皇子とは? わかりやすく解説

み‐こ【御子/皇子/皇女/親王】

読み方:みこ

(御子)神の子。特に、イエス=キリストをさす。

天皇の子。皇子・皇女皇女は「ひめみこ」とも。

玉のをのこ—さへうまれ給ひぬ」〈源・桐壺

天皇の子で、親王宣下受けた者。しんのう

今までこの君を—にもなさせ給はざりけるを」〈源・桐壺


おう‐じ〔ワウ‐〕【皇子】

読み方:おうじ

皇帝天皇息子。みこ。⇔皇女(おうじょ)。


こう‐し〔クワウ‐〕【皇子】

読み方:こうし

天皇天子の子。特に、その男子。おうじ。みこ。⇔皇女


すめ‐みこ【子】

読み方:すめみこ

天皇の子

「—天国排開広庭(あめくにおしはらきひろには)の天皇群臣に令(のりこ)ちて曰く」〈欽明紀〉


皇子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/31 16:46 UTC 版)

皇子(みこ、おうじ)は皇帝天皇の息子。ただし広義には男女を問わないが[1]かかる用法はまれである。皇帝・天皇の娘を皇女(おうじょ)という。なお国によって「親王」「郡王」「王」「大公」などの称号が与えられることがあり、「」は皇帝の直下の地位を表す。


  1. ^ 皇室典範第6条参照


「皇子」の続きの解説一覧

皇子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/25 07:22 UTC 版)

嘉隆帝」の記事における「皇子」の解説

(子女1418女がいた。) 阮福昭(Nguyn Phúc Chiêu)(夭折東宮増睿皇太子(Đông Cungng DuHoàng Thái Tử)阮福景Nguyễn Phúc Cảnh)、阮景(Nguyn Cnh)ともいう。 順安公(Thuận An Công)阮福曦(Nguyn Phúc Hy)(夭折) 阮福晙(Nguyn Phúc Tuấn)(夭折明命帝Minh Mạng)阮福晈(Nguyn Phúc Kiểu)、阮福膽(Nguyn Phúc Đảm)ともいう。 建安王(Kiến An Vương)阮福旲(Nguyn Phúc Đài) 定遠郡王(Định Viễn Qun Vương)阮福昞(Nguyn Phúc Bính延慶王(Diên Khánh Vương)阮福晋Nguyn Phúc Tân) 奠磐公(Điện Bàn Công)阮福普(Nguyn Phúc Phổ) 紹化郡王Thiu Hoá Qun Vương)阮福昣(Nguyn Phúc Chẩn) 廣威公Qung Uy Công)阮福昀(Nguyn Phúc Quân) 常信郡王Thường Tín Qun Vương)阮福昛(Nguyn Phúc Cư) 安慶郡王An Khánh Qun Vương)阮福㫕(Nguyn Phúc Quang慈山公(Từ Sơn Công)阮福昴(Nguyn Phúc Mão)

※この「皇子」の解説は、「嘉隆帝」の解説の一部です。
「皇子」を含む「嘉隆帝」の記事については、「嘉隆帝」の概要を参照ください。


皇子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/01/04 06:39 UTC 版)

皇室親族令」の記事における「皇子」の解説

第三十五条)皇子の誕生には宮内大臣または内大臣産殿派遣させる。 (第三十六条)皇子の誕生は、其の当日宮内大臣之を公告する。 (第三十七条)皇子誕生したるときは、天皇之に名を命する。 (第三十八条皇子の命名は、其の当日宮内大臣之を公告する。 (第三十九条)皇子の誕生命名は、之を賢所皇霊殿神殿奉告する。 (第四十条)皇子誕生して五十日に至るときは賢所皇霊殿神殿謁する。。但し事故あるときは其の期日延期することがある第四十一条)皇子にして嫡出に非さる者は之を皇庶子とする。

※この「皇子」の解説は、「皇室親族令」の解説の一部です。
「皇子」を含む「皇室親族令」の記事については、「皇室親族令」の概要を参照ください。


皇子(おうじ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/01 08:03 UTC 版)

SILVER DIAMOND」の記事における「皇子(おうじ)」の解説

最高権力者。妖の腕を持つ「妖の皇子」。羅貫と出会ってから「自我」が目覚めつつある。羅貫を「弟」と称していたが、実際は兄弟ではなく、皇子は千艸と同じく星示御言作られた人形

※この「皇子(おうじ)」の解説は、「SILVER DIAMOND」の解説の一部です。
「皇子(おうじ)」を含む「SILVER DIAMOND」の記事については、「SILVER DIAMOND」の概要を参照ください。


皇子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/05 18:28 UTC 版)

徽宗」の記事における「皇子」の解説

趙桓 - 皇太子欽宗、母は皇后王氏。 趙檉 - 兗王、生後間もなく夭折 趙楷 - 鄆王。母は貴妃王氏。 趙 - 荊王夭折 - 粛王 趙杞 - 景王 趙栩 - 済王。母は貴妃喬氏。 趙棫 - 益王 趙構 - 康王後の南宋高宗、母は韋賢妃。 趙材 - 邠王、早世 - 祁王 趙植 - 莘王。母は懿粛貴妃王氏趙朴 - 儀王、早世 趙棣 - 徐王 趙㮙 - 沂王。母は賢妃王氏1132年、金で誣告罪問われ処刑された。 趙栱 - 鄆王、夭折 趙栻 - 和王。母は修容楊氏1128年、金で異母兄趙㮙殺された。 趙 - 信王 趙椿 - 漢王夭折 趙楃 - 安康郡王 趙楗 - 広平郡王 趙機 - 陳国公、夭折 趙梴 - 相国公。母は貴妃王氏趙樾 - 瀛国公。金の五国城で自殺趙柍 - 建安郡王。母は明節皇后劉氏靖康の変の頃に死去趙椅 - 嘉国公。母は明節皇后劉氏12歳で金の五国城で早世。 趙棟 - 温国公 趙楒 - 英国公。母は明節皇后劉氏。 趙 - 儀国公 趙柄 - 昌国公 趙 - 潤国公 趙相 - 韓国公。母は婕妤王氏大王婕妤)。 趙 - 金への連行途中で生まれた。母は婕妤王氏小王婕妤)。 趙 - 金の五国城で生まれた。母は婉容(嬪)閻宝瑟。 趙 - 金の五国城で生まれた。母は昭媛(嬪)鄭媚娘。

※この「皇子」の解説は、「徽宗」の解説の一部です。
「皇子」を含む「徽宗」の記事については、「徽宗」の概要を参照ください。


皇子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/05 18:27 UTC 版)

神宗 (宋)」の記事における「皇子」の解説

成王 趙佾 - 夭折。母は貴妃宋氏。 恵王 趙僅 - 夭折 唐哀献王 趙俊 - 夭折。母は貴妃宋氏。 褒王 趙伸 - 生後間もなく夭折。 冀王 趙僩 - 夭折 延安王 趙傭 - 後の哲宗趙煦。母は欽成皇后朱氏。 豫悼恵王 趙價 - 夭折 徐沖恵王 趙倜 - 夭折 呉栄穆王 趙佖 - 母は恵穆賢妃武氏。 儀王 趙偉 - 生後間もなく夭折。母は婕妤郭氏。 端王 趙佶 - 後の徽宗道君皇帝)。母は欽慈皇后陳氏燕王 趙俁 - 母は賢妃林氏栄憲王 趙似 - 母は欽成皇后朱氏。 越王 趙偲 - 神宗遺腹末子。母は賢妃林氏

※この「皇子」の解説は、「神宗 (宋)」の解説の一部です。
「皇子」を含む「神宗 (宋)」の記事については、「神宗 (宋)」の概要を参照ください。


皇子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/17 00:20 UTC 版)

大正天皇」の記事における「皇子」の解説

妻の貞明皇后との間に4人の皇男子もうけた現行の皇室典範施行され後の1947年昭和22年10月14日GHQ指令によって伏見宮系皇族宮家皇籍離脱した際、昭和天皇とその弟宮三男子及び各妃とその子女・子孫が皇室に留まった。大正天皇貞明皇后夫妻は、2022年令和4年1月時点における皇室典範定めところによる皇室構成員の中で生まれながらの皇族である者(徳仁明仁全ての親王内親王・女王)の最近共通祖先となっている。 貞明皇后次男淳宮雍仁親王出産後1903年明治36年)夏に流産している。 御称号および諱・身位読み生年月日没年月日続柄備考 迪宮裕仁親王 みちのみや ひろひと 1901年明治34年4月29日 1989年昭和64年1月7日(満87歳没) 第一皇男子第1子良子女王久邇宮家)と結婚(→香淳皇后)。摂政1921年(大正10年)11月25日1926年(大正15年)12月25日昭和天皇第124代天皇子女:2男5女(7人)。 淳宮雍仁親王 あつのみや やすひと 1902年明治35年6月25日 1953年昭和28年1月4日(満50歳没) 第二皇男子第2子松平節子結婚(→雍仁親王妃勢津子)。雍仁親王宮号秩父宮子女無し光宮宣仁親王 てるのみや のぶひと 1905年明治38年1月3日 1987年昭和62年2月3日(満82歳没) 第三皇男子第3子) 徳川喜久子結婚(→宣仁親王妃喜久子)。宣仁親王宮号高松宮断絶した有栖川宮家祭祀継承子女無し澄宮崇仁親王 すみのみや たかひと 1915年大正4年12月2日 2016年平成28年10月27日(満100歳没) 第四皇男子第4子) 高木百合子結婚(→崇仁親王妃百合子)。崇仁親王宮号三笠宮子女:3男2女(5人)。

※この「皇子」の解説は、「大正天皇」の解説の一部です。
「皇子」を含む「大正天皇」の記事については、「大正天皇」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「皇子」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

皇子

出典:『Wiktionary』 (2021/05/14 11:34 UTC 版)

名詞

おうじ、みこ)

  1. 天皇皇帝息子

対義語

関連語


「皇子」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



皇子と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

皇子のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



皇子のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの皇子 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの嘉隆帝 (改訂履歴)、皇室親族令 (改訂履歴)、SILVER DIAMOND (改訂履歴)、徽宗 (改訂履歴)、神宗 (宋) (改訂履歴)、大正天皇 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの皇子 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS