全盛期とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > 全盛期の意味・解説 

全盛期

読み方:ぜんせいき

最も勢いがあり活発である時期。最も盛んな時期

ぜんせい‐き【全盛期】

読み方:ぜんせいき

人気勢力実力などが、もっとも盛んな状態にある時期。「武士の―」「―を過ぎた選手


黄金時代

(全盛期 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/10/18 16:01 UTC 版)

黄金時代(おうごんじだい、英語:Golden Age)は、全盛期、絶頂期のこと。




「黄金時代」の続きの解説一覧

全盛期(1127年 - 1274年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/05 06:08 UTC 版)

スモレンスク公国」の記事における「全盛期(1127年 - 1274年)」の解説

スモレンスク公国の全盛期は、ロスチスラフ統治期(1127年 - 1160年)に訪れたロスチスラフは、彼の父のムスチスラフ1世キエフ大公位にあるときにスモレンスク公国受領しキエフ大公国内戦時代1132年 - 1167年)も、スモレンスク公位を守りきった。ロスチスラフは、スモレンスク・ロスチスラフ朝の祖となったこの時期のロスチスラフ後継者たちに関して特筆すべき出来事としては、1172年ウラジーミル(ウラジーミル・スーズダリ)公アンドレイ従属下から脱したこと、アンドレイ一門政権へ敵対者ウラジーミルコンスタンチン援助したことが挙げられるまた、1212年1214年チュヂ族への遠征に連勝している。さらに、キエフ大公1214年)とガーリチ公1215年)の着任影響与え、共にバルト海沿岸リヴォニア帯剣騎士団抵抗する契約とりつけた12世紀末より、スモレンスク公国リガゴットランド島ヴィスビューとの交易拡大した主な輸出品次いで蜂蜜毛皮だった。輸入中心ラシャだった。また、以降の時期史料によれば長靴下生姜砂糖漬けソラマメ燻製アーモンドワイン食塩などが輸入されていた。 ムスチスラフ統治期(1219年 - 1230年)には、ポロツク公国弱体化に伴いスモレンスク公国強大化した。既に12世紀にはリトアニア大公国ポロツク公国圧迫しはじめていたが、このリトアニア絶え間ない襲撃に加えリヴォニア帯剣騎士団への敗北の結果ポロツク公国リヴォニア領土失った弱体化したポロツク公国に対してスモレンスク公国及ぼ影響力増したまた、1216年ポロツク公ウラジーミルが死ぬと、ポロツク公国内の分領公国間に不和生じ始め隣接するスモレンスク公国ノヴゴロド公国にも悪影響及ぼした。よって、ムスチスラフポロツク地の反乱を鎮圧するために、1222年スモレンスク軍を投入してポロツクの地を占領しポロツク公スヴャトスラフ据えた。さらに、スモレンスク公国リトアニア大公国戦い始めた1223年東方よりルーシ現れたモンゴル帝国軍と、ルーシ諸公軍との間で行われたカルカ河畔の戦いによって、スモレンスク公国軍事資源枯渇したその一方で、西方リトアニアに対する防衛力を必要としていたため、1225年ウスヴャートィの戦いをはじめ1239年1244年 - 1245年に、やむをえずウラジーミル大公国援助求めた1230年には地震起きその後2年飢饉襲われた。飢饉結果疫病生じ全ての都市から多くの人命を奪い去った。続く1236年 - 1240年第二次モンゴルのルーシ侵攻際には、スモレンスク公国東部モンゴル帝国軍が通過した。しかし、それでも公国自体生き残った。なお、この時期にも、スモレンスク商人たち国際的な交易関与し続けていた。ラトビア国立歴史史料保管局には、1123年もしくは25年)と1229年の、スモレンスクと、リガゴットランド島沿岸との契約記録保管されている。

※この「全盛期(1127年 - 1274年)」の解説は、「スモレンスク公国」の解説の一部です。
「全盛期(1127年 - 1274年)」を含む「スモレンスク公国」の記事については、「スモレンスク公国」の概要を参照ください。


全盛期(1930年 - 1939年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/21 05:30 UTC 版)

グレタ・ガルボ」の記事における「全盛期(1930年 - 1939年)」の解説

ガルボが話す! (Garbo talks!)」という宣伝文句とともに公開されたアンナ・クリスティ』(1930年)は、アメリカ劇作家ユージン・オニール戯曲原作とした作品で、ガルボにとって初のトーキー映画だった。この映画ガルボ初めて口にした非常に有名な台詞が「ウイスキーちょうだいジンジャエールとね」「ケチらないでね」 (Gimme a whiskey, ginger ale on the side, and don't be stingy, baby)」である。『アンナ・クリスティ』はこの年公開された映画作品の中でトップ興行成績となり、ガルボ同じ年公開されたロマンス』(1930年とともに初めアカデミー主演女優賞ノミネートされた。またドイツ語版の『アンナ・クリスティ』(en:Anna Christie (1931 film))1930年公開されている。ガルボは『アンナ・クリスティ』でサイレント映画からトーキー映画への転向成功し、続く『ロマンス』、『インスピレーション』(1931年)、『スザン・レノックス』(1931年)でも高い興行成績収めた。さらにラモン・ノヴァロ共演したマタ・ハリ』(1931年)では第一次世界大戦有名な女スパイ演じMGMオールスター・キャスト製作された『グランド・ホテル』(1932年)ではロシア人バレリーナのグルジンスカヤを演じている。 『マタ・ハリ』も『グランド・ホテル』も大ヒットし、『グランド・ホテル』はアカデミー作品賞受賞した。この当時ガルボには世界中に熱狂的なファンがおり、最盛期には「ガルボマニア」として社会現象になるほどだった。『マタ・ハリ』は「パニック原因」となり、ニューヨークで公開時には「警官群衆整理駆り出された」ほどだった。映画出演一本あたりのガルボ出演料25ドルから30ドル2013年貨幣価値400ドルから500万ドル相当)で、「映画史最高の金を生み出す機械 (the greatest money-making machine)」となっていった。 再契約時ひと悶着があったが、ガルボ1932年MGMとの間に新しい契約結んだ。この契約書には映画製作共演者に対するガルボさらなる権限認め条文盛り込まれていたが、ガルボ条文権限を行使することはほとんどなかった。しかしながらサイレント映画時代共演者公私共に深い関係にあったジョン・ギルバートには温情見せた当時ギルバート俳優として行き詰っており、メイヤー映画出演難色示したが、ガルボはのちに自身の代表作一つ数えられることになる『クリスチナ女王』(1933年)の相手役アントニオギルバート指名したアントニオ役には当初ローレンス・オリヴィエ内定していたが、ガルボがこの配役覆したのであるアメリカでガルボ自身の人気1930年代前半でも衰えていなかったが、1933年の『クリスチナ女王以降に出演した作品興行収入は、外国で配給による収入左右されるようになっていった。 1935年大物映画プロデューサーデヴィッド・O・セルズニックが、ガルボに『愛の勝利』への出演オファーした。しかしガルボレフ・トルストイ小説原作とした『アンナ・カレニナ』(1935年)への出演選んだ。このアンナ役はガルボ代表する役どころ一つとなり、ガルボニューヨーク映画批評家協会賞 主演女優賞受賞している。『アンナ・カレニナ』はアメリカ国外でも成功収めアメリカ国内でも、マタ・ハリ』を凌ぐMGM予想以上興行成績となったしかしながらガルボ途方もなく高額な出演料のために、収益面では大幅に下落する結果となった。続く『椿姫』(1936年)でガルボ破滅的な高級娼婦マルグリット演じロバート・テイラー共演したジョージ・キューカー監督によるこの作品で、ガルボ二度目アカデミー主演女優賞ノミネートされている。この『椿姫』をガルボ代表作推す評論家少なくないガルボ1937年歴史映画征服』(1937年)で、ナポレオン1世愛人マリア・ヴァレフスカ役を演じた。この作品主演男優シャルル・ボワイエアカデミー主演男優賞アカデミー美術賞それぞれノミネートされたが、興行的に失敗しMGM最大の赤字映画作品一つとなっている。このため1938年5月ガルボは、ジョーン・クロフォードノーマ・シアラーマレーネ・ディートリヒキャサリン・ヘプバーンメイ・ウエストとともに出演料高額で人気もある割には興行成績貢献しないスター女優として雑誌揶揄されたことがある (en:Box Office Poison (magazine article))しかしながらメルヴィン・ダグラス共演したコメディ映画ニノチカ』(1939年)はヒットしそれまで憂鬱で哀愁を帯びた女性というイメージ覆す明る女性演じあげたガルボは、三度目アカデミー主演女優賞ノミネートされた。この『ニノチカ』の宣伝文句は、ガルボ初のトーキー映画アンナ・クリスティ』の「ガルボが話す!」をもじった「ガルボが笑う!(Garbo laughs!)」だった。

※この「全盛期(1930年 - 1939年)」の解説は、「グレタ・ガルボ」の解説の一部です。
「全盛期(1930年 - 1939年)」を含む「グレタ・ガルボ」の記事については、「グレタ・ガルボ」の概要を参照ください。


全盛期(1980年-1999年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/08/07 22:06 UTC 版)

エスコルブト」の記事における「全盛期(1980年-1999年)」の解説

1977年頃からのパンクブームに影響を受けて1980年にギター・ボーカルのヨス・エスポシト(英語版)とベース・ボーカルのフアンマ・スアレス(英語版)によって結成された。エスポシトザ・フーキンクスローリング・ストーンズセックス・ピストルズ影響を受けているが、スアレスエスコルブト結成前までほとんど音楽聴かなかったという。1982年にはドラムのパコ・ガランが加入したエスコルブト音楽スタイルは、セックス・ピストルズザ・クラッシュ、ザ・バイブレーターズ(英語版)、ローリング・ストーンズザ・フーZZトップモーターヘッドなどの影響を受けている。ラ・ポリャ・レコーズ(英語版)やコルタトゥなど、バスク地方他のバンドとの仲は良好ではなく、ラ・ポリャ・レコーズとの間にギター盗難騒動などがあった。 1992年3月には病気理由エスポシトバンド脱退しエスポシト5月31日エイズに起因する肺炎死去した新たにギター・ボーカルのウルコ・イガルティブルが加入したが、同年10月9日にはスアレス心臓発作死去し結成時のメンバー2人相次いで死去するという困難に見舞われた。2人死去後ガラン中心として活動継続され1999年活動休止した

※この「全盛期(1980年-1999年)」の解説は、「エスコルブト」の解説の一部です。
「全盛期(1980年-1999年)」を含む「エスコルブト」の記事については、「エスコルブト」の概要を参照ください。


全盛期(1980年-1999年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/08/07 22:06 UTC 版)

エスコルブト」の記事における「全盛期(1980年-1999年)」の解説

中心メンバー ヨス・エスポシト(英語版) - ギター・ボーカル。1991年にはヘロイン中毒治療開始したが、1992年5月31日エイズに起因する肺炎によって死去在籍期間1980年から1992年。 フアンマ・スアレス(英語版) - ベース・ボーカル。ヘビースモーカーかつアルコール中毒者でありアンフェタミン摂取していたため、1980年代には「薬物神風」(un kamikaze del pastilleo)と呼ばれるようになり、1988年頃には深刻な薬物中毒となった1992年10月9日心臓発作によって死去在籍期間1980年から1992年。 パコ・ガラン - ドラム在籍期間1982年から1999年その他のメンバー ラファエル・モリエル - ドラム在籍期間1980年。 ライキー - ベース在籍期間1980年から1981年セニ - ベース在籍期間1982年ググ - ドラム在籍期間1981年から1982年。 ガルロパ - ギター在籍期間1993年から1999年。 ウルコ・イガルティブル - ギター・ボーカル。在籍期間1993年から1995年イニャキ - ベース・ボーカル・ギター。在籍期間1991年1993年から1995年セルヒオ - リードボーカル在籍期間1995年から1999年ミゲル - ベース在籍期間1995年から1999年

※この「全盛期(1980年-1999年)」の解説は、「エスコルブト」の解説の一部です。
「全盛期(1980年-1999年)」を含む「エスコルブト」の記事については、「エスコルブト」の概要を参照ください。


全盛期(1980 - 1990年代)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/30 15:17 UTC 版)

シリコンアイランド」の記事における「全盛期(1980 - 1990年代)」の解説

1981年には宮崎沖電気宮崎県清武町操業開始1984年にはソニー長崎(現・ソニーセミコンダクタ)が長崎県諫早市半導体生産を始めるなど、その後九州各県IC工場誕生した日本の半導体産業成長続けたこの時期、九州IC生産数量金額ともに1978年から1984年まで毎年30%以上の高い増加率記録した日米半導体摩擦深刻化シリコンサイクル影響で1985年1989年マイナス成長となったものの、1989年IC生産量1979年の8.4倍にまで増え国内シェアは38.5 %となっている。また、IC製造一貫前工程行なう中核工場九州内10工場まで増加した1987年年のIC生産量全国シェアは43.0%に達しこの頃生産量全国シェアピークである。 しかし、1985年プラザ合意以降の円高によって、大手メーカー半導体生産拠点海外移管進めたことや、1990年代以降にはコスト競争力よりも技術開発力が重要となり、地元企業半導体産業への新規参入難しくなったこともあり半導体生産における分業関係は、「系列重視した国内での垂直分業体制」から「系列を超え国際垂直分業体制」へと移行していった。この結果1990年代に入ると九州半導体産業成長減速し生産量年平均増加率4.5 %と全国平均の6.8 %を下回り1999年全国シェアは31.1 %まで低下したこの時期は特にMOSメモリ生産伸び悩び、かつて「メモリ王国」とも呼ばれた九州における「脱DRAM化」が進んだ一方MOSロジック線形回路全国シェア伸ばしている。安いDRAMではなく高付加価値製品製造するようになった結果九州半導体全国シェア2003年には生産量27%まで低下する一方金額では34%まで進むなど、かつての課題であった付加価値の向上が実現したこのような市況変化半導体メーカー各社工場配置棲み分けがほぼ完了した事を受け、1990年代九州一貫前工程工場新設したのは延岡市旭化成マイクロシステムズの1件のみにとどまっている。一方で1999年には東芝SCEI合弁会社大分ティーエスセミコンダクタ設立して東芝の大分工場PlayStation 2用Emotion Engine生産するなど、メーカー間の新たな動き見られた。 1990年代以降自動車産業進出進んで「カーアイランド」とも呼ばれるようになった九州では、車載半導体増加とともに自動車産業との融合進み2003年アイシン九州半導体製造装置専用工場建設したほか、ルネサス川尻工場熊本県)などでは自動車用半導体車載半導体)の製造盛んにおこなわれるようになった2000年には九州地方半導体集積回路生産数量・生産額ピーク達しIC生産量106億個、生産額1兆392億円となった雇用面では、九州における2000年半導体製造装置半導体素子集積回路従業員数それぞれ5,577人、7,609人、34,894人と大きな存在になっていた。「ITバブル崩壊直後となる2002年当時九州半導体集積回路生産額1兆243億円であり、これは日本国内の約30 %、全世界の6 %に相当した。また関連する半導体製造装置生産額も1,322億円、国内シェア15 %以上で近畿地方と並ぶ存在であり、九州にとって半導体産業自動車産業と並ぶ基幹産業となっていた。

※この「全盛期(1980 - 1990年代)」の解説は、「シリコンアイランド」の解説の一部です。
「全盛期(1980 - 1990年代)」を含む「シリコンアイランド」の記事については、「シリコンアイランド」の概要を参照ください。


全盛期(1987年 - 1991年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/31 10:09 UTC 版)

ホワイトスネイク」の記事における「全盛期(1987年 - 1991年)」の解説

1987年ジョン・サイクスギター)、ニール・マーレイベース)、エインズレー・ダンバードラム)、ドン・エイリーキーボード)のメンバーによる、3年振り7thアルバムWhitesnake(WS1987、邦題サーペンス・アルバス〈白蛇の紋章〉)』をリリース。このアルバム全米2位800万以上を売り上げ、(2007年までアメリカだけでも1000万を超える大成功を収める本作レコーディング前にカヴァデールは喉のポリープ摘出手術をして、高音がよく響くようになり、本作スタイル前作よりさらに洗練され、より明快でドラマティックな起伏にとんだ構成になっているまた、サイクスという若い技巧派ギタリスト再録の2曲を除く全曲作曲にも参加)の加入もあって、以前のようなブルースロック基軸としたスタイルから、モダンなハードロック・バンドへの変貌成功した他方で、このアルバムアメリカ向きとなっており、カヴァデールロバート・プラント髣髴とさせるような金髪に髪を染めまた、収録曲の「スティル・オブ・ザ・ナイト」の曲調などから、レッド・ツェッペリン真似ていることを強く批判されることになったしかしながら、このアルバムの質の高さは疑いようもなく、現在でもロック史上に残る作品として記憶されている。 この作品発表時にはカヴァデール以外のメンバーバンド解雇されており、プロモーション・ヴィデオ撮影集められたヴァンデンバーグエイドリアン・ヴァンデンバーグギター)、元ディオヴィヴィアン・キャンベルギター)、元オジー・オズボーン・バンドトミー・アルドリッジドラムス)、元クワイエット・ライオットルディ・サーゾベース)が新生ホワイトスネイクとなったMTVでは彼らの曲が頻繁にオン・エアされ、カヴァデール当時恋人Tawny Kitaen後に1989年結婚1991年離婚)が出演するプロモーション・ヴィデオ注目集めた新メンバーによるワールド・ツアー人気を博したツアー後、カヴァデール目指す音楽性異なることが原因でキャンベル脱退次作に向けて曲作りカヴァデールヴァンデンバーグ中心に行われた。しかしレコーディング前にヴァンデンバーグ腱鞘炎原因と思われる右腕麻痺のために演奏不能となり、急遽スティーヴ・ヴァイ起用してギターパートの録音行った。この8thアルバムスリップ・オブ・ザ・タング』は1989年発売され300万枚売り上げたアルバムに伴うワールドツアー行い1990年8月にはモンスターズ・オブ・ロック出演してその時演奏後にライヴ・アルバムおよびDVDライヴ・アット・ドニントン 1990』として発表された。しかし、グループ1990年暮れ解散したその後カヴァデールジミー・ペイジとのプロジェクトカヴァデール・ペイジに取り組むことになる。

※この「全盛期(1987年 - 1991年)」の解説は、「ホワイトスネイク」の解説の一部です。
「全盛期(1987年 - 1991年)」を含む「ホワイトスネイク」の記事については、「ホワイトスネイク」の概要を参照ください。


全盛期(1974年 - 1978年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/01 21:00 UTC 版)

UFO (バンド)」の記事における「全盛期(1974年 - 1978年)」の解説

1974年4月発売されアルバム現象』(Phenomenon)は、ハードなギター・リフ印象的なRock Bottom」や後にライブ音源シングルヒットとなったDoctor Doctor」のように、マイケル・シェンカー鋭角なギターサウンドがうまく取り込まれバンドの英米での知名度上げたアルバム現象発売後の1974年5月には、さらなるバンド体制強化をねらい、新たにセカンド・ギタリストとしてポール・チャップマンを加入させ、5人編成とした。イギリスヨーロッパツアーするが、マイケル・シェンカーポール間に軋轢生じたために同年9月ポールバンド脱退ポール自らのバンドローン・スターを結成したバンドは4人のまま10月には初のアメリカ公演行った1975年春には、レオ・ライオンズテン・イヤーズ・アフター時代同僚チック・チャーチル(Key.)をゲスト迎えアルバム『フォース・イット』(Force It)の製作を開始同年7月リリースしたバンド専任キーボード・プレイヤーの必要性感じ8月に元ヘヴィ・メタル・キッズのダニー・ペイロネル(Key.)を加入させ本格的なアメリカ・ツアー開始した1976年4月発売されアルバム『ノー・ヘヴィ・ペッティング』(No Heavy Petting)ではキーボード・サウンドの導入により、アレンジの幅を広げたが、マイケル・シェンカーがよりバランスのとれたサウンド求めたため、9月にはダニー解雇1976年12月には、キーボードだけでなくギター弾ける元チキン・シャック、サヴォイ・ブラウンのポール・レイモンド(g. & key.)が加入した。(レイモンドその後シェンカー行動を共にし、MSG加わる) ロン・ネヴィソンをプロデューサー迎え製作され1977年5月リリースしたアルバム新たなる殺意』(Lights Out)は「Too Hot To Handle」「Lights Out」「Alone Again Or」やストリングス導入した7分の大作Love To Love」といった曲を収録した70年代後半にはUFO英米だけでなく、日本ヨーロッパにも知られるようになり、マイケル・シェンカーもハードロック・ギタリストとして人気出始めた。 1978年6月にはアルバム宇宙征服』(Obsession)を発売前作勢い引き継ぎCherry」「Only You Can Rock Me」といった曲を収録している。 1978年12月にはライブ・アルバムUFOライブ』(Strangers In The Nightをリリース脂の乗り切ったバンド演奏聴衆の熱狂収録されている。 UFOハードロック・バンドとして有名になった。しかしその裏では、「堅物かつ酒豪」で知られたリーダーフィル・モグと、英会話に難を抱え完璧主義者である若きマイケル・シェンカーとの間に大きな軋轢生まれており、既に精神のバランス失っていたマイケルがしばしば失踪繰り返していた。そしてついに、『UFOライブ発売直前1978年11月マイケル正式に脱退する。(その後スコーピオンズ一時的に復帰したがすぐに脱退ドラッグアルコール中毒から脱するリハビリの後、自らのバンドであるマイケル・シェンカー・グループ結成しシーン復帰する。)

※この「全盛期(1974年 - 1978年)」の解説は、「UFO (バンド)」の解説の一部です。
「全盛期(1974年 - 1978年)」を含む「UFO (バンド)」の記事については、「UFO (バンド)」の概要を参照ください。


全盛期(1970年代)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/15 00:03 UTC 版)

SGディナモ・ドレスデン」の記事における「全盛期(1970年代)」の解説

1964年、ようやくディナモ・ドレスデン1部復帰果たしたドレスデン熱心なサポーターにも支えられ1967年には限られた戦力の中4位にまでつけるが、翌年に再び2部降格した。しかし、東ドイツ政府が、代表チーム強化狙って特定クラブ有力選手集中させる政策をとり、ドレスデンもその一つとなったそのため、1970年代復活果たし5度リーグ優勝果たしたその中には、1977年から1979年リーグ3連覇含まれる旧東独のクラブの中でディナモ・ドレスデン異質なクラブであった。2万人以上の観客集め熱心なファンがいたこと、規律とらわれない自由なサッカーをする選手がいたこと等は、他のクラブではまず見られなかった。 1980年代ベルリン不振に不満をもった秘密警察要人が、さらなるディナモ・ベルリン強化図った審判までが国権力恐怖怯えレッドカードPK判定ベルリン優勝貢献したこうした中でディナモ・ドレスデン万年2位地位にあった

※この「全盛期(1970年代)」の解説は、「SGディナモ・ドレスデン」の解説の一部です。
「全盛期(1970年代)」を含む「SGディナモ・ドレスデン」の記事については、「SGディナモ・ドレスデン」の概要を参照ください。


全盛期(1973年 - 1979年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/16 08:25 UTC 版)

エレクトリック・ライト・オーケストラ」の記事における「全盛期(1973年 - 1979年)」の解説

1973年には、ブルーアイド・ソウルの曲「ショウ・ダウン」がアメリカで最初のヒットとなった。さらにサード・アルバム『第三世界の曙』(1973年)を発売その後ビートルズ的なポップス要素を強めヒット連発した。 1974年4thアルバムエルドラド』が初の全米ゴールドディスク獲得しシングル「キャント・ゲット・イット・アウト・オブ・マイ・ヘッド」がヒットした翌年5thアルバムフェイス・ザ・ミュージック』もヒット1976年の「イーヴィル・ウーマン」は、やはりブルーアイド・ソウルの曲で全米ヒットとなっている。同年には「ストレンジ・マジック」もヒットした6thアルバムオーロラの救世主』(1976年)はプラチナディスク輝いたその後2枚組大作7thアルバムアウト・オブ・ザ・ブルー』(1977年)を発売しテレフォン・ラインが日米でヒット翌年78年には「スウィート・トーキン・ウーマン」「ターン・トゥ・ストーン」がアメリカでヒットになっている。さらにELOは70s後半大流行したディスコ・サウンドをELO流に解釈した8thアルバムディスカバリー』を1979年発売した79年には「シャイン・ラブ」(シャイン・ア・リトル・ラブ)「ロンドン行き最終列車」「ドント・ブリング・ミー・ダウン」などヒット連発した。また同アルバムには「コンフュージョン」も収録されアメリカではシングルカットされている1977年から1978年にかけて行われたワールドツアー(アウト・オブ・ザ・ブルー・ツアー)では、ステージ上にレーザービーム飛び交う巨大UFO出現させ、メンバーその中で演奏するという大がかりな演出話題さらったウェンブリー・アリーナ1978年)のライブ作品発売されている。同年最初で最後日本公演開催

※この「全盛期(1973年 - 1979年)」の解説は、「エレクトリック・ライト・オーケストラ」の解説の一部です。
「全盛期(1973年 - 1979年)」を含む「エレクトリック・ライト・オーケストラ」の記事については、「エレクトリック・ライト・オーケストラ」の概要を参照ください。


全盛期(1981–1989)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/12 14:45 UTC 版)

プリンス (ミュージシャン)」の記事における「全盛期(19811989)」の解説

1981年には『Controversy邦題戦慄貴公子)』を発表同名シングルがソウル・チャートにランクインし、またビデオ放映されるなど、知名度大きく上昇したこの時期にローリング・ストーンズ前座としてツアー帯同していたが、公演によっては、ビール瓶キャベツ等を投げつけられるなどストーンズ目当ての客からのブーイング受けた当時ストーンズ楽屋訪れたデヴィッド・ボウイが、トイレ泣いているプリンスの姿を見掛けたため、以後自身のツアーでは前座ミュージシャンつけることをやめたというエピソード残っている当時オープニングアクト起用したミック・ジャガーは、「お前達プリンスどれだけ凄いか分からないだろう」と言ったと言われている。 1982年頃からプリンスバックバンドザ・レヴォリューション名付けたそれに伴いアーティスト表記プリンス単独名義からプリンス・アンド・ザ・レヴォリューションに変わったレヴォリューションは、メンバー若干変動させつつ1986年まで存続する。それから1990年までは、特にバックバンド呼称与えない時期が続く。 2枚組アルバム1999』(1982をリリースしたプリンスは、ついにブレイク迎える。全米400万枚売り上げたこのアルバムからは「Little Red Corvette」(6位)、「1999」(12位)、「Delirious」(8位)がシングルカットされ、全米チャート初のトップ10入り遂げた同時に MTV ではじめミュージックビデオ放映され黒人アーティストとしてマイケル・ジャクソンと共に名を連ねることになる。なお、本作CD1枚発売されたため、収録時間都合上1980年代から1990年代にかけて発売されていたCDからは「D.M.S.R.」が削られている。 1984年自伝的映画プリンス/パープル・レイン』で映画主演、そのサウンドトラックとして『Purple Rain』が発表され大ヒットとなった発表初週100万売り上げたこのアルバムは、ビルボードチャートトップに実に24週間居座りつづけたシングルカットされた「When Doves Cry」、「Let's Go Crazy」の2曲がシングルチャート1位となり、プリンス全米でのボックスオフィスアルバムチャートシングルチャートですべて1位獲得するという成果達成した。なお、本作からは他にPurple Rain」(2位)、「I Would Die 4 U」(8位)、「Take Me With U」(25位)がシングルカットされているまた、When Doves Cry」は年間シングルチャートでも1位獲得している。 プリンス自伝映画として製作されたこの映画は、6800ドル興行収入得て週間ボックスオフィス1位年間11位という堂々たる成績収めている。なお、同年の第57回アカデミー賞歌曲編曲賞を受賞している。オスカー像は、後にプリンス設立したペイズリー・パーク・スタジオの一角大事に飾られているという。 全米1300万枚全世界1500万枚売り上げたパープル・レイン」の収益プリンスは独自レーベルであるペイズリー・パーク・レコードを設立する1985年にこのレーベルから「Around the World in a Day」を発表前作とはがらりと作風変えてきたこのアルバムも、全米チャート1位獲得する。 翌1986年には、監督をも務めた映画プリンス/アンダー・ザ・チェリー・ムーン』のサウンドトラックとして『Parade』を発表映画自体興業的に失敗するものの、アルバム全米アルバムチャート3位となり、シングルカットされた「Kiss」は全米シングルチャート1位獲得するこの年Parade tour初の来日公演果たしている。バックバンドザ・レヴォリューションは、このツアー横浜スタジアムでの千秋楽最後に解散する。 この『プリンス/アンダー・ザ・チェリー・ムーン』は、1987年ゴールデンラズベリー賞ラジー賞)で最低作品賞、最低監督賞、最低主演男優賞、最低助演男優賞ジェローム・ベントン)、最低主題歌賞を受賞した1987年には、2枚組アルバムSign "☮︎" The Times』を発表するタイトル曲「サイン・オブ・ザ・タイムズ」は、プリンスブルースから強い影響を受けていることを示していた。なお、ツアー撮影したものをベース作成された、同名映像作品同時発売されている同年、『The Black Album』がレコーディングされるが発売直前になって発売中止された。この音源海賊版として流出し世界最高の売上であろうと思われる500万上が販売された。同アルバムは、最終的に1994年ワーナー・ブラザースから発売されている。 1988年には「The Black Album」のアンサーアルバムとなる『Lovesexy』をわずか4か月制作期間経て発表するが、そのジャケット物議をかもし、CDでの曲間ジャンプ出来ないようにアルバム全体が1曲扱いになっているという仕様(ただし、発売国によっては異なる)のアルバムセールス的に全米11位、売上50万枚低迷した同様に全米ツアー低迷したが、その低迷分をヨーロッパ日本へのツアーで補うことができたという。 1989年映画バットマン』のサウンドトラック担当するサウンドトラックとされているものの、その実は映画インスピレーション得たオリジナルアルバムとなっている(ダニー・エルフマンによる映画オリジナルスコア楽曲集別途発売)。サントラ初回限定缶入りCD発売されアルバムおよびシングルカットされた「Batdance」はチャート1位獲得した。「Batdance」は『とんねるずのみなさんのおかげです』内でパロディPV作成したことや『タモリ倶楽部』の「空耳アワー」で「Don't stop dancin'」の部分が「農協牛乳」と聞こえ空耳紹介されこともあり日本知名度の高いプリンスの曲のひとつとなっている。 またこの時日本のミュージシャン小比類巻かほるへの楽曲プロデュース話題になった80年代末から90年代半ばまで『Glam Slam Yokohama』というディスコ横浜経営しており、ツアーで来日した際にシークレットギグ開催したこともある。 3月には当時恋仲噂されていたマドンナアルバムライク・ア・プレイヤー』が発売。『ラヴ・ソング』をマドンナ共作デュエットした。

※この「全盛期(1981–1989)」の解説は、「プリンス (ミュージシャン)」の解説の一部です。
「全盛期(1981–1989)」を含む「プリンス (ミュージシャン)」の記事については、「プリンス (ミュージシャン)」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「全盛期」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

全盛期

出典:『Wiktionary』 (2018/07/05 06:16 UTC 版)

名詞

ぜんせいき

  1. 勢い最も盛ん時期

「全盛期」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「全盛期」の関連用語

全盛期のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



全盛期のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2022 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの黄金時代 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのスモレンスク公国 (改訂履歴)、グレタ・ガルボ (改訂履歴)、エスコルブト (改訂履歴)、シリコンアイランド (改訂履歴)、ホワイトスネイク (改訂履歴)、UFO (バンド) (改訂履歴)、SGディナモ・ドレスデン (改訂履歴)、エレクトリック・ライト・オーケストラ (改訂履歴)、プリンス (ミュージシャン) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの全盛期 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS