不倶戴天とは?

Weblio 辞書 > 成句の検索 > 四字熟語 > 自然 > 空・天 > 不倶戴天の意味・解説 

不倶戴天

読み方:ふぐたいてん

不倶戴天とは、不倶戴天の意味

不倶戴天とは、非常に強い恨み憎しみという意味のこと。「戴天」は天下にいること、「不倶」は揃わないという意味を持ちどちらも古代中国文献由来としている。文献では父親の仇は同じ天下一緒にいられないほど憎いという内容使用され、その文言そのまま不倶戴天の語源となった。英語では因縁深い敵という意味で sworn enemy表現されることが多い。sworn の代わりに死すべきという意味の mortal を使用する場合もある。

不倶戴天の類語

不倶戴天は恨み憎しみを意味するため、端的な「怨恨」や「遺恨」といった単語類語として挙げられる。いずれも強調する文字組み合わさっているので、恨み度合いは強い。ただ不倶戴天の恨みは同じ世には生かしておけないという意味合いあるほど強いため、使用する場面によっては劣る可能性もある。

現代では不倶戴天自体比較的軽い恨みであっても使用されることがあるので、そこまで意識するものでもない

不倶戴天の例文、使い方

不倶戴天の例文として、「私を利用し陥れた上司は、不倶戴天の敵である」「殺人事件起こし犯人は、遺族にとって不倶戴天だ」などの使い方が挙げられる。厳密には不倶戴天は恨み部分のみを意味するため、人やものを対象とする場合不倶戴天の敵表現するのが正確である。しかし例文後者のように、敵の部分省略した使い方をする場合もある。

ふ‐ぐ‐たいてん【不×倶戴天】

《「礼記曲礼の「父の讐(あだ)は倶(とも)に天を戴(いただ)かず」から》ともにこの世生きられない、また、生かしてはおけないと思うほど恨み怒りの深いこと。また、その間柄。「不倶戴天の敵


ふ‐ぐ‐たいてん【不倶戴天】

〔名〕 (「礼記曲礼上」の「父之讎、弗共戴一レ天、兄弟之讎、不兵、交遊之讎、不国」による語。ともに天をいただかずの意から) 相手この世に生かしておかないこと。殺すか殺されるか、いっしょには生存できない間柄であること。怨み憎しみ深く報復ずにはいられないこと。また、そのような間柄

歌舞伎四十七石忠矢計(十二時忠臣蔵)(1871)序幕「不倶戴天(フグタイテン)の志」


不倶戴天―血の沼

作者林望

収載図書トッカータ光と影物語 洋画
出版社文藝春秋
刊行年月2001.6


不倶戴天

出典:『Wiktionary』 (2021/08/12 12:52 UTC 版)

名詞

ふぐたいてん

  1. どうしても生かしては置けないと思うほどに深く恨むこと。

語源

翻訳

関連語


不俱戴天

出典:『Wiktionary』 (2021/08/12 12:52 UTC 版)

名詞

ふぐたいてん

  1. どうしても生かしては置けないと思うほどに深く恨むこと。

語源

翻訳

関連語




不倶戴天と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「不倶戴天」の関連用語

不倶戴天のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



不倶戴天のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2022 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの不倶戴天 (改訂履歴)、不俱戴天 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS