改名とは? わかりやすく解説

かい‐みょう〔‐ミヤウ〕【改名】

読み方:かいみょう

かいめい(改名)」に同じ。


かい‐めい【改名】

読み方:かいめい

[名](スル)名前を変えること。また、変えた名前。かいみょう


改名

作者山崎光夫

収載図書サムライの国
出版社文芸春秋
刊行年月2000.9


改名

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2023/12/19 15:49 UTC 版)

ページの改名(ページの移動)については、Wikipedia:ページの改名及びHelp:ページの移動をご覧ください。


注釈

  1. ^ 実際、ハーフナー・ディドハーフナー・マイク親子などは、日本風の名前にせずに帰化している。とはいえ、実態として日本風の名前に変えなかったことを理由に帰化を却下された実例があった。辛淑玉体験している。
  2. ^ 高見山大五郎=本名は妻の名字の渡辺。KONISHIKIも帰化直後は当時の妻の名字だった塩田を名乗っていた。
  3. ^ 但し漢字の読み方は韓国語式から日本語式に変化する場合がほとんど。訓読みになる場合もある。(例:李忠成=イ・チュンソン→り ただなり。)ただし、韓昌祐(はん ちゃんう)のように韓国読みのまま帰化したケースもある。
  4. ^ 尚、例示した「藤岡弘、」及び「本田美奈子.」は記号は読まず、「ふじおかひろし」「ほんだみなこ」と読む。
  5. ^ 所属事務所こそそのままであるが、レコード会社の移籍で改名した事例。
  6. ^ 農業協同組合は「JA」に、漁業協同組合は「JF」になった
  7. ^ アイオメガが既に“MEGA DRIVE”における北米での商標を先に保持していたこともあり、アイオメガからゲーム機に使うための利用許諾を得られなかった為。
  8. ^ 北米でもメガドライブ以外のセガハードは日本と同じ機種名だった。
  9. ^ カプコン側はこの事を知らなかったようで、ナムコに商標利用料を支払うことで解決した。
  10. ^ 日本と海外にてシリーズぐるみでの別タイトルの例としては、「ロックマン(ROCKMAM)」→「メガマン(MEGA MAN)」や、「バイオハザード(BIO HAZARD)」→「レジデントイービル(RESIDENT EVIL)」などがある。『逆転裁判』シリーズは、日本版でも英語モードのタイトルは海外版と同じ“Ace Attorney”である。

出典



「改名」の続きの解説一覧

改名

出典:『Wiktionary』 (2021/08/14 07:37 UTC 版)

名詞

かいめいかいみょう

  1. 名を変えること。

発音(?)

か↗いめー
か↗いみょー

関連語

動詞

活用

サ行変格活用
改名-する

「改名」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「改名」の関連用語

改名のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



改名のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの改名 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの改名 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS