東海豪雨とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 東海豪雨の意味・解説 

東海豪雨

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/04/20 18:45 UTC 版)

東海豪雨(とうかいごうう)は、2000年平成12年)9月11日 - 12日を中心に愛知県名古屋市およびその周辺(中京地区)で起こった豪雨災害(水害)。東海集中豪雨とも言う。都市水害の恐怖を実感させる大きな被害で話題になった。なお、東海豪雨は通称であり、気象庁による命名ではない[1]。後に激甚災害に指定された。


  1. ^ 気象庁 気象等の知識>予報用語>降水 豪雨の項目参照
  2. ^ 静岡県気象災害小史 事例 No33”. 静岡地方気象台. 2017年9月16日閲覧。
  3. ^ 東海豪雨と被災中小企業に対する支援”. 名古屋商工会議所のあゆみ. 名古屋商工会議所. 2016年4月17日閲覧。


「東海豪雨」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「東海豪雨」の関連用語

東海豪雨のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



東海豪雨のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの東海豪雨 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS