中央銀行とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > ビジネス > 金融 > 銀行 > 中央銀行の意味・解説 

ちゅう おうぎんこう -あう -かう [5] 【中央銀行】


中央銀行(Central Bank)

 銀行券発行市中銀行とのお金貸し借り政府お金やり取りを処理し、この3つをそれぞれ発券銀行」「銀行銀行」「政府銀行」という。また、金利マネーサプライを用いた金融政策や、外国為替市場への介入を行う。中央銀行が金融政策を自由に行うためには、政府議会から独立していることが必要であり、これを「中央銀行の独立性」という。独立性には、金融政策運営に関する方法水準に関する手段独立性」と、中央銀行の目的設定に関する目的独立性」とがある。

中央銀行


中央銀行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/11/06 03:45 UTC 版)

中央銀行(ちゅうおうぎんこう、: Central bank)とは、国家や一定の地域の金融システムの中核となる機関である。通貨価値の安定化などの金融政策も司るために「通貨の番人」とも呼ばれる。




  1. ^ a b 田中秀臣 『デフレ不況 日本銀行の大罪』 朝日新聞出版、2010年、9頁。
  2. ^ 田中秀臣 『デフレ不況 日本銀行の大罪』 朝日新聞出版、2010年、206頁。
  3. ^ 田中秀臣 『デフレ不況 日本銀行の大罪』 朝日新聞出版、2010年、200頁。
  4. ^ 田中秀臣 『ベン・バーナンキ 世界経済の新皇帝』 講談社〈講談社BIZ〉、2006年、62頁。
  5. ^ a b 田中秀臣 『ベン・バーナンキ 世界経済の新皇帝』 講談社〈講談社BIZ〉、2006年、63頁。
  6. ^ 田中秀臣 『ベン・バーナンキ 世界経済の新皇帝』 講談社〈講談社BIZ〉、2006年、163頁。
  7. ^ 田中秀臣 『デフレ不況 日本銀行の大罪』 朝日新聞出版、2010年、52頁。
  8. ^ 田中秀臣 『ベン・バーナンキ 世界経済の新皇帝』 講談社〈講談社BIZ〉、2006年、164頁。
  9. ^ 田中秀臣 『デフレ不況 日本銀行の大罪』 朝日新聞出版、2010年、82頁。
  10. ^ 田中秀臣 『デフレ不況 日本銀行の大罪』 朝日新聞出版、2010年、226頁。
  11. ^ ただし、日本やアメリカでも、中央銀行設立前には、複数の発券銀行(国立銀行、国法銀行)からなる分散方式銀行制度を採用しており、その後に中央銀行制度に移行するという過程を経ている。またアメリカでは第一合衆国銀行第二合衆国銀行などの公認銀行が期間限定で存在したが、分権主義者の反対によりそれぞれ20年で公認期間が終了していた。
  12. ^ 貨幣と中央銀行の歴史からみた物価と金融政策 (PDF) (日本語) 翁邦雄 日本大学経済学部経済科学研究所研究会
  13. ^ 竹中平蔵 『竹中平蔵の「日本が生きる」経済学』 ぎょうせい・第2版、2001年、179頁。
  14. ^ 高橋洋一 『高橋教授の経済超入門』 アスペクト、2011年、18頁。
  15. ^ 田中秀臣編著 『日本経済は復活するか』 藤原書店、2013年、174-175頁。
  16. ^ 日本経済新聞社編 『マネーの経済学』 日本経済新聞社〈日経文庫〉、2004年、129頁。
  17. ^ 小峰隆夫 『ビジュアル 日本経済の基本』 日本経済新聞社・第4版〈日経文庫ビジュアル〉、2010年、92頁。
  18. ^ a b 【田中秀臣氏インタビュー】日本をデフレから救うのは、凡庸だが最良の処方箋の「リフレ政策」 ソフトバンク ビジネス+IT 2010年9月10日
  19. ^ 田中秀臣編著 『日本経済は復活するか』 藤原書店、2013年、109頁。
  20. ^ 日銀の独立性が失われれば、インフレ率は高くなるPRESIDENT Online プレジデント 2013年9月10日
  21. ^ 日本経済新聞社編 『マネーの経済学』 日本経済新聞社〈日経文庫〉、2004年、129-130頁。
  22. ^ 田中秀臣編著 『日本経済は復活するか』 藤原書店、2013年、176頁。
  23. ^ 日本経済新聞社編 『マネーの経済学』 日本経済新聞社〈日経文庫〉、2004年、79頁。
  24. ^ 金融政策決定会合議事録等(2000年8月11日議事録) (PDF) (日本語)
  25. ^ 日本経済新聞社編 『経済学の巨人 危機と闘う-達人が読み解く先人の知恵』 日本経済新聞社〈日経ビジネス人文庫〉、2012年、93頁。
  26. ^ 独占インタビュー ノーベル賞経済学者 P・クルーグマン 「間違いだらけの日本経済 考え方がダメ」 現代ビジネス 2010年8月20日
  27. ^ 日銀 黒田新体制始動 “物価目標 2%実現を”NHK Bizプラス 2013年3月21日
  28. ^ Don't worry about currency wars (英語) ロイター 2013年1月22日
  29. ^ バーナンキ議長も否定した中央銀行「目標の独立性」に固執する野田首相では景気はよくならない!「安倍期待相場」ではやくも市場が動き始めた 現代ビジネス 2012年11月19日
  30. ^ ドル安ではない。円高こそ問題だ。SYNODOS -シノドス- 2010年9月2日
  31. ^ The Effectiveness of Central Bank Independence Versus Policy Rules (PDF) (英語)
  32. ^ インタビュー:日銀は無制限緩和を、物価目標2─3%が適切=浜田宏一教授Reuters 2012年12月28日
  33. ^ 埋蔵金6兆円で好景気に PHPビジネスオンライン 衆知 2008年9月16日
  34. ^ 民主:デフレ脱却へ数値目標、政府・日銀連携を―公約素案 Bloomberg 2010年4月21日
  35. ^ インフレ・ターゲティングはデフレ脱却の特効薬となるのかnikkei BPnet(日経BPネット) 2012年12月27日
  36. ^ 民主党で大恐慌?PHPビジネスオンライン 衆知 2009年2月10日
  37. ^ 高橋洋一 『高橋教授の経済超入門』 アスペクト、2011年、19頁。
  38. ^ 日銀新総裁はゼロ金利に復帰をPHPビジネスオンライン 衆知 2008年5月8日
  39. ^ #254 無知につけ込まれて生きることのないために必要なこと。 - 田中 秀臣 さん(上武大学ビジネス情報学部教授)mammo.tv
  40. ^ 岡部直明 『ベーシック日本経済入門』 日本経済新聞社・第4版〈日経文庫〉、2009年、125-126頁。
  41. ^ 【中央銀行企画】④高望みはいけない 政治は日銀に責任転嫁47NEWS(よんななニュース) 2010年8月13日
  42. ^ 財政ファイナンスをやってはいけない東洋経済オンライン 2012年12月5日
  43. ^ 日本銀行を後戻りさせてはならないRIETI 2012年6月
  44. ^ 「白川総裁は誠実だったが、国民を苦しめた」 浜田宏一 イェール大学名誉教授独占インタビュー東洋経済オンライン 2013年2月8日
  45. ^ 次期政権は日銀法改正し、雇用最大化を目標に=中原元日銀審議委員Reuters 2012年11月30日
  46. ^ アベノミクス・安倍経済政策:期待と課題 金融緩和まだ足りぬ 元日銀審議委員・中原伸之氏毎日jp(毎日新聞) 2013年1月17日(2013年2月2日のインターネットアーカイブ)
  47. ^ バンク・オブ・アメリカがアメリカの中央銀行と言われる事があるが、バンカメは中央銀行ではない





中央銀行と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「中央銀行」の関連用語

中央銀行のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



中央銀行のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
マネーパートナーズマネーパートナーズ
Copyright © 2019MONEY PARTNERS CO,LTD All rights reserved.
総務省総務省
Copyright(c)2019 総務省 統計局 All rights reserved
政府統計の総合窓口(e-Stat)
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの中央銀行 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS