ネット銀行とは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 時事用語 > ネット銀行の意味・解説 

ネット銀行(ねっとぎんこう)

ネット銀行は、インターネット専業銀行のことである。

ネット銀行が従来銀行大きく違うのは、その銀行自体建物としては存在しないということである。つまり、銀行仮想上のインターネットに置かれている

はじめてのネット銀行としては、「ジャパンネット銀行」が開始されている。インターネットフル活用した、新しタイプ銀行である。

たとえば、銀行口座申し込みネット上の契約フォーム利用する。この契約フォームは、日本ネット銀行のホームページ上に設置されている。また、預金利用明細ウェブ確認する。そのかわり預金通帳を作らない。

さて、ネット銀行との取引では、インターネットのほかにキャッシュカード活用する。まず、ネット銀行との取引完成すると、専用キャッシュカードが送られてきる。通常は、このカード用いて入金出金をする。

このカード使えるのは、提携コンビニ設置されているATM、または取引銀行ATMである。つまり、ATMを使っての振込み引出しは、従来からの銀行変わらない

新しサービスとして、iモード通して普通預金定期預金電子商取引向け決済サービスなども利用できる。さらに、インターネットからの振り込みもできる。

(2000.10.13更新


ネット銀行


ネット銀行

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/01/07 15:04 UTC 版)

ネット銀行(ネットぎんこう)とは、営業上最小限必要な店舗のみを有し、インターネット電話などの通信端末を介した取り引きを中心とする銀行




  1. ^ SMBC日興証券プロミスのそれぞれの一部拠点などにも設置されている。かつては、旧am/pmから転換した関東・関西地区のファミリーマートの一部店舗に三井住友銀行が管理するアットバンクが設置されていた。従来からファミリーマートであった店舗は、イーネットのままとなっている。
  2. ^ システム統合前は、旧東京三菱銀行についてはエイティエム統括支店管轄のATMの利用と全ATMでの振込不可、旧UFJ銀行の一部店舗外ATMの利用と全ATMでの振込不可、旧UFJ銀行については、2005年10月3日以降は対応しているATMに識別ステッカーが貼られていた。
  3. ^ 三菱UFJ銀行及び三井住友銀行では、店舗内であれば硬貨入金などにも対応。
  4. ^ [1]
  5. ^ 国庫金の振込先金融機関・送金先金融機関 日本銀行HP
  6. ^ a b “中信銀行と百度によるネット銀行が開業へ 中国初の独立法人”. AFP. (2017年8月29日). http://www.afpbb.com/articles/-/3140278 2017年11月22日閲覧。 


「ネット銀行」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「ネット銀行」に関係したコラム

  • FXのくりっく365とは

    FX(外国為替証拠金取引)のくりっく365とは、株式会社東京金融取引所(金融取)の運営するFX(外国為替証拠金取引)の名称です。くりっく365は、2005年7月から取引が開始されました。くりっく365...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ネット銀行」の関連用語

ネット銀行のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ネット銀行のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
時事用語のABC時事用語のABC
Copyright©2019 時事用語のABC All Rights Reserved.
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2019 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリネット銀行の記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのネット銀行 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS