路線バスとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > 路線バスの意味・解説 

ろせん‐バス【路線バス】


路線バス

作者矢橋

収載図書あなたに贈る「安全運転」―交通安全ショートショート
出版社モビリティ文化出版
刊行年月2005.10

収載図書Give way交通安全ショート・ショート
出版社中日出版社
刊行年月2008.10


路線バス

作者夢幻

収載図書うそ日記57人のブロガーによる初のアンソロジー
出版社アメーバブックス
刊行年月2005.12


路線バス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/07/11 14:26 UTC 版)

路線バス(ろせんバス)とは、予め設定した路線上を運行するバス高速道路を主体に走行する長距離路線バス(都市間高速バス)については、「高速バス」も併せて参照のこと。本項では主に、一般道を主として走行する一般路線バスについて述べる。




「路線バス」の続きの解説一覧

路線バス(阪神線)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/18 04:40 UTC 版)

阪神バス」の記事における「路線バス(阪神線)」の解説

日野、いすゞ、三菱ふそう製。一時期日野車が多く入っていたが、2022年現在はいすゞや三菱ふそうメイン投入されている。 ワンステップバスノンステップバス在籍。またハイブリッドバス在籍する2000年代後半からAT車採用している。 ワンステップ車ノンステップ車左側後輪には巻き込み防止用のカバー取り付けている。 塗装は、下半分がクリームと青、上半分が白となる。この塗装冷房車導入された際に採用されたもので、それ以前同じデザインで、青は紺色クリーム銀色となっていた。このため冷房有無識別が容易であった全車大型車である。かつては中型車少数存在したが、2000年最後に導入中止2014年まで全車廃車された。 冷房化1979年7月24日に4両が運行開始順次置き換え実施し1991年5月14日をもって完了したかつては西日本車体工業西工)製の車体架装する車をシャーシメーカー問わず多く導入していたが、西工廃業2010年)より前の2005年最後導入となり、以降全て純正車体のみ導入している。 阪神電鉄時代購入した車両内装ピンク色基調に、オレンジ茶色座席となっている。ただし、2007年5月導入され新車以降、青系の座席になっているノンステップバスについては「ノンステップバス標準仕様」に準拠するため青系の座席阪神タイガースキャラクターイラスト柄としたものになった。 なお、車内放送装置レゾナント・システムズ(旧・ネプチューン)製、運賃箱整理券発行機スタンプ式)は小田原機器製、方向幕巻取器は交通電業社製、運賃表示器レシップ製である。また、車内にはアナログ時計取り付けられている。2017年液晶モニター交換されモニター時間写し出すためアナログ時計撤去された。後乗り後払いのため、乗車口ICカードリーダー整理券発行機設置する除籍後は、和歌山バスサンデン交通瀬戸内運輸琉球バス交通沖縄バス伊江島観光バスなどに譲渡している。

※この「路線バス(阪神線)」の解説は、「阪神バス」の解説の一部です。
「路線バス(阪神線)」を含む「阪神バス」の記事については、「阪神バス」の概要を参照ください。


路線バス(フェリーへの連絡バス)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/10 06:19 UTC 版)

淡路フェリーボート」の記事における「路線バス(フェリーへの連絡バス)」の解説

JR神戸線鷹取駅より須磨港までの間を連絡する、路線バスを淡路フェリーボート自身運行していた(営業ナンバーによる正規路線)。 亀浦港へは、鳴門市営バス及び徳島バス鳴門公園行きで、「淡路フェリー前」バス停下車だった(航路廃止に伴い、同バス停は現在「スカイライン口」に改称。)。

※この「路線バス(フェリーへの連絡バス)」の解説は、「淡路フェリーボート」の解説の一部です。
「路線バス(フェリーへの連絡バス)」を含む「淡路フェリーボート」の記事については、「淡路フェリーボート」の概要を参照ください。


路線バス(尼崎市内線)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/18 04:40 UTC 版)

阪神バス」の記事における「路線バス(尼崎市内線)」の解説

三菱ふそう、いすゞ、UD日野製。ただし、UD車はすべて尼崎市交通局(以下、交通局時代購入かつ西工車体である。 詳細は「尼崎市交通局#車両」を参照 交通局から引き継いだ時点全車両がノンステップバスである。大型車中型幅ロングボディ車も含む)のみである。 塗装は、交通局から引き継がれ車両は、交通局時代と同じアイボリーに虹(オレンジ黄色黄緑)が描かれている。尼崎交通事業振興車両も同様であるが前面社章区別は可能である。 尼崎交通事業振興運行委託している当社車両塚口営業所所属)は車両前面の社番付近に赤い丸囲みで「A」の表記がされている。 車内放送装置クラリオン製を使用する運賃箱移譲前までにICカード対応小田原機器となったそれ以前レシップ製(ICカード非対応であった移譲後も市内線限り磁気バスカード利用できるため、運賃箱とは別に磁気カードリーダーを、さらに一日乗車券発行機も取り付けられている。前乗り先払いのため、整理券発行機搭載しない。 阪神バス移譲後の2017年3月導入され車両は、阪神バス他路線車両と同じ塗り分けで青を緑に変更したデザインとなった。なお、尼崎交通事業振興導入する新車は、引き続き尼崎市交通局塗色納車されている。通路上部の手すり、前乗り先払い釣り銭方式などの仕様そのまま維持された他、車いすスペース平成142002)年度導入以来15年ぶりに復活した尼崎市内線従来車両(交通局導入尼崎交通事業振興委託車(前面赤丸でAの表記交通局塗装復刻車両)。現在は原状復帰(虹塗装)し現存しない。 尼崎市内線新車両(移譲後、阪神バス導入

※この「路線バス(尼崎市内線)」の解説は、「阪神バス」の解説の一部です。
「路線バス(尼崎市内線)」を含む「阪神バス」の記事については、「阪神バス」の概要を参照ください。


路線バス(コミュニティバス)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/06 13:35 UTC 版)

泉観光バス (新潟県)」の記事における「路線バス(コミュニティバス)」の解説

五泉市コミュニティバス 2008年10月1日蒲原鉄道グループ蒲鉄小型バス廃止代替路線に代わって、自社1両・五泉市所有2両の計3両で運行開始2010年9月30日以って全線廃止となり、10月1日からは五泉市策定した地域公共交通総合連携計画に基づきデマンド乗合タクシー転換された。 五泉市ふれあいバス 前述の市の総合連携計画に基づき同年9月30日まで蒲鉄小型バス運行していた「五泉線」を基にした基幹バスとして10月1日より運行開始五泉村松の両市街地循環もしくは往復によって連絡する路線で、運行業務当社蒲原鉄道の2社から成る五泉市乗合バス協議会」が受託している。 新潟市北区住民バス「おらってのバス2007年3月20日北区バス陽光ニュータウンルートとして、新潟交通新潟北部営業所受託により運行開始新崎駅起点北区北地区松浜濁川南浜西部)を循環するルートだったが、慢性的な不採算続き委託先タクシー会社変更して車両小型化路線再編などを経たものの業績改善せず、2010年3月末の廃止決定した。これを受け、北地区住民中心となって結成された「はまなす地域交通研究会」が、廃止路線カバー沿線住民潜在的需要喚起などを目指し新潟市などの補助受けた上で自らを運行主体とする住民バス転換した2011年度まで2年間は富士タクシーが、2012年度からは泉観光バス運行業務受託している。 2016年5月1日より、アイケー・アライアンス運行業務受託新潟市秋葉区バス 2007年1月20日新潟交通観光バス京ヶ瀬営業所受託により運行開始秋葉区は区バス運行事業者公募型プロポーザル方式により毎年度選考しているが、2009年度公募初め泉観光バス選定され同年4月1日から運行業務受託開始した同年度は乗車人員収支率とも向上し一定の効果得られたことから、区は2010年度以降事業者公募でも引き続き泉観光バス選定しており、受託4年度目となった新潟市南区区バス 2018年4月より新潟交通観光バスに代わってアイケー・アライアンス運行担当

※この「路線バス(コミュニティバス)」の解説は、「泉観光バス (新潟県)」の解説の一部です。
「路線バス(コミュニティバス)」を含む「泉観光バス (新潟県)」の記事については、「泉観光バス (新潟県)」の概要を参照ください。


路線バス(撤退)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/22 09:29 UTC 版)

小豆島バス」の記事における「路線バス(撤退)」の解説

2010年3月をもって路線バスの運行小豆島オリーブバス移譲し路線バス事業から撤退した車両日野車に統一されていた。ノンステップバス積極的に導入していた。 ※「」読み土庄港フェリーターミナル発着坂手線(土庄港 - 池田港 - 草壁港 - 坂手港田ノ浦映画村南廻り福田線土庄港 - 池田港 - 草壁港 - 福田港三都線(「みと線」土庄港 - 池田港 - 神ノ浦西四海線(「しかい線」土庄港 - 伊喜末 - 長浜 - 目島北廻り福田線土庄港 - 大部港 - 福田) 大鐸線(「おおぬで線」土庄港 - 奥中山西浦線(土庄港 - 鹿島 - 小瀬変電所) 神懸線(「かんかけ線」草壁港 - 紅亭、冬期運休スカイライン寒霞渓線(土庄港 - 寒霞渓冬期運休 定期観光バス Bコース3/20 - 5/31、7/20 - 8/20、10/1 - 11/30の期間のみ運行土庄港 - 坂手港 - 二十四の瞳映画村 - 寒霞渓 - 銚子渓 - 土庄港 Aコース運行停止した

※この「路線バス(撤退)」の解説は、「小豆島バス」の解説の一部です。
「路線バス(撤退)」を含む「小豆島バス」の記事については、「小豆島バス」の概要を参照ください。


路線バス(JR・西鉄)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/16 08:18 UTC 版)

宮若市」の記事における「路線バス(JR・西)」の解説

JR九州バス直方線) - おもに県道福岡直方線通り直方市宮若市久山町粕屋町福岡市を結ぶ路線がある。他におもに県道飯塚福間線を通り福津市宮若市直方市を結ぶ路線、おもに県道飯塚福間線と宮田小竹線を通り飯塚市宮若市を結ぶ路線があったが、利用者減による赤字により2019年9月30日をもって廃止しコミュニティバス宮若市乗合バス)に転換された。直方駅直方市) - 宮田宮若市) - 福丸宮若市) - 脇田温泉宮若市) - 山の神久山町) - 久山(久山町) - 深井粕屋町) - 多々良福岡市東区) - 博多バスターミナル福岡市博多区西鉄バス - グループ会社西鉄バス筑豊運行直方市宮若市宮田町を結ぶ路線運行する宮若市起終点JR九州バス宮田駅犬鳴川挟んで対岸にある宮若市役所バス停直方 - 宮田間はJR九州バス直線的に結ぶのに対して西鉄バスは旧宮田町南側鶴田磯光上大隈地区迂回しており、両者棲み分けなされている。ほかに、宮若市鞍手町からの委託受けて運行するコミュニティバス路線もある。[10]:直方駅直方市) - 筑鉄直方直方市) - 直方市役所直方市) - 磯光宮若市) - 宮若市役所宮若市) (西鉄バス10番系統令和2年9月30日限り廃止)

※この「路線バス(JR・西鉄)」の解説は、「宮若市」の解説の一部です。
「路線バス(JR・西鉄)」を含む「宮若市」の記事については、「宮若市」の概要を参照ください。


路線バス(2014年10月廃止)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/08/26 03:03 UTC 版)

てんてつバス」の記事における「路線バス(2014年10月廃止)」の解説

路線バス車両2012年平成24年3月31日現在で4台登録されていた。 達布留萌線 小平町達布地区留萌市内を結び、天塩炭礦鉄道廃線沿って運行されていた。 達布学校前 - 達布本町 - 東住吉 - 住吉一部便のみ経由) - 寧楽 - 沖内 - 本郷中央 - 富里公民館 - 小平中学校下 - 信金前 - 臼谷7月10日 - 8月31日のみ停車)・留萌市立病院留萌高校留萌駅前・留萌神社沿岸バスとの競合区間となる信金前 - 留萌神社下間は片クローズ方式留萌行は降車のみ、達布行は乗車のみ)としていた。 1991年平成3年5月以来基本的なダイヤ改正行われなかったが、2001年平成13年)の留萌市立病院移転に伴い留萌高校市立病院院外薬局新設した。 沿線人口減少少子高齢化に伴う路線バス利用者減少公共交通関連支出の町財政圧迫等の課題踏まえ2012年平成24年3月設置され小平町地域公共交通会議において、調査検討進められそれまでの路線バスに代わって、新たに小平町運行する予約制デマンドバス移行することとなった2014年平成26年10月1日路線廃止小平町デマンドバス移行された。

※この「路線バス(2014年10月廃止)」の解説は、「てんてつバス」の解説の一部です。
「路線バス(2014年10月廃止)」を含む「てんてつバス」の記事については、「てんてつバス」の概要を参照ください。


路線バス(過去)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/12/11 20:20 UTC 版)

昭和タクシー (広島県)」の記事における「路線バス(過去)」の解説

以下の区間で路線バスを運行していたが、現在は運行していない。 JR矢野駅 - 矢野温泉

※この「路線バス(過去)」の解説は、「昭和タクシー (広島県)」の解説の一部です。
「路線バス(過去)」を含む「昭和タクシー (広島県)」の記事については、「昭和タクシー (広島県)」の概要を参照ください。


路線バス(廃止)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/23 20:47 UTC 版)

松島国際観光」の記事における「路線バス(廃止)」の解説

以下の路線バスを運行していたが、現在は廃止されている。 松島循環バス ※全バス停掲載 ホテル松島大観荘 - JR仙石線松島海岸駅 マリンピア松島水族館 - 松島センチュリーホテル 福浦島入口 - 松島観光中央 伊達政宗歴史館 - ホテル海風土 かき小屋 - ホテルニュー小松 - ホテル壮観 - ホテル一の坊 - JR東北本線松島駅 - ホテル壮観 - ホテル一の坊 - ホテル海風土 かき小屋 - ホテルニュー小松 - 松島センチュリーホテル 福浦島入口 - 松島観光中央観光協会瑞巌寺観光桟橋 - JR仙石線松島海岸駅 マリンピア松島水族館 - ホテル松島大観荘ダイヤは、8時台~18時台までほぼ30分ごとの運転、1周59分。 運賃は、1回100円小人50円幼児無料定期観光バス 松島湾遊覧鮮魚市場コース 松島観光桟橋 - マリンゲート塩釜 - 海の駅 武田かまぼこ - 塩釜水産物仲卸市場 - 塩竃神社 - JR本塩釜駅降車のみ) - JR松島海岸駅降車のみ) - ホテル松島大観荘松島観光桟橋 - マリンゲート塩釜間は丸文松島汽船乗船運賃は2,500円子供1,600円)。利用2人からになる。

※この「路線バス(廃止)」の解説は、「松島国際観光」の解説の一部です。
「路線バス(廃止)」を含む「松島国際観光」の記事については、「松島国際観光」の概要を参照ください。


路線バス(運行中止)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/08/21 04:57 UTC 版)

中九州観光 (バス事業者)」の記事における「路線バス(運行中止)」の解説

以下の空港バス路線運行していたが、現在は運行中止している。 『コスモスライナーダイヤモンドシティ・バリュー - 宇城市役所 - 熊本空港バス停上記3つけだった宇城市役所 - 熊本空港間で途中九州自動車道走行していた。 運賃片道1,000円、往復1,800円(小学生以下半額)だった。

※この「路線バス(運行中止)」の解説は、「中九州観光 (バス事業者)」の解説の一部です。
「路線バス(運行中止)」を含む「中九州観光 (バス事業者)」の記事については、「中九州観光 (バス事業者)」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「路線バス」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

路線バス

出典:『Wiktionary』 (2021/11/26 04:53 UTC 版)

この単語漢字

第三学年
せん
第二学年
漢音 音読み

発音

名詞

路線バス (ろせんバス)

  1. (交通) 定まった路線運行し、不特定の乗客運送するバス
  2. 一般乗合旅客自動車運送事業」(日本国道路運送法第三条第一項のイ)に該当する事業者が、許可受けた路線運行し不特定旅客乗合旅客)を運送するバス

類義語

関連語

翻訳


「路線バス」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「路線バス」の関連用語

路線バスのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



路線バスのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの路線バス (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの阪神バス (改訂履歴)、淡路フェリーボート (改訂履歴)、泉観光バス (新潟県) (改訂履歴)、小豆島バス (改訂履歴)、宮若市 (改訂履歴)、てんてつバス (改訂履歴)、昭和タクシー (広島県) (改訂履歴)、松島国際観光 (改訂履歴)、中九州観光 (バス事業者) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの路線バス (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2024 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2024 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2024 GRAS Group, Inc.RSS