兄貴とは? わかりやすく解説

あに‐き【兄貴】

読み方:あにき

兄を敬って、または、親しんでいう語。

若者職人やくざなどの間で、勢力があり、頭株(かしらかぶ)に推される者。「—分」

年上の男。

「君は僕より—だし、経験にも富んどるし」〈紅葉多情多恨

[補説] 「あにぎみ」の音変化か。「貴」は当て字書名別項。→兄貴


あにき【兄貴】

読み方:あにき

今江祥智自伝的長編小説昭和51年1976)刊。昭和48年1973刊行の「ぼんぼん」の続編


兄貴

作者田中文雄

収載図書妖髪
出版社大陸書房
刊行年月1987.10
シリーズ名奇想天外ノベルス


兄貴

作者今江祥智

収載図書ぼんぼん
出版社理論社
刊行年月1995.6


兄貴

作者山本甲士

収載図書あかん
出版社小学館
刊行年月2003.11
シリーズ名小学館文庫


兄貴

作者響子

収載図書オロロンの森
出版社銀の鈴
刊行年月2005.4
シリーズ名響子幻想シリーズ


アニキ

(兄貴 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/13 14:12 UTC 版)

アニキ(兄貴)は、きょうだい関係におけるを親しみを込めた言い方。また、きょうだい関係でなくても、先輩の者や年上の者をさす場合もある。




「アニキ」の続きの解説一覧

兄貴(あにき)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/04/28 07:41 UTC 版)

ボンジュール・ベースボール」の記事における「兄貴(あにき)」の解説

ちえじの兄貴分土佐兄弟ファンである。

※この「兄貴(あにき)」の解説は、「ボンジュール・ベースボール」の解説の一部です。
「兄貴(あにき)」を含む「ボンジュール・ベースボール」の記事については、「ボンジュール・ベースボール」の概要を参照ください。


兄貴(Bro)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/11 14:09 UTC 版)

Homestuck」の記事における「兄貴(Bro)」の解説

デイブの兄。 キャップ被りダークと同じ逆三角形サングラスをかけている。パペット人形をたくさん持っており、人形のリルカル(Lil Cal)でよく弟のデイブをからかう。

※この「兄貴(Bro)」の解説は、「Homestuck」の解説の一部です。
「兄貴(Bro)」を含む「Homestuck」の記事については、「Homestuck」の概要を参照ください。


兄貴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/02 18:34 UTC 版)

異世界のんびり農家」の記事における「兄貴」の解説

インフェルノウルフのオスの1頭。強さ10頭ほどで集団行動する際リーダー任されるほど。10年目死の森探索任務中に子犬発見し持ち帰り程なくしてその夫となった。「兄貴」は子犬からの呼び名であり、自身は名前を持っていない。

※この「兄貴」の解説は、「異世界のんびり農家」の解説の一部です。
「兄貴」を含む「異世界のんびり農家」の記事については、「異世界のんびり農家」の概要を参照ください。


兄貴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/07 09:18 UTC 版)

うめぼしの謎」の記事における「兄貴」の解説

ゲーム超兄貴』がモデル作者無類の兄貴好き、筋肉好きだったらしく、ここぞとばかりに出ていたこともあった。連載していた雑誌読者コーナーの兄貴絵に対してコメントを、作者枠外入れたりもしていた。

※この「兄貴」の解説は、「うめぼしの謎」の解説の一部です。
「兄貴」を含む「うめぼしの謎」の記事については、「うめぼしの謎」の概要を参照ください。


兄貴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/03/15 07:59 UTC 版)

どろんきゅー」の記事における「兄貴」の解説

果歩アキが行った繁華街にあるオバケ部屋にいたチーマー霊たちリーダー格

※この「兄貴」の解説は、「どろんきゅー」の解説の一部です。
「兄貴」を含む「どろんきゅー」の記事については、「どろんきゅー」の概要を参照ください。


兄貴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/04 05:25 UTC 版)

ラングリッサー モバイル」の記事における「兄貴」の解説

兄貴のジム訪れた人々鍛え謎の存在従来アドンサムソンバランに加えてジョンロッキーニームの6人が居る。

※この「兄貴」の解説は、「ラングリッサー モバイル」の解説の一部です。
「兄貴」を含む「ラングリッサー モバイル」の記事については、「ラングリッサー モバイル」の概要を参照ください。


兄貴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/10 17:28 UTC 版)

ゲイ用語」の記事における「兄貴」の解説

精神的に外見上男らしい年上ゲイ外見男らしくてオネエ言葉使用するなど、言動によっては「姐さんねえさん)」と形容されることがある

※この「兄貴」の解説は、「ゲイ用語」の解説の一部です。
「兄貴」を含む「ゲイ用語」の記事については、「ゲイ用語」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「兄貴」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

兄貴

出典:『Wiktionary』 (2021/08/16 00:29 UTC 版)

この単語漢字
あに
第二学年

第六学年
湯桶読み

名詞

(あにき)

  1. 親しみの意や尊敬の意を表して兄を表す語。
  2. 職人若者やくざなどの集団所属する年長者、または勢力ある男
  3. 年上の男。

語源

兄君音変化考えられている

関連語


「兄貴」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

兄貴のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



兄貴のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのアニキ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのボンジュール・ベースボール (改訂履歴)、Homestuck (改訂履歴)、異世界のんびり農家 (改訂履歴)、うめぼしの謎 (改訂履歴)、どろんきゅー (改訂履歴)、ラングリッサー モバイル (改訂履歴)、ゲイ用語 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの兄貴 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS