本店とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > ビジネス > 経営 > > 本店の意味・解説 

ほん‐だな【本店】

読み方:ほんだな

ほんてん(本店)1」に同じ。


ほん‐てん【本店】

読み方:ほんてん

営業本拠となる店。営業所複数あるとき、その主たる営業所をいう。⇔支店

この店。当店

アクセント1はホンテン2ンテン。


本店

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/12/26 10:03 UTC 版)

本店(ほんてん)とは、商人の主たる営業所を指す法律用語である。また、複数の店舗を有する業種において営業上の主軸となる店舗のことも指す。


注釈

  1. ^ 例えば阪急阪神ホールディングスの本店所在地は大阪府池田市池田駅だが、本社事務所は大阪市北区阪急電鉄本社ビルに置かれている
  2. ^ 特に、近年のメガバンクは合併前の各行に配慮して、登記上の本店と営業上の本店を分け合ったり、本店格の店舗でも営業上「本店」の名称を使わないケースが多い。(例:旧UFJ銀行の場合、登記上の本店は旧東海銀行の本店があった名古屋市に置かれていたが、事実上の本社機能が旧三和銀行の東京本部に置かれ、課税文書作成地は旧三和銀行本店(大阪市)だったことから営業上は「本店」の名称を使わず、旧三和銀行の本店は「大阪営業部」、旧東海銀行の本店は「名古屋営業部」と称していた)
  3. ^ 近鉄百貨店は長らく「本店」の呼称を用いなかったが、阿倍野店の増床・リニューアルを機に初めて「本店」を名乗るようになった。ただし、それ以前から阿倍野店が事実上の本店だったほか、旧近鉄百貨店(2001年に京都近鉄百貨店を存続会社として合併したが、実際は経営が悪化した京都近鉄百貨店の旧近鉄百貨店による救済合併であり、経営の実権は旧近鉄百貨店側が握っていた)の登記上の本店も阿倍野だった。

出典



「本店」の続きの解説一覧

本店(高田馬場)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/10 01:32 UTC 版)

まんがの森」の記事における「本店(高田馬場)」の解説

2007年7月29日閉店最後に出店したが「本店」を名乗っていた。白夜書房本社ビル1階立地

※この「本店(高田馬場)」の解説は、「まんがの森」の解説の一部です。
「本店(高田馬場)」を含む「まんがの森」の記事については、「まんがの森」の概要を参照ください。


本店(ショップ&ショールーム)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/31 08:36 UTC 版)

東京堂 (造花店)」の記事における「本店(ショップショールーム)」の解説

四谷2丁目にある東京堂本店ショールーム1934年移転以来この地販売店舗続ける。現在のビル1981年落成した。 アーティフィシャルフラワー、ドライフラワープリザーブドフラワーの他、花器、籠、生花資材などを取り扱っている。

※この「本店(ショップ&ショールーム)」の解説は、「東京堂 (造花店)」の解説の一部です。
「本店(ショップ&ショールーム)」を含む「東京堂 (造花店)」の記事については、「東京堂 (造花店)」の概要を参照ください。


本店(宇都宮店)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/11 14:31 UTC 版)

東武宇都宮百貨店」の記事における「本店(宇都宮店)」の解説

本店(通称宇都宮東武)は、栃木県宇都宮市宮園町5番4号にある。東武宇都宮駅周辺再開発事業目玉として東武鉄道設置したステーションデパートである。3階南側同駅との連絡口があり、2階西側にかつてグループ会社であった旧東野交通路線バスバスターミナルがある。親会社鉄道路線東武宇都宮線のみならず、「宇都宮東武行きバス県内各地から走ることで広範囲からの集客支えており、相乗効果を大い発揮している。 西館1995年落成)を建設する際に栃木県警察の「東武駅前交番」を建物北西角地1階配置日本初の「デパート内にある交番」として報道された。かつては9階 - 13階部分系列宇都宮東武ホテル併設していた(1973年-1996年)ほか、1970年代にはパーキングビル5階ボウリング場東武ボウル1977年閉鎖、イベントプラザに改装)や栃木放送 (CRT) のサテライトスタジオ室内遊園地「メキシ館」や屋上遊園地アメリ館」などがあった。屋上遊園地1980年代一度閉鎖された1996年西館増築オープンのときに「後楽園カーニバル」として再オープンしたもの利用者少なく再び閉鎖されている。 1990年代後半にはCD店ヴァージン入っており、エフエム栃木RADIO BERRY)を加えた3者でタイアップが行われていた。 宇都宮市中心部では1990年代頃までは当店他に西武百貨店閉店)、上野百貨店破綻)、山崎百貨店閉店)、福田屋百貨店郊外移転)、十字屋業態変更の後、閉店)、ロビンソン百貨店閉店)等のデパート立地し各店間の競争が激しいものであったが、移転撤退破綻等が相次ぎ、現在宇都宮市街で全国百貨店通商品券が使える日本百貨店協会加盟百貨店は、当店のみとなった

※この「本店(宇都宮店)」の解説は、「東武宇都宮百貨店」の解説の一部です。
「本店(宇都宮店)」を含む「東武宇都宮百貨店」の記事については、「東武宇都宮百貨店」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「本店」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「本店」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



本店と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「本店」の関連用語

本店のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



本店のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの本店 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのまんがの森 (改訂履歴)、東京堂 (造花店) (改訂履歴)、東武宇都宮百貨店 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS