業態とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 状態 > 状態 > 業態の意味・解説 

ぎょう たい げふ- [0] 【業態】

事業営業の状態。 「各企業の-を調査する」
事業営業形態構造。 「総合商社としての-をととのえる」

業態

【英】format

業種取扱商品による区分、つまり商品モノ)のタテ割り考えかたで分類されているのに対し、業態は商品モノ)の横割り考え区分した呼称営業形態をさしている。百貨店、ゼネラル・マーチャンダイジング・ストア(GMS量販店)、ディスカウンター、スペシャル・ストア(専門店)、ショッピング・センターハイパーマーケットコンビネーション・ストアスーパー・マーケットコンビニエンス・ストアなど小売営業業態(フォーマット)である。社会経済動向消費者購買慣習変化消費者欲求変化競争感泣変化によって業態が衰退したり、新たな業態が誕生したりする。マクネアは業態変化を「小売の輪理論として理論化した。

業態

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/11/28 01:55 UTC 版)

業態(ぎょうたい)とは、小売業や外食産業などの商業で使われる、顧客のセグメント・対象とする生活場面・その来店頻度などによる分類である。









業態と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「業態」の関連用語

業態のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



業態のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
JERICHO CONSULTINGJERICHO CONSULTING
Copyright (C) 2019by Jericho Consulting Co.,Ltd. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの業態 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS