大群とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 社会 > 社会一般 > 群れ > 大群の意味・解説 

たい‐ぐん【大群】

読み方:たいぐん

動物などが非常に多く集まってつくる群れ。「バッタの—」

「大群」に似た言葉

大群(おおぜいのけがれ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/15 00:08 UTC 版)

屍姫」の記事における「大群(おおぜいのけがれ)」の解説

強力な屍をリーダーとする謎の一団他の屍の集団や、道を踏み外した人間呪術者達も組織組み込んでおり、数多不死王抱えるその有様はまさに質・量ともに史上最大の屍の群れといえる転生なき世界=死者の国建設目的としている。 七星しちせい) 体に北斗七星模した7つの星刻まれた屍たちの集団、七名の極めて狂暴で強力な屍で構成されている。一年半前、星村家人々皆殺しにし、主人公マキナ運命変えた者たちで、マキナにとっては不倶戴天仇敵。特に明確な結果求めて動いているわけではなく光言宗からは「病のように現れ殺し霧のように消え群れ」と認識されている。「大群」に組み込まれ、彼らと共に殺戮行なう。 屍に信奉者を持つ、数少ない群れ一つその実体は実質的指導者である「狭間」が頂点に立つ北斗」を屍の「あるべき姿」として知らしめんがための広告として創った群れである。「北斗」によって多くの屍を引き寄せる一方で七星の徴を与えられた個々の屍もまた強大な未練「性」の持ち主であり、その実力は高い。なお、加入条件は己の性に生きることは勿論だが、性に従って死ぬまで含んでものである。 大群内では知と理を兼ね揃えた群れとも見なされており、「狭間」の定めた指針の下、各個の「性」を最優先しつつも、理的な活動行っている 正式名称は癲(クルイヒツギ)。「大群」が「死の国建国のために百八人分末期の血を詰め込み作成した箱。また、それ自体が「未練というエネルギー詰め込んだ電池と言えるものであるため、呪い憑きにとっては増幅器してあらゆる方向使用できる規格外特級)の媒介である。よって、王復活儀式戦闘際に流用された。数を含め二十八宿にちなんでいるとされるを持つ屍はそのまま持ち」と呼ばれ上下区分け曖昧な「大群」の中で上位者となっている。現在確認されている「持ち」は5人の教主および、教主配下に当たる七星」とヴラウプニル、都合上を持っていた赤紗の13名。 大神殺したいしんごろし) ギリシャ神話などに稀に出現する特殊な子宮を持つ女。代表例としてはテティス挙げられる父親となった個体を超える個体生み出せる能力を持っており、本来なら何百世代も経なければならない生物の進化を、わずか一世代行なうことが出来る。大群はこの能力利用して王を最強最高の態で甦らせようとした元は骨だけしかなかったが(アイギス来日時運び込んだ)、ロギア200以上の死体からパーツ選り分け内臓にいたるまで完璧に付肉し、復元した後に王の復活と共に破壊された死の国 大群の最終目標実現した暁にはすべての死者ことごとく屍と化し際限なく死者に力を与え続けとされる。いわば実現するのは輪廻転生存在しない世界であり、この屍のみに都合の良い理想を掲げたことによって、本来まとまるはずのない「大群」を成立させたと言える

※この「大群(おおぜいのけがれ)」の解説は、「屍姫」の解説の一部です。
「大群(おおぜいのけがれ)」を含む「屍姫」の記事については、「屍姫」の概要を参照ください。


大群

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/25 08:52 UTC 版)

宇宙英雄ペリー・ローダン」の記事における「大群」の解説

3441年に銀河系出現し知性体の大半痴呆化させるなど銀河全体荒らしまわった放浪する人工の星団。恒星惑星80万と各種宇宙船120隻を有し、その全長1万896光年厚さと幅が1,932光年に及び、全体特殊なバリア包んだ空前の人工建造物知性種をまく「カルティス」、彼らの補助種族の「パープル人」や「大群の敷設者」などからなる未知の知性体により、宇宙生命創造させるため派遣されたが、「カルドゥルス」という補助種族反乱で、死をまく放浪者となった

※この「大群」の解説は、「宇宙英雄ペリー・ローダン」の解説の一部です。
「大群」を含む「宇宙英雄ペリー・ローダン」の記事については、「宇宙英雄ペリー・ローダン」の概要を参照ください。


大群

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2014/06/05 06:01 UTC 版)

宇宙英雄ペリー・ローダンの登場種族一覧」の記事における「大群」の解説

カルドゥルス 大群の支配種族。昆虫から進化したヒューマノイド種族であり、身長2.5メートル二本の腕と脚、丸い頭部には二つ複眼昆虫思わせる三角形の口を持つ。平均寿命地球年に換算して2000年種族全員それぞれ異なった超能力を持つ。大群の統治には政府指導部などを持たず種族ごとに役割決めて共同で支配していた。「カルドゥルス」という意味は、大群内の共通言語インターカルティスで“知性を運ぶ者のちいさな子供達”を意味するはるかな太古サイノスによって補助種族採用されたが、約百万年前叛乱起こしてサイノス追放その後自身の生命延長のために大群を支配した支配方法は自らを神格化する事で、補助種族崇拝させるという単純なものであった。「黄色い征服者」と呼ばれるカタツムリ種族カルティスが分裂により繁殖する際に分泌される液体(「活性化霊薬」と呼ばれる)に浸かる事で生命延長していた。しかしカルティスが分裂する際に放射するプシオン性エネルギーに弱いため、これを浴びると錯乱する。 カルティスの繁殖所を確保するために複数銀河巡り数多惑星犠牲にし銀河系までも侵食しようとしたが、3443年にサイノスが大群を奪還するためにプシオン性ハイパーエネルギーを解放した事により数時間後に全滅した黒い悪魔 ゲディンガー・クロク人 サイノス 大群の管理種族数百万年前に大群を建造した知性播種者”によって大群の運営任された。しかし大群が前回銀河系訪れた百万年前にカルドゥルスの叛乱遭って追放され種族大半は銀河系逃げ延びた。その後銀河系多くの惑星3人ないしは7人、9人単位散らばり原住種族変身してそれぞれの文明発展させていく一方で、「秘密帝国」と呼ばれる組織作り、大群奪還のための下準備をしていた。銀河各地に残る七賢者ないしは九賢者伝説は彼らの事を指すといわれている。 超心理モデュレーションと呼ばれる超能力持ちどんな姿にも変身出来るが、真の姿見せない。彼らは死亡する際に、“影なきオベリスク”と呼ばれる光が当たって決し影の出来ない石状形物質となる。 3443年にテラナー協力によってカルドゥルスが全滅した事により、大群の指揮権取り戻し銀河系にいたサイノスは大群と共に旅立っていった。 大群の敷設パープルラクーン 大群の戦闘部隊担当する種族身長2.1メートル2本短くたくましい脚、触腕のようなくねくねした腕が4本、指は6本。頸は長さ80センチメートル直径15センチメートルほど。末端たいらな蛇のような頭部があり、その額から12センチメートルの角が生えている。全員が“ヒュプノ凝視者”で、目があった者の意思を奪うことが出来る名前の由来はその叫び声から。第272巻。

※この「大群」の解説は、「宇宙英雄ペリー・ローダンの登場種族一覧」の解説の一部です。
「大群」を含む「宇宙英雄ペリー・ローダンの登場種族一覧」の記事については、「宇宙英雄ペリー・ローダンの登場種族一覧」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「大群」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「大群」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



大群と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

大群のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



大群のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの屍姫 (改訂履歴)、宇宙英雄ペリー・ローダン (改訂履歴)、宇宙英雄ペリー・ローダンの登場種族一覧 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS