1870年とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 学問 > 近世年表 > 1870年の意味・解説 

明治3年 (かのえうま 庚午)

明治3年
年(年号)
1853年 (嘉永6年) 黒船来航
1855年 (安政2年) 安政江戸地震
1858年 (安政5年) 安政の大獄
1860年 (万延元年) 桜田門外の変
1862年 (文久2年) 生麦事件
1863年 (文久3年) 薩英戦争
1867年 (慶応3年) 大政奉還
1868年 (明治元年) 鳥羽・伏見の戦い
1869年 (明治2年) 版籍奉還
明治3年
1871年 (明治4年) 廃藩置県
1871年 (明治4年) 解放令
1873年 (明治6年) 徴兵制布告
1876年 (明治9年) 廃刀令
1877年 (明治10年) 西南戦争
1877年 (明治10年) 東京大学設立
1882年 (明治15年) 上野動物園開園
1883年 (明治16年) 鹿鳴館完成
1889年 (明治22年) 大日本帝国憲法発布


明治3年
Harris Townsend 1804年1878年(文化元年明治11年) 66
Hepburn J. 1815年1911年(文化12年明治44年) 55
河竹 黙阿弥 1816年1893年(文化13年明治26年) 54
安藤 信正 1819年1871年(文政2年明治4年) 51
勝 海舟 1823年1899年(文政6年明治32年) 47
Boissonade G. E. 1825年1910年(文政8年明治43年) 45
梅若  実 1828年1909年(文政11年明治42年) 42
松平 春嶽 1828年1890年(文政11年明治23年) 42
高橋 由一 1828年1894年(文政11年明治27年) 42
仮名垣 魯文 1829年1894年(文政12年明治27年) 41
中村 正直 1832年1891年(天保3年明治24年) 38
Roesler K. 1834年1894年(天保5年明治27年) 36
橋本 雅邦 1835年1908年(天保6年明治41年) 35
榎本 武揚 1836年1908年(天保7年明治41年) 34
徳川(一橋) 慶喜 1837年1913年(天保8年大正2年) 33才
Morse E. S. 1838年1925年(天保9年大正14年) 32
三遊亭 円朝(初代) 1839年1900年(天保10年明治33年) 31
渋沢 栄一 1840年1931年(天保11年昭和6年) 30
Morel E. 1841年1871年(天保12年明治4年) 29
沼間 守一 1843年1890年(天保14年明治23年) 27
Griffis William Eliot 1843年1928年(天保14年昭和3年) 27
尾上 菊五郎(五世) 1844年1903年(弘化元年明治36年) 26
Balz E. 1849年1913年(嘉永2年大正2年) 21
星 亨 1850年1901年(嘉永3年明治34年) 20才
小泉 八雲 1850年1904年(嘉永3年明治37年) 20才
Conder J. J. 1852年1920年(嘉永5年大正9年) 18
Eckeert Franz Von 1852年1916年(嘉永5年大正5年) 18
島田 三郎 1852年1923年(嘉永5年大正12年) 18
高村 光雲 1852年1934年(嘉永5年昭和9年) 18
明治天皇 1852年1912年(嘉永5年大正元年) 18
Fenollosa E. F. 1853年1908年(嘉永6年明治41年) 17才
高橋 是清 1854年1936年(安政元年昭和11年) 16才
田口 卯吉 1855年1905年(安政2年明治38年) 15才
浅井 忠 1856年1907年(安政3年明治40年) 14才
高木 正年 1856年1934年(安政3年昭和9年) 14才
快楽亭 ブラック 1858年1923年(安政5年大正12年) 12
田中 長兵衛 1858年1924年(安政5年大正13年) 12
妻木 頼黄 1859年1916年(安政6年大正5年) 11
Bigot G. 1860年1927年(万延元年昭和2年) 10
内村 鑑三 1861年1930年(文久元年昭和5年) 9才
二葉亭 四迷 1864年1909年(元治元年明治42年) 6才
津田 梅子 1864年1929年(元治元年昭和4年) 6才
夏目 漱石 1867年1916年(慶応3年大正5年) 3才
幸田 露伴 1867年1947年(慶応3年昭和22年) 3才
山田 美妙 1868年1910年(明治元年明治43年) 2才
中浜 (ジョン)万次郎 ????年〜1898年(??年〜明治31年) ?才

1870年

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/21 03:07 UTC 版)

※皇紀は、太陽暦採用と共に1873年に施行された。
※檀紀は、大韓民国1948年9月25日に法的根拠を与えられたが、1961年年号廃止の法令を制定に伴い、1962年1月1日からは公式な場での使用禁止。


  1. ^ 『子どもといく東京ディズニーシー ナビガイド 2015-2016』講談社、2014年、128頁。ISBN 978-4-06-270695-7 


「1870年」の続きの解説一覧

1870年(32歳)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/25 14:31 UTC 版)

フランツ・ブレンターノ」の記事における「1870年(32歳)」の解説

7月18日バチカン会議にて教皇の不可謬性宣布なされる

※この「1870年(32歳)」の解説は、「フランツ・ブレンターノ」の解説の一部です。
「1870年(32歳)」を含む「フランツ・ブレンターノ」の記事については、「フランツ・ブレンターノ」の概要を参照ください。


1870年

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/17 14:53 UTC 版)

バージニア憲法」の記事における「1870年」の解説

南北戦争終戦後バージニア州短期間ジョン・スコフィールド指揮する軍政府下に入ったスコフィールド将軍連邦政府レコンストラクション法に従うために、直ぐに新し憲法の制定会議要求し1867年12月から1868年4月までリッチモンド開催された。バージニア多くの保守的白人は、黒人参政権与えることに反対し、会議投票参加することを拒んだその結果、ジョン・アンダーウッド判事指導する急進派共和党会議制し作られた憲法は「アンダーウッド憲法」と呼ばれることになった憲法批准反対する者達はそれを嘲って黒人憲法」と呼んだアンダーウッド憲法重要な規定は21歳以上の全ての男性市民選挙権拡げること(これでアフリカ系アメリカ人男性投票権認めた)であり、予算出席義務付ける州営の教育制度確立し、さらに判事一般選挙ではなく州議会が選ぶこととした。元アメリカ連合国政府要員に対する権利剥奪継続する条項論争があり、新憲法批准遅れた。しかし、権利剥奪条項とその他の憲法とを分離して投票する妥協成立し権利剥奪条項承認得られなかった。アンダーウッド憲法残り条項一般投票結果210,585票対9,136票で批准され、1870年に発効となった

※この「1870年」の解説は、「バージニア憲法」の解説の一部です。
「1870年」を含む「バージニア憲法」の記事については、「バージニア憲法」の概要を参照ください。


1870年

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/09 04:05 UTC 版)

1870年代」の記事における「1870年」の解説

詳細は「1870年」を参照 6月11日明治3年5月13日) - 庚午事変7月19日 - 普仏戦争勃発9月4日 - フランス第三共和政成立9月20日 - イタリア軍ローマ占領イタリア語版)。教皇領滅亡 10月 - 太政官布告745号により陰陽道廃止

※この「1870年」の解説は、「1870年代」の解説の一部です。
「1870年」を含む「1870年代」の記事については、「1870年代」の概要を参照ください。


1870年(明治3年)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/01 02:05 UTC 版)

明治」の記事における「1870年(明治3年)」の解説

日章旗が国旗となる(商船規則)。樺太開拓使設立庚午事変苗字許可令(庶民苗字差許)。横浜毎日新聞発刊

※この「1870年(明治3年)」の解説は、「明治」の解説の一部です。
「1870年(明治3年)」を含む「明治」の記事については、「明治」の概要を参照ください。


1870年

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/05 03:43 UTC 版)

スラヴォニア軍政国境地帯」の記事における「1870年」の解説

1870年の公式な国勢調査によると、スラヴォニア軍政国境地帯には246,901人の住民がおり、その内143,873人はカトリック教徒であり、92,991人は正教徒(東スリイェム多かったであったブロド連隊には82,540人の住民がおり、その内73,892人がカトリック教徒、6,886人が正教徒であった。 グラディシュカ連隊には61,596人の住民がおり、そのうち45,601人がカトリック教徒15,933人が正教徒であったペトロヴァラディン連隊には102,765人の住民がおり、その内70,172人が正教徒24,380人がカトリック教徒であった

※この「1870年」の解説は、「スラヴォニア軍政国境地帯」の解説の一部です。
「1870年」を含む「スラヴォニア軍政国境地帯」の記事については、「スラヴォニア軍政国境地帯」の概要を参照ください。


1870年

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/28 18:13 UTC 版)

サロン・ド・パリ」の記事における「1870年」の解説

1870年のサロンからは、美術行政による審査委員任命なくなり過去サロン(無審査であった1848年を除く)で入選経験のある全ての画家中から全ての審査委員選挙する仕組みとなり、民主化進んだドービニーコローミレー審査委員入り、バティニョール派の画家たちを擁護したが、モネは『ラ・グルヌイエール』などが落選してしまった。ドービニーは、モネ落選抗議して審査委員辞任したファンタンラトゥールの『バティニョールのアトリエ』は、当時マネ中心とする前衛的画家集まり成立していたことを物語作品である。 アレクサンドル・カバネルパオロフランチェスカ』1870年。油彩キャンバス184 × 255 cmオルセー美術館ルノワールアルジェの女(オダリスク)』1870年。油彩キャンバス、69.2 × 122.6 cmナショナル・ギャラリー(ロンドン)バジール夏の情景フランス語版)』1869年油彩キャンバス160 × 160.7 cmフォッグ美術館マサチューセッツ州ケンブリッジハーバード大学)。 アンリ・ファンタン=ラトゥール『バティニョールのアトリエ』1870年。油彩キャンバス204 × 273.5 cmオルセー美術館エドガー・ドガカミュ夫人肖像』1869-70年。油彩キャンバス、72.7 × 92.1 cmナショナル・ギャラリーワシントンD.C.)。 エドゥアール・マネエヴァ・ゴンザレス肖像』1870年。油彩キャンバス、191.1 × 133.4 cmナショナル・ギャラリー(ロンドン)エヴァ・ゴンザレス陸軍幼年学校生徒』1870年。ガストン・ラパン美術館

※この「1870年」の解説は、「サロン・ド・パリ」の解説の一部です。
「1870年」を含む「サロン・ド・パリ」の記事については、「サロン・ド・パリ」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「1870年」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「1870年」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

1870年のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



1870年のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
江戸net江戸net
Copyright (C) 2022 財団法人まちみらい千代田 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの1870年 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのフランツ・ブレンターノ (改訂履歴)、バージニア憲法 (改訂履歴)、1870年代 (改訂履歴)、明治 (改訂履歴)、スラヴォニア軍政国境地帯 (改訂履歴)、サロン・ド・パリ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS