 親しみの意や尊敬の意を表して兄を表す語。
  2. 職人若者・やくざなどの集団所属する、年長者、または勢力ある男
  3. 年上の男。

語源

兄君音変化考えられている

関連語



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「兄貴」の関連用語

兄貴のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



兄貴のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのアニキ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの兄貴 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS