夭折とは?

よう せつ えう- [0] 【夭折】

( 名 ) スル
年若くして死ぬこと。夭死夭逝ようせい)。 「 -した天才画家


夭折

読み方:ようせつ

年若くして死ぬこと。夭逝早世早死に若死に若死にとは言っても若さ基準があるわけではない

夭折

読み方:ヨウセツ(yousetsu)

年若くして死ぬこと


夭折

読み方:ヨウセツ(yousetsu)

作者 上林暁

初出 昭和18年

ジャンル 小説


(夭折 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/12/11 14:53 UTC 版)

(し、英語: death)とは、




  1. ^ a b 広辞苑 第五版 p.1127
  2. ^ a b 大辞泉
  3. ^ a b Aubrey D.N.J, de Grey (2007年). “Life Span Extension Research and Public Debate: Societal Considerations” (PDF). Studies in Ethics, Law, and Technology 1 (1, Article 5). doi:10.2202/1941-6008.1011. http://www.sens.org/files/pdf/ENHANCE-PP.pdf 2011年8月7日閲覧。. 
  4. ^ 養老孟司 2004, p. 55.
  5. ^ a b c 養老孟司 2004.
  6. ^ a b 養老孟司 2004, p. 69.
  7. ^ a b c d 養老孟司 2004, p. 57.
  8. ^ 養老孟司 2004, p. 67.
  9. ^ 養老孟司 2004, p. 59.
  10. ^ a b 養老孟司 2004, p. 58.
  11. ^ a b c d 養老孟司 2004, p. 70.
  12. ^ 村上陽一郎『生と死への眼差し』青土社 2000、ISBN 4791758625
  13. ^ 養老孟司 2004, p. 68.
  14. ^ 関西医科大学大学院法医学生命倫理学研究室サイト掲載情報関西医科大学法医学講座
  15. ^ エドガー・アラン・ポー早すぎた埋葬』:青空文庫
  16. ^ http://www.stat.go.jp/data/chouki/02.htm
  17. ^ http://www.stat.go.jp/data/chouki/zuhyou/02-28.xls
  18. ^ a b c d e f g 関西医科大学法医学講座 - 死亡診断書
  19. ^ 「自然死」には老衰による死などが含まれる。
  20. ^ 病死か外因死か不詳の場合には「不詳の死」となる。
  21. ^ 死亡診断書(死体検案書)記入マニュアル - 厚生労働省
  22. ^ 日本人の死因3位に浮上した「肺炎」
  23. ^ a b c d スナイダー 2015, p. 267.
  24. ^ a b c マイクル・B・セイボム 「日本版のCarl Beckerによる序文」『「あの世」からの帰還 臨死体験の医学的研究』 日本教文社、1986年、i, ii, iii。ISBN 978-4531080427
  25. ^ a b マイクル・B・セイボム 「セイボムによる はしがき」『「あの世」からの帰還 臨死体験の医学的研究』 日本教文社、1986年、xiii-xv。ISBN 978-4531080427
  26. ^ Michael B. Sabom, Recollections of Death, 1982
  27. ^ 注:セイボム、キューブラー=ロスらは医学者・科学者である。
  28. ^ マイクル・B・セイボム 「第十一章」『「あの世」からの帰還 臨死体験の医学的研究』 日本教文社、1986年、pp.303-315。ISBN 978-4531080427
  29. ^ 『実存主義』松浪信三郎/岩波新書p102-
  30. ^ ハイパー・テキスト版論理哲学論考[1]
  31. ^ この箇所の説くところは、原始仏典である箭喩経[2]に似る。
  32. ^ 樫山欽四郎 『哲学概説』 (初版1964年) 創文社 ISBN 4-423-10004-5ISBN 978-4-423-10004-2)。樫山は、序説部分で、哲学の意義として、人間における実存の諸問題を例示して、このような言葉を述べている。
  33. ^ いいかえると、未来を考えることができる動物は人間だけであるという。
  34. ^ 『論理哲学論考』[3]6.5-6.522を参照
  35. ^ 養老孟司『死の壁』などにも類似の死体分類がある。
  36. ^ エリザベス・ロス 2011.
  37. ^ ビル・グッゲンハイム『生きがいのメッセージ』p.347-348
  38. ^ a b ナンシー・ウッド『今日は死ぬのにもってこいの日』めるくまーる、1995、ISBN 4839700850
  39. ^ なお、古代ギリシャの悲劇は、作者の死と共に演じられなくなる慣習があったが、唯一アイスキュロスの作品はあまりの人気のために死後も上演された。アリストパネスの喜劇『蛙』に、それについて言及したくだりがある。
  40. ^ 板垣退助は暴漢に襲われた後、起き上がり、出血しながらこう述べたという。当時、板垣の動向を偵察していた岐阜県御嵩警察署の御用掛の岡本という男が提出した「探偵上申書」[4](『公文別録・板垣退助遭害一件・明治十五年・第一巻・明治十五年』に収められている文書)にそう明記されている。出典:国立公文書館アジア歴史資料センターHP
  41. ^ 評論家小説家笠井潔は、「推理小説は第一次世界大戦が生んだ無意味な死体の山から生まれた[要出典]」と述べたという。
  42. ^ 13 (忌み数)
  43. ^ 創世記(口語訳)#3:19[信頼性要検証]
  44. ^ 伝道の書(口語訳)#9:5,6[信頼性要検証]
  45. ^ マタイによる福音書(口語訳)#22:31,32[信頼性要検証]
  46. ^ ヨハネによる福音書(口語訳)#5:28,29[信頼性要検証]
  47. ^ ヨハネによる福音書(口語訳)#11:25[信頼性要検証]
  48. ^ マルコによる福音書(口語訳)#5:35-42[信頼性要検証]
  49. ^ ルカによる福音書(口語訳)#7:12-15[信頼性要検証]
  50. ^ ヨハネによる福音書(口語訳)#11:38-44[信頼性要検証]
  51. ^ マタイによる福音書(口語訳)#27:64[信頼性要検証]
  52. ^ マタイによる福音書(口語訳)#28:6[信頼性要検証]
  53. ^ マタイによる福音書(口語訳)#28:11-15[信頼性要検証]
  54. ^ 使徒行伝(口語訳)#4:2[信頼性要検証]
  55. ^ コリント人への第一の手紙(口語訳)#15:26[信頼性要検証]
  56. ^ ヨハネの黙示録(口語訳)#21:4[信頼性要検証]
  57. ^ それは、すでに死んだ者は、罪から解放されているからである。ローマ人への手紙(口語訳)#6:7[信頼性要検証]
  58. ^ 中には、死者の全てが成仏すると考える宗派もある。
  59. ^ ブッダは来世があるとも来世は無いとも明言しなかった、ともされている。そのような姿勢を「無記」という。知らないことや語り得ないことについては断定的に語ることは避けるという姿勢である。
  60. ^ いずれも、輪廻転生の考え方を採用していない宗派の人から見れば、「仏教本来の教義とは異なった誤用が一般に普遍化したもの」ということになる。
  61. ^ ただし医師や看護師の間ではドイツ語で死亡を意味する「ステルベン」またはそれを動詞化して「ステる」という隠語が用いられることもある。



夭折

出典:『Wiktionary』 (2010/06/17 06:38 UTC 版)

名詞

ようせつ

  1. 若くして死ぬこと。

類義語

翻訳

動詞

活用

サ行変格活用
夭折-する



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「夭折」の関連用語

夭折のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



夭折のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2019 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの死 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの夭折 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2019 Weblio RSS