地下鉄とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > 地下鉄の意味・解説 

ちか‐てつ【地下鉄】

読み方:ちかてつ

《「地下鉄道」の略》都市などで、地下トンネル掘り、そこに敷設した鉄道世界最初のものは1863年英国ロンドン開通日本では昭和2年(1927)東京浅草上野間最初


地下鉄および地下式鉄道


地下鉄

作者田文

収載図書ザ・トワイライトゾーン―異空間への旅
出版社鳥影社
刊行年月2002.7


地下鉄

作者ヨハノン

収載図書5分間エロティカ
出版社扶桑社
刊行年月2004.10


地下鉄

作者表邦一

収載図書タイチ
出版社日本文学館
刊行年月2006.4


地下鉄

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/01/29 22:47 UTC 版)

地下鉄(ちかてつ、英語:subway、underground)は、地下鉄道(ちかてつどう)の略で、路線の大部分が地下空間に存在する鉄道である。


注釈

  1. ^ ただし他の地上鉄道路線と直通運転を行っている場合、直通先で天候の影響を受けている場合は、当該地下鉄路線も影響を受ける場合がある。
  2. ^ 私有地の地下に通すと地代を払わなければならなくなる。また大阪市は都市計画道路と一体にして地下鉄を建設した経緯があり、当然ながら道路の上下にしか地下鉄は建設できなかった。
  3. ^ 急カーブの回避できない建設ルートを選択せざるを得ない場合や狭隘箇所を通過する場合も、建築限界や最小曲線半径の制限を受け小型の車両になる。
  4. ^ 東京メトロ銀座線の渋谷駅周辺のように建設当時における地下鉄車両の登坂能力上の要請から地下を通さず高架区間にした例、浸水被害の可能性や地盤の不同沈下への対策のためあえて高架にしたOsaka Metro中央線の例もある。
  5. ^ 事実上地下鉄と同一の機能を果たしている都市の地下路線では、交流電化の例がある。ドイツのミュンヘンフランクフルトシュトゥットガルトSバーン(15,000V 16 2/3Hz)、韓国のソウル市周辺の韓国鉄道公社首都圏電鉄果川線盆唐線(25,000V 60Hz)がこれに該当する
  6. ^ 鉄粉は体内に取り込まれても問題は無く、吸収できない分は体外に排出されるが、合成ゴムの粉塵が及ぼす影響に関しては解明されていない所も多い。
  7. ^ 日本の「第三セクター」は国や地方公共団体と民間が合同で出資・経営する企業をさすが、英語のThird Sectorは民間による非営利団体・慈善団体を意味するのが一般的となっている。地下鉄の運営にあたっているのは日本語的意味合いの「第三セクター」である。
  8. ^ 三角州が土地の大部分を占める広島市で地下鉄が開通していないのはそのため(ただしアストラムラインは例外)。
  9. ^ カナダのカルガリー、エドモントン、アメリカのサンディエゴ等が該当し、フランクフルトと同型の車両を使用した。
  10. ^ 名古屋市東京都札幌市横浜市神戸市京都市仙台市など。他に政令指定都市では福岡市にも市内路面電車があったが公営ではなく、西鉄福岡市内線であった。
  11. ^ 開業は1990年代以降。

出典

  1. ^ 大宮 高史 (2019年3月2日). “地下鉄の定義は「何となく」? 関西大「広島に地下鉄ない」出題ミス、真の問題点は”. Jタウンネット. 2021年10月30日閲覧。
  2. ^ 地下鉄”. 鉄道用語事典. 日本民営鉄道協会. 2021年10月30日閲覧。
  3. ^ 「頭の上にミサイル飛んでくるから」ウクライナ地下鉄で避難生活 親子の“受け入れ難い現実”(日テレNEWS)”. Yahoo!ニュース. 2022年12月19日閲覧。
  4. ^ ロンドン地下鉄開業150年、蒸気機関車が復活”. AFPBB News (2013年1月14日). 2020年11月25日閲覧。
  5. ^ 石簾マサ (2017年7月22日). “札幌の地下鉄はなぜタイヤなの?どんなタイヤなの?疑問を徹底解明!”. 北海道ファンマガジン. 2019年6月10日閲覧。
  6. ^ 米ハリケーン死者33人 証取停止 NY、都市機能まひ Archived 2012年11月1日, at the Wayback Machine.東京新聞2012年10月31日朝刊
  7. ^ Helsinki Metro – Discover Helsinki(英語で)
  8. ^ Today in Transportation History – 1982: The Northernmost Public Transportation System(英語で)
  9. ^ “【20世紀のきょう】米ニューヨークで地下鉄開業(1904・10・27)”. MSN産経ニュース. (2007年10月27日). オリジナルの2007年11月9日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20071109172421/http://sankei.jp.msn.com/life/lifestyle/071027/sty0710270903002-n1.htm 2022年8月22日閲覧。 
  10. ^ “日本製車両がタイに到着、バンコク都市鉄道向け”. newsclip.be. (2015年9月22日). http://www.newsclip.be/article/2015/09/22/26950.html 2015年9月27日閲覧。 
  11. ^ アルジェでアフリカ2番目の地下鉄が開通 (アルジェリア) - JETRO 通商弘報
  12. ^ [1][リンク切れ]
  13. ^ http://metro-novyafon.narod.ru/



地下鉄(メトロ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/02/12 16:23 UTC 版)

オランダの交通」の記事における「地下鉄(メトロ)」の解説

アムステルダムロッテルダム2つ都市圏で地下鉄が運行されている。 詳細は「メトロ (アムステルダム)」および「メトロ (ロッテルダム)」を参照

※この「地下鉄(メトロ)」の解説は、「オランダの交通」の解説の一部です。
「地下鉄(メトロ)」を含む「オランダの交通」の記事については、「オランダの交通」の概要を参照ください。


地下鉄(メトロ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/06/24 06:32 UTC 版)

アムステルダム市営交通会社」の記事における「地下鉄(メトロ)」の解説

現在5路線営業中である。中央駅郊外を結ぶ路線と、環状道路Ring)沿いの路線営業中である。(2019年8月現在) 50系統 Isolatorweg ~ Gein 51系統 中央駅(Centraal Station) ~ Isolatorweg 52系統 北駅(Noord) ~ 南駅(Station Zuid) 53系統 中央駅(Centraal Station) ~ Gaasperplas 54系統 中央駅(Centraal Station) ~ Gein 詳細は「メトロ (アムステルダム)」を参照

※この「地下鉄(メトロ)」の解説は、「アムステルダム市営交通会社」の解説の一部です。
「地下鉄(メトロ)」を含む「アムステルダム市営交通会社」の記事については、「アムステルダム市営交通会社」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「地下鉄」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

地下鉄

出典:『Wiktionary』 (2021/08/11 08:57 UTC 版)

名詞

ちかてつ

  1. 地下鉄道の略。大都市における効率的土地利用目的敷設され主たる軌道及び設備多く地下有する鉄道のこと。

関連語

翻訳


「地下鉄」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「地下鉄」の関連用語

1
96% |||||

2
90% |||||

3
70% |||||

4
70% |||||

5
70% |||||

6
70% |||||

7
70% |||||

8
70% |||||

9
70% |||||

10
70% |||||

地下鉄のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



地下鉄のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日本民営鉄道協会日本民営鉄道協会
(C) 2024 (社)日本民営鉄道協会
国土交通省国土地理院国土交通省国土地理院
Copyright. Geographical Survey Institute. ALL RIGHTS RESERVED.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの地下鉄 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのオランダの交通 (改訂履歴)、アムステルダム市営交通会社 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの地下鉄 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS