仕事場とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 場所 > 場所 > 仕事場の意味・解説 

しごと‐ば【仕事場】

読み方:しごとば

仕事をする場所。


ワークプレース

(仕事場 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/16 06:36 UTC 版)

ワークプレースまたはワークプレイスは直訳すれば仕事場となるが、外来語として使用されることが多い。仕事の種類によって様々なワークプレースが存在するはずだが、オフィスワークのための場所を意味していることが多い。もともとは仕事をするための物理的な場所 (現実の場所) を意味し、ワーキングスペースオフィスに近い意味だったが、コンピュータネットワークなどの発達にともなってオフィスワークが特定の場所に縛られないようになったため、サイバースペース (仮想の場所) としての意味も持つようになった。




「ワークプレース」の続きの解説一覧

仕事場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/17 03:22 UTC 版)

吉田豪」の記事における「仕事場」の解説

タレント本やグッズ収集家としても有名で新宿二丁目の仕事場はタレント本だけで埋まっている古書店ネットオークション駆使してタレント本人すら所蔵していないグッズまで収集している。蔵書として下調べ活用しているのみならずインタビュー際に相手の懐に飛び込むためのつかみとして、見せたり進呈したりすることもある。『さんまのまんま』(関西テレビ放送)に出演した際は、かつて明石家さんま出版した著書カバンから取り出し、その一節披露してさんまを狼狽させた。 元々は住居として使用していたが、自宅用として別にマンション部屋購入。しかし、実家から引き揚げた大量の本やCDなどグッズ自宅埋め尽くされてしまい、さらに新たに増えるコレクションのため寝るスペースもなくなったことから2020年現在再び住居としている。 その間2008年掟ポルシェ自宅火事になったときには仮住まいとして提供。また、香椎かてぃZOC結成前、住む家がなくなって公園生活していたときに使っていない一室提供したこともあった。 2018年より仕事場の一室ゲスト迎え猫舌SHOWROOM』(SHOWROOM)の配信開始している。『徹子の部屋』テレビ朝日)が実際に黒柳徹子暮らしている部屋ではなくスタジオで収録されているのに対し、こちらは本物の「豪の部屋」から配信することをテーマとしている。 2009年発行された『Meets別冊東京通本』(京阪神エルマガジン社)で「ノンケなのに二丁目在住」というインタビュー掲載されゲイクラブポールダンス踊った写真掲載されたことがある交通の便考えてとのことだが、独身であることもあいまって当然疑われている。本人はそれを面白がってネタにしたり、インタビュー時に名刺住所見せた際そっち方面の人のガードゆるくなることを利用したりしている。住所知らせた両親から、本気で心配された内容の手紙が届いたこともある。

※この「仕事場」の解説は、「吉田豪」の解説の一部です。
「仕事場」を含む「吉田豪」の記事については、「吉田豪」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「仕事場」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「仕事場」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



仕事場と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「仕事場」の関連用語

仕事場のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



仕事場のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのワークプレース (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの吉田豪 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS