落とし穴とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > 落とし穴の意味・解説 

おとし‐あな【落(と)し穴】

歩いている人やが気がつかずに、そのまま落ち込むように仕掛けた穴。

比喩的に)人を陥れるための策略。「うまい話には落とし穴がある」

比喩的に)それと気づかずにおちいりがちな、好ましくない事柄・状態。「新し技術にはどのような落とし穴が隠れてるかわからない

[補説] 作品別項。→おとし穴


おとしあな【おとし穴】


落とし穴

作者北田玲一郎

収載図書小説 司法書士
出版社日本評論社
刊行年月1988.4


落とし穴

作者西村望

収載図書無人駅
出版社光文社
刊行年月1989.9
シリーズ名光文社文庫

収載図書性悪
出版社祥伝社
刊行年月1996.2
シリーズ名ノン・ポシェット


落とし穴

作者杉本苑子

収載図書落とし穴―鎌倉釈迦堂の僧たち
出版社PHP研究所
刊行年月1996.4

収載図書落とし穴―鎌倉釈迦堂の僧たち
出版社PHP研究所
刊行年月2003.5
シリーズ名PHP文庫


落とし穴

作者有栖川有栖

収載図書ジュリエットの悲鳴
出版社実業之日本社
刊行年月1998.4

収載図書ジュリエットの悲鳴
出版社実業之日本社
刊行年月2000.7
シリーズ名ジョイ・ノベルス

収載図書ジュリエットの悲鳴
出版社角川書店
刊行年月2001.8
シリーズ名角川文庫

収載図書現代ミステリー短編集 3 動物園の暗号
出版社岩崎書店
刊行年月2006.12


落とし穴

作者赤川次郎

収載図書間奏曲赤川次郎ショートショート王国
出版社光文社
刊行年月2006.12
シリーズ名光文社文庫


落とし穴

作者松山巌

収載図書猫風船
出版社みすず書房
刊行年月2007.6


落とし穴

作者布田竜一

収載図書怪奇堂 4
出版社文芸社
刊行年月2007.12


落とし穴

作者矢橋

収載図書Give way交通安全ショート・ショート
出版社中日出版社
刊行年月2008.10


落とし穴

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/04/26 08:48 UTC 版)

落とし穴(おとしあな)は、の一種である。陥穽(かんせい)とも言う。そのありようから転じて、他者を陥れる策略なども「落とし穴」「陥穽」と呼ぶ。を掘りそれを隠蔽することにより、穴の上を通ろうとする人やを落とそうとするもの。適当な大きさの穴を掘った後に残った土を取り除き、ある一定以上の重量がかかると、簡単に折れてしまうような木の枝を組合わせて穴の上に被せ、景色との違和感がないように草や葉をその上にばら撒いて隠蔽するというものが基本である。狩猟や戦争、遊び、いたずらなどに用いられる。


注釈

  1. ^ 考古学では慣例上「落とし穴」を「陥し穴」と書くことが多い。
  2. ^ これが逆茂木(さかもぎ)である。逆茂木はバリケードを構築する際にもよく用いられる。

出典



「落とし穴」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「落とし穴」の関連用語

落とし穴のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



落とし穴のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの落とし穴 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS