デリーとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 地理 > 都市 > 都市 > デリーの意味・解説 

デリー【Delhi】


デリー【Derry】


デリー

名前 DeryDörrieDelyDerieDerryDoerry

デリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/11/11 21:42 UTC 版)

デリー連邦直轄地(デリーれんぽうちょっかつち、ヒンディー語: दिल्ली [d̪ɪlliː]英語: National Capital Territory of Delhi)は、インド首都[注 1] または首都特別地域。面積1,483 km2人口は約1679万人で、インド北部の大都市圏を形成しており、同国の商業工業政治の中心地にして南アジアを代表する世界都市の一つ。


注釈

  1. ^ 日本の学校教育では(財)世界の動き社『世界の国一覧表』の2002年度版がデリー首都圏の行政機構改革によりニューデリーが包摂されたことを反映して首都を従前の「ニューデリー」から「デリー」に変更しており、同年以降は文部科学省学習指導要領でも首都を「デリー」としている。

出典

  1. ^ Delhi Population Census data 2011”. 2017年2月3日閲覧。
  2. ^ Press Information Bureau: Government of India news site, PIB Mumbai website, PIB Mumbai, Press Information Bureau, PIB, India's Official media agency, Government of India press releases, PIB photographs, PIB photos, Press Conferences in Mumbai, Union Minister Press Conference, Marathi press releases, PIB features, Bharat Nirman Public Information Campaign, Public Information Campaign, Bharat Nirman Campaign, Public Information Campaign, Indian Government press releases, PIB Western Region”. pibmumbai.gov.in. 2017年2月3日閲覧。
  3. ^ Parilla, Alan Berube, Jesus Leal Trujillo, Tao Ran, and Joseph (-001-11-30T00:00:00+00:00). “Global Metro Monitor” (英語). Brookings. 2020年2月13日閲覧。
  4. ^ インドの首都は「ニューデリー」か「デリー」か?二宮書店), 2016-07-03閲覧。
  5. ^ インドの首都はニューデリー? デリー?平凡社地図出版), 2016-07-03閲覧。
  6. ^ インド(India) 基礎データ(外務省), 2016-06-12閲覧。
  7. ^ Travel Advisory(india.gov.in)2012-08-24更新, 2016-07-03閲覧。
  8. ^ Geographic Names(国際連合), 2016-07-03閲覧
  9. ^ 「多重都市デリー」pp162-163 荒松雄著 中公新書 1993年11月25日発行
  10. ^ 「多重都市デリー」pp230-231 荒松雄著 中公新書 1993年11月25日発行
  11. ^ 「週刊朝日百科 世界100都市 ここに行きたい 第46号 デリーとアーグラー」p9 2002年10月27日発行
  12. ^ a b Climate of Delhi”. http://delhitrip.in.+2012年5月17日閲覧。
  13. ^ “Fog continues to disrupt flights, trains”. Chennai, India: The Hindu. (2005年1月7日). http://www.hindu.com/2005/01/07/stories/2005010719480300.htm 
  14. ^ “Mercury touches new high for July, Met predicts rain relief”. (2012年7月3日). http://www.indianexpress.com/news/mercury-touches-new-high-for-july-met-predicts-rain-relief/969708/ 
  15. ^ Weatherbase entry for Delhi”. Canty and Associates LLC. 2007年1月16日閲覧。
  16. ^ http://delhiplanning.nic.in/Economic%20Survey/ES%202005-06/Chpt/1.pdf Chapter 1: Introduction" (PDF). Economic Survey of Delhi, 2005–2006. Planning Department, Government of National Capital Territory of Delhi. pp. 1–7. Retrieved 21 December 2011
  17. ^ Kurian, Vinson (2005年6月28日). “Monsoon reaches Delhi two days ahead of schedule”. The Hindu Business Line. http://www.thehindubusinessline.com/2005/06/28/stories/2005062800830200.htm 2007年1月9日閲覧。 
  18. ^ World Weather Information Service - New Delhi”. 世界気象機関. 2011年5月4日閲覧。
  19. ^ Climatological Normals of New Delhi, India”. 香港天文台. 2011年5月4日閲覧。
  20. ^ World's Most Polluted Cities 2021 - AQI India”. aqi.in (2021年). 2022年9月9日閲覧。
  21. ^ 最も汚染された街”デリーの大気汚染が秋に最悪に、インド”. ナショナルジオグラフィック (2020年). 2022年9月9日閲覧。
  22. ^ New Delhi's Air Pollution Went Off the Scale This Week” (2018年6月15日). 2022年11月12日閲覧。
  23. ^ Urbanization and social change: a ... – Google Books. Books.google.com. (2006-08-14). https://books.google.co.jp/books?id=tPMEAAAAMAAJ&dq=aheer+villages&q=jat&redir_esc=y&hl=ja 2011年3月11日閲覧。 
  24. ^ Table 3.1: Delhi Last 10 Years (1991–2001) — Administrative Set Up (PDF)”. Economic Survey of India. 2007年7月3日閲覧。
  25. ^ Introduction”. THE NEW DELHI MUNICIPAL COUNCIL ACT, 1994. New Delhi Municipal Council. 2008年3月2日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2007年7月3日閲覧。
  26. ^ “From 9 to 11 districts for better governance in city”. (2012年7月17日). http://www.indianexpress.com/news/from-9-to-11-districts-for-better-governance-in-city/975456/ 
  27. ^ Census of India – Socio-cultural aspects”. Government of India, Ministry of Home Affairs. 2011年3月2日閲覧。
  28. ^ Chapter 3: Demographic Profile (PDF)”. Economic Survey of Delhi, 2005–2006. Planning Department, Government of National Capital Territory of Delhi. pp. 17-31. 2006年12月21日閲覧。
  29. ^ World Urbanization Prospects The 2003 Revision ([PDF)”. United Nations. pp. p7. 2006年4月29日閲覧。
  30. ^ Census 2001
  31. ^ Indian Census”. Censusindia.gov.in. 2009年9月7日閲覧。
  32. ^ Data on Religion”. Census of India 2001. p. 1. 2007年8月12日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2006年5月16日閲覧。
  33. ^ Hindi”. Omniglot. 2012年6月14日閲覧。
  34. ^ North East Delhi”. Rediff. 2012年6月14日閲覧。
  35. ^ “Punjabi, Urdu get second language status”. The Hindu. (2003年6月26日). http://www.hindu.com/2003/06/26/stories/2003062607100400.htm 
  36. ^ 「多重都市デリー」pp242-243 荒松雄著 中公新書 1993年11月25日発行
  37. ^ https://www.jica.go.jp/india/office/information/event/2011/110907.html デリー地下鉄が全線開通 ―インドにさらなる発展を― 独立行政法人国際協力機構 2011年9月7日 2014年11月6日閲覧
  38. ^ アジア15都市生活者の好きなスポーツ、スポーツイベント 博報堂 2019年7月6日閲覧。
  39. ^ “Delhi to London, it’s a sister act”. India Times. (2002年7月7日). http://timesofindia.indiatimes.com/articleshow/15278423.cms 2009年2月18日閲覧。 
  40. ^ Sister cities of Chicago”. 2011年2月12日閲覧。
  41. ^ 福岡県庁ホームページ インド・デリー州”. 2012年8月21日閲覧。
  42. ^ Friendship agreement to be signed between London and Delhi”. 2011年2月12日閲覧。
  43. ^ a b c Sister-City Agreements”. 2011年2月12日閲覧。
  44. ^ Paris wants 'sister-city' relationship with Delhi”. 2011年2月12日閲覧。



デリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/12 16:31 UTC 版)

とんがりボウシとおしゃれな魔法使い」の記事における「デリー」の解説

7月10日生まれ男の子

※この「デリー」の解説は、「とんがりボウシとおしゃれな魔法使い」の解説の一部です。
「デリー」を含む「とんがりボウシとおしゃれな魔法使い」の記事については、「とんがりボウシとおしゃれな魔法使い」の概要を参照ください。


デリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/08 07:12 UTC 版)

南極大陸 (テレビドラマ)」の記事における「デリー」の解説

吹雪の中、倉持声が幻聴のように聞こえ方向感覚分からなくなり雪の中に消える。

※この「デリー」の解説は、「南極大陸 (テレビドラマ)」の解説の一部です。
「デリー」を含む「南極大陸 (テレビドラマ)」の記事については、「南極大陸 (テレビドラマ)」の概要を参照ください。


デリー(インド)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/13 16:21 UTC 版)

深夜特急」の記事における「デリー(インド)」の解説

春に日本出て、もう秋になっていた。デリーから抜け出さなければ最初の計画のように、バスだけでロンドンへ

※この「デリー(インド)」の解説は、「深夜特急」の解説の一部です。
「デリー(インド)」を含む「深夜特急」の記事については、「深夜特急」の概要を参照ください。


デリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/14 21:43 UTC 版)

電脳冒険記ウェブダイバー」の記事における「デリー」の解説

有栖川家飼われている本編ではアオイ散歩に連れて行っている姿が見られる

※この「デリー」の解説は、「電脳冒険記ウェブダイバー」の解説の一部です。
「デリー」を含む「電脳冒険記ウェブダイバー」の記事については、「電脳冒険記ウェブダイバー」の概要を参照ください。


デリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/15 08:29 UTC 版)

南極物語」の記事における「デリー」の解説

旭川生まれ6歳最後に鎖から脱出したものの、クラック海氷裂け目周辺食料探している途中海に落ちて死亡する。鎖から脱出した8頭の中で最初に命を落とした

※この「デリー」の解説は、「南極物語」の解説の一部です。
「デリー」を含む「南極物語」の記事については、「南極物語」の概要を参照ください。


デリー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/03/12 03:20 UTC 版)

シェーラ・ラシード・ショーラ」の記事における「デリー」の解説

ショーラは2014年セクシュアルハラスメント反対するGender Sensitisation Committee選挙敗退している。 2015年9月彼女は左派の全インド学連盟(AISA)の支援のJNU副議長選に立候補し、ABVP系候補200以上の票差破って当選したJNU学生連合選挙当選した最初のカシミール人女性であり、その年役員で最も信任率が高かった彼女はJNHには自身の政治的精神確立するに足る空間があったと述べている。しかし、彼女の挑戦政治的背景持たないカシミール女性投票者納得させるものであった選任承認され直後から、ショーラはカシミール大学での学生政治活動禁止非難した2015年10月大学助成金委員会 (UGC)による修士博士課程学生への奨学金縮小への反対運動指導した。「UGC占拠せよ」との掛け声の下、JNU学生デリー大学やJamia Milia Islamia、アムベードカル大学の学生と共に1か月間にわたってUGC取り囲み抗議した彼女はこのときAISAとJNUSUの間の相違克服して運動向き合ったという。 2016年1月JNU学生連合議長Kanhaiya Kumar扇動罪逮捕された。 事務長Rama Naga前議長のAshutosh Kumarを含むその他複数学生リーダー扇動加担したとされた。シェーラ・ラシードは唯一残った役員として彼らが拘留されている期間中学生連合運営した1月14日4000以上の人々が彼女の指導した抗議行動集まった18日には彼女の呼びかけ応え10000人 から15000 人が行進に参加した2月騒乱罪廃止求めて議会への抗議行動行った抗議者らは教育機関におけるカースト基づ差別廃止させるRohith法の制定求めた。この抗議行動にはデリー中の大学から学生教員集まり、Rohith Vemulaと Umar Khalid家族参加した

※この「デリー」の解説は、「シェーラ・ラシード・ショーラ」の解説の一部です。
「デリー」を含む「シェーラ・ラシード・ショーラ」の記事については、「シェーラ・ラシード・ショーラ」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「デリー」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「デリー」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



デリーと同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「デリー」の関連用語

デリーのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



デリーのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
MovieWalkerMovieWalker
(C)MovieWalker
キネマ旬報 (c)キネマ旬報社
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのデリー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのとんがりボウシとおしゃれな魔法使い (改訂履歴)、南極大陸 (テレビドラマ) (改訂履歴)、深夜特急 (改訂履歴)、電脳冒険記ウェブダイバー (改訂履歴)、南極物語 (改訂履歴)、シェーラ・ラシード・ショーラ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS