炭鉱とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 地理 > 地形 > 鉱山 > 炭鉱の意味・解説 

たん こう -くわう [0] 【炭鉱・炭礦

石炭採掘する鉱山炭坑

炭鉱

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/12/07 02:00 UTC 版)

炭鉱(たんこう、coal mine)は、石炭または亜炭を掘り出すための鉱山のこと。


  1. ^ John Dodson; Xiaoqiang; Nan Sun; Pia Atahan; Xinying Zhou; Hanbin Liu; Keliang Zhao; Songmei Hu et al. (2014年3月3日). “Use of coal in the Bronze Age in China”. The Holocene 0959683614523155 (5): 525–530. doi:10.1177/0959683614523155. http://hol.sagepub.com/content/early/2014/03/03/0959683614523155 2014年4月11日閲覧。. 
  2. ^ Coal-Fired Generation 4p ISBN 0128040564
  3. ^ 国際エネルギー機関 World Energy Outlook 2011 p179
  4. ^ 北海道炭鉱産業の歴史』 空知総合振興局
  5. ^ Total Primary Coal Productionアメリカ合衆国エネルギー省アメリカエネルギー情報局)
  6. ^ a b c d e 『石炭利用技術用語辞典』 p.37,p.236
  7. ^ a b c d e f 1982年4月24日付朝日新聞長崎県版記事『炭鉱いまむかし(7)』
  8. ^ a b 『石炭利用技術用語辞典』 p.188
  9. ^ 『石炭利用技術用語辞典』 p.37
  10. ^ 『石炭利用技術用語辞典』 p.37,p.205
  11. ^ 石炭業における「構築物」と「施設」 - 19世紀イギリス石炭業における「施設」の成立過程(1) -經濟論叢 (1968), 102(3): 221-239 京都大学リポジトリ
  12. ^ day-hole system
  13. ^ pitand adit system
  14. ^ Smiles, Samuel (1862), Lives of the Engineers, Volume III (George and Robert Stephenson), London: John Murray, ISBN 0-7153-4281-9 (ISBN refers to the David & Charles reprint of 1968 with an introduction by L. T. C. Rolt)p. 107
  15. ^ Fordyce, William (20 July 1973), A history of coal, coke and coal fields and the manufacture of iron in the North of England, Graham, https://books.google.com/books?id=dlM_AQAAIAAJ 
  16. ^ Durham Mining Museum (2012a), Wallsend colliery, retrieved 16 January 2013
  17. ^ Wood, Nicholas (1853), "On Safety Lamps for Lighting Coal Mines", Transactions, North of England Institute of Mining and Mechanical Engineers, Vol I (1852-1853): 301–322, retrieved 2013-11-17 (Presidential Lecture)
  18. ^ Swan, J.W. (1881), "Swan's electric light", Transactions, North of England Institute of Mining and Mechanical Engineers, Vol 30: 149–159, retrieved 2013-11-16 pp. 140–159
  19. ^ 佐藤, 元治 (2016年3月29日), “90年前の炭鉱火災、未だ鎮火せず 今も湯気立つ夕張「神通坑」”, 北海道新聞, http://dd.hokkaido-np.co.jp/news/area/doo/1-0251899.html .
  20. ^ 炭鉱爆発、12人死亡=違法操業で責任者逃亡-中国河南省(時事通信)
  21. ^ 中国、2010年までに小型炭鉱を1万ヵ所に削減(サーチナ2008年7月10日)
  22. ^ 中国の炭鉱ガス爆発、死者33人に 行方不明者の遺体発見CNN.co.jp 2016/11/2(2016/11/06閲覧)
  23. ^ 遼寧省で炭鉱爆発203人死亡、13人が不明(2005年2月15日 サーチナ)
  24. ^ 炭鉱事故:逃亡の炭鉱幹部10人拘束、市長停職(2005年8月10日 サーチナ)
  25. ^ 河南省の炭鉱でガス爆発事故、34人死亡、新疆でも(2005年10月4日 サーチナ)
  26. ^ a b “炭鉱事故の死者274人に トルコ史上最悪に”. 共同通信. (2014年5月15日). http://www.47news.jp/CN/201405/CN2014051501000814.html 2014年5月15日閲覧。 
  27. ^ Finbarr Bermingham (2014年5月14日). “Turkey's Sorry History of Coal Mining Disasters”. International Business Times. http://www.ibtimes.co.uk/soma-disaster-turkeys-sorry-history-coal-mining-disasters-1448506 2014年5月15日閲覧。 
  28. ^ Channel 4. "The Worst Jobs in History - Hurrier". Accessed from the Wayback Machine on 13 November 2009.
  29. ^ HalifaxToday.co.uk. "The Nature Of Work". Accessed 17 February 2007.
  30. ^ a b North of England Institute of Mining and Mechanical Engineers. 2007. "Ages at which children and young persons are employed in coal mines". Accessed 17 February 2007.
  31. ^ Rev. T. M. Eddy. July 1854. "Women in the British Mines". Freepages.genealogy.rootsweb.com, Accessed 17 February 2007.
  32. ^ Durham Mining Museum, "Mining Occupations". Accessed 19 February 2007.
  33. ^ Riley, Bill. Pitwork.net. "Early Coal Mining History: Child Labour". Accessed 13 November 2009.
  34. ^ 戦前の沖縄県の鉱業は地元の住民が労働者となる事は少なく、そのほとんどが本土や台湾からの出稼ぎ労働者によって賄われており、(おもに沖縄戦による)閉山によって集落そのものが消滅するケースが多かった。西表炭坑と同様のケースは屋嘉比島(銅)や沖大東島(燐鉱)などにも見られる。
  35. ^ 炭鉱閉鎖後の地域再生・雇用政策(独立行政法人労働政策研究・研修機構 日本労働研究雑誌 2011年7月号(No.612))





炭鉱と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「炭鉱」の関連用語

炭鉱のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



炭鉱のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの炭鉱 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS