若竹とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 植物 > > > 若竹の意味・解説 

わか‐たけ【若竹】

その年生えた竹。今年竹(ことしだけ)。《 夏》「―や夕日嵯峨なりにけり蕪村


若竹【ワカタケ】(野菜)

※登録写真はありません 登録番号 831
登録年月日 1985年 7月 6日
農林水産植物の種類 セロリー
登録品種の名称及びその読み 若竹
 よみ:ワカタケ
品種登録の有効期限 15 年
育成者権の消滅 1998年 7月 7日
品種登録者の名称 伊藤仁太郎
品種登録者の住所 東京都江戸川区上篠崎一丁目107番地
登録品種の育成をした者の氏名 伊藤仁太郎
登録品種の植物体の特性の概要
 
登録品種の育成経過概要
 



若竹

読み方:ワカタケ(wakatake)

タケノコが長じてタケとなったもの

季節

分類 植物


若竹

読み方:ワカタケ(wakatake)

所在 愛知県一宮市

地名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

〒088-1118  北海道厚岸郡厚岸町若竹
〒491-0832  愛知県一宮市若竹

若竹

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/20 23:15 UTC 版)

若竹(わかたけ)は、東京都江東区東陽円楽一門会が経営・使用していた寄席である。




注釈

  1. ^ 共に落語協会を脱会した3代目古今亭志ん朝一門、7代目橘家圓蔵一門と2番弟子5代目月の家圓鏡(後の8代目橘家圓蔵)一門は圓生の死に先んじて、落語協会に復帰していた。
  2. ^ ただし、落語協会所属の林家木久蔵(初代、現・林家木久扇)林家こん平については、当時五代目円楽が司会を務めていた『笑点』の大喜利メンバーであり、若竹で公開収録が行われた際に何度か出入りした経験がある[2]

出典

  1. ^ 三遊亭円丈「〈御乱心〉三遊鼎談 三遊亭円丈×三遊亭円楽×三遊亭小遊三」『師匠、御乱心!』〈小学館文庫〉、2018年、278-279頁。ISBN 978-4-09-406499-5座談会での六代目円楽と進行役の夢月亭清麿の発言。
  2. ^ 笑点 大博覧会 DVD-BOX』 p17 - 18。
  3. ^ 吉川潮. 「戦後落語史」. 新潮新書. p. 109 
  4. ^ 「文藝春秋」写真資料部 (2014年6月9日). “五代目三遊亭円楽に大きな影を落とした「三遊協会」設立騒動”. 文春写真館. 文藝春秋. 2020年11月3日閲覧。 “文中引用されている五代目円楽の言葉の初出は、週刊文春2007年5月3・10日合併号。”
  5. ^ 川戸貞吉; 66-67 (平成2年11月1日). 雑誌「落語」平成元年度東京演芸界年譜. 弘文出版 
  6. ^ 東陽一丁目(@toyo1chome). “東陽五丁目の若竹ビル。”. twitter. 2020年4月5日閲覧。 “屋上の「若竹」「円楽党」の文字がいつの間にか消されていました。”[リンク切れ]
  7. ^ 畠山健二 (2020-09-15). 旅行読売別冊 東京スッタモンダ「東陽町 寄席若竹の思い出」. 旅行読売出版社. pp. 68-69 


「若竹」の続きの解説一覧



若竹と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「若竹」の関連用語

若竹のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



若竹のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
農林水産省農林水産省
Copyright The Ministry of Agriculture. Forestry and Fisheries of Japan
品種登録ホームページ
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日本郵政株式会社日本郵政株式会社
Copyright (C) 2021 JAPAN POST SERVICE Co.,Ltd. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの若竹 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 Weblio RSS