電気バスとは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 新語時事用語辞典 > 電気バスの意味・解説 

電気バス

読み方:でんきバス
別名:EVバス

電気自動車バス総称電気エネルギー動力として用いる。

電気自動車温暖化ガス有害物質をほとんど排出せず、地球環境に優しいなどの利点がある。2012年3月現在、普通の乗用車としての電気自動車徐々に普及しつつあるが、バスのような大型車普及進んでいない状況とされる

2012年3月には東京都羽村市バス定期路線に電気バスを導入することが発表されている。

電気バス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/08/07 09:52 UTC 版)

電気バス(でんきバス、Electrical Bus)は電気自動車の一種であり、電気のみを動力として走るバスのうち、電力を架線から集電するトロリーバス(無軌条電車)以外のものを指す。蒸気内燃機関(炭素化合物の燃焼により発生する気体の膨張を主に利用するもの)ではなく、電気エネルギーを動力源とするバスである。ほとんどが蓄電池の電力により電動機を回転させて走行する。




  1. ^ バスの紹介 日の丸リムジングループ公式サイト
  2. ^ 同社社史『臨港バス30年の歩み』より
  3. ^ a b 「特集 電気バス2014(1970年代に登場した大型電気バス)」、『バスラマ・インターナショナル』第142号、ぽると出版2014年3月、 p.23。
  4. ^ 電気自動車の時代 (読売科学選書). 東京: 読売新聞社. (1991). ISBN 978-4643911312. 
  5. ^ “「電気自動車による公共交通のグリーン化促進事業」の対象案件の決定について(第2次公募)” (プレスリリース), 国土交通省自動車局環境政策課, (2011年12月2日), http://www.mlit.go.jp/report/press/jidosha10_hh_000065.html 2012年3月10日閲覧。 
  6. ^ a b “【EVバス運行開始】定期路線として全国初の運用開始”. Response.. (2012年3月11日). http://response.jp/article/2012/03/11/171212.html 2012年3月12日閲覧。 
  7. ^ a b c d “【EVバス運行開始】車両価格8000万円、満充電での航続は30km”. Response.. (2012年3月12日). https://response.jp/article/2012/03/12/171232.html 2018年7月26日閲覧。 
  8. ^ すみだ区報(墨田区のお知らせ「すみだ」)2012年3月13日号 区内循環バス特集号”. 墨田区役所 (2012年3月13日). 2012年3月21日閲覧。
  9. ^ 電気BRT車両および観光型BRT車両の導入について (PDF) - 東日本旅客鉄道盛岡支社プレスリリース(2014年2月21日)
  10. ^ JR気仙沼線BRT向け電気バスを東日本旅客鉄道株式会社へ納入しました。 - 東京アールアンドデー プレスリリース 2014年6月3日
  11. ^ ポケモン電気バス 三重交通公式サイト
  12. ^ 当社初の商用EVバスが川崎鶴見臨港バス株式会社川崎病院線で運転を開始 - 東芝プレスリリース 2015年3月30日


「電気バス」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「電気バス」の関連用語

電気バスのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



電気バスのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
新語時事用語辞典新語時事用語辞典
Copyright © 2018 新語時事用語辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの電気バス (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS