ウィンストン・チャーチルとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 人名 > 政治家 > 海外の政治家 > イギリスの首相 > ウィンストン・チャーチルの意味・解説 

ウィンストン・チャーチル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/23 04:49 UTC 版)

サー・ウィンストン・レナード・スペンサー・チャーチル KG, OM, CH, TD, PC, DL, FRS, Hon. RA英語: Sir Winston Leonard Spencer Churchill1874年11月30日 - 1965年1月24日)は、イギリス政治家陸軍軍人作家


注釈

  1. ^ この時のチャーチルの成績は製図72点、自由製図68点、国史64点、数学62点、英作文62点、フランス語61点、化学41点、ラテン語18点で総受験者数389人中95位となっている[73]
  2. ^ なおチャーチルはこの70年後、父と全く同じ日に死去することになる[83]
  3. ^ 騎兵将校はかなり暇な仕事であり、毎年5ヶ月休暇がもらえる[88]
  4. ^ ムハンマド・アフマドはマフディーの反乱を起こした人物。マフディー国家を建国した後、1885年に病死し、カリファ・アブドゥラヒが新しいマフディーとなっていた[115]
  5. ^ チャーチルはすでに政界に転じる決意を固めていたため、キッチナーに遠慮する必要がなかったのだと思われる[116]
  6. ^ 中国人が自発的契約で南アフリカに来ていることを裏付ける材料として、中国人にとって中国本国で働くより南アフリカで働いた方が15倍も給料が高いという事実がある[182]
  7. ^ この法律は国王の閣僚任免権に対して立法権の独立を守る意図で1705年に制定された法律である。国王の閣僚任免権が形骸化し、議会の情勢に基づいて首相に任命されることが慣例化していたこの時代にあってはほとんど意味のない制度と化しており、1929年になって廃止されている[195]
  8. ^ 庶民院では保守党党首バルフォアが「内務大臣が自ら事件現場に赴くのは軽率」という批判を展開したが、チャーチルは「そう怒るなよ。面白かったんだから」と答弁したという[259]
  9. ^ この戦い以外ではチャーチルの海相退任後の1916年5月31日に起こったユトランド沖海戦が唯一大海戦と呼べるものであった[317]
  10. ^ 後にボールドウィン内閣に政権交代後、イギリス政府はソ連との国交を断絶した[444]
  11. ^ ただし英仏から独立しても、東西冷戦によりアメリカとソ連が影響下に置こうと進出してくるのが一般的だった[714]

出典

  1. ^ a b 秦 2001, p. 511.
  2. ^ a b 秦 2001, p. 514.
  3. ^ a b c d e 秦 2001, p. 512.
  4. ^ a b c d e f g HANSARD 1803-2005
  5. ^ 秦 2001, p. 542.
  6. ^ a b c 秦 2001, p. 513.
  7. ^ 秦 2001, p. 516.
  8. ^ ペイン 1993, p. 395.
  9. ^ a b Their Noble Lordship – website archive.org
  10. ^ a b c d ペイン 1993, p. 27.
  11. ^ ペイン 1993, p. 38.
  12. ^ 河合 1998, p. 20.
  13. ^ a b ペイン 1993, p. 34.
  14. ^ 河合 1998, pp. 21–22.
  15. ^ ペイン 1993, pp. 37–38.
  16. ^ a b 河合 1998, p. 22.
  17. ^ a b The Colonial Nursing Association, ブリティッシュ・メディカル・ジャーナル, 1901. US National Library of Medicine.
  18. ^ サンズ 1998, p. 18.
  19. ^ a b ペイン 1993, p. 42.
  20. ^ a b 山上 1960, p. 3.
  21. ^ サンズ 1998, pp. 26–27.
  22. ^ a b サンズ 1998, p. 27.
  23. ^ 山上 1960, pp. 5–6.
  24. ^ 河合 1998, p. 33.
  25. ^ サンズ 1998, p. 35.
  26. ^ a b c 河合 1998, p. 23.
  27. ^ ペイン 1993, pp. 43–44.
  28. ^ 森 1987, pp. 265–266.
  29. ^ ペイン 1993, p. 44.
  30. ^ サンズ 1998, pp. 28–29.
  31. ^ a b c d ペイン 1993, p. 45.
  32. ^ a b c ペイン 1993, p. 47.
  33. ^ a b c d e ペイン 1993, p. 32.
  34. ^ 河合 1998, p. 34.
  35. ^ サンズ 1998, pp. 33–34.
  36. ^ 河合 1998, p. 24.
  37. ^ サンズ 1998, p. 30.
  38. ^ a b c サンズ 1998, p. 34.
  39. ^ ペイン 1993, p. 48.
  40. ^ サンズ 1998, p. 68.
  41. ^ ペイン 1993, p. 49.
  42. ^ 河合 1998, p. 25.
  43. ^ 河合 1998, p. 348.
  44. ^ サンズ 1998, p. 41.
  45. ^ ペイン 1993, pp. 52–53.
  46. ^ ペイン 1993, p. 54.
  47. ^ a b ペイン 1993, p. 56.
  48. ^ a b サンズ 1998, p. 54.
  49. ^ サンズ 1998, p. 48.
  50. ^ サンズ 1998, pp. 48–49.
  51. ^ a b サンズ 1998, p. 56.
  52. ^ a b ペイン 1993, pp. 56–57.
  53. ^ a b c 河合 1998, p. 35.
  54. ^ a b 山上 1960, p. 7.
  55. ^ ペイン 1993, p. 57.
  56. ^ 山上 1960, p. 11.
  57. ^ 神川 2011, p. 406.
  58. ^ サンズ 1998, p. 175.
  59. ^ a b c ペイン 1993, p. 58.
  60. ^ a b c 山上 1960, p. 8.
  61. ^ 河合 1998, pp. 35–36.
  62. ^ a b 山上 1960, p. 9.
  63. ^ サンズ 1998, p. 149.
  64. ^ a b ペイン 1993, p. 60.
  65. ^ ペイン 1993, p. 59.
  66. ^ a b c ペイン 1993, p. 62.
  67. ^ サンズ 1998, p. 133.
  68. ^ サンズ 1998, p. 170.
  69. ^ 河合 1998, p. 36.
  70. ^ a b c d e 河合 1998, p. 38.
  71. ^ サンズ 1998, pp. 124–125.
  72. ^ サンズ 1998, p. 187.
  73. ^ a b c ペイン 1993, p. 64.
  74. ^ a b c 山上 1960, p. 12.
  75. ^ a b 河合 1998, p. 47.
  76. ^ a b c ペイン 1993, p. 66.
  77. ^ サンズ 1998, p. 208.
  78. ^ a b 河合 1998, p. 41.
  79. ^ a b c 河合 1998, p. 42.
  80. ^ ペイン 1993, p. 69.
  81. ^ 河合 1998, p. 31.
  82. ^ a b ペイン 1993, p. 70.
  83. ^ サンズ 1998, pp. 264–265.
  84. ^ a b サンズ 1998, p. 267.
  85. ^ 山上 1960, p. 13.
  86. ^ 河合 1998, p. 43.
  87. ^ a b 山上 1960, p. 14.
  88. ^ a b c ペイン 1993, p. 71.
  89. ^ 河合 1998, pp. 43–44.
  90. ^ a b ペイン 1993, p. 72.
  91. ^ a b c d 河合 1998, p. 45.
  92. ^ a b ペイン 1993, p. 73.
  93. ^ a b 山上 1960, p. 15.
  94. ^ a b ペイン 1993, p. 74.
  95. ^ a b 河合 1998, pp. 45–46.
  96. ^ 山上 1960, pp. 14–15.
  97. ^ ペイン 1993, pp. 74–75.
  98. ^ 河合 1998, pp. 46–47.
  99. ^ a b c 河合 1998, p. 48.
  100. ^ a b 山上 1960, p. 16.
  101. ^ 河合 1998, p. 49.
  102. ^ 山上 1960, pp. 16–17.
  103. ^ ペイン 1993, p. 76.
  104. ^ 河合 1998, pp. 52–53.
  105. ^ 河合 1998, p. 53.
  106. ^ 山上 1960, p. 18.
  107. ^ 河合 1998, pp. 53–56.
  108. ^ 川田 2009, pp. 423–426.
  109. ^ a b 河合 1998, p. 56.
  110. ^ 山上 1960, p. 19.
  111. ^ 川田 2009, p. 428.
  112. ^ 河合 1998, p. 57.
  113. ^ 河合 1998, pp. 57–58.
  114. ^ a b 山上 1960, p. 20.
  115. ^ 川田 2009, p. 426.
  116. ^ 河合 1998, p. 58.
  117. ^ 河合 1998, p. 59.
  118. ^ a b 山上 1960, p. 22.
  119. ^ 河合 1998, pp. 65–66.
  120. ^ 河合 1998, p. 67.
  121. ^ 河合 1998, p. 68.
  122. ^ 神川 2011, p. 360.
  123. ^ 村岡、木畑 1991, p. 182.
  124. ^ 河合 1998, p. 65.
  125. ^ a b c d 河合 1998, p. 69.
  126. ^ 坂井 1967, pp. 187–195.
  127. ^ a b c 山上 1960, p. 23.
  128. ^ 世界の伝記 チャーチル. ぎょうせい. p. 98 
  129. ^ 河合 1998, p. 60.
  130. ^ a b 河合 1998, p. 61.
  131. ^ 山上 1960, p. 24.
  132. ^ 山上 1960, p. 25.
  133. ^ 坂井 1967, p. 196.
  134. ^ 河合 1998, p. 62.
  135. ^ a b c d 河合 1998, p. 63.
  136. ^ a b ペイン 1993, p. 85.
  137. ^ a b 坂井 1967, p. 198.
  138. ^ a b 河合 1998, p. 64.
  139. ^ a b c 山上 1960, p. 26.
  140. ^ 河合 1998, pp. 70–71.
  141. ^ a b 山上 1960, p. 27.
  142. ^ 坂井 1967, p. 200.
  143. ^ 山上 1960, p. 29.
  144. ^ 河合 1998, p. 72.
  145. ^ 河合 1998, p. 73.
  146. ^ 河合 1998, p. 74.
  147. ^ Masonic Papers”. The Development of the Craft in England. freemasons-freemasonary.com. 2013年9月2日閲覧。
  148. ^ Beresiner, Yasha (October 2002). “Brother Winston: Churchill as a Freemason”. Masonic Quarterly Magazine (London: Grand Lodge Publications Limited for the en:United Grand Lodge of England) (3). http://www.mqmagazine.co.uk/issue-3/p-06.php 2013年9月2日閲覧。. 
  149. ^ Morris, Robert (2005年). “Brother Winston S. Churchill”. Scottishrite.org. Washington, D.C.: The Supreme Council, 33°. 2013年9月2日閲覧。
  150. ^ a b 河合 1998, p. 75.
  151. ^ 山上 1960, p. 30.
  152. ^ 河合 1998, p. 76.
  153. ^ 河合 1998, pp. 76–77.
  154. ^ 池田 1962, p. 152.
  155. ^ 坂井 1967, p. 205.
  156. ^ 坂井 1967, p. 208.
  157. ^ 池田 1962, p. 153.
  158. ^ a b 坂井 1967, p. 212.
  159. ^ a b 池田 1962, p. 156.
  160. ^ a b c 河合 1998, p. 79.
  161. ^ 池田 1962, p. 157.
  162. ^ 坂井 1967, pp. 211–212.
  163. ^ a b 坂井 1967, p. 211.
  164. ^ a b c d 山上 1960, p. 32.
  165. ^ 河合 1998, p. 80.
  166. ^ a b 河合 1998, pp. 80–81.
  167. ^ 坂井 1967, p. 218.
  168. ^ 河合 1998, p. 82.
  169. ^ 河合 1998, p. 83.
  170. ^ a b 河合 1998, p. 84.
  171. ^ a b 山上 1960, p. 33.
  172. ^ 坂井 1967, p. 319.
  173. ^ 河合 1998, p. 85.
  174. ^ 河合 1998, pp. 85–86.
  175. ^ 坂井 1967, p. 340.
  176. ^ 河合 1998, pp. 86–87.
  177. ^ 坂井 1967, p. 342.
  178. ^ 河合 1998, p. 90.
  179. ^ 市川 1982, p. 156.
  180. ^ 河合 1998, p. 91.
  181. ^ a b c 河合 1998, p. 92.
  182. ^ ブレイク 1979, p. 207.
  183. ^ 市川 1982, p. 157.
  184. ^ 河合 1998, p. 93.
  185. ^ 河合 1998, p. 97.
  186. ^ ペイン 1993, p. 113.
  187. ^ a b ペイン 1993, p. 114.
  188. ^ ペイン 1993, pp. 114–115.
  189. ^ ペイン 1993, p. 116.
  190. ^ 河合 1998, p. 98.
  191. ^ ペイン 1993, p. 117.
  192. ^ 坂井 1967, p. 376.
  193. ^ 河合 1998, p. 102.
  194. ^ 山上 1960, pp. 33–34.
  195. ^ 河合 1998, pp. 103–104.
  196. ^ 河合 1998, pp. 104–106.
  197. ^ 山上 1960, pp. 34–35.
  198. ^ a b 河合 1998, p. 107.
  199. ^ 河合 1998, p. 108.
  200. ^ 山上 1960, p. 35.
  201. ^ a b 河合 1998, p. 110.
  202. ^ a b c d ペイン 1993, p. 118.
  203. ^ 河合 1998, p. 109.
  204. ^ a b ピーデン 1990, p. 21.
  205. ^ 坂井 1967, p. 383.
  206. ^ ピーデン 1990, pp. 19–21.
  207. ^ 坂井 1967, pp. 385–386.
  208. ^ a b 村岡、木畑 1991, p. 235.
  209. ^ ピーデン 1990, pp. 25–26.
  210. ^ a b ピーデン 1990, p. 34.
  211. ^ 河合 1998, pp. 115–116.
  212. ^ a b 坂井 1967, pp. 385–387.
  213. ^ a b 坂井 1967, p. 387.
  214. ^ ピーデン 1990, p. 26.
  215. ^ 高橋 1985, p. 167.
  216. ^ 坂井 1967, p. 388.
  217. ^ 坂井 1967, p. 394.
  218. ^ 坂井 1967, pp. 393–396.
  219. ^ 坂井 1967, p. 397.
  220. ^ a b 坂井 1967, pp. 397–398.
  221. ^ 坂井 1967, p. 393.
  222. ^ a b 坂井 1967, p. 398.
  223. ^ 坂井 1967, p. 403.
  224. ^ 坂井 1967, pp. 403–404.
  225. ^ 坂井 1967, p. 404.
  226. ^ 坂井 1967, p. 407.
  227. ^ 村岡、木畑 1991, p. 238.
  228. ^ a b 村岡、木畑 1991, p. 239.
  229. ^ 坂井 1967, p. 414.
  230. ^ ピーデン 1990, pp. 26–29.
  231. ^ 坂井 1967, p. 421.
  232. ^ 河合 1998, p. 120.
  233. ^ 村岡、木畑 1991, pp. 239–240.
  234. ^ 坂井 1967, p. 428.
  235. ^ a b c 河合 1998, p. 122.
  236. ^ 坂井 1967, p. 434.
  237. ^ 坂井 1967, p. 433.
  238. ^ 坂井 1967, p. 435.
  239. ^ 坂井 1967, pp. 443–444.
  240. ^ a b 河合 1998, p. 123.
  241. ^ 坂井 1967, p. 447.
  242. ^ a b 河合 1998, p. 125.
  243. ^ a b 村岡、木畑 1991, p. 241.
  244. ^ 坂井 1967, p. 448.
  245. ^ 坂井 1967, pp. 449–452.
  246. ^ 高橋 1985, p. 174.
  247. ^ 坂井 1967, pp. 452–453.
  248. ^ 坂井 1967, pp. 453–454.
  249. ^ 河合 1998, p. 126.
  250. ^ 坂井 1967, p. 455.
  251. ^ 坂井 1967, p. 460.
  252. ^ 村岡、木畑 1991, p. 242.
  253. ^ 河合 1998, p. 127.
  254. ^ a b 高橋 1985, p. 168.
  255. ^ a b ピーデン 1990, p. 30.
  256. ^ ピーデン 1990, pp. 33–34.
  257. ^ ペイン 1993, p. 121.
  258. ^ ペイン 1993, pp. 121–122.
  259. ^ a b c 河合 1998, p. 130.
  260. ^ 山上 1960, p. 45.
  261. ^ ペイン 1993, p. 124.
  262. ^ ペイン 1993, p. 125.
  263. ^ 山上 1960, p. 47.
  264. ^ a b 河合 1998, p. 129.
  265. ^ a b c ペイン 1993, p. 120.
  266. ^ a b 坂井 1967, p. 478.
  267. ^ 山上 1960, p. 43.
  268. ^ 坂井 1967, pp. 479–480.
  269. ^ 坂井 1967, p. 466.
  270. ^ 坂井 1967, p. 479.
  271. ^ 坂井 1967, pp. 480–481.
  272. ^ a b c 坂井 1967, p. 481.
  273. ^ a b 坂井 1967, p. 484.
  274. ^ 坂井 1967, pp. 468–469.
  275. ^ a b 河合 1998, p. 133.
  276. ^ 坂井 1967, p. 469.
  277. ^ 『ウィンストン・チャーチル』(週刊100人No.21)、デアゴスティーニ、2007年10月21日、p10。
  278. ^ Gilbert, Martin. “Churchill and Eugenics”. Chicago: The International Churchill Society. 2020年8月4日閲覧。
  279. ^ 河合 1998, p. 135.
  280. ^ a b 山上 1960, p. 56.
  281. ^ ペイン 1993, p. 133.
  282. ^ a b 河合 1998, p. 136.
  283. ^ ペイン 1993, pp. 133–134.
  284. ^ 山上 1960, p. 57.
  285. ^ a b 坂井 1967, p. 491.
  286. ^ 河合 1998, p. 137.
  287. ^ ペイン 1993, p. 134.
  288. ^ a b 坂井 1967, p. 492.
  289. ^ a b c ペイン 1993, p. 135.
  290. ^ a b c d 河合 1998, p. 138.
  291. ^ 山上 1960, p. 55.
  292. ^ a b c 坂井 1967, p. 508.
  293. ^ 河合 1998, p. 139.
  294. ^ 坂井 1967, p. 494.
  295. ^ 村岡、木畑 1991, p. 250.
  296. ^ 河合 1998, pp. 144–146.
  297. ^ 坂井 1967, pp. 512–513.
  298. ^ 河合 1998, p. 149.
  299. ^ 山上 1960, p. 59.
  300. ^ 河合 1998, p. 150.
  301. ^ a b 河合 1998, p. 151.
  302. ^ a b 山上 1960, p. 63.
  303. ^ a b 河合 1998, pp. 150–151.
  304. ^ ペイン 1993, pp. 142–143.
  305. ^ a b c d e f ペイン 1993, p. 170.
  306. ^ 河合 1998, p. 154.
  307. ^ a b 河合 1998, pp. 154–155.
  308. ^ ペイン 1993, p. 146.
  309. ^ 山上 1960, p. 66.
  310. ^ ペイン 1993, p. 147-148.
  311. ^ ペイン 1993, p. 148.
  312. ^ 山上 1960, p. 67.
  313. ^ ペイン 1993, p. 150.
  314. ^ a b 河合 1998, p. 156.
  315. ^ ペイン 1993, p. 151-152.
  316. ^ 山上 1960, p. 68.
  317. ^ a b 山上 1960, p. 80.
  318. ^ 河合 1998, pp. 156–157.
  319. ^ a b c 河合 1998, p. 157.
  320. ^ a b ペイン 1993, p. 157.
  321. ^ a b 山上 1960, p. 70.
  322. ^ 山上 1960, pp. 70–71.
  323. ^ ペイン 1993, p. 158.
  324. ^ a b 山上 1960, p. 71.
  325. ^ a b 山上 1960, p. 72.
  326. ^ 村岡、木畑 1991, pp. 258–259.
  327. ^ a b 山上 1960, p. 73.
  328. ^ 高橋 1985, p. 181.
  329. ^ 山上 1960, pp. 73–74.
  330. ^ a b 山上 1960, p. 74.
  331. ^ 河合 1998, pp. 159–160.
  332. ^ 河合 1998, pp. 159–161.
  333. ^ a b 山上 1960, p. 75.
  334. ^ 河合 1998, p. 161.
  335. ^ a b c d e 河合 1998, p. 165.
  336. ^ ペイン 1993, p. 165.
  337. ^ a b c 山上 1960, p. 78.
  338. ^ 山上 1960, p. 79.
  339. ^ a b c d 河合 1998, p. 167.
  340. ^ a b ペイン 1993, p. 167.
  341. ^ 河合 1998, p. 168.
  342. ^ 高橋 1985, pp. 184–185.
  343. ^ 村岡、木畑 1991, p. 261.
  344. ^ 河合 1998, p. 169.
  345. ^ a b c 山上 1960, p. 83.
  346. ^ 河合 1998, pp. 169–170.
  347. ^ 河合 1998, p. 173.
  348. ^ 河合 1998, p. 170.
  349. ^ 河合 1998, p. 171.
  350. ^ 山上 1960, p. 84.
  351. ^ a b 河合 1998, p. 174.
  352. ^ 山上 1960, p. 85.
  353. ^ 山上 1960, pp. 85–86.
  354. ^ a b c 山上 1960, p. 86.
  355. ^ 河合 1998, p. 175.
  356. ^ a b 河合 1998, pp. 175–176.
  357. ^ ベッケール、クルマイヒ 2012, p. 145.
  358. ^ ベッケール、クルマイヒ 2012, p. 154.
  359. ^ ベッケール、クルマイヒ 2012, pp. 163–164.
  360. ^ ベッケール、クルマイヒ 2012, pp. 164–165.
  361. ^ ベッケール、クルマイヒ 2012, p. 165.
  362. ^ ベッケール、クルマイヒ 2012, p. 170.
  363. ^ 山上 1960, pp. 87–88.
  364. ^ 山上 1960, p. 105.
  365. ^ 河合 1998, p. 177.
  366. ^ 山上 1960, p. 88.
  367. ^ 村岡、木畑 1991, p. 281.
  368. ^ a b c d 河合 1998, p. 179.
  369. ^ a b c 村岡、木畑 1991, p. 282.
  370. ^ 山上 1960, p. 89.
  371. ^ 河合 1998, pp. 179–180.
  372. ^ 山上 1960, p. 88-89.
  373. ^ 高橋 1985, p. 190.
  374. ^ ブレイク 1979, p. 234.
  375. ^ a b 河合 1998, p. 180.
  376. ^ 河合 1998, p. 180-181.
  377. ^ a b 河合 1998, p. 181.
  378. ^ 山上 1960, p. 93.
  379. ^ a b c 河合 1998, p. 182.
  380. ^ a b 河合 1998, p. 183.
  381. ^ 山上 1960, p. 94.
  382. ^ a b 河合 1998, p. 184.
  383. ^ a b ペイン 1993, p. 171.
  384. ^ a b c 村岡、木畑 1991, p. 284.
  385. ^ a b c 山上 1960, p. 97.
  386. ^ a b 山上 1960, p. 98.
  387. ^ 河合 1998, p. 187.
  388. ^ 河合 1998, pp. 184–185.
  389. ^ a b 河合 1998, p. 188.
  390. ^ 山上 1960, p. 99.
  391. ^ 山上 1960, pp. 99–100.
  392. ^ a b c d 河合 1998, p. 189.
  393. ^ 山上 1960, pp. 100–101.
  394. ^ 山上 1960, p. 101.
  395. ^ a b ヒルバーグ 1997, p. 339.
  396. ^ 村岡、木畑 1991, p. 360.
  397. ^ 村岡、木畑 1991, p. 275.
  398. ^ 村岡、木畑 1991, pp. 286–287.
  399. ^ 村岡 1991.
  400. ^ ブレイク 1979, pp. 286–287.
  401. ^ a b 村岡、木畑 1991, p. 287.
  402. ^ a b 山上 1960, p. 102.
  403. ^ 河合 1998, p. 190.
  404. ^ a b c d e f 河合 1998, p. 191.
  405. ^ a b 坂井 1974, p. 17.
  406. ^ a b 河合 1998, p. 193.
  407. ^ a b c 山上 1960, p. 104.
  408. ^ 坂井 1974, p. 18.
  409. ^ a b 坂井 1974, p. 19.
  410. ^ a b c d 河合 1998, p. 194.
  411. ^ ブレイク 1979, p. 240.
  412. ^ 河合 1998, pp. 193–195.
  413. ^ a b ブレイク 1979, p. 241.
  414. ^ 坂井 1974, pp. 24–28.
  415. ^ 君塚 1999, p. 191.
  416. ^ 坂井 1974, pp. 20–21.
  417. ^ ブレイク 1979, p. 235.
  418. ^ ブレイク 1979, pp. 239–241.
  419. ^ 山上 1960, p. 107.
  420. ^ 村岡、木畑 1991, p. 289.
  421. ^ a b 河合 1998, p. 195.
  422. ^ 山上 1960, pp. 107–108.
  423. ^ a b c 河合 1998, p. 196.
  424. ^ 山上 1960, p. 108.
  425. ^ a b 山上 1960, p. 109.
  426. ^ 河合 1998, p. 197.
  427. ^ 河合 1998, p. 198.
  428. ^ a b 河合 1998, p. 199.
  429. ^ a b 山上 1960, p. 110.
  430. ^ a b ペイン 1993, p. 176.
  431. ^ 坂井 1974, p. 34.
  432. ^ 河合 1998, p. 200.
  433. ^ 坂井 1974, pp. 37–41.
  434. ^ 河合 1998, p. 201.
  435. ^ a b ブレイク 1979, p. 257.
  436. ^ a b c 坂井 1974, p. 42.
  437. ^ a b 河合 1998, p. 202.
  438. ^ 河合 1998, pp. 202–203.
  439. ^ a b 河合 1998, p. 204.
  440. ^ a b 山上 1960, p. 115.
  441. ^ 河合 1998, pp. 204–205.
  442. ^ ブレイク 1979, p. 266.
  443. ^ 河合 1998, p. 205.
  444. ^ 坂井 1974, p. 76.
  445. ^ 坂井 1974, pp. 47–49.
  446. ^ ブレイク 1979, p. 263.
  447. ^ 河合 1998, p. 206.
  448. ^ 坂井 1974, pp. 50–52.
  449. ^ 坂井 1974, p. 53.
  450. ^ a b 河合 1998, p. 207.
  451. ^ ブレイク 1979, pp. 265–266.
  452. ^ a b 村岡、木畑 1991, p. 292.
  453. ^ a b 河合 1998, p. 209.
  454. ^ a b ピーデン 1990, p. 60.
  455. ^ ピーデン 1990, p. 62.
  456. ^ ピーデン 1990, pp. 63–65.
  457. ^ ピーデン 1990, p. 66.
  458. ^ 河合 1998, pp. 209–210.
  459. ^ 関嘉彦 1969, p. 137.
  460. ^ a b 河合 1998, pp. 211–213.
  461. ^ 村岡、木畑 1991, p. 293.
  462. ^ 坂井 1974, pp. 59–60.
  463. ^ ピーデン 1990, p. 68.
  464. ^ ピーデン 1990, pp. 68–69.
  465. ^ 坂井 1974, p. 63.
  466. ^ a b c 関嘉彦 1969, p. 138.
  467. ^ 村岡、木畑 1991, pp. 293–294.
  468. ^ 坂井 1974, pp. 65–66.
  469. ^ a b ピーデン 1990, p. 69.
  470. ^ 河合 1998, pp. 213–214.
  471. ^ a b 山上 1960, p. 119.
  472. ^ 河合 1998, p. 215.
  473. ^ 坂井 1974, pp. 67–68.
  474. ^ a b 関嘉彦 1969, p. 139.
  475. ^ a b 村岡、木畑 1991, p. 294.
  476. ^ 坂井 1974, p. 68.
  477. ^ a b c 山上 1960, p. 122.
  478. ^ 河合 1998, p. 216.
  479. ^ ペイン 1993, p. 192.
  480. ^ ペイン 1993, pp. 192–193.
  481. ^ 近藤 2010, pp. 160–161.
  482. ^ 山上 1960, pp. 122–123.
  483. ^ 河合 1998, p. 218.
  484. ^ a b c 山上 1960, p. 123.
  485. ^ 村岡、木畑 1991, pp. 297–298.
  486. ^ 村岡、木畑 1991, p. 298.
  487. ^ 山上 1960, pp. 124–125.
  488. ^ 山上 1960, p. 124.
  489. ^ a b 河合 1998, p. 220.
  490. ^ ペイン 1993, p. 194.
  491. ^ ペイン 1993, p. 195.
  492. ^ a b 山上 1960, p. 125.
  493. ^ 河合 1998, p. 221.
  494. ^ a b c d 河合 1998, p. 222.
  495. ^ 坂井 1988, p. 88.
  496. ^ 坂井 1988, pp. 88–89.
  497. ^ ブレイク 1979, pp. 274–275.
  498. ^ 坂井 1988, p. 90.
  499. ^ マッケンジー 1965, p. 188.
  500. ^ 坂井 1988, p. 91.
  501. ^ 坂井 1988, pp. 93–94.
  502. ^ a b c 河合 1998, p. 225.
  503. ^ 坂井 1988, pp. 102–104.
  504. ^ 坂井 1988, pp. 107–109.
  505. ^ a b 坂井 1988, p. 109.
  506. ^ ルカーチ 1995, p. 58.
  507. ^ ルカーチ 1995, p. 72.
  508. ^ 河合 1998, p. 229.
  509. ^ 河合 1998, pp. 229–230.
  510. ^ a b 山上 1960, pp. 127–128.
  511. ^ 山上 1960, p. 133.
  512. ^ 山上 1960, pp. 134–135.
  513. ^ 山上 1960, p. 135.
  514. ^ 山上 1960, pp. 134–131.
  515. ^ 河合 1998, p. 235.
  516. ^ 山上 1960, p. 132.
  517. ^ 山上 1960, p. 138.
  518. ^ a b ペイン 1993, p. 212.
  519. ^ ペイン 1993, p. 213.
  520. ^ 山上 1960, pp. 139–140.
  521. ^ 山上 1960, p. 141.
  522. ^ a b c 山上 1960, p. 142.
  523. ^ 坂井 1974, p. 193.
  524. ^ a b 河合 1998, p. 246.
  525. ^ a b c d ペイン 1993, p. 216.
  526. ^ 坂井 1974, pp. 201–202.
  527. ^ 坂井 1974, p. 202.
  528. ^ 坂井 1974, p. 203.
  529. ^ 坂井 1974, pp. 204–205.
  530. ^ 山上 1960, p. 143.
  531. ^ a b 坂井 1974, p. 205.
  532. ^ 河合 1998, p. 247.
  533. ^ 河合 1998, p. 248.
  534. ^ ペイン 1993, p. 217.
  535. ^ ペイン 1993, p. 222.
  536. ^ 河合 1998, p. 250.
  537. ^ ペイン 1993, pp. 224–225.
  538. ^ 坂井 1977, pp. 135–137.
  539. ^ 山上 1960, p. 146.
  540. ^ 坂井 1977, p. 145.
  541. ^ ペイン 1993, p. 225.
  542. ^ a b 山上 1960, p. 148.
  543. ^ 山上 1960, pp. 148–149.
  544. ^ 坂井 1977, pp. 161–162.
  545. ^ 坂井 1977, p. 176.
  546. ^ 山上 1960, pp. 149–150.
  547. ^ 坂井 1977, pp. 183–184.
  548. ^ 坂井 1977, pp. 193–194.
  549. ^ 坂井 1977, p. 192.
  550. ^ 坂井 1977, p. 194.
  551. ^ 河合 1998, pp. 253–254.
  552. ^ a b 河合 1998, p. 254.
  553. ^ 山上 1960, p. 151.
  554. ^ a b 山上 1960, p. 152.
  555. ^ 河合 1998, p. 255.
  556. ^ ルカーチ 1995, p. 44.
  557. ^ ルカーチ 1995, p. 45.
  558. ^ a b ルカーチ 1995, p. 47.
  559. ^ a b ペイン 1993, p. 228.
  560. ^ ルカーチ 1995, pp. 47–48.
  561. ^ 河合 1998, pp. 259–260.
  562. ^ ペイン 1993, pp. 49–50.
  563. ^ ペイン 1993, p. 229.
  564. ^ ルカーチ 1995, p. 53.
  565. ^ ルカーチ 1995, pp. 53–55.
  566. ^ 河合 1998, pp. 260–261.
  567. ^ ペイン 1993, pp. 229–230.
  568. ^ ブレイク 1979, p. 290.
  569. ^ 河合 1998, pp. 261–262.
  570. ^ a b ルカーチ 1995, p. 55.
  571. ^ 河合 1998, p. 262.
  572. ^ 君塚 1999, p. 199.
  573. ^ 河合 1998, p. 263.
  574. ^ ペイン 1993, p. 232.
  575. ^ 河合 1998, pp. 266–267.
  576. ^ ラベル 2005, pp. 374–375.
  577. ^ a b ルカーチ 1995, p. 118.
  578. ^ ラベル 2005, pp. 375–376.
  579. ^ ルカーチ 1995, p. 96.
  580. ^ ルカーチ 1995, p. 98.
  581. ^ ルカーチ 1995, p. 97.
  582. ^ ペイン 1993, pp. 232–233.
  583. ^ ルカーチ 1995, p. 99.
  584. ^ ペイン 1993, p. 233.
  585. ^ ルカーチ 1995, pp. 99–100.
  586. ^ ペイン 1993, p. 234.
  587. ^ 山上 1960, pp. 162–163.
  588. ^ ルカーチ 1995, pp. 127–156.
  589. ^ ルカーチ 1995, p. 153.
  590. ^ ペイン 1993, p. 235.
  591. ^ 山上 1960, p. 163.
  592. ^ 河合 1998, p. 270.
  593. ^ ルカーチ 1995, p. 191-193.
  594. ^ ペイン 1993, pp. 236–237.
  595. ^ 山上 1960, p. 166.
  596. ^ 山上 1960, p. 167.
  597. ^ 山上 1960, p. 170.
  598. ^ a b 山上 1960, p. 171.
  599. ^ ペイン 1993, p. 242.
  600. ^ a b ペイン 1993, p. 243.
  601. ^ a b c d ペイン 1993, p. 245.
  602. ^ a b 山上 1960, p. 173.
  603. ^ a b ルカーチ 1995, p. 302.
  604. ^ 山上 1960, p. 177.
  605. ^ 河合 1998, p. 273.
  606. ^ ペイン 1993, p. 244.
  607. ^ 山上 1960, p. 176.
  608. ^ ショウォルター 2007, p. 6.
  609. ^ a b ショウォルター 2007, p. 209.
  610. ^ ショウォルター 2007, pp. 209–210.
  611. ^ ショウォルター 2007, p. 210.
  612. ^ a b ショウォルター 2007, p. 211.
  613. ^ ショウォルター 2007, p. 212.
  614. ^ ペイン 1993, p. 246.
  615. ^ ショウォルター 2007, pp. 218–225.
  616. ^ ショウォルター 2007, pp. 226–227.
  617. ^ ショウォルター 2007, pp. 229–241.
  618. ^ ショウォルター 2007, pp. 252–256.
  619. ^ 河合 1998, pp. 288–289.
  620. ^ a b ショウォルター 2007, p. 256.
  621. ^ モリス 2010, pp. 225–227.
  622. ^ a b ショウォルター 2007, p. 257.
  623. ^ 河合 1998, p. 290.
  624. ^ a b c 河合 1998, p. 283.
  625. ^ 山上 1960, p. 189.
  626. ^ 山上 1960, p. 195.
  627. ^ 山上 1960, pp. 195–196.
  628. ^ a b c 山上 1960, p. 188.
  629. ^ 河合 1998, p. 287.
  630. ^ 坂井 1988, pp. 163–164.
  631. ^ モリス 2010, p. 261.
  632. ^ 河合 1998, pp. 286–287.
  633. ^ 河合 1998, p. 329.
  634. ^ 山上 1960, p. 190.
  635. ^ ペイン 1993, p. 274.
  636. ^ ペイン 1993, p. 273.
  637. ^ 河合 1998, p. 331.
  638. ^ ペイン 1993, pp. 273–274.
  639. ^ a b 山上 1960, p. 191.
  640. ^ ペイン 1993, p. 281.
  641. ^ 河合 1998, p. 288.
  642. ^ a b ペイン 1993, p. 289.
  643. ^ モリス 2010, p. 238.
  644. ^ a b モリス 2010, p. 244.
  645. ^ a b ペイン 1993, p. 278.
  646. ^ モリス 2010, p. 247.
  647. ^ a b モリス 2010, p. 237.
  648. ^ 山上 1960, p. 192.
  649. ^ Churchill, Winston (1986). The Hinge of Fate, Volume 4
  650. ^ a b 浜渦 1999, p. 185.
  651. ^ 坂井 1988, pp. 186–187.
  652. ^ 坂井 1988, p. 187.
  653. ^ 坂井 1988, p. 188.
  654. ^ モリス 2010, p. 262.
  655. ^ a b ペイン 1993, p. 279.
  656. ^ 河合 1998, p. 332.
  657. ^ a b 山上 1960, p. 200.
  658. ^ ペイン 1993, p. 307.
  659. ^ a b 山上 1960, p. 202.
  660. ^ a b 山上 1960, p. 201.
  661. ^ a b 河合 1998, p. 293.
  662. ^ モリス 2010, pp. 262–263.
  663. ^ a b ペイン 1993, p. 310.
  664. ^ 山上 1960, pp. 201–202.
  665. ^ a b 河合 1998, p. 292.
  666. ^ ペイン 1993, p. 312.
  667. ^ ペイン 1993, p. 313.
  668. ^ 山上 1960, pp. 202–203.
  669. ^ 山上 1960, pp. 204–205.
  670. ^ 山上 1960, p. 205.
  671. ^ 河合 1998, p. 295.
  672. ^ a b 山上 1960, p. 206.
  673. ^ 山上 1960, pp. 206–207.
  674. ^ 山上 1960, p. 208.
  675. ^ 河合 1998, p. 296.
  676. ^ a b c 山上 1960, p. 207.
  677. ^ a b 山上 1960, p. 211.
  678. ^ a b 河合 1998, p. 298.
  679. ^ モリス 2010, pp. 255–256.
  680. ^ a b 山上 1960, p. 222.
  681. ^ モリス 2010, p. 264.
  682. ^ 河合 1998, p. 299.
  683. ^ 山上 1960, p. 214.
  684. ^ a b 山上 1960, p. 215.
  685. ^ コール 1957, p. 347.
  686. ^ a b コール 1957, p. 348.
  687. ^ 村岡、木畑 1991, p. 331.
  688. ^ 村岡、木畑 1991, p. 332.
  689. ^ 村岡、木畑 1991, pp. 331–332.
  690. ^ ブレイク 1979, pp. 293–294.
  691. ^ 河合 1998, pp. 302–303.
  692. ^ 山上 1960, pp. 215–216.
  693. ^ a b c 河合 1998, p. 302.
  694. ^ a b 関嘉彦 1969, p. 232.
  695. ^ a b ブレイク 1979, p. 295.
  696. ^ 河合 1998, p. 304.
  697. ^ 関嘉彦 1969, p. 233.
  698. ^ a b c 山上 1960, p. 230.
  699. ^ a b 河合 1998, p. 305.
  700. ^ a b 山上 1960, p. 235.
  701. ^ 山上 1960, p. 223.
  702. ^ 河合 1998, p. 306.
  703. ^ a b 山上 1960, p. 225.
  704. ^ 河合 1998, p. 307.
  705. ^ a b 山上 1960, p. 226.
  706. ^ 山上 1960, p. 355.
  707. ^ a b c 山上 1960, p. 227.
  708. ^ 河合 1998, p. 308.
  709. ^ Anonymous (2016年6月16日). “About the EU” (英語). European Union. 2021年7月21日閲覧。
  710. ^ 村岡、木畑 1991, p. 357.
  711. ^ 村岡、木畑 1991, p. 356.
  712. ^ 関嘉彦 1969, p. 298.
  713. ^ 村岡、木畑 1991, p. 363.
  714. ^ a b c 山上 1960, p. 228.
  715. ^ a b c ブレイク 1979, p. 309.
  716. ^ 関嘉彦 1969, p. 305.
  717. ^ 河合 1998, p. 309.
  718. ^ 山上 1960, p. 229.
  719. ^ 関嘉彦 1969, p. 306.
  720. ^ 関嘉彦 1969, p. 307.
  721. ^ a b 河合 1998, p. 310.
  722. ^ ブレイク 1979, p. 311.
  723. ^ 君塚 1999, p. 200.
  724. ^ 関嘉彦 1969, p. 308.
  725. ^ 村岡、木畑 1991, p. 368.
  726. ^ 村岡、木畑 1991, pp. 365–366.
  727. ^ 河合 1998, p. 366.
  728. ^ a b c 村岡、木畑 1991, p. 367.
  729. ^ a b c 君塚 1999, p. 201.
  730. ^ a b c 山上 1960, p. 231.
  731. ^ 山上 1960, p. 232.
  732. ^ a b c d 山上 1960, p. 233.
  733. ^ 岡倉 2001, pp. 199–202.
  734. ^ 村岡、木畑 1991, pp. 370–371.
  735. ^ 村岡、木畑 1991, p. 371.
  736. ^ a b 河合 1998, p. 312.
  737. ^ 山上 1960, p. 243.
  738. ^ ペイン 1993, p. 382.
  739. ^ 山上 1960, p. 244.
  740. ^ a b ペイン 1993, pp. 384–385.
  741. ^ a b ペイン 1993, p. 386.
  742. ^ a b ペイン 1993, p. 387.
  743. ^ a b c 河合 1998, p. 313.
  744. ^ ブレイク 1993, p. 872.
  745. ^ a b ペイン 1993, p. 388.
  746. ^ Great Britons 1-10”. BBC via Wayback Machine. 2012年8月1日閲覧。
  747. ^ 新5ポンド紙幣にチャーチル首相の肖像、9月から流通
  748. ^ チャーチル英元首相、5ポンド紙幣に「偉大な指導者」(朝日新聞2013年9月2日閲覧)
  749. ^ The Churchill Papers Memory of the World - UNESCO
  750. ^ 坂井 1988, p. 83.
  751. ^ モリス 2010, pp. 217–218.
  752. ^ モリス 2010, p. 217.
  753. ^ a b c d 山上 1960, p. 194.
  754. ^ a b ペイン 1993, p. 209.
  755. ^ モリス 2010, p. 228.
  756. ^ モリス 2010, pp. 282–284.
  757. ^ モリス 2010, p. 284.
  758. ^ 岡倉 2001, p. 186.
  759. ^ モリス 2010, pp. 314–322.
  760. ^ モリス 2010, p. 259.
  761. ^ 高橋 1985, p. 166.
  762. ^ 山上 1960, pp. 94–95.
  763. ^ a b 河合 1998, p. 186.
  764. ^ ペイン 1993, pp. 181–182.
  765. ^ ルカーチ 1995, p. 25.
  766. ^ ルカーチ 1995, p. 81.
  767. ^ 山上 1960, p. 219.
  768. ^ a b ペイン 1993, p. 240.
  769. ^ ジョンソン 1999, pp. 198–199.
  770. ^ ジョンソン 1999, p. 325.
  771. ^ ジョンソン 1999, pp. 325–328.
  772. ^ ルカーチ 1995, p. 42.
  773. ^ クルツ 2007, p. 137.
  774. ^ a b ペイン 1993, p. 277.
  775. ^ a b ペイン 1993, p. 305.
  776. ^ ペイン 1993, pp. 381–382.
  777. ^ a b ペイン 1993, p. 169.
  778. ^ ペイン 1993, p. 193.
  779. ^ ペイン 1993, p. 200.
  780. ^ 坂井 1988, p. 89.
  781. ^ 坂井 1974, p. 139.
  782. ^ 山上 1960, p. 134.
  783. ^ 河合 1998, p. 252.
  784. ^ 関榮次 2008, p. 122.
  785. ^ 関榮次 2008, pp. 153–177.
  786. ^ 河合 1998, pp. 326–330.
  787. ^ a b ペイン 1993, p. 201.
  788. ^ 河合 1998, pp. 315–316.
  789. ^ 河合 1998, p. 318.
  790. ^ 関榮次 2008, p. 121.
  791. ^ 関榮次 2008, p. 123.
  792. ^ 河合 1998, p. 233.
  793. ^ 坂井 1974, p. 120.
  794. ^ 関榮次 2008, p. 126.
  795. ^ a b 関榮次 2008, pp. 153–158.
  796. ^ 関榮次 2008, pp. 124–125.
  797. ^ 関榮次 2008, pp. 130–132.
  798. ^ a b 河合 1998, p. 328.
  799. ^ 関榮次 2008, pp. 158–159.
  800. ^ 関嘉彦 1969.
  801. ^ 関榮次 2008, pp. 176–177.
  802. ^ 木畑 2016, p. 64 - 65.
  803. ^ 関榮次 2008, p. 181.
  804. ^ 山上 1960, p. 218.
  805. ^ 関榮次 2008, pp. 186–189.
  806. ^ 関榮次 2008, p. 191.
  807. ^ 関榮次 2008, p. 194.
  808. ^ 関榮次 2008, pp. 197–198.
  809. ^ 関榮次 2008, p. 200-201.
  810. ^ 関榮次 2008, pp. 207–208.
  811. ^ 関榮次 2008, p. 210.
  812. ^ 関榮次 2008, pp. 210–211.
  813. ^ ペイン 1993, p. 378.
  814. ^ ペイン 1993, pp. 377–378.
  815. ^ ペイン 1993, p. 250.
  816. ^ ペイン 1993, p. 376.
  817. ^ モリス 2010, p. 218.
  818. ^ 河合 1998, p. 212.
  819. ^ ペイン 1993, p. 186.
  820. ^ 河合 1998, p. 272.
  821. ^ Finest Hour, Number 57, Autumn 1987 – quarterly journal of the International Churchill Society
  822. ^ Rintala, Marvin (Summer 1985). “Renamed Roses: Lloyd George, Churchill, and the House of Lords”. Biography (University of Hawai'i Press) 8 (3): 248–264. doi:10.1353/bio.2010.0448. JSTOR 23539091. 
  823. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad The Orders, Decorations and Medals of Sir Winston Churchill by Douglas Russell
  824. ^ Ramsden, John (2002). Man of the Century: Winston Churchill and His Legend Since 1945. Columbia University Press. pp. 113, 597. ISBN 9780231131063. https://archive.org/details/manofcenturywins00rams 
  825. ^ ČTK. “Seznam osobností vyznamenaných letos při příležitosti 28. října”. ceskenoviny.cz. 2020年11月16日閲覧。 (チェコ)
  826. ^ White Lion goes to Winton and Winston”. The Prague Post. 2016年1月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年11月16日閲覧。It was conferred on same occasion as the same award was given to Sir Nicholas Winton.
  827. ^ a b 山上 1960, p. 237.
  828. ^ 山上 1960, p. 238.
  829. ^ 山上 1960, pp. 237–239.
  830. ^ 河合 1998, p. 140.
  831. ^ 河合 1998, p. 163.
  832. ^ ペイン 1993, p. 163.
  833. ^ 山上 1960, p. 76.
  834. ^ a b c 山上 1960, p. 236.
  835. ^ 山上 1960, p. 111.
  836. ^ a b 山上 1960, p. 240.
  837. ^ a b 山上 1960, p. 181.
  838. ^ 山上 1960, pp. 240–241.
  839. ^ a b タムシン・ピッケラル・五十嵐友子(訳)『世界で一番美しい猫の図鑑』,2014年,p=162
  840. ^ a b c d チャーチルのインド人嫌悪、歴史的飢饉の原因に 印新刊が告発 - AFP、2022年3月5日閲覧。
  841. ^ a b Collingham 2012.
  842. ^ 『20世紀全記録 クロニック』小松左京堺屋太一立花隆企画委員。講談社、1987年9月21日、p591。
  843. ^ 『ちょっと笑える話』ベネット・サーフ著、常盤新平訳、文藝春秋文春文庫、p229。
  844. ^ 『ちょっと笑える話』ベネット・サーフ著、常盤新平訳、文藝春秋文春文庫、p264。
  845. ^ 森 1987, pp. 240–242.
  846. ^ 臼田 1979, pp. 18–23.
  847. ^ 河合 1998, pp. 11–15.
  848. ^ 森 1987, pp. 248–253.
  849. ^ 河合 1998, pp. 14–15.
  850. ^ a b c d サンズ 1998, p. 24.
  851. ^ 森 1987, pp. 252–254.
  852. ^ 森 1987, p. 255.
  853. ^ a b c 臼田 1979, p. 192.
  854. ^ a b 臼田 1979, p. 194.
  855. ^ 森 1987, p. 260.
  856. ^ 河合 1998, p. 19.
  857. ^ 神川 2011, pp. 14–15.
  858. ^ ペイン 1993, p. 31.
  859. ^ 河合 1998, p. 21.
  860. ^ ペイン 1993, p. 33.
  861. ^ ペイン 1993, pp. 34–35.
  862. ^ ペイン 1993, p. 35.
  863. ^ a b c d 山上 1960, p. 241.
  864. ^ 山上 1960, pp. 241–242.
  865. ^ a b c d ペイン 1993, p. 383.
  866. ^ a b 山上 1960, p. 242.
  867. ^ Pamela Harriman Is Dead at 76; An Ardent Political Personality ニューヨーク・タイムズ、1997年2月6日
  868. ^ Winston Churchill obituary ガーディアン、2010年3月2日
  869. ^ 1954 LIFE Magazine Cover Art
  870. ^ Not the Churchills' finest hour デイリー・メイル、2006年10月13日
  871. ^ ジョンソン首相に造反した与党議員21人の顔ぶれ 英ブレグジット政局』 BBC NEWS JAPAN (2019年09月5日)
  872. ^ ラベル 2005, p. 201.
  873. ^ ラベル 2005, pp. 259–269.
  874. ^ ラベル 2005, p. 400.
  875. ^ ラベル 2005, p. 404.
  876. ^ ラベル 2005, p. 285.
  877. ^ ラベル 2005, p. 344.
  878. ^ ラベル 2005, p. 473.


「ウィンストン・チャーチル」の続きの解説一覧

ウィンストン・チャーチル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/27 14:35 UTC 版)

女皇の聖戦」の記事における「ウィンストン・チャーチル」の解説

首相地下司令部籠り身の安全確保する一方ドイツ軍侵攻に対して何ら明確な指示を出さなかった。

※この「ウィンストン・チャーチル」の解説は、「女皇の聖戦」の解説の一部です。
「ウィンストン・チャーチル」を含む「女皇の聖戦」の記事については、「女皇の聖戦」の概要を参照ください。


ウィンストン・チャーチル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/27 00:36 UTC 版)

ムダヅモ無き改革」の記事における「ウィンストン・チャーチル」の解説

第二次世界大戦当時英国首相作中でも無論故人であるが、恐山イタコの口寄せにより「卓上ヤルタ会談」のために現世復帰したヒトラーを「ボヘミア伍長」と呼んでいる。同じ島国指導者として、「舌の数」という勝者覚悟狡猾さとをジュンイチローに体現してみせた。

※この「ウィンストン・チャーチル」の解説は、「ムダヅモ無き改革」の解説の一部です。
「ウィンストン・チャーチル」を含む「ムダヅモ無き改革」の記事については、「ムダヅモ無き改革」の概要を参照ください。


ウィンストン・チャーチル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/07/01 22:38 UTC 版)

プランダー作戦」の記事における「ウィンストン・チャーチル」の解説

イギリス首相ウィンストン・チャーチルは、作戦前夜にフェンロー近くモントゴメリー元帥司令部にいた。そしてチャーチルモントゴメリー3月24日のヴァーシティー空挺作戦視察した翌日25日チャーチルモントゴメリードワイト・アイゼンハワー大将司令部訪ねた昼食会議の後、一行ライン川静かで無防備に広がるドイツ側の岸を見渡せる土嚢補強された家に赴いたチャーチルモンゴメリーアメリカ軍司令部要員護衛兵ランチ乗り30分後に脅威無く敵の支配下に渡った。彼らは次にヴェーゼル破壊された鉄道橋訪ねドイツ軍砲撃が彼らを狙う前に出発した

※この「ウィンストン・チャーチル」の解説は、「プランダー作戦」の解説の一部です。
「ウィンストン・チャーチル」を含む「プランダー作戦」の記事については、「プランダー作戦」の概要を参照ください。


ウィンストン・チャーチル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/08 07:33 UTC 版)

海軍本部 (イギリス)」の記事における「ウィンストン・チャーチル」の解説

ファースト・ロード(1911-1915, 1939-1940)。第一次世界大戦時海軍卿第二次世界大戦時首相

※この「ウィンストン・チャーチル」の解説は、「海軍本部 (イギリス)」の解説の一部です。
「ウィンストン・チャーチル」を含む「海軍本部 (イギリス)」の記事については、「海軍本部 (イギリス)」の概要を参照ください。


ウィンストン・チャーチル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/22 07:01 UTC 版)

劇画ヒットラー」の記事における「ウィンストン・チャーチル」の解説

チェンバレン後任首相。反ヒットラー方針貫き、「サインはV!!」と徹底抗戦唱えた

※この「ウィンストン・チャーチル」の解説は、「劇画ヒットラー」の解説の一部です。
「ウィンストン・チャーチル」を含む「劇画ヒットラー」の記事については、「劇画ヒットラー」の概要を参照ください。


ウィンストン・チャーチル (Winston Churchill)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/11 06:38 UTC 版)

アサシン クリード シンジケート」の記事における「ウィンストン・チャーチル (Winston Churchill)」の解説

政治家ロンドン潜む謎の集団壊滅リディア依頼する

※この「ウィンストン・チャーチル (Winston Churchill)」の解説は、「アサシン クリード シンジケート」の解説の一部です。
「ウィンストン・チャーチル (Winston Churchill)」を含む「アサシン クリード シンジケート」の記事については、「アサシン クリード シンジケート」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「ウィンストン・チャーチル」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「ウィンストン・チャーチル」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

ウィンストン・チャーチルのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ウィンストン・チャーチルのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
航空軍事用語辞典++航空軍事用語辞典++
この記事はMASDF 航空軍事用語辞典++の記事を転載しております。
MASDFでは航空及び軍事についての様々なコンテンツをご覧頂けます。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのウィンストン・チャーチル (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの女皇の聖戦 (改訂履歴)、ムダヅモ無き改革 (改訂履歴)、プランダー作戦 (改訂履歴)、海軍本部 (イギリス) (改訂履歴)、劇画ヒットラー (改訂履歴)、アサシン クリード シンジケート (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS