日本銀行総裁とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > 日本銀行総裁の意味・解説 

にっぽんぎんこう‐そうさい〔ニツポンギンカウ‐〕【日本銀行総裁】


日本銀行総裁

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/20 09:01 UTC 版)

白川方明」の記事における「日本銀行総裁」の解説

白川方明は、日本銀行副総裁就任後直ち総裁職代行務めたが、日銀総裁空席による総裁代行立場長期間続くと、総裁代行という立場では内外経済問題への対処難しくなる恐れ指摘されたこの間モルガン・スタンレー証券ロバート・フェルドマン経済研究主席は、日銀総裁人事などの重要案件には「特定の基準に照らして開かれた議論」が望ましいと主張し中央銀行マン官僚財界人19人を「マクロ経済学独立性」「政策決定機関トップつとめた経験」「国内外ネットワーク」の3指標採点し結果を「次期日銀総裁 -- 候補者を比較する」と題する調査報告書として発表した。 最も評価高かったのは、小泉純一郎内閣経済財政担当相や金融相などを歴任した竹中平蔵と、日銀出身金融研究所所長経済協力開発機構OECD)の副事務総長務めた重原久美春で、武藤は「マクロ経済学独立性」で17位、ほかの二つ基準18位にとどまり、田波はいずれ基準でも最下位であった。こうして、特に海外では重原久美春日銀総裁就任待望する声が高まったが、結局、既に総裁職代行者であった白川が国会の同意得て2008年平成20年4月9日に、第30代日銀総裁に就任した日銀総裁空白期間20日であった2011年平成23年1月からは、国際決済銀行BIS副議長に就任。日本人BIS副議長就任は、1939年昭和14年)に加納久朗横浜正金銀行(現三菱UFJ銀行ロンドン支店支配人就任して以来のことで、日銀総裁としては初めであった2013年平成25年2月5日同年4月8日総裁任期5年満了待たずして、3月19日付で日本銀行総裁を辞職することを表明した

※この「日本銀行総裁」の解説は、「白川方明」の解説の一部です。
「日本銀行総裁」を含む「白川方明」の記事については、「白川方明」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「日本銀行総裁」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「日本銀行総裁」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。

Weblioカテゴリー/辞書と一致するものが見つかりました。



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

日本銀行総裁のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



日本銀行総裁のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの白川方明 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS