世にとは?

Weblio 辞書 > 品詞の分類 > 修飾語 > 副詞 > 副詞(程度) > 世にの意味・解説 

よ‐に【世に】

[副]

程度はなはだしいさま。たいそう。非常に。

「僧は最(い)と懇ろに道を教うれば、横笛嬉しく思い」〈樗牛滝口入道

(あとに打消しの語を伴って)決して。断じて

汝達等が賢き思ひに、我、—劣らじ」〈今昔・二〇・四四


よ‐に【世━】

〔副〕

世間比べるものがないほどの意から、程度はなはだしいさまを表わす。非常に。大変。たいそう

宇津保(970‐999頃)内侍督「おぼしわづらふにやあらんと見えしほどの御ふみ見給へしこそ、よにあはれにらうありしか」

② (下に打消の語を伴って) 決して。断じて。よもや。

万葉(8C後)二〇・四三二二「わが妻はいたく恋ひらし飲むに影(かご)さへ見へて余爾(ヨニ)忘られず」




品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「世に」の関連用語

世にのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



世にのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館

©2021 GRAS Group, Inc.RSS