恩恵とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 社会 > 社会一般 > 恵み > 恩恵の意味・解説 

恩恵

読み方:おんけい

「恩恵」とは、他者外部環境などからもたらされる恵み利益、好ましい影響など意味する表現である。「恩恵を受ける」「恩恵に与る」「恩恵に浴する」「恩恵を享受する」といった言い回し用いられることが多い。「恩恵」は漢語由来二字熟語であり(中国語では「恩惠」と表記される)、日本語では「恩」とも「恵み」とも言い換えられる。物質的な金銭的な精神的なあらゆる種類の好ましい事柄が「恩恵」と表現できる

「恩恵」には、「外部から一方的にもたらされる(それを得るための努力積極的な行動を必ずしも要しないメリット」というニュアンスや、「恵みもたらしてくれる根源感謝する」ようなニュアンスがが多分に含まれる

「恩恵」の発音・読み方

「恩恵」の読み方は「おんけい」である。

「恩恵」の誤読や誤用に注意

「恩恵」は「おん-え」とは読まない

また、「恩恵に授かる」という言い方はしない、これは「恩恵に与る(あずか-る)」の空覚え思われるが、誤用である。

「恩恵を授かる」とは表現できなくもないが、一般的な言い方ではない。

「恩恵を被る」は一応は正し表現であるが、「被る」はネガティブ影響を受けるニュアンス伴いがちな文脈用いられることの多い言葉であり、人によっては微妙な違和感を抱く可能性がある。

「恩恵」の語源・由来

「恩恵」は漢語一般的な語彙である。特に出典あるよう言葉故事成語の類)ではない。

「恩」も「恵」も、ともに「恵み」や「いつくしみ」を意味する字である。類義語同義語並べて熟語にした(二字熟語にはよくある構成言葉である。

「恩恵」の類語

「恩恵」の類語としては、まずは「恵み」が挙げられる意味合い使い所微妙に異なるが「恩寵」「温情」「便益」「メリット」あるいは「おこぼれ」なども類似表現として挙げられる

恩寵」は特に神や主君といった「いわゆる絶対的上位者」から与えられる恵み慈悲を指す意味で用いられる語である。

温情」は他者情け寛大な心、親切心などを指す意味で用いられる語である。

便益」や「メリット」は、都合良く利益があることがらを指す意味で用いられる語である。

おこぼれお零れ)」は、他者が余らせた・残した自分にとって旨味のあるもの、という意味で用いられる語である。

おん‐けい【恩恵】

読み方:おんけい

恵みいつくしみ。「—を施す」「自然の—に浴する

キリスト教で、神の恩寵(おんちょう)。


恩恵

作者ウラジーミル・ナボコフ

収載図書ナボコフ短篇全集 1
出版社作品社
刊行年月2000.12


(恩恵 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2023/07/18 16:06 UTC 版)

(おん)とは、他の人から与えられた恵み、いつくしみのこと[1]


  1. ^ 出典:大辞林
  2. ^ デジタル大辞泉「恩知らず」


「恩」の続きの解説一覧

恩恵(ギフト)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/02 01:23 UTC 版)

問題児たちが異世界から来るそうですよ?」の記事における「恩恵(ギフト)」の解説

様々な修羅神仏から、悪魔から、精霊から、星から与えられ特異な力。様々な形変幻し、生命宿ることでその“恩恵”となる力を発揮するのである

※この「恩恵(ギフト)」の解説は、「問題児たちが異世界から来るそうですよ?」の解説の一部です。
「恩恵(ギフト)」を含む「問題児たちが異世界から来るそうですよ?」の記事については、「問題児たちが異世界から来るそうですよ?」の概要を参照ください。


恩恵

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/09 00:38 UTC 版)

技能士」の記事における「恩恵」の解説

1級、および、単一技能等級技能検定合格者は、当該職種職業訓練指導員免許取得することができる。2級技能検定合格者は、職業訓練指導員試験実技試験免除されるまた、建設業については建設業法第7条第2号ハの知識及び技術又は技能有するものと認められる者、解体業については解体工事業係る登録等に関する省令第7条1項のホの技術管理者になることができる。ただし、技能士資格と同じ名前の建設業該当しない場合もあるので、建設業業種該当する技能士確認のこと。 各法令に基づき技能士付与される資格がある。技能士によって受験資格得られたり、一部免除得られる資格もあったり、国土交通省発注する官庁営繕工事指定する職種には一級技能士現場常駐制度設けて技能士社会的地位高めるようにしている。1級技能検定合格者単一等級技能検定合格者技能グランプリへの参加資格得られる

※この「恩恵」の解説は、「技能士」の解説の一部です。
「恩恵」を含む「技能士」の記事については、「技能士」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「恩恵」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

恩恵

出典:『Wiktionary』 (2021/08/14 05:23 UTC 版)

名詞

おんけい

  1. めぐみ利益
  2. 好ましい結果影響

類義語

対義語


「恩恵」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



恩恵と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「恩恵」の関連用語

恩恵のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



恩恵のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2024実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの恩 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの問題児たちが異世界から来るそうですよ? (改訂履歴)、技能士 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの恩恵 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS