シオンとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 地理 > 地形 > > シオンの意味・解説 

シオン【Sion】


シオン【Zion】


し‐おん【四恩】

読み方:しおん

仏語。人がこの世で受ける4種の恩。「心地観経」では、父母衆生(しゅじょう)・国王三宝の恩。


し‐おん【子音】

読み方:しおん

⇒しいん(子音)


し‐おん【師恩】

読み方:しおん

先生から受けた恩。師匠の恩。


し‐おん【歯音】

読み方:しおん

歯や歯ぐきと舌との間で調節される音。破裂音の[t][d]や摩擦音の[s][z]など。


し‐おん【私恩】

読み方:しおん

個人的に特別にその人与え恩恵。「―を施す」


し‐おん〔‐ヲン〕【紫×苑/紫×菀】

読み方:しおん

キク科多年草山間草地自生し、高さ1.5~2メートル根際大きな群生。秋、多数淡紫色の花を開く。漢方で根を乾かしてせき止めにする。栽培もされる鬼の醜草(しこぐさ)。《 秋》「―咲き静かなる日の過ぎやすし/秋桜子

紫苑色」の略。


し‐おん【至恩】

読み方:しおん

この上もなく大きな恩。


紫菀

読み方:シオン(shion), シオニ(shioni)

キク科多年草園芸植物薬用植物


紫園

読み方:シオン(shion

キク科多年草園芸植物薬用植物


紫苑

読み方:シオン(shion), シオニ(shioni)

きく科の多年生草本


シオン

シオン
科名 キク科
別名: -
生薬名: シオン(紫苑
漢字表記: 紫苑
原産 日本朝鮮半島シベリアモンゴル
用途 野菊一種で、薬用として渡来しましたが、花が美しいので、庭によく植えられています。根茎・根をシオン「紫苑」といい、鎮咳去痰などに用います
学名: Aster tataricus L. f.
   

紫菀

読み方:シオン(shion), シオニ(shioni)

キク科多年草園芸植物薬用植物

学名 Aster tataricus


紫園


紫苑

読み方:シオン(shion), シオニ(shioni)

キク科多年草園芸植物薬用植物

学名 Aster tataricus


シオン

名前 ChionSion

四温

読み方:シオン(shion

冬の季節四日ほど暖かい日がつづくこと

季節

分類 時候


紫菀

読み方:シオン(shion

キク科多年草で、切り花として観賞する

季節

分類 植物


紫苑

読み方:シオン(shion

キク科多年草で、切り花として観賞する

季節

分類 植物


紫菀

読み方:シオン(shion

作者 野上弥生子

初出 明治41年

ジャンル 小説


紫苑

読み方:シオン(shion

作者 高浜虚子

初出 昭和23年

ジャンル 写生文


紫苑

読み方:シオン(shion

作者 壷井栄

初出 昭和26年

ジャンル 小説


紫園

読み方:シオン(shion

所在 奈良県吉野郡野迫川村

地名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

シオン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/14 17:56 UTC 版)

シオン Sion、セィヨンアラビア語: سيون、ヘブライ語: ציון‎、ティベリア式発音Ṣiyyôn)は、イスラエルエルサレム地方の歴史的地名ラテン文字ではSion(フランス語発音: [sjɔ̃] スィヨン)、Zion(英語発音: [ˈzaiən] イオン、ドイツ語発音:ツィーオン)などと書かれ、日本語では米国英語にならった「ザイオン」との表記も見られる。




「シオン」の続きの解説一覧

シオン(初期・クレリック)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/14 09:15 UTC 版)

ポケットキング」の記事における「シオン(初期クレリック)」の解説

臆病な性格の男の子

※この「シオン(初期・クレリック)」の解説は、「ポケットキング」の解説の一部です。
「シオン(初期・クレリック)」を含む「ポケットキング」の記事については、「ポケットキング」の概要を参照ください。


シオン(Xion)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/28 17:22 UTC 版)

キングダム ハーツ 358/2 Days」の記事における「シオン(Xion)」の解説

XIII機関14番目として新たに加わった謎の少女。彼女もロクサス同じく特別なノーバディであるとされ、ロクサスのようにキーブレードを操ることができる。

※この「シオン(Xion)」の解説は、「キングダム ハーツ 358/2 Days」の解説の一部です。
「シオン(Xion)」を含む「キングダム ハーツ 358/2 Days」の記事については、「キングダム ハーツ 358/2 Days」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「シオン」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「シオン」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



シオンと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「シオン」の関連用語

シオンのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



シオンのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
エーザイエーザイ
Copyright(C) 1996-2022, Eisai Co., Ltd. All rights reserved.
エーザイ薬用植物一覧
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのシオン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのポケットキング (改訂履歴)、キングダム ハーツ 358/2 Days (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS