並べてとは?

Weblio 辞書 > 品詞の分類 > 修飾語 > 副詞 > 副詞(状況) > 並べての意味・解説 

なべ‐て【並べて】

[副]動詞「な(並)ぶ」の連用形接続助詞「て」から》

全体が同じような状態・程度であるさま。総じておしなべて。「このクラスは並べて成績がよい」

普通であるさま。

「御ありさまの、あやしく、げに—に覚え給はぬなり」〈源・橋姫


なべ‐て【並━】

〔副〕 (動詞「なぶ(並)」の連用形に、助詞「て」の付いてできたもの。「なべての」の形で、連体修飾語として用いることも多い)

① 同じ状態が広くいきわたるさまを表わすおしなべて一面に。一帯に。

古今(905‐914)恋五・八二一秋風のふきとふきぬるむさしのはなべてくさばの色かはりけり〈よみ人しらず〉」

事柄が同じ程度・状態であるさまを表わす。すべて。総じて一般に。概して

古今(905‐914)東歌・一〇九六つくばねの峯のもみぢばおちつもりしるもしらぬもなべてかなしも〈ひたちうた〉」

仮名草子・身の鏡(1659)中「なべて人内用の時客来あれば、無挨拶顔付をし」

事柄程度や状態が、格別なことなく並一通りであるさまを表わす。なみ。尋常。後に、否定表現反語表現を伴うことが多い。→なべてならず

宇津保(970‐999頃)俊蔭「帝〈略〉なべての人の使は、明けたてば、立ち並みたれど出で入りもせず」

宇治拾遺(1221頃)一二「なべての人ほどなる男とみる程に、おびたたし大になりて、この男を唯一口に食ひてけり」


並べて

読み方:ならべて

バ行下一段活用動詞並べる」の連用形である「並べ」に、接続助詞「て」が付いた形。

日本語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「並べて」の関連用語

並べてのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



並べてのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館

©2022 GRAS Group, Inc.RSS