悪戯とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 表現 > 悪戯 > 悪戯の意味・解説 

あく‐ぎ【悪戯】


いたずら〔いたづら〕【悪戯】

[名・形動(スル)《「徒(いたずら)」から》

人の迷惑になることをすること。また、そのさま。悪ふざけ。「悪戯が過ぎる」「悪戯な子」

いたずら小僧いたずらっこ

弁当箱ポンと抛(ほう)り上げてチョイと受けて行く—がある」〈二葉亭・平凡〉

もてあそんではならない物をいじったりおもちゃにしたりすること。「子供マッチを悪戯する」「悪戯半分

自分のすることを謙遜していう語。芸事習い事などにいう。「歌つくりはほんの悪戯です」

性的にみだらなふるまいをすること。強制猥褻婉曲言い方

旦那鳥渡(ちょっと)—をしたくなるのも…無理もねえて」〈荷風薄衣


わる‐いたずら〔‐いたづら〕【悪戯】


わる‐じゃれ【悪×落/悪戯】

たちの悪いいたずら悪ふざけ

へたなしゃれ。だじゃれ


あく‐ぎ【悪戯】

〔名〕 悪いいたずらわるふざけ

日蓮上人(1894)〈幸田露伴〉三「悪太郎と相伍して悪戯(アクキ)をすること更に無く」〔北史‐斉文宣帝紀〕


わる‐いたずら ‥いたづら 【悪戯】

〔名〕 たちの悪いいたずら

滑稽本浮世風呂(1809‐13)前「わるいたづらをするやつ」


わる‐ざれ【悪戯】

〔名〕 (形動) =わるじゃれ(悪戯)①

評判記難波鉦1680)一「わるされも何もある事でござんす


わる‐じゃれ【悪戯・悪洒落】

〔名〕 (形動

① (悪戯) わるふざけたちの悪いいたずら冗談また、わるふざけ好きな人やそのさま。わるざれ

玉塵抄(1563)五「じゃれ事(ごと)もわるしゃれことは後にくせごとがでくる者ぞ」

② (悪洒落) へたな洒落駄洒落

人情本風俗粋好伝(1825)後「廻りませうの金切り声諸共に、豊後長唄新内潮来、悪滑稽(ワルジャレ)のはさり文句も、所柄なる仇付と、店先に立ちはだかって」

③ 度を過ぎたおめかし。みにくいほどにめかしこむこと。


いたずら いたづら 【徒・悪戯】

1形動〕 (徒)

存在する物事が、無益無用であること。役に立たないこと。むだで価値がないさま。

万葉(8C後)一七・三九六九「時の盛りを 伊多豆良爾(イタヅラニ) 過し遣りつれ」

源氏100114頃)若紫我が身のかくいたづら沈めるだにあるを」

あるべき物がないために物足りないこと。物がなく空虚なさま。

書紀720孝徳大化元年八月北野本訓)「又閑曠(イタツラナル)所に兵庫(くら)を起造(つく)りて」

③ 用がなく、ひまなこと。する事もなく、手持ちぶさたなさま。所在ないさま。

土左(935頃)承平五年一月一八日「ふねも出(いだ)さでいたづらなれば」

④ 本来の目的意図などを果たさないで終わること。むなしく事を終えること。成果あがらないさま。→いたずらに

落窪(10C後)一「かかるにきたるを、いたづらにてかへすな」

2 〔名〕

[一] (形動) ((一)の転じたもので、のちにもっぱら「悪戯」の字あてられる

① (━する) 無益な行為。また、そのような行為をしがちであること。

(イ) 他人に迷惑をかけるようなよくないふるまい。わるさ。また、それをしばしば行なうさま。

*虎寛本狂言真奪室町末‐近世初)「きゃつが色々いたづら致しまする」

(ロ) 子供などがふざけてするわるさ。もてあそぶべきでない物をおもちゃにするさま。

洒落本禁現大福帳(1755)序「発明(かしこい)と誉(ほめ)そやされると悪騒(イタヅラ)が不成(ならぬ)ゆへ」

(ハ) 自分のした事を謙遜していう語。「ほんのいたずらのつもりでございます

性愛に関する行為感情などを主として否定的にいう語。

(イ) 性に関してだらしがないこと。みだらであるさま。好色感じ

咄本内閣文庫醒睡笑(1628)七「若き女房の徒(イタヅラ)さうなるあり」

(ロ) 性的衝動異性対す思い

浮世草子好色五人女(1686)一「恥は目よりあらはれ、いたづら言葉にしれ」

(ハ) (━する) 男女間の、道にはずれた関係。不品行な行為。特に、夫婦でない男女がこっそりあうこと。不義密通姦通

浄瑠璃山崎与次兵衛寿の門松(1718)中「もし私にいたづらあらば、先の相手を切りも殺しもなさる筈」

[二] (徒)

① 女の前髪の末を、髻(もとどり)の左右から背に出したもの。ふりわけ。〔随筆守貞漫稿(1837‐53)〕

操り人形の鬘(かつら)の一つ若い男の耳の所から顔の横に細長く出ている毛。

前髪両端垂れ下げ飾り。若い女は細いものを、年配者は太いものをつける。

[補注]いたずら」が無用な、むだな状態を表わすに対して類義語「むなし」は、物自体存在しない状態をいう。


悪戯

読み方:イタズラ(itazura)

悪いいたずら


悪戯

作者甲賀三郎

収載図書創作探偵小説選集 第2輯 〔復刻版
出版社春陽堂書店
刊行年月1994.4

収載図書緑色の犯罪
出版社国書刊行会
刊行年月1994.4
シリーズ名探偵クラブ

収載図書怪奇探偵小説集 2
出版社角川春樹事務所
刊行年月1998.6
シリーズ名ハルキ文庫

収載図書琥珀のパイプ 復刻版
出版社春陽堂書店
刊行年月1999.7
シリーズ名創作探偵小説

収載図書琥珀のパイプ
出版社日本図書センター
刊行年月2001.11
シリーズ名甲賀三郎全集


悪戯

作者林葉直子

収載図書アバンチュール
出版社竹書房
刊行年月1996.8


悪戯(いたずら)

作者安藤憲一

収載図書青春の譜
出版社文芸社
刊行年月2002.8


悪戯

作者星田

収載図書鳥籠
出版社文芸社
刊行年月2005.7


悪戯

読み方:イタズラ(itazura)

作者 伊藤野枝大杉栄

初出 大正10年

ジャンル 評論


悪戯

読み方:イタズラ(itazura)

作者 宇野千代

初出 昭和5年

ジャンル 小説


悪戯

読み方:イタズラ(itazura)

作者 志賀直哉

初出 昭和21年

ジャンル 小説


悪戯

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/29 09:08 UTC 版)

悪戯(いたずら、あくぎ、prank, mischief, practical joke)とは、悪ふざけ、人を担ぐこと。度を超した悪戯を「悪ふざけ」という。相手を不快にさせた場合は「嫌がらせ」になる。




「悪戯」の続きの解説一覧



悪戯と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「悪戯」の関連用語

悪戯のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



悪戯のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの悪戯 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS