タイプライターとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 工業 > 装置 > 機械 > タイプライターの意味・解説 

タイプライター【typewriter】


アンダーソン, リロイ:タイプライター

英語表記/番号出版情報
アンダーソン, リロイ:タイプライターThe Typrwriter作曲年1950年  初版出版地/出版社Belwin Mills 

タイプライター

作者デイヴィッド・マレル

収載図書苦悩のオレンジ、狂気のブルー
出版社艪舎
刊行年月2005.9
シリーズ名艪舎文芸シリーズ


タイプライター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/11/12 18:06 UTC 版)

タイプライター英語: typewriter)とは、文字盤を打鍵することで活字に打ち付け、文字を印字する機械。筆記業務の高速化、各種原稿の清書といった目的で使用され、カーボン紙を挟んで複数枚の紙に同時に印字することで文書の複写もできたことから、会社での事務や個人の文章作成など 幅広く使われた。


  1. ^ Acocella, Joan (April 9, 2007). The Typing Life: How writers used to write. The New Yorker. 
  2. ^ William Austin Burt's Typographer. Science Museum. (1829) 
  3. ^ Otto Burghagen (1898). Die Schreibmaschine. Illustrierte Beschreibung aller gangbaren Schreibmaschinen nebst gründlicher Anleitung zum Arbeiten auf sämtlichen Systemen 
  4. ^ Dieter Eberwein,. Nietzsches Schreibkugel. Ein Blick auf Nietzsches Schreibmaschinenzeit durch die Restauration der Schreibkugel. Eberwein-Typoskriptverlag. Schauenburg 2005. 
  5. ^ Johanne Agerskov (1925). Hvem er Skrivekuglens Opfinder? 
  6. ^ a b [1]Reproduction of advertisement for Noiseless typewriters, with list of models and diagram of typebar mechanism
  7. ^ a b c [2] Acocella, Joan, "The Typing Life: How writers used to write", The New Yorker, April 9, 2007, a review of The Iron Whim: A Fragmented History of Typewriting (Cornell) 2007, by Darren Wershler-Henry
  8. ^ Ellen, David (2005). Scientific Examination of Documents. CRC Press. pp. 106–107. ISBN 0849339251 
  9. ^ アメリカ合衆国特許第 4,620,808号
  10. ^ Liebowitz, S. J.; Stephen E. Margolis (1990). “The Fable of the Keys”. Journal of Law & Economics (The University of Chicago) XXXIII (April 1990). http://wwwpub.utdallas.edu/~liebowit/keys1.html 2008年6月18日閲覧. "This article examines the history, economics, and ergonomics of the typewriter keyboard. We show that David's version of the history of the market's rejection of Dvorak does not report the true history, and we present evidence that the continued use of Qwerty is efficient given the current understanding of keyboard design." 
  11. ^ a b David, P.A. (1986): Understanding the Economics of QWERTY: the Necessity of History. In: Parker, William N.: Economic History and the Modern Economist. Basil Blackwell, New York and Oxford.
  12. ^ Consider QWERTY”. 2008年6月18日閲覧。 “QWERTY's effect, by reducing those annoying clashes, was to speed up typing rather than slow it down.”
  13. ^ 安岡孝一、安岡素子『キーボード配列 QWERTYの謎』、東京、NTT出版、2008年3月、ISBN 978-4-7571-4176-6
  14. ^ The Truth of QWERTY:Monday, April 27, 2009”. 2010年7月3日閲覧。
  15. ^ Sholes & Glidden Type-Writerの活字棒の配置 - yasuokaの日記:2008 年 05 月 19 日”. 2010年7月3日閲覧。
  16. ^ The First Typewriter”. Rehr, Darryl. 2009年2月1日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2009年2月16日閲覧。
  17. ^ Foster, Edward H., Richard Brautigan, Twayne 1983.
  18. ^ ウィリアム・ギブスンのブログ 2006年10月13日の項を参照
  19. ^ 名前は「コロナ」 いじめ被害の少年にトム・ハンクスさんが… - NHK
  20. ^ Williams, Richard T (2004年7月8日). “Brian Eno: Taking Tiger Mountain (By Strategy) (reissue)”. PopMatters. 2018年8月2日閲覧。



タイプライター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/09/09 08:51 UTC 版)

パープル暗号」の記事における「タイプライター」の解説

入力キーボード形式出力電動タイプライターによる自動印字黒沢商会国産タイプライター「スミス」を利用した

※この「タイプライター」の解説は、「パープル暗号」の解説の一部です。
「タイプライター」を含む「パープル暗号」の記事については、「パープル暗号」の概要を参照ください。


タイプライター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/10/07 20:32 UTC 版)

レミントンランド」の記事における「タイプライター」の解説

もともとE・レミントン・アンド・サンズ社で製造されていたレミントン・タイプライターは、世界で初めQWERTY配列のキーボード採用している。これは、ショールズ設計を、E・レミントン・アンド・サンズ社のジェファーソン・ムーディー・クローとウィリアム・マッケンドリー・ジェンヌが改良し、それをショールズが再改良したものである最初に発売された機種ショールズ・アンド・グリデン・タイプライター呼ばれ大文字のみ印字可能だったレミントンランドとなってからもタイプライターの製造販売継続している

※この「タイプライター」の解説は、「レミントンランド」の解説の一部です。
「タイプライター」を含む「レミントンランド」の記事については、「レミントンランド」の概要を参照ください。


タイプライター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/28 05:49 UTC 版)

バイオハザード アウトブレイク」の記事における「タイプライター」の解説

タイプライターは従来のような単なるセーブではなく、シングルプレイ時のみの一時的な中断方法となっており、ロードと同時に中断データ消滅する。『FILE2』では従来通りセーブ可能になりセーブしたところからやり直しができるが、使用回数難易度変わりセーブするとクリア後のポイント激減するというデメリットがある。

※この「タイプライター」の解説は、「バイオハザード アウトブレイク」の解説の一部です。
「タイプライター」を含む「バイオハザード アウトブレイク」の記事については、「バイオハザード アウトブレイク」の概要を参照ください。


タイプライター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/01/03 05:14 UTC 版)

鍵盤 (入力装置)」の記事における「タイプライター」の解説

歴史的に前史として、活字直接押す構造の物などが作られ一文字単位での印刷ができるようになるが、操作性悪く一般化はしなかった。 現在の手動機械式タイプライターへの流れは、鍵盤楽器構造応用する事により操作性向上し広く使われるようになった開発初期にはピアノに近い二段のみでABC順として作られた。 それを横幅狭め四段にしたQWERTY配列作られラテン文字大文字のみで商品化。更にシフト切り替え小文字使える現在の形となる。

※この「タイプライター」の解説は、「鍵盤 (入力装置)」の解説の一部です。
「タイプライター」を含む「鍵盤 (入力装置)」の記事については、「鍵盤 (入力装置)」の概要を参照ください。


タイプライター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/14 09:50 UTC 版)

カーニング」の記事における「タイプライター」の解説

バラク・オバマ出生証明書拡大図。a と p のセリフ上下に重なっている。(全体図一般的なタイプライターの活字等幅であり、1文字打鍵ごとに紙が送られる量も一定である。したがって、タイプライターで打たれた文字カーニング存在せず、それが施されているように見える場合ワードプロセッサなどによる擬似的な「タイプライター風」の書類だと認識される場合がある。 このことはバラク・オバマの国籍陰謀論をめぐる議論一角となったバラク・オバマ誕生1961年であり、ワードプロセッサ存在せず出生証明書はタイプライターで作成されたように見える。しかし一部の文字カーニングらしき特徴(仮想ボディ重なり)が見えことから証明書の正当性疑問視する人がいる。仮に出生証明書虚偽であった場合アメリカ大統領となる要件満たしていることが証明されず、オバマ当選正当性揺らぐこととなる。しかしこれに対しては、1941年には既にカーニング(プロポーショナル・スペーシング)が可能なタイプライターがIBMから発売されていたことや、紙の滑りインクのにじみなどさまざまな説明が可能であり仮想ボディ重なりだけでは偽造の証明たり得ないという反論なされている

※この「タイプライター」の解説は、「カーニング」の解説の一部です。
「タイプライター」を含む「カーニング」の記事については、「カーニング」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「タイプライター」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

タイプライター

出典:『Wiktionary』 (2021/12/07 12:47 UTC 版)

発音

名詞

タイプライタ表記のゆれ:タイプライター

  1. 活字一文字ずつ紙等に印字することにより書類作成する機械

翻訳


「タイプライター」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



タイプライターと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「タイプライター」の関連用語

タイプライターのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



タイプライターのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
社団法人全日本ピアノ指導者協会社団法人全日本ピアノ指導者協会
Copyright 1996-2022 PianoTeachers' National Association of Japan
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのタイプライター (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのパープル暗号 (改訂履歴)、レミントンランド (改訂履歴)、バイオハザード アウトブレイク (改訂履歴)、鍵盤 (入力装置) (改訂履歴)、カーニング (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのタイプライター (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS