電気製品とは? わかりやすく解説

電気製品の一覧

(電気製品 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2023/12/26 23:10 UTC 版)

電気製品の一覧(でんきせいひんのいちらん)では、電気製品を列挙する。




「電気製品の一覧」の続きの解説一覧

電気製品

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/16 13:22 UTC 版)

東海豪雨」の記事における「電気製品」の解説

家庭でも水没被水により多くの電気製品が故障した。高度な電子制御をしていない電器機器などは、綺麗に洗浄乾燥させることで再利用可能なのもあったが、大半の電気製品は買い換え要することとなった地元電気店では安値大売出し実施し被災者配慮した

※この「電気製品」の解説は、「東海豪雨」の解説の一部です。
「電気製品」を含む「東海豪雨」の記事については、「東海豪雨」の概要を参照ください。


電気製品

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/05 07:18 UTC 版)

ヤード・ポンド法」の記事における「電気製品」の解説

ICLSI関連電子部品端子間隔インチ単位としているものとミリメートル単位としているものが混在している) テレビ受像機、ディスプレイモニタ(ブラウン管液晶などの表示部対角寸法インチ固体撮像素子(その呼び相当する大きさ撮像管撮像サイズディスクメディア媒体直径12 in = 304.8 mm10 in = 254 mm、8 in = 203.2 mm、7 in = 177.8 mm、5.25 in = 133.35 mm3.5 in = 88.9 mm2.5 in = 63.5 mm1.8 in = 45.75 mm など。ただし、CD120 mmメートル法である。 磁気テープ媒体幅でインチ長さの単位ではフィート)。たとえばVHSはハーフインチ (1/2 in = 12.7 mm)。 コンピュータ関連の、コネクタなど多く構成部品 19インチラック

※この「電気製品」の解説は、「ヤード・ポンド法」の解説の一部です。
「電気製品」を含む「ヤード・ポンド法」の記事については、「ヤード・ポンド法」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「電気製品」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「電気製品」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「電気製品」に関係したコラム

  • CFDの銅相場の見方

    銅は、熱や電気を伝導したり、腐食に耐えられるなどの特性から工業用の金属として用いられています。銅の主な用途は送電線や電気製品などが挙げられます。銅は、工業用金属としては鉄、アルミニウムに続く消費量です...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「電気製品」の関連用語

電気製品のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



電気製品のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの電気製品の一覧 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの東海豪雨 (改訂履歴)、ヤード・ポンド法 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS