フリーメイソンとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > フリーメイソンの意味・解説 

フリーメイソン

別表記:フリーメーソンフリーメイスン
英語:Freemasonry

全世界に「ロッジ」と呼ばれる支部をもち、総じて社会的地位の高い者たちで構成されているとされる秘密結社のこと。日本語でよく知られる結社名のフリーメイソンは、英語で結社会員を意味する「Freemason」から来ており、本当結社名はフリーメイソンリーFreemasonry」である。石工集まり起源をもつとされているためか、徒弟制に類似した名称の階級存在する。

フリーメイソン

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/06/06 23:52 UTC 版)

フリーメイソン: Freemasonry)は、16世紀後半から17世紀初頭に、判然としない起源から起きた友愛結社


注釈

  1. ^ グランドロッジは、通常では他のグランドロッジと、相互に認知した境を設け、それらを侵犯したり秘密にしたりすることはしない。
  2. ^ 劇作家イプセンや、イプセンの戯曲「ペール・ギュント」の主人公のモデルになった音楽家オーレ・ブル「ペール・ギュント」のための音楽を作曲したグリーグ、ノーベル文学賞作家ビョルンソン、音楽家ハルフダン・シェルルフ、音楽家ヨハン・スヴェンセン、これらの人物は「ガムレ・ローシェン」(den Gamle Logen)を使用して仕事をしたことがある。
  3. ^ アイルランドやスコットランドのグランドロッジも同様であった。
  4. ^ ただし、植民地や居留地におけるロッジは初期はあくまで居留民のためのものであり、現地人の入会は認められなかった
  5. ^ その件についてロータリーの公文書には記載されていない(国際ロータリー第2720地区 人吉ロータリークラブ 『会報』 2014年5月23日)。
  6. ^ 1893年、仏大東社から分離し、世界初の女性フリーメイソン会員マリア・ドレームが急進左派のジョルジュ・マルタンとともに設立した男女混成のロッジ「人権」がある。「人権」と仏大東社は、現在相互承認関係にある。他、1952年に女性専用のロッジ「フランス女性グランド・ロッジ」(GLFF)も発足した。もちろん、「正規派」はこれらのロッジを承認していない。(GODF公式サイトにおける「人権」への言及
  7. ^ 「正規派」としては、1913年に仏大東社から分裂した「フランス国民グランド・ロッジ」がある。
  8. ^ a b c d 片桐によれば、日本のフリーメイソンリーは、英語表記をそのまま使っている。よって和訳は非公式な物である。
  9. ^ 片桐は、実務上の根拠のある基本階級と区別して、「階位」と呼んでいる。(片桐三郎 2006, pp. 125-126)
  10. ^ ルシファー及びロスチャイルド家を36階級とし、ロスチャイルド、ロックフェラー家など「ロイヤル・ファミリー」とユダヤ教パリサイ派ラビ集団などを35階級、ロスチャイルド・トリビューン(壇)などを34階級とする説があるが、陰謀論の域を出ない。また、特に功績の大きな会員に、33階級相当だが最高大総監より格上の"Grand Cross"(大十字)を授与しているという説もある。
  11. ^ スウェーデン国王専用。
  12. ^ 機関誌『HUMANITÄT』のサンプル画像を閲覧する (freimaurer-wiki.de)
  13. ^ 彼とフリーメイソンの関係については、福田弥『リスト』(音楽之友社)pp.70-72や、吉田進『フリーメイソンと大音楽家たち』(国書刊行会)pp.312-326を参照。
  14. ^ その他の村上作品では、フリーメイソンが直接登場するわけではないがドストエフスキー『カラマーゾフの兄弟』が登場し(『風の歌 -』『世界の終り -』『ねじまき鳥 -』『1Q84』)、村上が自身の言葉で『カラマーゾフ - 』に言及することもある。また村上は『ノルウェイの森』の主人公にトーマス・マン『魔の山』を読ませている。トルストイ『戦争と平和』も村上の作品に登場する。

出典

  1. ^ "Frequently Asked Questions" Archived 2009年9月23日, at the Wayback Machine.. United Grand Lodge of England. Retrieved 2009-09-28.
  2. ^ Hodapp, Christopher. Freemasons for Dummies. Indianapolis: Wiley, 2005. p. 52.
  3. ^ マソン結社の組織と秘密 J.トウールマンタン著 国際政経学会調査部訳 1939年
  4. ^ ソヴェト・ロシア辞典 P.131 ロシヤ問題研究所 1928年
  5. ^ 日本グランド・ロッジ
  6. ^ a b c 『朝日新聞』2008年1月4日号「「秘密結社」フリーメイソン日本本部50年 一般入会も
  7. ^ Amiram Barkat (2005年9月2日). “Mysterious Temple Mount artifact evokes 'Da Vinci Code' Archaeologist uncover a mysterious bronze pendant in Jerusalem.”. ハアレツ紙. 2013年5月6日閲覧。
  8. ^ Neo Patwa (2010年4月10日). “英語講座リポート3 ‘ Obama's Victory and US Elections ’”. What's Happening in the World?. 公益財団法人 早稲田奉仕園. 2013年5月6日閲覧。
  9. ^ a b メイスンとは”. 国立市 スクエア・アンド・コンパス・ロッジ No. 3. 2013年5月16日閲覧。
  10. ^ 岩上安身『ベールを脱いだ日本のフリーメーソンたち』
  11. ^ Lodge”. Masonic Lodge Gustav Stresemann. 2013年7月11日閲覧。 “The five basic ideals of Freemasonry: freedom, equality, fraternity, tolerance and humanity ... (フリーメイソンリーの5つの基本理念: 自由、平等、友愛、寛容、人道 ...)”
  12. ^ a b c Freemasonry and the Olympics (PDF)”. Provincial Grand Lodge of West Lancashire. 2013年9月9日閲覧。
  13. ^ SPORTSMEN IN ENGLISH LODGES (PDF)”. The Library and Museum of Freemasonry (United Grand Lodge of England) (2012年). 2013年9月9日閲覧。
  14. ^ British Olympic Association Archive Collection”. AIM25. 2013年9月9日閲覧。
  15. ^ Jim Parry (School of Philosophy, Leeds University). “Physical Education as Olympic Education (PDF)”. Internationaal Centrum voor Ethiek in de Sport. 2013年9月16日閲覧。 “I still think that contact with feminine athletics is bad for him (the modern athlete) ...”
  16. ^ "The Regius Manuscript" Archived 2011年7月26日, at the Wayback Machine.. Masonicsites.org.
  17. ^ Stevenson, David (November 1988). The Origins of Freemasonry: Scotland's Century 1590-1710. Cambridge: Cambridge University Press.
  18. ^ Second Schaw Statutes, Archived 2009年3月5日, at the Wayback Machine. 1599.
  19. ^ Coil, Henry Wilson (1961). William M. Brown, William L. Cummings, Harold Van Buren Voorhes. ed. Coil's Masonic Encyclopedia (Revised and Updated by Allen E. Roberts, 1995 ed.). Richmond, Va: Macoy Pub. & Masonic Supply Co. ISBN 978-0-88053-054-5.
  20. ^ Morris 2006, p. 27
  21. ^ Bullock, Steven C.; Institute of Early American History and Culture (Williamsburg, Va.) (1996). Revolutionary brotherhood: Freemasonry and the transformation of the American social order, 1730-1840. Chapel Hill: University of North Carolina Press. ISBN 978-0-8078-4750-3.
  22. ^ "GLNF: Grande Loge Nationale Francaise" (in French). Grande Loge Nationale Francaise (GLNF). Retrieved 2006-02-06.
  23. ^ 南利明[民族共同体と法―NATIONALSOZIALISMUSあるいは「法」なき支配体制―(3) 3 ]
  24. ^ a b c Masonic Miscellanea イングランドサリー州コブハム(Cobham)「Coveham Lodge」公式サイト(英語)
  25. ^ a b Jonathan Levy (2007-06-30). The Intermarium: Wilson, Madison, and East Central European Federalism. Universal-Publishers. p. 394. ISBN 9781581123692 
  26. ^ どんな弾圧を受けたのですか?”. 日本グランド・ロッジ. 2010年5月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年8月12日閲覧。 “ナチスによる何万人もの政治犯の中にフリーメイスン会員との理由で多数の会員が監獄へ入れられましたが、そのほとんどは獄中で死亡しました。”
  27. ^ Asian Studies - University of Kentucky (PDF)”. ケンタッキー大学. 2014年閲覧。accessdateの記入に不備があります。 “Hilton, Christopher. 2006. Hitler’s Olympics: The 1936 Berlin Olympic Games. Stroud, England: Sutton.”
  28. ^ The American Mercury Newspaper, 1941”. The American Mercury (1941年2月). 2012年8月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年閲覧。accessdateの記入に不備があります。
  29. ^ フリーメイスンから毛布1250枚を寄贈いただきました”. 宗務庁より. 曹洞宗公式サイト・曹洞禅ネット (2011年11月8日). 2013年5月3日閲覧。
  30. ^ Most Worshipful Grand Lodge of Japan (2011年4月27日). “OFFICERS OF THE GRAND LODGE 2011”. facebook. 2013年5月3日閲覧。
  31. ^ Past Grand Masters of the Grand Lodge of Japan”. 横浜市 ファーイースト・ロッジ No. 1. 2013年5月3日閲覧。
  32. ^ a b 宮地ゆう, 三浦英之 (2011年11月20日). “[第33回] フリーメイソンの被災地支援 イメージ改善につながるか”. ニュースの裏側. 朝日新聞GLOBE. 2013年5月3日閲覧。
  33. ^ 高須克弥 (2011年9月25日). “と学会名誉会員”. Ameba BLOG. 2014年閲覧。accessdateの記入に不備があります。
  34. ^ フリーメイソンの正体は!?”. マイナビニュース (2013年1月29日). 2013年5月3日閲覧。
  35. ^ a b c d e f g h i 入会希望者の手引き”. 国立市 スクエア・アンド・コンパス・ロッジ No. 3 (2011年3月). 2013年5月3日閲覧。
  36. ^ a b フリーメイソンとロータリークラブ (PDF)”. Weekly Report 2012年(平成24年)11月22日 (木) 曇り 第2351回(当年度第20回)移動例会(la CASA 江南店にて). 国際ロータリー第2760地区 江南ロータリークラブ (2012年11月22日). 2013年5月3日閲覧。
  37. ^ katsuyatakasuのツイート(281290356019052544)
  38. ^ Rotary International (1997). Paul Harris and His Successors: Profiles in Leadership. ISBN 9780915062416. http://books.google.com/books?id=0a5NcODk8IgC 
  39. ^ a b ライオンズクラブ国際協会ミッションと歴史”. ライオンズとは. ライオンズクラブ国際協会. 2013年5月3日閲覧。
  40. ^ a b Melvin Jones”. Grand Lodge of British Columbia and Yukon. 2013年5月3日閲覧。
  41. ^ a b c d e f g Connecticut Masonic Scouters Association”. Masonic Youth. Grand Lodge of Connecticut A.F. & A.M. 2013年5月3日閲覧。
  42. ^ a b c d e f g Freemasonry and Lord Baden-Powell - Grand Lodge of British Columbia and Yukon
  43. ^ Freemasonry and the Scout Movement”. The Scout Lodge No. 9783. 2013年7月29日閲覧。
  44. ^ LODGE BADEN-POWELL No. 222 SA & NT (PDF)”. Grand Lodge of SA & NT. 2013年7月29日閲覧。
  45. ^ “GRAND LODGE MASTER. LORD SOMERS RE-ELECTED. APPROBATION OF FREEMASONS.”. The Argus. (1928年12月20日). http://trove.nla.gov.au/ndp/del/article/3976424 2013年7月29日閲覧。 
  46. ^ a b c About BP Lodge”. Baden Powell Lodge No. 488. 2013年7月29日閲覧。
  47. ^ The Scout Lodge, No. 9783, Devonshire”. The Scout Lodge No. 9783. 2013年7月29日閲覧。
  48. ^ Lodge History”. The Scout Lodge No. 1907. 2013年7月29日閲覧。
  49. ^ a b c Rudyard Kipling and Baden-Powell”. Scouting Milestones. 2013年7月29日閲覧。
  50. ^ a b Joseph Rudyard Kipling”. Grand Lodge of British Columbia and Yukon. 2013年7月29日閲覧。
  51. ^ Rudyard Kipling Notes”. Grand Lodge of British Columbia and Yukon. 2013年7月29日閲覧。
  52. ^ Celebrating the Past, Looking to the Future”. Boy Scouts of America (2000年). 2013年5月20日閲覧。
  53. ^ a b c d e Founders”. Fact Sheets. Boy Scouts of America. 2013年5月3日閲覧。
  54. ^ a b c BSA Celebrates 96 Years of Service”. Boy Scouts of America (2006年). 2013年5月20日閲覧。
  55. ^ Scout Troops, Packs, Crews Celebrate Scouting's 93rd Anniversary”. Boy Scouts of America (2003年). 2013年5月20日閲覧。
  56. ^ a b Janice A. Petterchak『Lone Scout: W.D. Boyce and American Boy Scouting』(Legacy Press、2009年、ISBN 0965319873
  57. ^ a b c Daniel Carter Beard”. Grand Lodge of British Columbia and Yukon. 2013年5月3日閲覧。
  58. ^ a b c d e Other Famous Masons”. Masonic Facts & History. Grand Lodge of Minnesota Ancient Free & Accepted Masons. 2013年5月3日閲覧。
  59. ^ a b Daniel Carter Beard Masonic Scouter Award”. Boy Scout Community Organization Award. Boy Scouts of America — Heart of America Council. 2013年5月3日閲覧。
  60. ^ a b Pa Freemason November 01 - Daniel Beard Award Scouting”. Grand Lodge of Pennsylvania. 2013年5月3日閲覧。
  61. ^ a b The Daniel Carter Beard Masonic Scouter Award”. Grand Lodge of Michigan. 2013年5月3日閲覧。
  62. ^ a b Daniel Carter Beard Award”. Grand Lodge of Connecticut A.F. & A.M. 2013年5月3日閲覧。
  63. ^ a b WILLIAM HOWARD TAFT”. Grand Lodge of Pennsylvania. 2013年5月3日閲覧。
  64. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad ae af ag ah ai aj ak al am an ao ap aq ar as at au av aw ax ay az ba bb bc bd be bf bg bh bi bj bk bl bm bn bo bp bq br bs bt bu bv bw bx A few famous freemasons”. Grand Lodge of British Columbia and Yukon. 2013年10月7日閲覧。
  65. ^ a b THEODORE ROOSEVELT”. Grand Lodge of Pennsylvania. 2013年5月3日閲覧。
  66. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ad リュック・ヌフォンテーヌ 1996, pp. 160-161
  67. ^ a b History of Robert Burns Masonic Lodge #97”. Robert Burns Masonic Lodge No. 97. 2013年5月3日閲覧。
  68. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s t u v w x y z aa ab ac ウィリアム・R・デンスロウ&ハリー・S・トルーマン『10,000 Famous Freemasons』
  69. ^ a b Joy Porter『Native American Freemasonry: Associationalism and Performance in America』(U of Nebraska Press、2011年、ISBN 9780803225473
  70. ^ a b c d Tim Wangelin. “Freemasonry and Modern Japanese History”. Freemasonry in Japan. 横浜市 ファーイースト・ロッジ No. 1. 2013年5月3日閲覧。
  71. ^ ボーイスカウト日本連盟創立90周年 記念事業基本実施要項 (PDF)”. ボーイスカウト日本連盟 (2012年3月8日). 2013年6月3日閲覧。
  72. ^ 綾部恒雄『秘密結社』(講談社、2010年)193頁。
  73. ^ a b なぜフリーメイソンに入会するのか?”. 東京メソニックセンター. 2009年6月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年6月3日閲覧。
  74. ^ The Masonic Children's Festival 2002”. 東京メソニックセンター. 2009年2月13日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年6月3日閲覧。
  75. ^ 05190055.JPG”. 東京メソニックセンター. 2005年12月20日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年6月3日閲覧。
  76. ^ 2002の行事”. 東京メソニックセンター. 2009年6月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年6月3日閲覧。
  77. ^ a b c d e バリー・ニューマン 『ウォール・ストリート・ジャーナル』2011年10月13日「フリーメイソンの最新の陰謀─「ネットで若手会員を獲得せよ」 2011年 10月 13日 13:58 JST
  78. ^ フリーメイソンの握手法! 法王にまつわるマラキの預言とウワサ”. ハピズム. サイゾーウーマン (2013年3月3日). 2013年5月3日閲覧。
  79. ^ 有澤玲 2011, pp. 198-206
  80. ^ 有澤玲 2011, pp. 216-217
  81. ^ 日本のフリーメイスンリーについて”. Far East Lodge No. 1 FAQ(よくある質問). 横浜市 ファーイースト・ロッジ No. 1. 2013年5月3日閲覧。
  82. ^ 現にフリーメイソンリー会員の高須克弥は浄土真宗の僧侶である。
  83. ^ これが本当の答えだ! フリーメイソンの本当の正体とは? 非常識な日本メディアの陰謀史観を最強のデバンカーが斬る!”. ハピズム. サイゾーウーマン (2013年3月24日). 2013年5月3日閲覧。
  84. ^ 有澤玲 2011, pp. 228-229
  85. ^ メイスンになるには”. 京都メソニック・ロッジNo. 5. 2009年6月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2014年閲覧。accessdateの記入に不備があります。
  86. ^ 覆面社長「2006年06月30日 覆面社長、フリーメイソンの説明会に…行く?
  87. ^ 入会申し込みから会員に成るまで?”. Far East Lodge No. 1 FAQ(よくある質問). 横浜市 ファーイースト・ロッジ No. 1. 2013年5月3日閲覧。
  88. ^ a b c d e f g 別冊宝島233『陰謀がいっぱい!』(宝島社、1995年、ISBN 4-7966-9233-9
  89. ^ 赤間剛 1983, p. 75
  90. ^ 公式表記は「フリーメイスン」!“日本初”のオフィシャルブック 8/25発売! シンボルマークをあしらった3WAYヘルメットバッグ付き 2016年8月16日 17時58分 - PR TIMES 宝島社
  91. ^ 有澤玲 2011, pp. 372-375
  92. ^ 有澤玲 2011, pp. 378-380
  93. ^ a b Our values”. Presentation. フランス大東社(GODF). 2013年5月3日閲覧。
  94. ^ ジェラール・ガイヨ 「フランス革命はフリーメーソンの陰謀か?」『歴史』49号 及びリュック・ヌフォンテーヌ 1996, pp. 129-133
  95. ^ 片桐三郎 2006, pp. 152-156
  96. ^ a b La Loge des Neufs Soeurs”. Grand Lodge of British Columbia and Yukon. 2013年5月13日閲覧。
  97. ^ 片桐三郎 2006, p. 173
  98. ^ Faustine C. Jones-Wilson (1996). Encyclopedia of African-American education. Greenwood Publishing Group. p. 200. ISBN 9780313289316 
  99. ^ THE GRAND LODGE”. The Most Worshipful Prince Hall Grand Lodge of WA & Jurisdiction. 2013年6月3日閲覧。
  100. ^ Prince Hall - Picasa ウェブ アルバム
  101. ^ Anti-Masonry - Oxford English Dictionary (Compact Edition), Oxford University Press, 1979, p.369
  102. ^ "Antimasonry - Definition of Antimasonry by Webster Dictionary". Webster-dictionary.net. Retrieved 2011-09-08.
  103. ^ infoplease.com definition of "anti-mason."
  104. ^ Morris 2006, p. 204
  105. ^ Cardinal Law, Bernard (1985-04-19). "Letter of 19 April 1985 to U.S. Bishops Concerning Masonry". CatholicCulture.org. Retrieved 2007-07-09.
  106. ^ Canon 2335, 1917 Code of Canon Law from "Canon Law regarding Freemasonry, 1917-1983". Grand Lodge of British Columbia and Yukon.
  107. ^ McInvale, Reid (1991). "Roman Catholic Church Law Regarding Freemasonry". Transactions of Texas Lodge of Research 27: 86–97. OCLC 47204246.
  108. ^ a b "Freemasonry and Religion". United Grand Lodge of England. Retrieved 2012-02-23.
  109. ^ Jack Chick. "The Curse of Baphomet". Retrieved 2007-09-29.
  110. ^ Arturo de Hoyos and S. Brent Morris, Is it True What They Say About Freemasonry, M.Evans & Company, 2nd edition (revised), Chapter 1, 2004
  111. ^ Pike, Albert; T. W. Hugo; Scottish Rite (Masonic order). Supreme Council of the Thirty-Third Degree for the Southern Jurisdiction (1950) [1871]. Morals and Dogma of the Ancient and Accepted Scottish Rite of Freemasonry. Washington, DC: House of the Temple. OCLC 12870276. "In preparing this work [Pike] has been about equally Author and Compiler. (p. iii.) ... The teachings of these Readings are not sacramental, so far as they go beyond the realm of Morality into those of other domains of Thought and Truth. The Ancient and Accepted Scottish Rite uses the word "Dogma" in its true sense of doctrine, or teaching; and is not dogmatic in the odious sense of that term. Everyone is entirely free to reject and dissent from whatsoever herein may seem to him to be untrue or unsound (p. iv)"
  112. ^ Snyder, Howard (2006). Populist Saints. Grand Rapids, Michigan: William B. Eerdmans Publishing Company. p. 727).
  113. ^ Beresiner, Yasha (July 2006). "Archbishop Fisher – A Godly man and a Brother". Masonic Quarterly Magazine (18). Retrieved 2007-05-07.
  114. ^ Hastings, Chris; Elizabeth Day (2003-04-20). "Rowan Williams apologises to Freemasons". The Daily Telegraph. Archived from the original on 2007-11-23. Retrieved 2007-07-09.
  115. ^ "Freemasonry: Official Statement of the Church of Greece (1933)". Orthodoxinfo.com. 1933-10-12. Retrieved 2011-01-15.
  116. ^ a b Sands, David R (2004-07-01). "Saddam to be formally charged". The Washington Times. Retrieved 2006-06-18.
  117. ^ Prescott, Andrew. The Study of Freemasonry as a New Academic Discipline. pp. 13–14. Retrieved 2008-12-18.
  118. ^ "Can a Muslim be a freemason?" . Islamonline.com
  119. ^ "Hamas Covenant 1988". Avalon.law.yale.edu. 1988-08-18. Retrieved 2011-01-15.
  120. ^ Leyiktez, Celil. "Freemasonry in the Islamic World". Retrieved 2 October 2007.
  121. ^ DGLME.org - The District Grand Lodge of the Middle East Archived 2008年12月6日, at the Wayback Machine.
  122. ^ Districts Online,Grand Lodge F. & A. M. State of New York Archived 2008年7月5日, at the Wayback Machine.
  123. ^ "Masonic mystique " - Dawn.com
  124. ^ Famous Freemasons M-Z
  125. ^ 日本 フリーメイスン”. 日本グランド・ロッジ. 2009年1月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年7月29日閲覧。
  126. ^ a b 入会希望者の手引き”. 日本グランド・ロッジ. 2009年1月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年5月6日閲覧。
  127. ^ 片桐三郎 2006, pp. 34-35,94-95
  128. ^ 片桐三郎 2006, p. 35
  129. ^ 片桐三郎 2006, p. 149
  130. ^ 有澤玲 1998 附表26頁
  131. ^ The Swedish Rite スウェーデン・グランド・ロッジ英語版
  132. ^ 吉田進 2006, pp. 339-341
  133. ^ パウル・ネットゥル『モーツァルトとフリーメイスン結社』(音楽之友社、1981年、ISBN 4-276-22117-X)p.222
  134. ^ 吉田進 2006, pp. 326-328
  135. ^ 吉村正和『フリーメイソン』講談社
  136. ^ Anti-masonry Frequently Asked Questions Section 5, version 2.9”. Grand Lodge of British Columbia and Yukon. 2013年5月3日閲覧。
  137. ^ Benjamin Franklin”. Grand Lodge of British Columbia and Yukon. 2013年5月3日閲覧。
  138. ^ De Witt Clinton”. Grand Lodge of British Columbia and Yukon. 2013年5月3日閲覧。
  139. ^ A Masonic History of Our Flag”. 37th Masonic District of the Grand Lodge of Pennsylvania. 2013年5月3日閲覧。
  140. ^ 吉村正和 1989, p. 157
  141. ^ Bicentenial Commemorative Volume of Holland Lodge No. 8, Published by the Lodge, New York, 1988
  142. ^ John Hamill and Robert Gilert (Eds.), Freemasonry, A Celebration Of The Craft p. 230 (J.G. Press, 1998)
  143. ^ From the East (PDF)”. William H. Upton Naval and Military Masonic Lodge No. 206 Free and Accepted Masons of Washington. 2013年5月3日閲覧。
  144. ^ a b c d e f g Hamill, John et al., Freemasonry: A Celebration of the Craft, World Publications, 1999, ISBN 1-57215-267-2
  145. ^ a b King Camp Gillette”. Grand Lodge of British Columbia and Yukon. 2013年5月3日閲覧。
  146. ^ History of the BSA Highlights”. Fact Sheets. Boy Scouts of America. 2013年5月3日閲覧。
  147. ^ William Jennings Bryan”. Grand Lodge of British Columbia and Yukon. 2013年5月3日閲覧。
  148. ^ Henry Ford”. Grand Lodge of British Columbia and Yukon. 2013年5月3日閲覧。
  149. ^ a b Hans Hesse (2001). Persecution and Resistance of Jehovah's Witnesses During the Nazi Regime, 1933-1945. Berghahn Books. p. 256. ISBN 9783861087502 
  150. ^ Cordell Hull - Facts”. The Official web site of the Nobel Prize. 2013年10月7日閲覧。
  151. ^ Cordell Hull, (sculpture)”. SIRIS. 2013年10月7日閲覧。
  152. ^ Famous Masons”. King Hiram Lodge #566. 2013年10月7日閲覧。
  153. ^ Famous Masons
  154. ^ Private Lunar ESP: An Interview with Edgar Mitchell”. 2009年10月21日閲覧。
  155. ^ Gardiner, Herbert G., Douglas MacArthur, A Freemason For All Seasons, Northern California Research Lodge (2006年12月26日取得)
  156. ^ a b c d e f SEPTEMBER MEETINGS”. C.H. Harley Lodge No 281 U.G.L.Q. (2013年9月). 2015年閲覧。accessdateの記入に不備があります。
  157. ^ a b List of Freemasons”. Grand Lodge Bet-El. 2015年閲覧。accessdateの記入に不備があります。
  158. ^ 吉村正和 1989, p. 161
  159. ^ 吉村正和 1989, p. 160
  160. ^ a b Paul Whiteman”. St. Cecile Lodge #568. 2013年10月4日閲覧。
  161. ^ http://www.theguardian.com/music/2014/jul/02/secret-jazz-freemason-history-duke-ellington-sun-ra
  162. ^ Famous Freemasons”. Lodge St Andrew No.228. 2013年10月2日閲覧。
  163. ^ Colonel Harland Sanders”. Grand Lodge of British Columbia and Yukon. 2013年5月3日閲覧。
  164. ^ Hodapp 2011, p. 292
  165. ^ a b Lloyd, Harold. “Phoenix Masonry Masonic Museum”. Masonic Research. Phoenix Masonary. 2012年7月29日閲覧。
  166. ^ a b c d A small selection of famous Freemasons”. Prince Albert Lodge No 248 UGLQ. 2013年5月3日閲覧。
  167. ^ Louis Armstrong”. Grand Lodge of British Columbia and Yukon. 2013年10月4日閲覧。
  168. ^ a b c d e f Famous Masons”. Matawan Lodge No. 192 F&AM. 2013年5月3日閲覧。
  169. ^ a b John Steinbeck”. Grand Lodge of British Columbia and Yukon. 2013年5月3日閲覧。
  170. ^ 吉田進 2006, p. 389
  171. ^ a b Josephine Baker”. Grand Lodge of British Columbia and Yukon. 2013年10月28日閲覧。
  172. ^ Kathy Belge. “Josephine Baker”. About.com. 2013年5月3日閲覧。
  173. ^ a b Harold Stassen”. Grand Lodge of British Columbia and Yukon. 2013年5月3日閲覧。
  174. ^ 吉田進 2006, p. 384
  175. ^ 吉田進 2006, pp. 388-389
  176. ^ Famous Masons”. Pinal Lodge #30. 2012年12月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年10月2日閲覧。
  177. ^ a b c Famous Freemasons A-L”. Lodge St. Patrick No.468 Irish Constitution. 2013年5月3日閲覧。
  178. ^ Famous Or Well Known Masons”. John Warren Lodge. 2013年5月3日閲覧。
  179. ^ Dave Thomas”. Grand Lodge of British Columbia and Yukon. 2013年5月3日閲覧。
  180. ^ TO THE SOLDIERS OF THE LIGHT”. The Supreme Council, 33°, A. & A.S.R. of Freemasonry, S.J., U.S.A. 2013年5月3日閲覧。
  181. ^ Steve Wozniak”. Grand Lodge of British Columbia and Yukon. 2013年5月3日閲覧。
  182. ^ a b February's Famous Masonic Men: Famous Black Masons”. Acacia Lodge #20 on MasterMason.com (www.mastermason.com/acacia). 2013年9月16日閲覧。
  183. ^ Famous Prince Hall freemasons”. Grand Lodge of British Columbia and Yukon. 2013年5月3日閲覧。
  184. ^ Shaquille O'Neal is made a Freemason "At Sight" - June 11, 2011 - Google+
  185. ^ a b c d Paul M. Bessel (Past Senior Grand Warden of the Grand Lodge of Washington DC). “U.S. Presidents and Freemasonry”. Paul M. Bessel's Homepage. 2013年9月23日閲覧。
  186. ^ a b Paul M. Bessel (Past Senior Grand Warden of the Grand Lodge of Washington DC). “Vice Presidents of the U.S. & Freemasonry”. Paul M. Bessel's Homepage. 2013年9月23日閲覧。
  187. ^ Federal Masonic Lodge 2013年9月5日”. Federal Masonic Lodge No. 1 on facebook. 2013年9月23日閲覧。
  188. ^ GEORGE WASHINGTON”. Grand Lodge of Pennsylvania. 2013年5月3日閲覧。
  189. ^ JAMES MONROE”. Grand Lodge of Pennsylvania. 2013年5月3日閲覧。
  190. ^ ANDREW JACKSON”. Grand Lodge of Pennsylvania. 2012年8月25日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年5月3日閲覧。
  191. ^ JAMES BUCHANAN”. Grand Lodge of Pennsylvania. 2013年5月3日閲覧。
  192. ^ KNOX POLK”. Grand Lodge of Pennsylvania. 2013年5月3日閲覧。
  193. ^ ANDREW JOHNSON”. Grand Lodge of Pennsylvania. 2013年5月3日閲覧。
  194. ^ JAMES ABRAM GARFIELD”. Grand Lodge of Pennsylvania. 2013年5月3日閲覧。
  195. ^ WILLIAM McKINLEY”. Grand Lodge of Pennsylvania. 2013年5月3日閲覧。
  196. ^ WARREN GAMALIEL HARDING”. Grand Lodge of Pennsylvania. 2013年5月3日閲覧。
  197. ^ FRANKLIN DELANO ROOSEVELT”. Grand Lodge of Pennsylvania. 2013年5月3日閲覧。
  198. ^ a b HARRY S TRUMAN”. Grand Lodge of Pennsylvania. 2012年7月17日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年5月3日閲覧。
  199. ^ Masonic Presidents Of The United States”. Grand Lodge of Pennsylvania. 2013年5月3日閲覧。
  200. ^ a b GERALD RUDOLPH FORD”. Grand Lodge of Pennsylvania. 2013年5月3日閲覧。
  201. ^ Rowe, Abbie (1950年2月22日). “Truman and Others at Masonic Memorial”. Truman Library Photographs. Harry S. Truman Library and Museum. 2013年5月3日閲覧。
  202. ^ Hastings, William T. (1965). Phi Beta Kappa as a Secret Society with its Relations to Freemasonry and Antimasonry Some Supplementary Documents. Richmond, Virginia: United Chapters of Phi Beta Kappa. p. 5 
  203. ^ a b c d e 9. Was [insert name] a freemason?”. Anti-masonry Frequently Asked Questions Section 3, version 2.9. Grand Lodge of British Columbia and Yukon. 2013年5月3日閲覧。
  204. ^ a b c Volume XCIII, Number 12 (PDF)”. Blackmer Lodge Trestleboard. Amity Lodge No. 442 Free and Accepted Masons in California (2006年12月). 2013年5月3日閲覧。
  205. ^ Bibles and Scripture Passages Used by Presidents in Taking the Oath of Office”. アメリカ議会図書館. 2013年5月3日閲覧。
  206. ^ Facts, Firsts and Precedents”. Joint Congressional Committee on Inaugural Ceremonies. 2015年1月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年5月3日閲覧。
  207. ^ a b c Dan Brown’s ‘The Lost Symbol’ - A curse or a blessing in disguise?”. Lodge St. Patrick No.468 Irish Constitution in New Zealand. 2013年5月3日閲覧。
  208. ^ Abraham Lincoln”. Grand Lodge of British Columbia and Yukon. 2013年5月3日閲覧。
  209. ^ United States Presidents”. Wilmette Park Lodge No. 931 on "MasterMason.com". 2013年9月25日閲覧。
  210. ^ a b Hall of Fame”. DeMolay International. 2010年9月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年5月3日閲覧。
  211. ^ US President Barack Obama is not a freemason”. Grand Lodge of British Columbia and Yukon. 2013年7月11日閲覧。
  212. ^ Famous Masons”. Pinal Lodge #30 F&AM, Casa Grande, AZ. 2012年12月8日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年5月6日閲覧。
  213. ^ James Cook”. Grand Lodge of British Columbia and Yukon. 2013年10月7日閲覧。
  214. ^ Charles Montesquieu”. Grand Lodge of British Columbia and Yukon. 2013年5月3日閲覧。
  215. ^ a b c d e f g h FREEMASONS AND THE ROYAL SOCIETY: Alphabetical List of Fellows of the Royal Society who were Freemason”. Library and Museum Charitable Trust of the United Grand Lodge of England (2010年1月). 2015年閲覧。accessdateの記入に不備があります。
  216. ^ The Annihilation of Freemasonry by Sven G. Lunden
  217. ^ 吉村正和 1989, p. 109
  218. ^ Denis Diderot”. Regular Grand Lodge of Serbia A.F. & A.M. 2013年5月3日閲覧。
  219. ^ a b c 純丘皦綺 (2001年). “近代の結社活動 — フリーメイソンリーを中心に — (PDF)”. 純丘曜彰 アネックス 哲学研究室. 2015年閲覧。accessdateの記入に不備があります。
  220. ^ a b c d かつてセルビアのグランドロッジが入会日・所属ロッジ等の記述なしに掲載していた(このグランドロッジは他で余り掲載されていない人物たちを掲載していたが、特別な情報提供であったのか、単に誤解していたのか判然としない)。Poznati Masoni u Svetskoj Istoriji 2/3”. Regular Grand Lodge of Serbia A.F. & A.M. 2012年8月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年閲覧。accessdateの記入に不備があります。
  221. ^ Malcolm Boyd (1992). Music and the French revolution. Cambridge University Press. p. 95. ISBN 9780521402873 
  222. ^ a b Joseph-Ignace Guillotin”. Grand Lodge of British Columbia and Yukon. 2013年5月3日閲覧。
  223. ^ a b Les Grands textes de la Franc-Maçonnerie décryptés. loge « LIBER LATOMORUM»
  224. ^ Franc-maçonnerie et politique au siècle des lumières: Europe-Amériques, Presses Univ de Bordeaux, 2006. p. 287.
  225. ^ Victor Hugo”. Pro Europa - Ambelos Cultural Center. 2013年7月29日閲覧。
  226. ^ Douze petits portraits de grands Européens et Européennes”. Toute l'Europe (2010年9月16日). 2013年7月22日閲覧。
  227. ^ 吉田進 2006, p. 250
  228. ^ 吉田進 2006, p. 248
  229. ^ Some Famous Freemasons”. Gran Lògia d'Andorra. 2013年5月16日閲覧。
  230. ^ Napoleon I. and Freemasonry”. Ars Quatuor Coronatorum. Grand Lodge of British Columbia and Yukon. 2013年5月3日閲覧。
  231. ^ Why Napoleon Bonaparte?”. Lodge Napoleon Bonaparte. 2010年3月29日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年8月23日閲覧。
  232. ^ Robert Ambelain (2009年4月10日). “Napoleon Bonaparte-Freemason”. Lodge Napoleon Bonaparte公式ブログ. 2013年8月23日閲覧。
  233. ^ Alain DECAUX (2002年2月28日). “Victor Hugo et Dieu, célébration du bicentenaire de la naissance de Victor Hugo”. Académie française. 2015年閲覧。accessdateの記入に不備があります。
  234. ^ Jacques Duchenne (2008年). “Les Francs-Macons et Leur Religion”. Les Editions Publibook. p. 281. 2015年閲覧。accessdateの記入に不備があります。
  235. ^ a b c Paul ROUSSEAU (2004). Victor Hugo ... mon Bon Cousin. Zeitschrift für Internationale Freimaurer-Forschung. pp. 69-88. http://www.victor-hugo.lu/cgi-bin/baseportal.pl?htx=/biblio&cap=1 2015年閲覧。accessdateの記入に不備があります。 
  236. ^ a b Achille Ricker (1978). Histoire de la franc-maçonnerie en France: lettre liminaire de Me Richard Dupuy. Nouvelles Editions Latines. p. 280. http://books.google.com/books?id=RHL2NhqtmLIC 2015年閲覧。accessdateの記入に不備があります。 
  237. ^ a b Grahan Orton, The Year's Work in Modern Language Studies, Cambridge University Press Archive, 1965. p. 94.
  238. ^ F. C. Green, Stendhal, Cambridge University Press, 2011. p. 61.
  239. ^ BENITO JUAREZ, HIS MASONIC FORMATION, STRUGGLES AND LEGACY”. Northern California Research Lodge. 2013年12月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年閲覧。accessdateの記入に不備があります。
  240. ^ a b The Freemasons' Magazine and Masonic Mirror. Vol. XVIII. (New Series) January to June, 1868. London: The Freemasons' Magazine Company Ltd.. (1868). p. 483. http://books.google.com/books?id=lFMFAAAAQAAJ&pg=PA483 
  241. ^ Paris, capitale maçonnique”. Le Figaro (2012年7月20日). 2015年閲覧。accessdateの記入に不備があります。
  242. ^ Masonic references in The Da Vinci Code”. Grand Lodge of British Columbia and Yukon. 2015年閲覧。accessdateの記入に不備があります。
  243. ^ Victor Hugo, une pensée maçonnique ?”. loge du Grand Orient de France L'Humanité Future (2010年4月3日). 2015年閲覧。accessdateの記入に不備があります。
  244. ^ Freemasonry and nineteenth-century revolution”. Grand Lodge of British Columbia and Yukon. 2015年閲覧。accessdateの記入に不備があります。
  245. ^ Frédéric Auguste Bartholdi”. Grand Lodge of British Columbia and Yukon. 2013年5月3日閲覧。
  246. ^ a b Osterrieder, Markus (2010年). “Der prophezeite Krieg (PDF)”. CeltoSlavica. p. 10. 2014年閲覧。accessdateの記入に不備があります。
  247. ^ Mayeur, Jean Marie (2003). Les parlementaires de la troisième république. Publications de la Sorbonne. p. 114. ISBN 9782859444846. http://books.google.com/books?id=uFnTuJi_474C&pg=PA114 2014年閲覧。accessdateの記入に不備があります。 
  248. ^ Jonathan Israel, Democratic Enlightenment: Philosophy, Revolution, and Human Rights 1750-1790, Oxford University Press, 2011. p. 748.
  249. ^ Patrick Bridgwater, The German Gothic Novel in Anglo-German Perspective, Rodopi, 2013. p. 75.
  250. ^ 大谷啓治. イルミナティ. 小学館 日本大百科全書. http://kotobank.jp/word/イルミナティ-1506079 2015年閲覧。accessdateの記入に不備があります。 
  251. ^ メイナード・ソロモン『モーツァルト』(新書館、1999年、ISBN 4-403-12006-7)ほか。
  252. ^ An Account of the Lodge of Nine Muses No. 235 1777 - 2012”. The Lodge Nine Muses No. 235- a UGLE masonic lodge, consecrated 1777. p. 178. 2015年閲覧。accessdateの記入に不備があります。
  253. ^ Masonry and Music”. Freemasonry in Zambia. 2015年閲覧。accessdateの記入に不備があります。
  254. ^ October 1, 2007 Second Annual Cajun Potluck & Stated Meeting”. Oasis Lodge #41. 2015年閲覧。accessdateの記入に不備があります。
  255. ^ A Bavarian Illuminati primer”. Grand Lodge of British Columbia and Yukon. 2013年5月3日閲覧。
  256. ^ Poznati masoni”. Velika Masonska Loža Srbije. 2013年7月11日閲覧。
  257. ^ Friedrich von Schiller”. Grand Lodge of British Columbia and Yukon. 2013年5月3日閲覧。
  258. ^ a b LUDWIG VAN BEETHOVEN”. Loge Beethoven zur ewigen Harmonie in Bonn. 2013年8月19日閲覧。
  259. ^ a b V. Christian Gottfried Körner”. Unser Namenspatron. Freimaurerloge 'Schiller'. 2013年7月15日閲覧。
  260. ^ Friedrich Schiller”. Regular Grand Lodge of Serbia A.F. & A.M. 2013年7月11日閲覧。
  261. ^ a b VIII. Die "Ode an die Freude"”. Unser Namenspatron. Freimaurerloge 'Schiller'. 2013年7月11日閲覧。
  262. ^ Franz-L. Bruhns (Altstuhlmeister Freimaurerloge "Am Rauhen Stein"). “Johann Christoph Friedrich Schiller”. Internetloge, Hamburg. 2013年7月11日閲覧。
  263. ^ 吉田進 2006, p. 46
  264. ^ 吉田進『フリーメイソンと大音楽家たち』(国書刊行会)のp.158以下を参照。
  265. ^ a b c Ludwig van Beethoven”. Grand Lodge of British Columbia and Yukon. 2015年12月18日閲覧。
  266. ^ Nancy November (2014). Beethoven's Theatrical Quartets: Opp. 59, 74 and 95. Cambridge University Press. p. 69. http://books.google.com/books?id=5qwqAgAAQBAJ 
  267. ^ Freemason Symbols”. Masonic Lodge of Education. 2015年12月18日閲覧。
  268. ^ a b Hoffmann, Stefan-Ludwig (2007). The Politics of Sociability: Freemasonry and German Civil Society, 1840-1918. University of Michigan Press. p. 312. ISBN 9780472115730 
  269. ^ Sandmann, Nikolaus (1992). “Heinrich Marx, Jude, Freimaurer und Vater von Karl Marx”. HUMANITÄT: Zeitschrift für Gesellschaft, Kultur und Geistesleben. 5. Hamburg: Großloge A.F.u.A.M. von Deutschland. pp. 13-15 
  270. ^ Marx on Freemasonry”. Grand Lodge of British Columbia and Yukon. 2014年閲覧。accessdateの記入に不備があります。
  271. ^ 吉田進 2006, p. 275
  272. ^ 吉田進 2006, p. 293
  273. ^ 吉田進 2006, p. 273
  274. ^ a b Nach Freimaurern benannte Straßen, Gebäude und Einrichtungen in Marburg”. Johannis-Freimaurerloge "Zu den drey Löwen" i. O. zu Marburg an der Lahn. 2015年閲覧。accessdateの記入に不備があります。
  275. ^ a b c Don Michael Randel (2003). The Harvard Dictionary of Music. Harvard University Press. p. 334. ISBN 9780674011632 
  276. ^ Library - Masonic Care Community of New York”. Masonic Care Community Of New York. 2012年7月24日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年閲覧。accessdateの記入に不備があります。
  277. ^ The Cambridge Biographical Encyclopedia. Cambridge University Press. (2000). ISBN 0-521-63099-1 
  278. ^ William Grim (2005年). “Johannes Brahms Begräbnisgesang”. Musikproduktion Höflich. 2015年閲覧。accessdateの記入に不備があります。
  279. ^ a b Mozart’s Magic Flute”. Grand Lodge of British Columbia and Yukon. 2015年閲覧。accessdateの記入に不備があります。
  280. ^ Große Persönlichkeiten. Johannisloge "Zum rothen Adler" zu Hamburg.
  281. ^ a b de Hoyos, Arturo; Morris, S. Brent, eds (2004). Freemasonry in Context: History, Ritual, Controversy. Lexington Books. pp. 93-94. ISBN 978-0739107812. http://books.google.com/books?id=hXq4lJeX_DUC 
  282. ^ 吉田進 2006, p. 381
  283. ^ 吉田進 2006, p. 54
  284. ^ 吉村正和 1989, pp. 55-56
  285. ^ 吉田進 2006, p. 266
  286. ^ 吉田進 2006, p. 227
  287. ^ 吉田進 2006, p. 340
  288. ^ a b Massoni celebri”. イタリア大東社. 2015年閲覧。accessdateの記入に不備があります。
  289. ^ a b c d 「法王暗殺」デイビッド・ヤロップ著 文藝春秋 1985年
  290. ^ a b c d e Mozart’s masonic music”. Grand Lodge of British Columbia and Yukon. 2013年7月18日閲覧。
  291. ^ テア・ライトナー『ハプスブルクの子供たち』(新書館、1997年、p118 ISBN 4-403-24042-9
  292. ^ Franz Joseph Haydn”. カトリック百科事典. 2013年5月13日閲覧。
  293. ^ Some Famous Masons”. Menifee Valley Lodge No. 289, F.&A.M. 2013年5月13日閲覧。
  294. ^ History Corner”. Golden Star 484 Freemason Lodge Drygen Ontario. 2013年5月13日閲覧。
  295. ^ About Freemasons”. Susquehanna Lodge 130 A.F. & A.M. Masonic Temple. 2013年5月13日閲覧。
  296. ^ Famous Freemasons”. Howard Lodge Number 101. 2013年5月13日閲覧。
  297. ^ Pre Degree Candidate Education Part II”. Huntsville Lodge No. 364 Free and Accepted Masons of Arkansas. 2013年5月13日閲覧。
  298. ^ Lorenz Leopold Haschka”. カトリック百科事典. 2013年5月13日閲覧。
  299. ^ Paul Nettl (1957). MOZART and MASONRY. Philosophical Library. p. 139. ISBN 1566490618 
  300. ^ テア・ライトナー『ハプスブルクの子供たち』(新書館、1997年、p119 ISBN 4-403-24042-9
  301. ^ 茅田俊一『フリーメイスンとモーツァルト』(講談社、1997年、p.257 ISBN 4-06-149369-8
  302. ^ Wolfgang Amadeus Mozart”. Grand Lodge of British Columbia and Yukon. 2013年7月18日閲覧。
  303. ^ a b c d e f “RICHARD NIKOLAUS Graf COUDENHOVE-KALERGI als Freimaurer”. Jahrbuch der Forschungsloge Quatuor Coronati. 32. Bayreuth: Forschungsloge Quatuor Coronati. (1995). https://archive.org/details/DolddownloadrichardNikolausGrafCoudenhove-kalergi1894-1972 
  304. ^ 田中文憲 (2004年). “ヨーロッパ統合の立役者たち(1) : リヒャルト・クーデンホーフ=カレルギー (PDF)”. 奈良大学リポジトリ. 2014年閲覧。accessdateの記入に不備があります。
  305. ^ Richard N. Coudenhove-Kalergi (2011年9月1日). Pan-Europa. Félix de la Fuente (traducción), Otto de Habsburgo (prólogo). Paneuropa Verlag GmbH, Augsburg y Ediciones Encuentro, S. A., Madrid. pp. 190-191. ISBN 9788499205540. http://books.google.com/books?id=N-drFWKFS3UC&pg=PA190 
  306. ^ Пан-Европа Куденхове-Калерги – человек, проект”. 汎ヨーロッパ連合 (PANEUROPA.ru). 2013年5月3日閲覧。
  307. ^ Joachim Berger (2010年12月3日). “European Freemasonries, 1850–1935: Networks and Transnational Movements”. European History Online. 2013年5月3日閲覧。
  308. ^ 高嶋久 (2010年5月17日). “書評: 青山栄次郎伝”. 世界日報社. 2013年10月7日閲覧。
  309. ^ a b Paneurope Suisse - Suisse Magazine”. Paneurope Suisse à Suisse Magazine (汎ヨーロッパ連合). 2014年閲覧。accessdateの記入に不備があります。
  310. ^ Рихард Николас фон Куденхове-Калерги”. 汎ヨーロッパ連合 (PANEUROPA.ru). 2013年7月29日閲覧。
  311. ^ リヒャルト・クーデンホーフ・カレルギーの生涯(3)”. 東北大学大学院法学研究科・法学部 戸澤英典研究室「RCK通信」. 2013年8月2日閲覧。
  312. ^ リヒャルト・クーデンホーフ・カレルギーの生涯(4)”. 東北大学大学院法学研究科・法学部 戸澤英典研究室「RCK通信」. 2013年8月2日閲覧。
  313. ^ Jajeśniak-Quast, Dagmara (2010), “Polish Economic Circles and the Question of the Common European Market after World War I”, Einzelveröffentlichungen des Deutschen Historischen Instituts Warschau Bd. 23, Fibre-Verlag, ISBN 9783938400586, http://www.perspectivia.net/content/publikationen/ev-warschau/kohlrausch-steffen-wiederkehr_cultures/jajesniak-quast_circles 
  314. ^ Famous Freemasons M-Z”. Lodge St. Patrick No.468 Irish Constitution. 2013年5月3日閲覧。
  315. ^ 吉村正和 1989, p. 108
  316. ^ a b John Theophilus Desaguliers”. Grand Lodge of British Columbia and Yukon. 2015年閲覧。accessdateの記入に不備があります。
  317. ^ a b William Byron, Lord Byron of Rochdale”. Grand Lodge of British Columbia and Yukon. 2013年5月3日閲覧。
  318. ^ George Gordon 6th Baron, Byron of Rochdale”. Grand Lodge of British Columbia and Yukon. 2013年5月3日閲覧。
  319. ^ Erasmus Darwin”. Grand Lodge of British Columbia and Yukon. 2013年5月3日閲覧。
  320. ^ a b c d e 吉村正和 1989, p. 11
  321. ^ a b c Are you thinking of becoming a Freemason? (PDF)”. UGLE Booklet. United Grand Lodge of England. 2013年5月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年5月3日閲覧。
  322. ^ JOHN STAFFORD SMITH”. Onondaga County Masonic District. 2013年5月3日閲覧。
  323. ^ Winston Churchill”. Grand Lodge of British Columbia and Yukon. 2013年5月3日閲覧。
  324. ^ a b Famous Masons”. Lake City Lodge No. 127. 2013年5月3日閲覧。
  325. ^ Famous Masons”. Grand Lodge of England. 2013年6月3日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年5月3日閲覧。
  326. ^ Famous Freemasons”. Grand Lodge of Scotland. 2013年5月3日閲覧。
  327. ^ Famous Masons”. Tees Lodge 509 in the Province of Durham. 2013年5月3日閲覧。
  328. ^ History - The Liverpool Group”. The Liverpool Group. 2013年5月3日閲覧。
  329. ^ Famous British Freemasons”. Foundation Lodge 82. 2013年5月3日閲覧。
  330. ^ United Grand Lodge of England » Who's Who
  331. ^ List of Officers for the year 2014-2014”. Chelsea Lodge No 3098. 2014年閲覧。accessdateの記入に不備があります。
  332. ^ クリストファー・アーンショー『聖なる「黙示録タロット」カード』(2011年、BABジャパン)のBOOK著者紹介情報より。
  333. ^ Dr クリスについて”. Spiritual CEO (Dr. クリス公式サイト). 2015年閲覧。accessdateの記入に不備があります。
  334. ^ Dr.クリスのプロフィール”. Ameba BLOG. 2015年閲覧。accessdateの記入に不備があります。
  335. ^ Welsh Freemasonry”. The Masonic High Council the Mother High Council of the World of the Most Ancient and Honourable Fraternity of Free and Accepted Masons. 2013年5月3日閲覧。
  336. ^ Andrew Bell”. Grand Lodge of British Columbia and Yukon. 2013年5月3日閲覧。
  337. ^ a b Famous Scottish Freemasons”. Lodge Stirling Royal Arch No.76. 2012年6月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年5月3日閲覧。
  338. ^ Sir Thomas Johnstone Lipton”. Grand Lodge of British Columbia and Yukon. 2015年閲覧。accessdateの記入に不備があります。
  339. ^ Sir Alexander Fleming”. Grand Lodge of British Columbia and Yukon. 2013年5月3日閲覧。
  340. ^ Jonathan Swift”. Grand Lodge of British Columbia and Yukon. 2015年閲覧。accessdateの記入に不備があります。
  341. ^ Oscar Fingal O'Flaherty Wills Wilde”. Grand Lodge of British Columbia and Yukon. 2013年5月3日閲覧。
  342. ^ News Features - Catholic Culture
  343. ^ 聖パウロ会ニュース・[訃報]ロザリオ・フランチェスコ・エスポジト神父
  344. ^ Famous Belgian freemasons Grand Orient of Belgium
  345. ^ 吉田進 2006, p. 300
  346. ^ a b c d e f Wirtualny Wschód Wolnomularski
  347. ^ ミュシャ・リミテッド編 島田紀夫・坂上桂子訳『アルフォンス・ミュシャ 波乱の生涯と芸術』(講談社、2001年、ISBN 4-403-12006-7)p.154
  348. ^ Exsequi Lodge History: Famous Freemasons Archived 2007年10月30日, at the Wayback Machine.
  349. ^ Den Danske Frimurerorden”. デンマーク大百科事典. 2013年5月3日閲覧。
  350. ^ Masonski dosije Ive Andrića”. Blic Online (2010年3月21日). 2015年閲覧。accessdateの記入に不備があります。
  351. ^ a b c d e f Some famous personalities”. Grand Lodge Alpina of Switzerland. 2013年5月3日閲覧。
  352. ^ Founding and early years of the ICRC (1863-1914)”. 赤十字国際委員会. 2013年5月3日閲覧。
  353. ^ Henry Dunant (1828-1910)”. 赤十字国際委員会. 2013年5月3日閲覧。
  354. ^ http://www.nytimes.com/books/first/m/mclynn-jung.html
  355. ^ John A. Rush, Entheogens and the Development of Culture: The Anthropology and Neurobiology of Ecstatic Experience, North Atlantic Books, 2013. p. 522.
  356. ^ https://web.archive.org/web/20130802114306/http://www.rgls.org/sr/slobodno-zidarstvo/poznati-masoni-iz-sveta/23-carl-gustav-jung.html
  357. ^ a b c フランス大東社 (2013年4月6日). “Grand Orient de France 4月6日”. facebook. 2013年5月13日閲覧。
  358. ^ LeoTolstoy”. Regular Grand Lodge of Serbia A.F. & A.M. 2013年10月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2013年閲覧。accessdateの記入に不備があります。
  359. ^ 吉田進 2006, p. 379
  360. ^ a b Dr. James Naismith”. Grand Lodge of British Columbia and Yukon. 2013年9月16日閲覧。
  361. ^ The History of Masonry in Brazil – Bibliography: Menezes, Manuel Joaquim de, Exposição Histórica da Maçonaria no Brasil (1857); Mello, Mário Carneiro do Rego, A Maçonaria e a Revolução Republicana de 1817 (1912); Amaral, Braz do, A Conspiração Republicana da Bahia de 1798 (1926); Barros, F. Borges de, Primórdios das Sociedades Secretas na Bahia (1928); Kloppenburg, Boaventura, A Maçonaria no Brasil (Orientação para os Católicos) (1961)
  362. ^ 神代修『シモン・ボリーバル』
  363. ^ a b 高橋均『サンディーノ戦記』
  364. ^ a b c d SOME VERY WELL KNOWN INDIAN FREEMASONS”. Regional Grand Lodge of Northern India. 2015年閲覧。accessdateの記入に不備があります。
  365. ^ Famous Filipino Masons - Jose Rizal
  366. ^ Charles Kingsford Smith”. Australian Government. 2013年8月12日閲覧。
  367. ^ a b c d e f g Famous Australian Freemasons”. Our History. Freemasons Victoria. 2013年5月3日閲覧。
  368. ^ a b c d e Freemasons in Far north Queensland”. District Grand Lodge of Carpentaria. 2013年5月3日閲覧。
  369. ^ SIR CHARLES KINGSFORD-SMITH (PDF)”. New South Wales Masonic Club (2007年3月). 2013年8月2日閲覧。
  370. ^ 吉村正和 1989, p. 56
  371. ^ 【中国BBS】金正恩氏はフリーメーソン? 右手を懐に入れる理由”. サーチナニュース (2013年4月20日). 2013年9月16日閲覧。
  372. ^ 프리메이슨 ‘은밀한 수신호’ 나폴레옹 초상화서 발견 ‘경악’”. 中央日報 (2011年9月25日). 2013年9月16日閲覧。
  373. ^ a b c d 礒崎敦仁; 澤田克己 (2010). LIVE講義北朝鮮入門. 東洋経済新報社. ISBN 9784492211922 
  374. ^ 「サッカー、バスケを支援せよ」スポーツ振興、金正恩流「国策」 対南・米カードに(2/2ページ)”. 産経新聞 (2013年8月14日). 2013年9月16日閲覧。
  375. ^ a b 訪朝の元NBAのロッドマン氏、金正恩氏とバスケ観戦 「生涯の友」”. CNN (2013年3月1日). 2013年9月16日閲覧。 “ロッドマンさんは観戦後、「あなたは生涯の友だ」と金第1書記に語りかけた。”
  376. ^ Lynn Zinser (2013年2月28日). “Rodman Meets With North Korean Leader, Courtside”. ニューヨーク・タイムズ. 2013年9月16日閲覧。
  377. ^ ロッドマン氏が再訪朝、「バスケ外交」”. CNN (2013年9月3日). 2013年9月16日閲覧。 “友人の金第1書記に会いに行くだけだ”
  378. ^ 金第1書記誕生日に交流試合=12月に再訪朝-ロッドマン氏”. 時事通信社 (2013年9月10日). 2013年9月16日閲覧。
  379. ^ Shriners International公式HP
  380. ^ Masons and Shriners参照
  381. ^ Karl Pfannhauser (1954), Mozart hat kopiert! 
  382. ^ Mozart war es sicher nicht! (PDF)”. Austria-Forum. 2013年7月18日閲覧。
  383. ^ Dardis McNamee (2011). “Austria Today: Singing a New song”. Frommer's Austria. John Wiley & Sons. ISBN 9781119994510. "... fellow Free Mason Johann Baptist Holzer ..." 
  384. ^ Les Neuf Sœurs”. Les Neuf Sœurs. 2013年7月18日閲覧。
  385. ^ a b c d e f g h i Masonic references in cinema, Grand lodge of British Columbia and Yukon. 2015-01-29閲覧。
  386. ^ Masonic references in 21st century prose, Grand lodge of British Columbia and Yukon. 2015-01-29閲覧。
  387. ^ Was Charles Dickens a Freemason? by Midnight Freemason Contributor WB Gregory J. Knott (Past Master of St. Joseph Lodge, Board of Directors of The Masonic Society, and Member of the Scottish Rite Research Society)
  388. ^ Masonry and the Philippine Revolution©by MW Bro. Reynold Smith Fajardo, PGM Grand Masonic Historian (GMH), MasterMason.com. 2015-01-29閲覧。
  389. ^ Masonic references in poetry, Grand lodge of British Columbia and Yukon. 2015-01-29閲覧。
  390. ^ Masonic references in literature, Grand lodge of British Columbia and Yukon. 2015-01-29閲覧。
  391. ^ a b c Masonic references in television, Grand lodge of British Columbia and Yukon. 2015-01-29閲覧。
  392. ^ Fraternities and societies on television, Grand lodge of British Columbia and Yukon. 2015-05-08閲覧。
  393. ^ Masonic references in games, Grand lodge of British Columbia and Yukon. 2015-01-29閲覧。




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「フリーメイソン」の関連用語

フリーメイソンのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



フリーメイソンのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2020 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのフリーメイソン (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS