ビクトリア女王とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > ビクトリア女王の意味・解説 

ビクトリアじょおう〔‐ヂヨワウ〕【ビクトリア女王】

原題Queen Victoriaストレーチーによるビクトリア女王の伝記1922年刊行


ヴィクトリア (イギリス女王)

(ビクトリア女王 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/17 07:56 UTC 版)

ヴィクトリア英語: Victoria1819年5月24日 - 1901年1月22日)は、イギリスハノーヴァー朝第6代女王(在位:1837年6月20日 - 1901年1月22日)、初代インド皇帝女帝)(在位:1877年1月1日 - 1901年1月22日)。


注釈

  1. ^ ヴィクトリアの玄孫に当たるエリザベス2世は、2015年9月9日に高祖母の在位記録を更新した。外国の君主で在位年数がヴィクトリアやエリザベス2世に匹敵するのは、近代以降では、オーストリア皇帝フランツ・ヨーゼフ1世(在位68年)、日本昭和天皇(在位62年+摂政5年)、タイ王国ラーマ9世(在位70年)がいる。
  2. ^ 母の実家ザクセン=コーブルク=ザールフェルト公家は11世紀以来エルベ川畔地域を支配したマイセン辺境伯ヴェッティン家の分家エルネスティン家の一流であり、人口6万人ほどの小公国の君主であった[9]
  3. ^ マーガレット・サッチャー首相による1981年の国籍法改正(父か母がイギリス国籍でなければイギリス国籍は認められない)以前のイギリスでは基本的にイギリス国王の領土内に生まれた者にイギリス国籍が認められていた[13]。イギリス国王、外交官、軍人の子は外国領土で生まれてもイギリス国籍が認められていたが、ケント公はナショナリズムの空気を重視してヴィクトリアを「ロンドン出生」にしたがっていた[14]
  4. ^ 母ケント公妃の前夫はエミヒ・カール・ツー・ライニンゲン侯爵。その間にカール・ツー・ライニンゲン侯爵とフェオドラ・ツー・ライニンゲンの2子を儲けている[21]。彼らはヴィクトリアにとっては異父兄姉にあたる。
  5. ^ ただしアルバートは立憲君主を志向した人物ではなく二大政党のどちらが政権に付こうと王権が影響力を発揮できる状態、つまり王権強化を考えていた[122]。彼の王権強化思想はアルバートの顧問になっていたクリスティアン・フリードリヒ・フォン・シュトックマー男爵の影響であった[123]
  6. ^ ヴィクトリアはピールの貧乏ゆすりの癖をとりわけ嫌ったという[128]
  7. ^ ラテン語の"Reginaet"(女王)と"Imperatrix"(女帝)の略[226]
  8. ^ 一方でヴィクトリアはグラッドストンの提出した閣僚人事のうちサー・チャールズ・ディルク英語版准男爵の大臣任命については彼が共和主義者であるとして拒否した。ディルクは「私が共和主義者だったのは若いころだけで今は立憲君主制論者です」という誓文をヴィクトリアに提出し、それに満足したヴィクトリアは二度と王室費にケチを付けないよう命じたうえでディルクを外務政務次官に任じた[246][247]
  9. ^ ゴードンはアロー戦争で活躍し、アロー戦争後に清政府の依頼で清軍の司令官となり、太平天国の乱を平定したためこのあだ名が付いた[430]
  10. ^ マフディーの反乱の最中の1885年1月にアブクレアの戦いでイギリス軍がマフディー軍に勝利すると、ヴィクトリアは大喜びして司令官ヴォルズリー将軍に祝電を送ったのだが、それに対して陸相ハーティントン侯爵が女王が陸軍軍人に対してメッセージを出すには陸軍大臣の許可を得て行わなければならないと抗議した。ヴィクトリアは「私が将軍たちに直接伝えたほうが彼らも喜びます。女王が彼女の将軍に対して電報を送る事は何の問題もありません。ハーティントン侯爵は差し出がましく生意気です。女王は相手がだれであろうとも自由に祝電を打つ権利があり、指図を受ける気はありません。女王は機械ではありません」と怒りを露わにした[609]

出典

  1. ^ a b c 秦(2001) p.507
  2. ^ a b 君塚(2007) p.25
  3. ^ a b c d e f 朝倉・三浦(1996) p.122
  4. ^ 世界大百科事典「ハノーバー朝」の項目
  5. ^ a b 尾鍋(1984) p.54
  6. ^ a b ベイカー(1997) p.182
  7. ^ ワイントラウブ(1993) 下巻 p.524-525
  8. ^ ワイントラウブ(1993) 上巻 p.67
  9. ^ ストレイチイ(1953) p.19
  10. ^ 川本(2006) p.244
  11. ^ ストレイチイ(1953) p.21-22
  12. ^ a b 森(1986) p.552
  13. ^ 川本(2006) p.227-229
  14. ^ 川本(2006) p.228/244
  15. ^ ワイントラウブ(1993) 上巻 p.63-64
  16. ^ a b 川本(2006) p.3
  17. ^ 君塚(2007) p.6-7
  18. ^ a b c ワイントラウブ(1993) 上巻 p.71
  19. ^ 君塚(2007) p.5-6
  20. ^ a b ワイントラウブ(1993) 上巻 p.47
  21. ^ ワイントラウブ(1993) 上巻 p.50
  22. ^ a b c d e f 君塚(2007) p.10
  23. ^ a b c ストレイチイ(1953) p.23
  24. ^ ワイントラウブ(1993) 上巻 p.69
  25. ^ ワイントラウブ(1993) 上巻 p.73
  26. ^ a b 君塚(2007) p.11
  27. ^ a b c d 森(1986) p.553
  28. ^ ワイントラウブ(1993) 上巻 p.79-80
  29. ^ ワイントラウブ(1993) 上巻 p.81
  30. ^ 君塚(2007) p.12
  31. ^ ストレイチイ(1953) p.26
  32. ^ ワイントラウブ(1993) 上巻 p.86
  33. ^ ストレイチイ(1953) p.27
  34. ^ ワイントラウブ(1993) 上巻 p.87
  35. ^ a b ストレイチイ(1953) p.36
  36. ^ ワイントラウブ(1993) 上巻 p.92
  37. ^ a b c 石井(2011) p.120
  38. ^ a b ルイス(2010) p.274
  39. ^ ストレイチイ(1953) p.44
  40. ^ a b ストレイチイ(1953) p.30
  41. ^ ワイントラウブ(1993) 上巻 p.99
  42. ^ ベイカー(1997) p.163
  43. ^ ストレイチイ(1953) p.29
  44. ^ ストレイチイ(1953) p.38
  45. ^ ワイントラウブ(1993) 上巻 p.100
  46. ^ a b 君塚(2007) p.14
  47. ^ a b c ストレイチイ(1953) p.32
  48. ^ a b c 君塚(2007) p.15
  49. ^ a b 君塚(2007) p.17
  50. ^ ストレイチイ(1953) p.35
  51. ^ ワイントラウブ(1993) 上巻 p.108-109
  52. ^ 尾鍋(1984) p.46
  53. ^ 神川(2011) p.39
  54. ^ ストレイチイ(1953) p.27-28
  55. ^ ストレイチイ(1953) p.27-28
  56. ^ a b ストレイチイ(1953) p.45
  57. ^ a b 森(1986) p.554
  58. ^ ストレイチイ(1953) p.44-45
  59. ^ 君塚(2007) p.18
  60. ^ ワイントラウブ(1993) 上巻 p.147
  61. ^ ストレイチイ(1953) p.47
  62. ^ 君塚(2007) p.19
  63. ^ ワイントラウブ(1993) 上巻 p.154
  64. ^ a b c 君塚(2007) p.20
  65. ^ 尾鍋(1984) p.42
  66. ^ ストレイチイ(1953) p.52-53
  67. ^ a b ストレイチイ(1953) p.53
  68. ^ 君塚(2007) p.21-22
  69. ^ ストレイチイ(1953) p.53-55
  70. ^ ワイントラウブ(1993) 上巻 p.156-158
  71. ^ ワイントラウブ(1993) 上巻 p.158
  72. ^ ストレイチイ(1953) p.55
  73. ^ a b 君塚(2007) p.23-24
  74. ^ a b ストレイチイ(1953) p.57
  75. ^ ワイントラウブ(1993) 上巻 p.159-160
  76. ^ ストレイチイ(1953) p.58
  77. ^ a b 森(1986) p.556
  78. ^ ストレイチイ(1953) p.59-61
  79. ^ ストレイチイ(1953) p.78-81
  80. ^ ストレイチイ(1953) p.70
  81. ^ ワイントラウブ(1993) 上巻 p.161
  82. ^ ワイントラウブ(1993) 上巻 p.156-157
  83. ^ ストレイチイ(1953) p.65
  84. ^ a b c 君塚(2007) p.31
  85. ^ ストレイチイ(1953) p.68
  86. ^ 森(1986) p.558
  87. ^ 森(1986) p.559
  88. ^ ワイントラウブ(1993) 上巻 p.165
  89. ^ ストレイチイ(1953) p.71-74
  90. ^ ワイントラウブ(1993) 上巻 p.170-171
  91. ^ 君塚(2007) p.32
  92. ^ 尾鍋(1984) p.65
  93. ^ a b ストレイチイ(1953) p.87
  94. ^ ワイントラウブ(1993) 上巻 p.193
  95. ^ 君塚(2007) p.33
  96. ^ a b ワイントラウブ(1993) 上巻 p.194
  97. ^ 君塚(2007) p.33-34
  98. ^ a b c 君塚(2007) p.34
  99. ^ ストレイチイ(1953) p.89
  100. ^ a b 尾鍋(1984) p.66
  101. ^ a b ワイントラウブ(1993) 上巻 p.195-196
  102. ^ ストレイチイ(1953) p.90-91
  103. ^ a b ワイントラウブ(1993) 上巻 p.197
  104. ^ ストレイチイ(1953) p.99
  105. ^ 君塚(2007) p.38
  106. ^ ストレイチイ(1953) p.41
  107. ^ ストレイチイ(1953) p.96
  108. ^ ストレイチイ(1953) p.97
  109. ^ a b ストレイチイ(1953) p.98
  110. ^ 川本(2006) p.7
  111. ^ 君塚(2007) p.39
  112. ^ 川本(2006) p.62
  113. ^ a b 君塚(2007) p.42
  114. ^ ワイントラウブ(1993) 上巻 p.219
  115. ^ a b ワイントラウブ(1993) 上巻 p.231
  116. ^ 森(1986) p.561
  117. ^ a b 川本(2006) p.23
  118. ^ 尾鍋(1984) p.70-71
  119. ^ ワイントラウブ(1993) 上巻 p.217
  120. ^ 君塚(2007) p.44
  121. ^ 川本(2006) p.23-25
  122. ^ a b 川本(2006) p.26
  123. ^ a b c d e f g ヒバート(1998) p.169
  124. ^ ストレイチイ(1953) p.121
  125. ^ 川本(2006) p.134-135
  126. ^ a b 神川(2011) p.100
  127. ^ 君塚(2007) p.45
  128. ^ a b ワイントラウブ(1993) 上巻 p.261
  129. ^ a b 君塚(2007) p.46
  130. ^ ワイントラウブ(1993) 上巻 p.267
  131. ^ ワイントラウブ(1993) 上巻 p.263-264
  132. ^ a b ヒバート(1998) p.166
  133. ^ a b モリス(2008) 上巻 p.226
  134. ^ 井野瀬(2007) p.95
  135. ^ モリス(2008) 上巻 p.253-256
  136. ^ a b ワイントラウブ(1993) 上巻 p.297
  137. ^ ワイントラウブ(1993) 上巻 p.296-297
  138. ^ 君塚(2007) p.49
  139. ^ 君塚(2007) p.51
  140. ^ ヒバート(1998) p.166-167
  141. ^ ワイントラウブ(1993) 上巻 p.297-299
  142. ^ ヒバート(1998) p.165
  143. ^ a b ヒバート(1998) p.167
  144. ^ ワイントラウブ(1993) 上巻 p.312-313
  145. ^ 君塚(2007) p.50
  146. ^ a b ヒバート(1998) p.168
  147. ^ 君塚(2007) p.55
  148. ^ a b 井野瀬(2007) p.190
  149. ^ 長島(1989) p.142-143
  150. ^ ワイントラウブ(1993) 上巻 p.345
  151. ^ a b c 石井(2011) p.123
  152. ^ 井野瀬(2007) p.200
  153. ^ ワイントラウブ(1993) 上巻 p.358
  154. ^ a b ワイントラウブ(1993) 上巻 p.348
  155. ^ 井野瀬(2007) p.202
  156. ^ 長島(1989) p.142
  157. ^ ワイントラウブ(1993) 上巻 p.347
  158. ^ 君塚(2007) p.52
  159. ^ a b 君塚(2007) p.54
  160. ^ 川本(2006) p.63
  161. ^ ブレイク(1993) p.319
  162. ^ ブレイク(1993) p.284/315
  163. ^ 君塚(2007) p.77
  164. ^ 秦(2001) p.509
  165. ^ 君塚(2007) p.78-79
  166. ^ a b 森(1986) p.564
  167. ^ a b c 君塚(2007) p.82
  168. ^ 君塚(2007) p.83-84
  169. ^ ストレイチイ(1953) p.205-206
  170. ^ ワイントラウブ(1993) 上巻 p.460
  171. ^ a b ワイントラウブ(1993) 上巻 p.463
  172. ^ ストレイチイ(1953) p.206
  173. ^ ワイントラウブ(1993) 上巻 p.462
  174. ^ ワイントラウブ(1993) 上巻 p.467
  175. ^ ストレイチイ(1953) p.207
  176. ^ a b ワイントラウブ(1993) 上巻 p.469
  177. ^ ストレイチイ(1953) p.208
  178. ^ a b ワイントラウブ(1993) 上巻 p.471
  179. ^ 君塚(2007) p.85
  180. ^ ストレイチイ(1953) p.213
  181. ^ ワイントラウブ(1993) 下巻 p.10
  182. ^ a b ストレイチイ(1953) p.215
  183. ^ a b ワイントラウブ(1993) 下巻 p.17
  184. ^ ワイントラウブ(1993) 下巻 p.31
  185. ^ ストレイチイ(1953) p.214-215
  186. ^ 君塚(2007) p.89
  187. ^ ワイントラウブ(1993) 下巻 p.32
  188. ^ a b 井野瀬(2007) p.224
  189. ^ 君塚(2007) p.91
  190. ^ 井野瀬(2007) p.223-224
  191. ^ 君塚(2007) p.108
  192. ^ ベイカー(1997) p.166
  193. ^ a b 森(1986) p.565
  194. ^ 君塚(2007) p.92
  195. ^ 君塚(2007) p.88/90
  196. ^ 君塚(2007) p.106-107
  197. ^ 川本(2006) p.193
  198. ^ 川本(2006) p.193-194
  199. ^ 君塚(2007) p.107-108
  200. ^ ワイントラウブ(1993) 下巻 p.127-128
  201. ^ 川本(2006) p.194
  202. ^ ワイントラウブ(1993) 下巻 p.143
  203. ^ ルイス(2010) p.282
  204. ^ 君塚(2007) p.97-103
  205. ^ 井野瀬(2007) p.225-226
  206. ^ ワイントラウブ(1993) 下巻 p.75
  207. ^ a b 川本(2006) p.258
  208. ^ ブレイク(1993) p.10-12
  209. ^ 尾鍋(1984) p.40
  210. ^ ブレイク(1993) p.287
  211. ^ 川本(2006) p.189-190
  212. ^ 川本(2006) p.191
  213. ^ 川本(2006) p.196
  214. ^ a b c ストレイチイ(1953) p.230
  215. ^ モロワ(1960) p.224
  216. ^ 神川(2011) p.219
  217. ^ 川本(2006) p.205
  218. ^ ワイントラウブ(1993) 下巻 p.75-77
  219. ^ a b ワイントラウブ(1993) 下巻 p.78
  220. ^ 川本(2006) p.198
  221. ^ a b ワイントラウブ(1993) 下巻 p.79
  222. ^ 神川(2011) p.74
  223. ^ ブレイク(1993) p.600
  224. ^ モロワ(1960) p.247-248
  225. ^ a b 川本(2006) p.209
  226. ^ 君塚(2007) p.135
  227. ^ モロワ(1960) p.306
  228. ^ a b ワイントラウブ(1993) 下巻 p.218
  229. ^ ワイントラウブ(1993) 下巻 p.219-221
  230. ^ a b ブレイク(1993) p.870
  231. ^ a b ブレイク(1993) p.873
  232. ^ モロワ(1960) p.321
  233. ^ ワイントラウブ(1993) 下巻 p.221
  234. ^ ブレイク(1993) p.578
  235. ^ 神川(2011) p.238
  236. ^ 神川(2011) p.245-252
  237. ^ a b 君塚(2007) p.117
  238. ^ ストレイチイ(1953) p.233
  239. ^ ワイントラウブ(1993) 下巻 p.82
  240. ^ ワイントラウブ(1993) 下巻 p.84
  241. ^ a b 川本・松村(2006) p.208
  242. ^ ワイントラウブ(1993) 下巻 p.102-103
  243. ^ 君塚(2007) p.164
  244. ^ 君塚(2007) p.174
  245. ^ 君塚(2007) p.160-162
  246. ^ 君塚(2007) p.165-166
  247. ^ ワイントラウブ(1993) 下巻 p.223
  248. ^ ワイントラウブ(1993) 下巻 p.224
  249. ^ 君塚(2007) p.175
  250. ^ ヒバート(1998) p.173
  251. ^ 君塚(2007) p.179-183
  252. ^ ワイントラウブ(1993) 下巻 p.253-255
  253. ^ 君塚(2007) p.183
  254. ^ ワイントラウブ(1993) 下巻 p.255
  255. ^ 君塚(2007) p.191-193
  256. ^ ワイントラウブ(1993) 下巻 p.265
  257. ^ 君塚(2007) p.193-194
  258. ^ a b 君塚(2007) p.194
  259. ^ a b ワイントラウブ(1993) 下巻 p.270
  260. ^ 君塚(2007) p.195
  261. ^ 君塚(2007) p.196
  262. ^ 君塚(2007) p.200-201
  263. ^ ワイントラウブ(1993) 下巻 p.286、288-289
  264. ^ 君塚(2007) p.202
  265. ^ ワイントラウブ(1993) 下巻 p.346-349
  266. ^ a b 君塚(2007) p.204
  267. ^ a b 君塚(2007) p.205
  268. ^ ヒバート(1998) p.175
  269. ^ 君塚(2007) p.222
  270. ^ ストレイチイ(1953) p.268
  271. ^ a b 井野瀬(2007) p.210
  272. ^ 君塚(2007) p.252
  273. ^ a b 川本(2006) p.4
  274. ^ 君塚(2007) p.253
  275. ^ 君塚(2007) p.252-253
  276. ^ 君塚(2007) p.254
  277. ^ ストレイチイ(1953) p.293
  278. ^ モリス(2006) 上巻 p.19
  279. ^ ベイカー(1997) p.168
  280. ^ 神川(2011) p.429
  281. ^ 川本(2006) p.272-273
  282. ^ 神川(2011) p.431
  283. ^ ワイントラウブ(1993) 下巻 p.377
  284. ^ ワイントラウブ(1993) 下巻 p.378/382
  285. ^ ワイントラウブ(1993) 下巻 p.385
  286. ^ 神川(2011) p.429-430
  287. ^ 神川(2011) p.429-430
  288. ^ ワイントラウブ(1993) 下巻 p.389-390
  289. ^ モリス(2006) 上巻 p.362-363
  290. ^ モリス(2006) 上巻 p.364-369
  291. ^ 村岡、木畑(1991) p.210-211
  292. ^ ストレイチイ(1953) p.272-273
  293. ^ ワイントラウブ(1993) 下巻 p.335
  294. ^ 川本(2006) p.33
  295. ^ a b c ワイントラウブ(1993) 下巻 p.492
  296. ^ ワイントラウブ(1993) 下巻 p.490-491
  297. ^ 井野瀬(2007) p.236-237
  298. ^ 川本(2006) p.318-320
  299. ^ 中西(1997) p.154
  300. ^ a b 浜渦(1999) p.11
  301. ^ モリス(2008) 下巻 p.413
  302. ^ 木畑(1998) p.8
  303. ^ モリス(2008) 上巻 p.120/203
  304. ^ モリス(2008) 下巻 p.175-176
  305. ^ モリス(2008) 下巻 p.228
  306. ^ 井野瀬(2007) p.226-227
  307. ^ 川本(2006) p.38
  308. ^ a b モリス(2008) 下巻 p.91
  309. ^ モリス(2008) 下巻 p.93
  310. ^ モリス(2008) 下巻 p.56
  311. ^ 木畑(1998) p.189-190
  312. ^ 川本(2006) p.284-285
  313. ^ モリス(2008) 上巻 p.126
  314. ^ a b c 浜渦(1999) p.95
  315. ^ モリス(2008) 上巻 p.132-135
  316. ^ モリス(2008) 上巻 p.132-152
  317. ^ 君塚(2007) p.147
  318. ^ 前田・山根(2002) p.64
  319. ^ 前田・山根(2002) p.77
  320. ^ 前田・山根(2002) p.78
  321. ^ 前田・山根(2002) p.79
  322. ^ 前田・山根(2002) p.80
  323. ^ 君塚(2007) p.147-148
  324. ^ a b モロワ(1960) p.295
  325. ^ a b 君塚(2007) p.148
  326. ^ 前田・山根(2002) p.80-81
  327. ^ 前田・山根(2002) p.81
  328. ^ 前田・山根(2002) p.82
  329. ^ 横井(1988) p.48-50
  330. ^ 横井(1988) p.55-58
  331. ^ 横井(1988) p.45-50
  332. ^ 長島(1989) p.83
  333. ^ 君塚(2007) p.29-30
  334. ^ 君塚(2007) p.30
  335. ^ 村岡、木畑(1991) p.161
  336. ^ 横井(1988) p.97-98
  337. ^ 横井(1988) p.101
  338. ^ 横井(1988) p.128-132
  339. ^ 横井(1988) p.135
  340. ^ a b c 長崎(1981) p.57
  341. ^ 浜渦(1999) p.97-102
  342. ^ 長崎(1981) p.58-63
  343. ^ ワイントラウブ(1993) 上巻 p.408-409
  344. ^ 長崎(1981) p.63-71
  345. ^ 長崎(1981) p.78-85
  346. ^ 長崎(1981) p.98
  347. ^ a b c 浜渦(1999) p.110
  348. ^ ワイントラウブ(1993) 上巻 p.409-410
  349. ^ ベイカー(1997) p.178
  350. ^ モリス(2008) 上巻 p.364-365
  351. ^ 長崎(1981) p.149
  352. ^ モリス(2008) 上巻 p.366
  353. ^ 長崎(1981) p.152-153
  354. ^ モリス(2008) 上巻 p.362
  355. ^ a b ワイントラウブ(1993) 上巻 p.410
  356. ^ 長島(1989) p.84
  357. ^ 川本(2006) p.36-37
  358. ^ 君塚(2004) p.95
  359. ^ 君塚(2004) p.95-103
  360. ^ ストレイチイ(1953) p.289
  361. ^ “Queen Victoria's Urdu workbook on show” (英語). BBC News. (2017年9月15日). https://www.bbc.com/news/uk-england-hampshire-41285054 2020年5月6日閲覧。 
  362. ^ 君塚(2007) p.133
  363. ^ 川本(2006) p.206
  364. ^ 君塚(2007) p.134-135
  365. ^ 君塚(2007) p.134
  366. ^ 君塚(2007) p.135-136
  367. ^ 君塚(2007) p.136
  368. ^ モリス(2008) 下巻 p.186
  369. ^ モリス(2008) 下巻 p.190
  370. ^ モリス(2008) 下巻 p.190-191
  371. ^ モリス(2008) 下巻 p.195
  372. ^ モリス(2008) 下巻 p.197
  373. ^ モリス(2008) 下巻 p.199-202
  374. ^ 中西(1997) p.158
  375. ^ a b モリス(2008) 下巻 p.230
  376. ^ a b モリス(2008) 下巻 p.239
  377. ^ 林(1995) p.11-12
  378. ^ モリス(2008) 下巻 p.237
  379. ^ a b c モロワ(1960) p.297
  380. ^ 君塚(2007) p.151
  381. ^ 岡澄(2003) p.27
  382. ^ a b トンプソン(1998) p.229
  383. ^ モリス(2008) 下巻 p.241
  384. ^ 君塚(2007) p.152
  385. ^ 岡澄(2003) p.28-29
  386. ^ モリス(2008) 下巻 p.244-246
  387. ^ ワイントラウブ(1993) 上巻 p.205-206
  388. ^ ワイントラウブ(1993) 下巻 p.207
  389. ^ a b 君塚(2007) p.154
  390. ^ 君塚(2007) p.153-154
  391. ^ ワイントラウブ(1993) 上巻 p.213-214
  392. ^ トンプソン(1998) p.229-230
  393. ^ モリス(2008) 下巻 p.265
  394. ^ ワイントラウブ(1993) 下巻 p.229
  395. ^ モロワ(1960) p.259-260
  396. ^ モリス(2008) 下巻 p.219-222
  397. ^ 飯田(2010) p.30
  398. ^ a b 山口(2011) p.150
  399. ^ a b ワイントラウブ(1993) 下巻 p.186
  400. ^ モリス(2008) 下巻 p.223-225
  401. ^ モロワ(1960) p.260
  402. ^ モロワ(1960) p.261
  403. ^ ワイントラウブ(1993) 下巻 p.187
  404. ^ 山口(2011) p.151
  405. ^ a b c 君塚(2007) p.184
  406. ^ 山口(2011) p.158
  407. ^ 山口(2011) p.159-160
  408. ^ 山口(2011) p.161
  409. ^ 山口(2011) p.185
  410. ^ 山口(2011) p.186-187
  411. ^ 山口(2011) p.187-189
  412. ^ a b c d ワイントラウブ(1993) 下巻 p.235
  413. ^ 山口(2011) p.189-190
  414. ^ 山口(2011) p.190-191
  415. ^ 山口(2011) p.191
  416. ^ a b 飯田(2010) p.121
  417. ^ 山口(2011) p.191-192
  418. ^ 山口(2011) p.193
  419. ^ a b 山口(2011) p.194
  420. ^ ワイントラウブ(1993) 下巻 p.236
  421. ^ 君塚(2007) p.185
  422. ^ ワイントラウブ(1993) 下巻 p.237-238
  423. ^ a b モリス(2006) 下巻 p.301
  424. ^ a b モリス(2006) 下巻 p.302
  425. ^ a b 井野瀬(2007) p.258
  426. ^ 山口(2011) p.200
  427. ^ 山口(2011) p.201
  428. ^ a b c 君塚(2007) p.186
  429. ^ a b 山口(2011) p.203
  430. ^ 中西(1997) p.106-108
  431. ^ モリス(2008) 下巻 p.341-342
  432. ^ a b 中西(1997) p.119
  433. ^ a b 山口(2011) p.204
  434. ^ 君塚(2007) p.189
  435. ^ ストレイチイ(1953) p.266
  436. ^ a b 君塚(2007) p.190
  437. ^ 中西(1997) p.120
  438. ^ a b 林(1995) p.62
  439. ^ a b 市川(1982) p.88
  440. ^ 中西(1997) p.121
  441. ^ a b 君塚(2007) p.255
  442. ^ 君塚(2007) p.255-256
  443. ^ 坂井(1967) p.233-234
  444. ^ 坂井(1967) p.227-228/235-236
  445. ^ 坂井(1967) p.235
  446. ^ ワイントラウブ(1993) 上巻 p.383
  447. ^ 坂井(1974) p.254-255
  448. ^ 君塚(2007) p.263-264
  449. ^ 君塚(2007) p.264-265
  450. ^ a b モリス(2008) 下巻 p.394
  451. ^ 岡澄(2003) p.62
  452. ^ モリス(2008) 下巻 p.394-395
  453. ^ a b モリス(2008) 下巻 p.396
  454. ^ 市川(1982) p.6-8
  455. ^ モリス(2008) 下巻 p.376
  456. ^ ワイントラウブ(1993) 下巻 p.394
  457. ^ 市川(1982) p.39
  458. ^ 中西(1997) p.159
  459. ^ 林(1995) p.30
  460. ^ モリス(2008) 下巻 p.398-401
  461. ^ ワイントラウブ(1993) 下巻 p.394-395
  462. ^ 市川(1982) p.57-64
  463. ^ 市川(1982) p.71-72
  464. ^ モリス(2008) 下巻 p.401
  465. ^ a b ワイントラウブ(1993) 下巻 p.395
  466. ^ a b 市川(1982) p.71
  467. ^ 岡澄(2003) p.76
  468. ^ モリス(2008) 下巻 p.402
  469. ^ 岡澄(2003) p.78
  470. ^ ワイントラウブ(1993) 下巻 p.396
  471. ^ ワイントラウブ(1993) 下巻 p.397
  472. ^ 市川(1982) p.76-77
  473. ^ 市川(1982) p.87
  474. ^ 林(1995) p.70
  475. ^ 君塚(2007) p.256
  476. ^ 君塚(2007) p.256-257
  477. ^ 君塚(2007) p.256-258
  478. ^ a b トンプソン(1998) p.258
  479. ^ 岡澄(2003) p.124-126
  480. ^ a b 市川(1982) p.73
  481. ^ a b 林(1995) p.59
  482. ^ 中西(1997) p.161
  483. ^ a b 中西(1997) p.164-166
  484. ^ 君塚(2007) p.259
  485. ^ 岡澄(2003) p.92
  486. ^ 岡澄(2003) p.136
  487. ^ a b c ワイントラウブ(1993) 上巻 p.280
  488. ^ ワイントラウブ(1993) 上巻 p.387
  489. ^ a b ワイントラウブ(1993) 上巻 p.287
  490. ^ a b ワイントラウブ(1993) 上巻 p.311
  491. ^ 君塚(2007) p.57
  492. ^ 君塚(2007) p.58
  493. ^ ストレイチイ(1953) p.170
  494. ^ a b ワイントラウブ(1993) 上巻 p.363
  495. ^ a b 君塚(2007) p.59
  496. ^ a b 君塚(2007) p.60
  497. ^ a b ワイントラウブ(1993) 上巻 p.372
  498. ^ a b 君塚(2007) p.63
  499. ^ 君塚(2007) p.63-64
  500. ^ ワイントラウブ(1993) 上巻 p.374
  501. ^ a b ワイントラウブ(1993) 上巻 p.379
  502. ^ ワイントラウブ(1993) 上巻 p.372-373
  503. ^ ワイントラウブ(1993) 上巻 p.386-388
  504. ^ ワイントラウブ(1993) 上巻 p.391
  505. ^ 鹿島(2004) p.324
  506. ^ 鹿島(2004) p.326
  507. ^ ワイントラウブ(1993) 上巻 p.397
  508. ^ 鹿島(2004) p.326-327
  509. ^ 鹿島(2004) p.327
  510. ^ 君塚(2007) p.65
  511. ^ 君塚(2007) p.67-68
  512. ^ a b 君塚(2007) p.100
  513. ^ a b 君塚(2007) p.68
  514. ^ ポンソンビ(1993) p.6
  515. ^ ポンソンビ(1993) p.10-11
  516. ^ 君塚(2007) p.95
  517. ^ 君塚(2007) p.98
  518. ^ a b ストレイチイ(1953) p.218
  519. ^ ワイントラウブ(1993) 下巻 p.65
  520. ^ 君塚(2007) p.99
  521. ^ ワイントラウブ(1993) 下巻 p.66
  522. ^ 君塚(2007) p.101
  523. ^ ワイントラウブ(1993) 下巻 p.94
  524. ^ ポンソンビ(1993) p.58
  525. ^ 君塚(2007) p.103
  526. ^ a b ワイントラウブ(1993) 下巻 p.95
  527. ^ ワイントラウブ(1993) 下巻 p.96-97
  528. ^ ポンソンビ(1993) p.70
  529. ^ モロワ(1960) p.266-267
  530. ^ モロワ(1960) p.271-273
  531. ^ a b ワイントラウブ(1993) 下巻 p.192
  532. ^ a b ワイントラウブ(1993) 下巻 p.191
  533. ^ ワイントラウブ(1993) 下巻 p.194
  534. ^ モロワ(1960) p.276-277
  535. ^ モロワ(1960) p.278
  536. ^ ワイントラウブ(1993) 下巻 p.194-195
  537. ^ ワイントラウブ(1993) 下巻 p.197-198
  538. ^ a b モロワ(1960) p.282
  539. ^ ワイントラウブ(1993) 下巻 p.198
  540. ^ モロワ(1960) p.276-282
  541. ^ モロワ(1960) p.282-283
  542. ^ a b ワイントラウブ(1993) 下巻 p.199
  543. ^ モロワ(1960) p.283
  544. ^ a b ワイントラウブ(1993) 下巻 p.200
  545. ^ 飯田(2010) p.88-89
  546. ^ ワイントラウブ(1993) 下巻 p.201
  547. ^ モロワ(1960) p.290
  548. ^ a b c d 飯田(2010) p.146
  549. ^ a b ワイントラウブ(1993) 下巻 p.251
  550. ^ 飯田(2010) p.154
  551. ^ a b ストレイチイ(1953) p.272
  552. ^ ワイントラウブ(1993) 下巻 p.252
  553. ^ 君塚(2007) p.229
  554. ^ a b 君塚(2007) p.231
  555. ^ a b 君塚(2007) p.232
  556. ^ a b c ワイントラウブ(1993) 下巻 p.306
  557. ^ 飯田(2010) p.208
  558. ^ a b c ワイントラウブ(1993) 下巻 p.307
  559. ^ ポンソンビ(1993) p.154-155
  560. ^ a b ワイントラウブ(1993) 下巻 p.309
  561. ^ 君塚(2007) p.234-235
  562. ^ a b c 朝倉・三浦(1996) p.123
  563. ^ 君塚(2007) p.235-236
  564. ^ 飯田(2010) p.208-210
  565. ^ 君塚(2007) p.236-237
  566. ^ ワイントラウブ(1993) 下巻 p.308
  567. ^ ワイントラウブ(1993) 下巻 p.337
  568. ^ ワイントラウブ(1993) 下巻 p.404
  569. ^ 君塚(2007) p.242-243
  570. ^ 君塚(2007) p.249-251
  571. ^ ワイントラウブ(1993) 下巻 p.451
  572. ^ a b ストレイチイ(1953) p.294
  573. ^ ワイントラウブ(1993) 下巻 p.490
  574. ^ ワイントラウブ(1993) 下巻 p.493
  575. ^ ワイントラウブ(1993) 下巻 p.497
  576. ^ ストレイチイ(1953) p.294-295
  577. ^ 君塚(2007) p.265
  578. ^ 君塚(2007) p.267
  579. ^ ワイントラウブ(1993) 下巻 p.502
  580. ^ ワイントラウブ(1993) 下巻 p.504
  581. ^ a b ワイントラウブ(1993) 下巻 p.505
  582. ^ a b ワイントラウブ(1993) 下巻 p.506
  583. ^ a b c ワイントラウブ(1993) 下巻 p.508
  584. ^ ワイントラウブ(1993) 下巻 p.509
  585. ^ ワイントラウブ(1993) 下巻 p.510-511
  586. ^ a b ワイントラウブ(1993) 下巻 p.513
  587. ^ モリス(2006) 上巻 p.376
  588. ^ a b 川本(2006) p.55
  589. ^ ワイントラウブ(1993) 上巻 p.202
  590. ^ 川本(2006) p.269
  591. ^ a b c 世界大百科事典「ビクトリア女王」の項目
  592. ^ a b ワイントラウブ(1993) 上巻 p.253
  593. ^ モロワ(1960) p.225
  594. ^ ワイントラウブ(1993) 上巻 p.255
  595. ^ a b 森(1986) p.567-568
  596. ^ ワイントラウブ(1993) 上巻 p.362
  597. ^ 川本(2006) p.254
  598. ^ ワイントラウブ(1993) 上巻 p.362-363
  599. ^ a b 川本(2006) p.185
  600. ^ モリス(2006) 上巻 p.375
  601. ^ ストレイチイ(1953) p.287
  602. ^ ワイントラウブ(1993) 下巻 p.322
  603. ^ 浜渦(1999) p.39-40
  604. ^ 川本(2006) p.249
  605. ^ 川本(2006) p.254-255
  606. ^ ストレイチイ(1953) p.166
  607. ^ ストレイチイ(1953) p.210
  608. ^ ストレイチイ(1953) p.211
  609. ^ 君塚(2007) p.188
  610. ^ a b c 川本(2006) p.238
  611. ^ a b ワイントラウブ(1993) 上巻 p.174
  612. ^ 川本(2006) p.260
  613. ^ 川本(2006) p.266
  614. ^ 川本(2006) p.270-271
  615. ^ ワイントラウブ(1993) 下巻 p.309-310
  616. ^ a b ワイントラウブ(1993) 下巻 p.310
  617. ^ モリス(2006) 下巻 p.206
  618. ^ ストレイチイ(1953) p.117
  619. ^ 美味しいヨーロッパ アウトバウンド促進協議会、2021年12月10日閲覧。
  620. ^ a b 川本(2006) p.25
  621. ^ 井野瀬(2007) p.219-220
  622. ^ 井野瀬(2007) p.219
  623. ^ 井野瀬(2007) p.276
  624. ^ 井野瀬(2007) p.226
  625. ^ ルイス(2010) 2巻 p.216
  626. ^ ルイス(2010) 2巻 p.219
  627. ^ ルイス(2010) 2巻 p.220
  628. ^ a b 君塚(2004) p.71
  629. ^ 君塚(2004) p.70
  630. ^ 君塚(2004) p.303


「ヴィクトリア (イギリス女王)」の続きの解説一覧

「ビクトリア女王」の例文・使い方・用例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ビクトリア女王」の関連用語

ビクトリア女王のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ビクトリア女王のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのヴィクトリア (イギリス女王) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS